クラリス ssr。 【グラブル】闇属性SSR: クラリス(バレンタイン)の性能・評価・画像 詳細 闇クラリス バレクラ

クラリス(グラブル) (くらりす)とは【ピクシブ百科事典】

クラリス ssr

それは古より続きし定められた道からの脱却。 されど少女は迷うことなくその道を選んだ。 【初心者向け評価】• 極めて強力な奥義を放てる奥義特化型アタッカー兼防御デバッファー。 ウェポンバーストこそないが、 水属性Ver. と同様の感覚で扱える。 1アビを使うと自身が脆くなってしまうのが最大の弱点。 1アビの使用は奥義で敵を倒せる時に限定するか、 あるいはいっそ、退場してサブメンバーと交代することを前提として戦うと良い。 【上級者向け評価】• その絶大な奥義火力から、イベント周回に有用。 周回の手間・時間を軽減し、古戦場においては肉集め速度の向上に貢献してくれる可能性がある。 5倍)というすば抜けた倍率が特長。 従って、ドロップ率UP装備で固めての周回や、防御力の高いHL戦、スキル・加護無効の黒麒麟戦など、ダメージが出にくい条件の戦闘では他キャラを突き放した奥義火力を発揮できる。 独自のリソースを維持する限り高火力を発揮できるという点でなどの英霊持ちに近い。 アビリティを使うとどうやってもリソース切れが避けられないジュリエットに対し、常時維持可能だが常時防御DOWNを背負っているという違いがある。 幸いというべきか、防御DOWNはLBで相殺可能。 ただし他にも振りたいところは多い。 貴重な属性攻撃DOWN持ち。 通常の攻防DOWNや属性防御DOWNとは違い、属性相性の計算に作用するため、闇属性の敵の攻撃力を別枠で下げられる。 詳しくはを参照。 得意武器(杖)は、同属性の十天衆と一致するため有利な点といえる。 杖キャラに不足しがちな火力とデバフを補い、逆に紙防御をカバーしてもらいやすく杖パ内でのポジションも良好。 ただし最終上限解放後の奥義効果の闇属性攻撃DOWNがクラリスのデバフより効果量が高く、クラリス側のデバフが無駄になってしまうのが少々残念なところ。 対アルティメットバハムートHL戦においては、高い敵対心UPを逆手に取ってシリウス対策として有用。 実装当時は扱いづらかったが、アビリティの使用コストの低減によって扱いやすくなっている。 うちもこんな服が錬成できるようになれたらなぁ…… 」 「お父様、お母様、うちは何を言われても、この思いは捨てないよ!」 「手加減って難しいんだよねぇ〜……。 光古戦場だから使ってみたけど1アビのデメリットちょっとすごいな。 肉集めの功労者だったな。 ありがとう光クラリス。 久遠上げてゼウス編成も組んでオメガ虚空に相方のイオにも指輪上げて肉集めからハデス戦まで大活躍させられて満足。 同志よ -- [9bF9JdJLuUo] 2020-05-26 火 11:18:52• 古のパークラ、光で復活 -- [PynYRX1GVeI] 2020-05-31 日 12:09:42.

