イオン 銀行 カード ローン 審査 落ち た。 イオン銀行カードローンの増額方法。増額審査に落ちたらどうする?

イオン銀行カードローンの審査期間(時間・日数)は?審査結果の連絡はいつ?

イオン 銀行 カード ローン 審査 落ち た

イオンをよく利用されている方にとって、 イオンカードは5%OFFやクレジットカーのポイントプログラムなどがあり使いやすい1枚になっています。 しかし、いくら店頭でキャンペーンを行なっているから、今後使っていきたいからといってもクレジットカードは申し込みさえすれば発行されるというものはなく、 いくつかの審査を経た上で手に入れられることになっています。 クレジットカードにはクレジットカードの プロパーカードと呼ばれているものと、クレジットカードに何かのお店とよってはクレジットカードとコラボレーションしているもとクレジットカードがあります。 コラボレーションすることによってよりお得に便利に使えるものもあります。 イオンカードはイオンカードのみのプロパーカード、ベネッセとコラボしたカードなど様々あります。 どれが入会しやすいかということではなく、自分が一番使いやすいカードを選ぶことが大切ですが、審査は誰もが気になるところでしょう。 クレジットカードに通過するめに必要に必要なのは 「審査」や「審査に通るための社会機審査』になります。 しかしながらその信用情報不可避どの情報はっきりされていないのですが、拒否、合格の声の中からイオンカードに関した情報を確認することができます。 そもそも審査では何がチェックされるの? クレジットカードはクレジット決済した時点では実際に現金のユーザーから店舗に支払われるわけではなく、 月ごとにクレジット利用額として口座から引き落とされる仕組みになっています。 つまり、ユーザーがクレジットカード決済した時点から引き落とし日まではクレジットカード会社がクレジットカード代わりに支払っているになっています。 そこでクレジットカードは 顧客がきちんとカード代金を支払えるユーザーであることをチェックするためにも、申し込みがあったからと言って発行できるものではなく、支払いが出来る人かどうかをチェックされています。 そして申し込み者に支払いができるかどうかの確認をするために、審査内容は明示されていませんが、 3Cと呼ばれるクレジットカードの審査のポイントをチェックされていることは間違いないでしょう。 3つの3Cとは? まずカードの審査では、 能力=Capacity、資産=Capital、人間性=Characterの3Cが総合的にスコアリングされて審査の合否が決まります。 能力=Capacity 職業や勤務先、雇用形態、勤務年数、などから申込者にどの程度の収入があるのか、をチェックし、毎月または一定期間に収入があることを証明する必要があります。 資産=Capital 居住形態や居住年数などがチェック項目となり、持ち家に住んでいる方、 最も良いのが実家住まいの方が審査にプラスとなり、賃貸住宅であっても一か所に長く住んでいる方も審査でプラス良い評価をされます。 逆に、転勤など特段の事情が無い限り、居所がよく変わる方はマイナスになってしまうことがあります。 人間性=Character クレジットカード会社は、申し込み者が過去に他者などでどのようにクレジットカードを利用してきたかをチェックします。 「信用情関機関」にはクレジットカードの申し込み状況、 利用情報やローンの返済状況、携帯電話の使用履歴が記載されていますので、そちらをチェックしています。 なので、イオングループで買い物をするときには使い勝手が良く、イオンの近くに住んでいる方にはポイントが使いやすく、溜まりやすく、イオンのキャンペーンも受けられるクレジットカードです。 しかしクレジットカードにはランク付けがあり、また審査が行われるので、 クレジットカードに申し込んだからと言ってクレジットカードが手に入るわけではありません。 そこで、クレジットカードの審査が不安な方に おすすめなのがACマスターカードです。 国際ブランド MasterCard キャッシュバック ショッピング利用金額の0. 25% 審査基準 ・満20歳以上で、安定した収入と返済能力を有する方 ・ 所定の基準を満たす方 ACマスターカードは金融ローンのACカードとMasterCardが合わさったクレジットカードで入会資格にキーポイントがあります。 クレジットカードの中に「 所定の基準を満たす方」とあるように、ACカードの(アコム)自身の基準があり、クレジットカードの中でも消費者金融系の発行カードとなるため審査の不安がグッと下がります。 またアコムACカードには特長があり、支払いの方法が一括返済もできますが、そのほかはリボ払いのみなのです。 毎月定額の支払いで管理がしやすい、手数料が残高に応じて計算されるといったメリットもあります。 しかし、リボ払いは無計画に買い物をしていると一体いくら使ったのか、どれくらい払っているか分からないという問題が起こりかねません。 しかしACマスターカードは毎月最低1万円といった縛りがなく、利用者の返済能力によって ネットや銀行振込、ATM入金などで自分で金額を決めて返済していけるというメリットがあります。 今月は1万円でも来月はボーナスがあるから5万円といったように返済に計画を立てることができますので利用しやすいでしょう。 またACマスターカードはクレジットカードですがカードローンが付帯されており、利用限度額内であればショッピングにカード決済、そのほかに1万円のキャッシングといったようにも使うことができます。 収入があるけれど審査が不安なときはACマスターカードを選んでみましょう。

次の

イオン銀行カードローンの増額方法。増額審査に落ちたらどうする?

イオン 銀行 カード ローン 審査 落ち た

イオン銀行カードローンから融資を受けたいと思ったとき、気になるのは「審査に通過できるのか?」「審査時間はどのくらいか」などではないでしょうか? イオン銀行カードローンは、申込者本人に安定かつ継続した収入がないと審査に通過できません。 そのため、 本人に安定した収入がない専業主婦や無職の人は、イオン銀行カードローンの審査に落ちます。 また、過去に自己破産などの金融事故を起こしている人や、イオン銀行以外からの借入件数・借入残高が多い人は、審査担当者に貸倒れを疑われるため、イオン銀行カードローンの審査に通過できません。 この記事では、イオン銀行カードローンの審査に通過するために必要な条件や、イオン銀行カードローンの審査時間について解説します。 イオン銀行カードローンの審査基準 イオン銀行カードローンの審査に通るには、イオン銀行の公式サイトに記載されている申込条件を満たしている必要があります。 イオン銀行カードローンの申込条件は、下記の通りです。 【イオン銀行カードローンの申込条件】• 日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方• 契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満の方• 申込者本人に安定かつ継続した収入の見込める方• イオン銀行カードローンの申込条件には、イオン銀行の普通預金口座を持っているという内容は明記されておりません。 そのため、イオン銀行の普通預金口座を持っていない人でも、申し込み可能です。 学生は収入が合っても申し込み不可 大手消費者金融のアコムやプロミスなどは、満20歳以上で収入があれば学生でも申し込み可能です。 一方でイオン銀行カードローンは、収入があったとしても学生から申し込みは受け付けていないので注意しましょう。 実際に、イオン銀行カードローン公式サイト「よくあるご質問」には下記のような記載があります。 Q:【イオン銀行カードローン】学生ですが申し込めますか? A:誠に申し訳ございませんが、学生の方はお申込みいただけません。 引用元:イオン銀行 イオン銀行カードローンの申込時に必要な書類 イオン銀行カードローンの申込時に必要な書類は以下のとおりです。 イオン銀行カードローンでは、本人確認書類の提出を求められます。 有効期限内のものでないと本人確認書類として認められないため、イオン銀行カードローンに提出する前に確認しておきましょう。 また、イオン銀行カードローンに申し込む際には、源泉徴収票や給与明細といった収入証明書類の提出が必要です。 収入証明書類を事前に用意しておくことで審査が円滑に進むため、本人確認書類とともに用意しておいてください。 イオン銀行カードローンの審査結果が出るまでの時間 イオン銀行カードローンでは、即日融資に対応していません。 