次の

コメント/SSR/クラリス

クラリス ssr

「 美少女錬金術士の、クラリスちゃんだよ。 」 概要• フレーバーテキスト 火SSR 誉れ高き古の血を継ぐ可憐な天才は、進みがたき道から逸れるようにして、蒼穹へと漕ぎ出す。 しかし、課せられた使命は重く、時に悩む姿も見せながらも気ままに楽しいことを求めて放浪し、今日も爛漫な笑みを炸裂させる。 光SSR 万象を崩壊せし力に目覚めし少女は、新たな衣装と共にその血に定められし宿命に叛逆することを決意する。 それは古より続きし定められた道からの脱却。 されど少女は迷うことなくその道を選んだ。 全ては自身の想いを貫き、望む未来を手にするために・・・ クリスマス 想いを込めた衣装を託され、可憐な天才は聖夜の舞台に踊り出る。 受け止めた期待に応えるべく重ねた練習は密かな憂いを振り払い、その成果は大きな歓声をもって迎えられる。 バレンタイン バレンタインの日、少女は胸に秘めた想いをチョコへと込める。 込めし想いは大切な人と今よりも仲よくなりたいというささやかな願い。 そして、少女はその想いを実現させるために、師匠の指導の元、自分にできる精一杯を行うのだった。 レアリティ SSR、クリスマス、バレンタイン 属性 火 通常SSR 、土 クリスマス 、光 SSR 、闇 バレンタイン タイプ 特殊 火SSR、クリスマス、バレンタイン 、攻撃 光SSR 武器 杖 種族 年齢 17歳 身長 152cm 趣味 おしゃれ、パズル 好き 楽しいこと、お祭り騒ぎ、みかん 苦手 お説教 CV 誉れ高き古の血を継ぐ可憐な天才(未完)の少女。 の妹の末裔の家系であり、カリオストロにとっては千年越しの血縁者とも言える。 助っ人家業をしてるところで主人公らと出会い、行動を共にすることになる。 ゲームのガチャで『メビウス』を手に入れると仲間になる。 「スノウリィメビウス」入手でクリスマス版、「フュージョンメビウス」入手で光版、「シルフィウム」入手でバレンタイン版がそれぞれが加入。 中央に焦げ茶のリボンをあしらった赤いミニエプロンを巻いている。 髪も低い位置で二つ結び。 上限解放では首にマフラーを巻いている。 でもちょっとスカートの中が見えそう・・・・・ゴニョゴニョ 性格 一人称は「うち」。 自分のことを可憐な美少女錬金術師と呼称するかなりの自信家。 詳しくは後述するが、基本的に理論よりも感覚派。 そして本人も自覚しているようだがかなりうるさい。 これは一族揃ってらしい。 な家で育った為、いろんな人と話すのが楽しいようだ。 その反面、未だ中途半端な自分に対して影を見せることもある。 特に、自分の身の上話をするとトーンダウンしてしまい、実家に対してはかなり不満を持っている事が伺える。 思う所のある事柄に対してはむしろ冷めた印象すら受け、努めて明るく振舞っている素振りもある。 クラリスは実家から錬金術の開祖、即ち自分たちの先祖を始末する命令を受け、クラリスは家から逃げる口実として表向きはそれを引き受けた。 その錬金術の開祖は確かに今でも生きているが、何故開祖の家系の看板を掲げているはずのクラリスの家の者がそれを知り、かつ抹殺しようとしているのかは長らく不明だったがイベント「」にて両親ではなくなる組織を通じての指令であったと明らかになる。 人間関係については基本的に気さくでフランクなのだが、友人から一歩踏み出すことには極端に奥手で臆病。 バレンタインや季節イベントでは駄々漏れな本音をグダグダに取り繕ういじらしい姿を見せてくれる。 スキン ソレイユ・ブラン 6周年販売スキン クラリスが考える可愛いの全てが集約されたオーダーメイドのドレス シナリオイベント 「」 両親からの手紙で一時団を抜けて実家に帰った彼女を待っていたのは学会と人質に取られた両親。 自身も囚われの身となり、カリオストロだけを抹殺し得るその能力をコピーされてしまうが、団長と合流し事態の収拾を図る事に一縷の望みを賭け脱走(その際、自分が幽閉されていた施設を研究資料ごと全て更地に変えている)し、一行の危機を救う(が、直前まで偽者のクラリスと戦っていたために本物となかなか信じて貰えなかった)。 その後、救出された両親と再会し、お互いが抱えていたわだかまりと言うか誤解が解けて些か親子仲は良好になったと思われる。 その後、両親を助けた見返りとして壊れかけたカリオストロのボディの再構築を依頼されるが、錬金術の基礎の殆どを知識として持っていない事が露見。 カリオストロに徹底的なシゴキと言う名のお勉強を受ける羽目に。 しかし、付け焼刃でどうにかなるレベルでは無く成果は出ず。 そこに現れた追っ手にカリオストロが吸収され消滅してしまうが、今わの際のアドバイスから自身の錬金術の『枠』を取り払い大幅なレベルアップに成功。 これまでの無差別爆撃に「敵味方識別」を付与した『存在崩壊』の概念を体得。 これによりカリオストロの救出も成し遂げる。 一連の事件終了後、カリオストロを「おじいちゃん」と呼んだり「師匠」と呼んだりしたとか。 性能 対難敵に特化したスキル構成を持つ、数あるSSRの中でもかなり特殊なデバッファー。 敵の防御力ダウン、難敵の持つやっかいなバフ効果の解除&敵HPが高い程大ダメージ、 堅い敵の削りにくいオーバードライブゲージを削る、 サポート能力でパーティー全体の弱体効果も成功し易くなるなど 相手が強ければ強い程真価が発揮される。 また、スキル攻撃がであるためスライムなどの耐性持ちにも強い。 限定バージョンでは、属性もアビリティ構成も全く変わっており、殆ど別物になっている。 通常バージョンでもやや特殊なアビリティだったが、限定バージョンは輪をかけて特殊かつ複雑で、非常に頭を使う必要がある性能。 存在崩壊体得後の光属性はダメージ上限を取り払うバフを付与するアタッカーとして君臨。 その倍率は高く、初心者にも大きな助けとなり、上級者でも防御力の高いHLで真価を発揮する。 防御力の低さに気を遣い上手く立ち回る事が出来れば、パーティーの火力上限の大きな底上げに貢献する。 Shadowverse 同じ製作の対戦型デジタルカードゲーム『』では、グランブルーファンタジーをテーマにしたカードパック「蒼空の騎士」にて参戦した。 シャドウバースでは珍しい能力を打ち消す能力を持つ。 3アビのディスペル効果を意識したものだろう。 守護や必殺などの基本的な能力から、などが持つ非常に厄介な能力まで無効化できるため、それらの対策として活用できる。 ただしに関しては、無効化するという処理を無効にしてしまうため、打ち消して破壊することは残念ながら不可能である。 関連イラスト 通常バージョン.