イオン銀行カードローンに限らず、 銀行カードローンの審査結果が即日で判明することはありません。 銀行カードローンの審査の際、カードローン申込者の情報を警視庁のデータベースと紹介することが義務付けられているためです。 カードローン申込者の情報を警視庁のデータベースと照会するのにかかる時間は最短で1日、長いと2週間程度かかることがあります。 そのため、イオン銀行カードローンの審査結果を申込当日に知ることは絶対にできません。 申込日当日に審査結果がわかるカードローンを探している人は、消費者金融のカードローンを検討しましょう。 消費者金融なら即日融資を受けられる 申込日当日に審査結果がわかるカードローンを探している人には、消費者金融を利用する方法があります。 なかでもアコムのカードローンでは、審査結果が平日・土日祝日を問わず最短30分で出ます。 また、20時までに申し込みを済ませれば、最短即日融資を受けることが可能です。 30日間の無利息期間を利用すれば、期間中は利息ゼロ円でお金を借りることができるため、アコムは短期の借り入れにも向いています。 イオン銀行カードローンの審査に落ちる理由 下記の条件に1つでも当てはまるとイオン銀行カードローンの落ちやすくなるので注意しましょう。 申込者本人に安定した収入がない• 信用情報に傷がある• 社内ブラックになっている• 他社借入件数が多い 申込者本人に安定した収入がない 申込者本人に安定した収入がない人は、申込条件を満たせないため、イオン銀行カードローンの審査に落ちてしまいます。 安定した収入の意味についてイオン銀行カードローンのコールセンターに問い合わせたところ、 「1つの職場から2か月以上継続してお給料をもらっている」とのことで、年収や雇用形態(正社員、パート・アルバイトなど)は関係ないとのことでした。 つまり、雇用形態に関係なく、申込者本人が特定の勤め先から2か月以上にわたって給料をもらっていれば、イオン銀行カードローンの審査に通過する可能性があります。 一方、現在の勤め先で働きはじめて2か月が経過していない人や日雇い労働の人などは、イオン銀行カードローンの審査に通過できないので注意してください。 申込者本人に安定した収入がない場合の対処法 申込者本人に安定した収入がないと、銀行、消費者金融を問わずカードローンの審査に通過できません。 どのカードローン会社でも、申込条件の中に「申込者本人に安定した収入のある方」という条件を設けているためです。 申込者本人に安定した収入がない場合は、質屋などの金融機関以外からの借入を検討しましょう。 信用情報に傷がある 信用情報に傷があるとイオン銀行カードローンの審査に落ちる原因となります。 信用情報とは、カードローンやクレジットカードなどの利用履歴に関する情報のことです。 「契約日」「返済履歴」「現在の借入額」などが記録されます。 また、過去に自己破産などの返済トラブルを経験している人は、返済トラブルの履歴もすべて登録されています。 信用情報に傷がない申込者はイオン銀行にとって安心してお金を貸せる顧客なので、イオン銀行カードローンの審査に通過できる可能性が高くなります。 逆に、信用情報に傷がある人は、返済能力を疑われるためイオン銀行カードローン含め、すべてのカードローン審査に落ちてしまいます。 信用情報は個人信用情報機関と呼ばれるところに5~10年間記録が残ります。 過去に返済トラブルを起こしていて不安な人は、個人信用情報機関に信用情報の開示請求をしてみましょう。 イオン銀行は「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」「シー・アイ・シー(CIC)」という2つの個人信用情報機関に加盟しています。 加えて、イオン銀行が加盟する個人信用情報機関は、「日本信用情報機構(JICC)」と呼ばれる個人信用情報機関とも提携しています。 信用情報を開示する方法を詳しく知りたい人は、の記事を参考にしてください。 社内ブラックになっている 個人信用情報機関から金融事故の記録が消えたとしても、 イオン銀行カードローンの指定する保証会社で金融事故を起こした経験がある人は審査に落ちやすくなります。 金融機関は顧客データを保証会社内で永久的に管理している可能性があるため、過去にイオン銀行カードローンの保証会社で金融事故を起こした人は「社内ブラック」となり審査落ちやすくなります。 例えば、イオン銀行カードローンの保証会社は、イオンクレジットサービスとオリックス・クレジットです。 イオンクレジットサービスとは、イオンカードの審査や顧客管理業務を行っている会社です。 つまり、過去にイオンカードやオリックス・クレジットで金融事故を起こしている人は、個人信用情報機関から金融事故の情報が消えていたとしても、イオン銀行カードローンの審査に落ちる可能が高いです。 他社借入件数が多い イオン銀行カードローンに申し込む際に、他社借入件数が多いと審査に落ちる可能性が高くなります。 イオン銀行は利用者に貸したお金が返済されないことを最も恐れているため、他社借入が多すぎる人を「いずれ破産するのではないか」と警戒します。 そのため、すでに2社以上の金融機関から借り入れしている人は、審査担当者から多重債務者と判断されて、イオン銀行カードローンの審査に落ちる可能性が高いです。 イオン銀行カードローンに申し込みする際は、他社借入件数を減らしてから利用を検討しましょう。 イオン銀行カードローンの審査に通る裏技 イオン銀行カードローンの審査に通る方法は、下記の通りです。 【イオン銀行カードローンの審査に通る方法】• 他のカードローンやクレジットカードを同時に申し込まない• 虚偽申告をしない イオン銀行カードローンの審査に通る方法を解説します。 他のカードローンやクレジットカードを同時に申し込まない イオン銀行カードローンの審査に通過する確率を上げたい人は、イオン銀行カードローンの申し込みと同じタイミングで他社のカードローンやクレジットカードを申し込むのは止めましょう。 同時に複数社のカードローンやクレジットカードの申し込みをすると、審査担当者に「お金に困っている」と判断され、イオン銀行カードローンの審査に落ちる可能性が高いです。 同時に複数社のカードローンやクレジットカードの申し込むことを、「多重申込(申し込みブラック)」といいます。 6か月で3件以上のカードローンやクレジットカードの申し込みを行っていると多重申込とみなされる可能性があります。 6か月で3件以上のカードローンやクレジットカードに申し込みした人は、最後の申し込みから半年が経過してからイオン銀行カードローンに申し込むようにしましょう。 虚偽申告をしない イオン銀行カードローンの審査に通過する確率を上げたい人は、絶対に虚偽申告をしてはいけません。 虚偽申告がバレると、イオン銀行カードローンの審査に必ず落ちるためです。 他社借入件数や他社借入残高などの情報は、個人信用情報機関に登録された信用情報を確認すればわかります。 イオン銀行はカードローン審査の際、審査担当者が申込者の信用情報に必ず目を通すので嘘は必ずバレます。 また、虚偽申告が発覚した場合、イオン銀行カードローンの審査に落ちるだけではなく、詐欺未遂や文書偽造の罪に問われる危険性があります。 イオン銀行カードローンの審査に通過したいからといって、申込時に虚偽申告をすることだけは絶対に避けてください。 イオン銀行カードローン通らない人は消費者金融に申し込む イオン銀行カードローンの審査に通らない人は、消費者金融などのに申し込みましょう。 銀行カードローンと消費者金融ではが異なるため、審査に通る可能性があるからです。 消費者金融カードローンの中でもアコムは、最短30分で審査結果を知れるだけでなく、土日祝日の申し込みであっても即日融資を受けられる可能性が高いです。 本人に安定した収入があればパート・アルバイトの人でも申し込みが可能なため、主婦でも利用できる可能性は十分あります。 専業主婦はアコムを利用できない 専業主婦の人は、配偶者に安定した収入があっても審査に通過できません。 アコムの申込条件のなかで、「申込者本人に安定かつ継続した収入の見込める方」と設定されているからです。 本人に収入のない専業主婦は、申込条件を満たせないことから、イオン銀行カードローンの審査に通過できません。 安定かつ継続した収入を得ている配偶者の同意書があっても、専業主婦はイオン銀行カードローンを利用できないのです。 また、専業主婦は本人に収入がないことから、他行のカードローンを利用しても配偶者に借入額を返済してもらう必要があります。 