次の

クラリス(グランブルーファンタジー)とは (レンアイクソザコレンキンジュツシとは) [単語記事]

クラリス ssr

現れたのはテンションの高い可憐な美少女(本人談)でした。 彼女と一緒に魔物がいる山へ行くと、、クラリスは不思議な力で魔物を一掃していきます。 その力はとても強力で、討伐後は山がなくなってしまったほど!更地にしてくれって・・山を更地に?(笑)すごすぎるぞ、クラリス! その後「打ち上げをしよう!」というクラリスにつれられて食事をする一行。 不思議な力の正体を聞くと「錬金術」というものだと分かりました。 でもクラリスの錬金術は中途半端に暴走。 その爆発を武器にしているようでした。 というのもクラリスのご先祖様が錬金術の開祖!みっちり教えてこまれたようでいろいろ愚痴を話し出そうとしますが、途中でやめてしまいます。 暗い話は嫌いなようで、話を逸らすように主人公たちに旅の理由を聞き、面白そうだから一緒に行く!と言い出し、同行するようになります。 誰かを探しているようでしたが、今後分かる日がくるんでしょうか?楽しみです! クラリスの悩み 夜の街角で依頼人を待つ一行。 クラリスは手紙を読みながらため息。 実家からのお小言が書かれた手紙らしく、苦笑いしながら破り捨ててしまいます。 そこへ追手に追われながらこっちへ向かってくる依頼人。 そのまま一緒に森へと逃げていきます。 訳ありの依頼人はなんと父親との確執が原因で家を出てきたお嬢様でした。 家を継がせたい父親とやりたいことがある娘・・・ クラリスはそんな依頼人と自分を重ねてみていました。 クラリスの家は開祖の家系だと大きな顔をしながら、その開祖を始末してこいとクラリスに命令しているようです。 それから使命を口実に家を出たクラリスでしたが、家との仲は悪いまま・・・。 でも依頼人のことを見て気づいたようです。 「話し合いをしないまま分かり合えるはずはない」と。 依頼をすませたあと、クラリスは実家に手紙を送ります。 自分のやりたいことをみっちり書いたようです。

次の