夫や妻といった配偶者に内緒にしておくことはできないため、お金に困っている専業主婦は、お金がない現状を配偶者に相談してみてください。 収入を得ていない専業主婦は、アコムを利用することができません。 アコムのカードローンは、本人に安定した収入があることを申込条件としているためです。 専業主婦で消費者金融のカードローン利用を希望する人は、の記事を参考にしてください。 FP監修者コメント イオン銀行カードローンは、銀行カードローンであるため、消費者金融のカードローンと比べて金利は安くなっていますが、満20歳を超えていても、学生や専業主婦は借りられません。 また、即日融資はできないため、融資までに数日かかることは確認しておきましょう。

次の

イオン銀行カードローンの審査に通る裏技と審査時間

イオン 銀行 カード ローン 審査 落ち た

イオン銀行カードローンから融資を受けたいと思ったとき、気になるのは「審査に通過できるのか?」「審査時間はどのくらいか」などではないでしょうか? イオン銀行カードローンは、申込者本人に安定かつ継続した収入がないと審査に通過できません。 そのため、 本人に安定した収入がない専業主婦や無職の人は、イオン銀行カードローンの審査に落ちます。 また、過去に自己破産などの金融事故を起こしている人や、イオン銀行以外からの借入件数・借入残高が多い人は、審査担当者に貸倒れを疑われるため、イオン銀行カードローンの審査に通過できません。 この記事では、イオン銀行カードローンの審査に通過するために必要な条件や、イオン銀行カードローンの審査時間について解説します。 イオン銀行カードローンの審査基準 イオン銀行カードローンの審査に通るには、イオン銀行の公式サイトに記載されている申込条件を満たしている必要があります。 イオン銀行カードローンの申込条件は、下記の通りです。 【イオン銀行カードローンの申込条件】• 日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方• 契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満の方• 申込者本人に安定かつ継続した収入の見込める方• イオン銀行カードローンの申込条件には、イオン銀行の普通預金口座を持っているという内容は明記されておりません。 そのため、イオン銀行の普通預金口座を持っていない人でも、申し込み可能です。 学生は収入が合っても申し込み不可 大手消費者金融のアコムやプロミスなどは、満20歳以上で収入があれば学生でも申し込み可能です。 一方でイオン銀行カードローンは、収入があったとしても学生から申し込みは受け付けていないので注意しましょう。 実際に、イオン銀行カードローン公式サイト「よくあるご質問」には下記のような記載があります。 Q:【イオン銀行カードローン】学生ですが申し込めますか? A:誠に申し訳ございませんが、学生の方はお申込みいただけません。 引用元:イオン銀行 イオン銀行カードローンの申込時に必要な書類 イオン銀行カードローンの申込時に必要な書類は以下のとおりです。 イオン銀行カードローンでは、本人確認書類の提出を求められます。 有効期限内のものでないと本人確認書類として認められないため、イオン銀行カードローンに提出する前に確認しておきましょう。 また、イオン銀行カードローンに申し込む際には、源泉徴収票や給与明細といった収入証明書類の提出が必要です。 収入証明書類を事前に用意しておくことで審査が円滑に進むため、本人確認書類とともに用意しておいてください。 イオン銀行カードローンの審査結果が出るまでの時間 イオン銀行カードローンでは、即日融資に対応していません。 イオン銀行カードローンに限らず、 銀行カードローンの審査結果が即日で判明することはありません。 銀行カードローンの審査の際、カードローン申込者の情報を警視庁のデータベースと紹介することが義務付けられているためです。 カードローン申込者の情報を警視庁のデータベースと照会するのにかかる時間は最短で1日、長いと2週間程度かかることがあります。 そのため、イオン銀行カードローンの審査結果を申込当日に知ることは絶対にできません。 申込日当日に審査結果がわかるカードローンを探している人は、消費者金融のカードローンを検討しましょう。 消費者金融なら即日融資を受けられる 申込日当日に審査結果がわかるカードローンを探している人には、消費者金融を利用する方法があります。 なかでもアコムのカードローンでは、審査結果が平日・土日祝日を問わず最短30分で出ます。 また、20時までに申し込みを済ませれば、最短即日融資を受けることが可能です。 30日間の無利息期間を利用すれば、期間中は利息ゼロ円でお金を借りることができるため、アコムは短期の借り入れにも向いています。 イオン銀行カードローンの審査に落ちる理由 下記の条件に1つでも当てはまるとイオン銀行カードローンの落ちやすくなるので注意しましょう。 申込者本人に安定した収入がない• 信用情報に傷がある• 社内ブラックになっている• 他社借入件数が多い 申込者本人に安定した収入がない 申込者本人に安定した収入がない人は、申込条件を満たせないため、イオン銀行カードローンの審査に落ちてしまいます。 安定した収入の意味についてイオン銀行カードローンのコールセンターに問い合わせたところ、 「1つの職場から2か月以上継続してお給料をもらっている」とのことで、年収や雇用形態(正社員、パート・アルバイトなど)は関係ないとのことでした。 つまり、雇用形態に関係なく、申込者本人が特定の勤め先から2か月以上にわたって給料をもらっていれば、イオン銀行カードローンの審査に通過する可能性があります。 一方、現在の勤め先で働きはじめて2か月が経過していない人や日雇い労働の人などは、イオン銀行カードローンの審査に通過できないので注意してください。 申込者本人に安定した収入がない場合の対処法 申込者本人に安定した収入がないと、銀行、消費者金融を問わずカードローンの審査に通過できません。 どのカードローン会社でも、申込条件の中に「申込者本人に安定した収入のある方」という条件を設けているためです。 申込者本人に安定した収入がない場合は、質屋などの金融機関以外からの借入を検討しましょう。 信用情報に傷がある 信用情報に傷があるとイオン銀行カードローンの審査に落ちる原因となります。 信用情報とは、カードローンやクレジットカードなどの利用履歴に関する情報のことです。 「契約日」「返済履歴」「現在の借入額」などが記録されます。 また、過去に自己破産などの返済トラブルを経験している人は、返済トラブルの履歴もすべて登録されています。 信用情報に傷がない申込者はイオン銀行にとって安心してお金を貸せる顧客なので、イオン銀行カードローンの審査に通過できる可能性が高くなります。 逆に、信用情報に傷がある人は、返済能力を疑われるためイオン銀行カードローン含め、すべてのカードローン審査に落ちてしまいます。 信用情報は個人信用情報機関と呼ばれるところに5~10年間記録が残ります。 過去に返済トラブルを起こしていて不安な人は、個人信用情報機関に信用情報の開示請求をしてみましょう。 イオン銀行は「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」「シー・アイ・シー(CIC)」という2つの個人信用情報機関に加盟しています。 加えて、イオン銀行が加盟する個人信用情報機関は、「日本信用情報機構(JICC)」と呼ばれる個人信用情報機関とも提携しています。 信用情報を開示する方法を詳しく知りたい人は、の記事を参考にしてください。 社内ブラックになっている 個人信用情報機関から金融事故の記録が消えたとしても、 イオン銀行カードローンの指定する保証会社で金融事故を起こした経験がある人は審査に落ちやすくなります。 金融機関は顧客データを保証会社内で永久的に管理している可能性があるため、過去にイオン銀行カードローンの保証会社で金融事故を起こした人は「社内ブラック」となり審査落ちやすくなります。 例えば、イオン銀行カードローンの保証会社は、イオンクレジットサービスとオリックス・クレジットです。 イオンクレジットサービスとは、イオンカードの審査や顧客管理業務を行っている会社です。 つまり、過去にイオンカードやオリックス・クレジットで金融事故を起こしている人は、個人信用情報機関から金融事故の情報が消えていたとしても、イオン銀行カードローンの審査に落ちる可能が高いです。 他社借入件数が多い イオン銀行カードローンに申し込む際に、他社借入件数が多いと審査に落ちる可能性が高くなります。 イオン銀行は利用者に貸したお金が返済されないことを最も恐れているため、他社借入が多すぎる人を「いずれ破産するのではないか」と警戒します。 そのため、すでに2社以上の金融機関から借り入れしている人は、審査担当者から多重債務者と判断されて、イオン銀行カードローンの審査に落ちる可能性が高いです。 イオン銀行カードローンに申し込みする際は、他社借入件数を減らしてから利用を検討しましょう。 イオン銀行カードローンの審査に通る裏技 イオン銀行カードローンの審査に通る方法は、下記の通りです。 【イオン銀行カードローンの審査に通る方法】• 他のカードローンやクレジットカードを同時に申し込まない• 虚偽申告をしない イオン銀行カードローンの審査に通る方法を解説します。 他のカードローンやクレジットカードを同時に申し込まない イオン銀行カードローンの審査に通過する確率を上げたい人は、イオン銀行カードローンの申し込みと同じタイミングで他社のカードローンやクレジットカードを申し込むのは止めましょう。 同時に複数社のカードローンやクレジットカードの申し込みをすると、審査担当者に「お金に困っている」と判断され、イオン銀行カードローンの審査に落ちる可能性が高いです。 同時に複数社のカードローンやクレジットカードの申し込むことを、「多重申込(申し込みブラック)」といいます。 6か月で3件以上のカードローンやクレジットカードの申し込みを行っていると多重申込とみなされる可能性があります。 6か月で3件以上のカードローンやクレジットカードに申し込みした人は、最後の申し込みから半年が経過してからイオン銀行カードローンに申し込むようにしましょう。 虚偽申告をしない イオン銀行カードローンの審査に通過する確率を上げたい人は、絶対に虚偽申告をしてはいけません。 虚偽申告がバレると、イオン銀行カードローンの審査に必ず落ちるためです。 他社借入件数や他社借入残高などの情報は、個人信用情報機関に登録された信用情報を確認すればわかります。 イオン銀行はカードローン審査の際、審査担当者が申込者の信用情報に必ず目を通すので嘘は必ずバレます。 また、虚偽申告が発覚した場合、イオン銀行カードローンの審査に落ちるだけではなく、詐欺未遂や文書偽造の罪に問われる危険性があります。 イオン銀行カードローンの審査に通過したいからといって、申込時に虚偽申告をすることだけは絶対に避けてください。 イオン銀行カードローン通らない人は消費者金融に申し込む イオン銀行カードローンの審査に通らない人は、消費者金融などのに申し込みましょう。 銀行カードローンと消費者金融ではが異なるため、審査に通る可能性があるからです。 消費者金融カードローンの中でもアコムは、最短30分で審査結果を知れるだけでなく、土日祝日の申し込みであっても即日融資を受けられる可能性が高いです。 本人に安定した収入があればパート・アルバイトの人でも申し込みが可能なため、主婦でも利用できる可能性は十分あります。 専業主婦はアコムを利用できない 専業主婦の人は、配偶者に安定した収入があっても審査に通過できません。 アコムの申込条件のなかで、「申込者本人に安定かつ継続した収入の見込める方」と設定されているからです。 本人に収入のない専業主婦は、申込条件を満たせないことから、イオン銀行カードローンの審査に通過できません。 安定かつ継続した収入を得ている配偶者の同意書があっても、専業主婦はイオン銀行カードローンを利用できないのです。 また、専業主婦は本人に収入がないことから、他行のカードローンを利用しても配偶者に借入額を返済してもらう必要があります。 夫や妻といった配偶者に内緒にしておくことはできないため、お金に困っている専業主婦は、お金がない現状を配偶者に相談してみてください。 収入を得ていない専業主婦は、アコムを利用することができません。 アコムのカードローンは、本人に安定した収入があることを申込条件としているためです。 専業主婦で消費者金融のカードローン利用を希望する人は、の記事を参考にしてください。 FP監修者コメント イオン銀行カードローンは、銀行カードローンであるため、消費者金融のカードローンと比べて金利は安くなっていますが、満20歳を超えていても、学生や専業主婦は借りられません。 また、即日融資はできないため、融資までに数日かかることは確認しておきましょう。

次の