プッシュホン 決済 導入。 【楽天市場】【送料無料】クイックアトマイザー 5ML【シャイニーピンク】面倒だった香水の詰め替えが簡単に ホンプ式香水詰め替えボトル アトマイザー 香水/詰め替え/香アロマ/フレグランス詰め替え容器【90日間の安心保証書付】スプレーボトルブレゼント:サプリメント健康雑貨のお店 若杉

プッシュ通知オン/オフの設定変更方法|iPhone、Android

プッシュホン 決済 導入

プッシュ通知の設定変更 iPhone iOS12 の場合 大きく2種類の方法で、プッシュ通知の設定変更を行うことができます。 ロック画面・通知センターに届いている通知から変更する方法と、2. ロック画面・通知センターに届いている通知から設定変更する方法 1. ロック画面・通知センターに届いている通知を、 左にスワイプして、「管理」をタップします。 メニューが表示されるので、ここから設定を変更することができます。 目立たない形で配信• 通知センターには表示されますが、 ロック画面、バナー(操作中に画面上部に表示される通知)には表示されず、 サウンドやバッジ表示もオフになります。 その名の通り、 通知がオフになります。 届いた通知を見て、すぐに操作ができるので便利ですね。 再びオンにしたい場合などは、「設定」から変更することができます。 (次でご紹介いたします) 2. 「設定」から「通知」をタップし、 設定変更したいアプリをタップします。 一切の通知をオフにしたい場合は、 「通知を許可」をオフにすればOKです。 部分的に通知の方法を変更したい場合は、その下の項目の設定を変更します。 通知(3つの絵)• 通知が表示される場所として、 ロック画面、通知センター、バナー(操作中に画面上部に表示)のオン/オフを選ぶことができます。 バナースタイル• 「一時的」は、バナー表示オンの時に、通知が画面の上部に表示された後、自動的に表示が消えます。 「持続的」を選ぶと、自動的に表示は消えません。 サウンド• こちらは文字とおりの意味です。 バッジ• アイコンに表示される赤い丸のことですね。 プレビューを表示• 「常に(デフォルト)」は、通知の内容が表示(プレビュー)されます。 「しない」にすると、「1件の通知」のような文言のみになり、内容は表示されません。 通知のグループ化• 「自動」は、各アプリの通知が、通知内容によって自動的にグループ化されて表示されます。 「App別」は、各アプリの通知が、すべて1つのグループにまとめられて表示されます。 「オフ」は、グループ化しないで1件1件表示されます。 1つ目でご紹介した 「目立たない形で配信」をタップすると、この部分の設定は下のように変更されます。 寝るときだけ通知をオフにしたい場合 通知は受け取りたいけれど、寝る時に、沢山の通知(バイブレーション)が来るのは、、、という方は、 おやすみモードで、簡単に通知をオフにすることができます。 画面下部から上にひっぱると出てくる コントロールセンターで、 おやすみモード(月のアイコン)をオンにします。 すると、ステータスバーに月のアイコンが表示され、 ロック中は、着信や通知が(サウンドや、バイブレーションなども)オフになります。 プッシュ通知の設定変更 iPhone iOS11 の場合 1. 「設定」から「通知」をタップし、設定変更したいアプリをタップします。 一切の通知をオフにしたい場合は、 「通知を許可」をオフにすればOKです。 部分的に通知の方法を変更したい場合は、その下の項目の設定を変更します。 通知センターに表示• 画面上部から下にひっぱると出てくる 通知センターに表示するか、しないかを選ぶことができます。 サウンド• こちらは文字とおりの意味です。 Appアイコンにバッジを表示• アイコンに表示される赤い丸のことですね。 ロック画面に表示• これも文字通り、ロック画面に表示するか、しないかですね。 オフにすると、ロック画面にも通知されず、ロック画面からアクセスする通知センターにも表示されなくなります。 画面下部にある3つの絵(ロックされていないときの通知のスタイル)• 画面下部にある3つの絵は、 ロックされていないとき(スマホを操作している時)に、通知を受け取った場合の表示方法(スタイル)になります。 ロックされていないときの通知のスタイル• 画面には表示されません。 間違いやすいポイントです。 バナー• 画面の上部に表示され、自動的に表示が消えます。 画面の上部に表示され、元の操作に戻る前に確認が要求されます。 バナーと異なり、 自動的に表示が消えません。 その他、 寝るときだけ通知をオフにしたい場合は、iOS12と操作方法は同じなので、をご確認ください。 その 各アプリの情報画面を開く方法が何種類かありますので、後ほどご紹介いたします。 Android OS4. 1以上から、設定で通知をオフにすることができます。 OS4. 0や2. 3の人は、誠に残念ながら、個々のアプリを起動して、アプリ内の設定からオフにする必要があります。 「設定」から各アプリの通知の設定変更をする方法 1. 「設定」を開き、 「アプリ」、あるいは 「アプリと通知」をタップします。 (端末やOSによっては、 「通知」というメニューもあります。 ) 【左】OS9. 0 Nexus 【右】OS7. 0 Galaxy 2. 通知設定を変更したいアプリをタップして、 各アプリの情報画面を開きます。 「通知」をタップします。 【左】OS9. 0 Nexus 【右】OS7. 0 Galaxy 3. 「通知」画面から、 オン/オフの設定変更を行うことができます。 単純なオン/オフという表現もあれば、「ブロックする」のオン/オフ、「通知を許可」のオン/オフなど、端末やOSによって、画面や文言が結構異なりますので、お使いの端末の文言をよくご確認の上、設定いただければと思います。 【左】OS9. 0 Nexus 【右】OS7. 0 Galaxy OS8. 0以上では、通知の設定がとても細かくできるようになりました。 通知チャネルは、1つのアプリの中でも、 通知の内容や種類によって設定を変えることができるもので、表示の方法や、サウンド、通知ドット(通知が届いた時にアイコンに表示される丸いドット)など、細かくカスタマイズすることができます。 各アプリの情報画面を開く方法 「設定」からの変更方法をご紹介いたしましたが、「設定」以外にも、 各アプリの情報画面を開いて、通知の設定変更を行う方法は何種類かありますので、ご紹介いたします。 長押し以外にも、通知を左右に 少しだけスワイプすると、設定アイコンが表示されます。 端末やOS毎に若干異なりますが、タップすると、 先程の画面が開くものや、 その場で、設定変更を行うことができるものもあります。 アプリ切り替え画面から、アプリ情報画面を開く方法 アプリ切り替え画面で、 左上のアイコン部分を長押ししても、同様にアプリ情報画面が開き、設定を変更することもできます。 OS7. 1以上では、 アプリアイコンを長押しすると、アプリ情報を示すアイコンが表示されるので、それをタップして、アプリ情報画面が開き、設定を変更することもできます。 寝るときだけ通知をオフにしたい場合 通知は受け取りたいけれど、寝る時に、たくさんの通知(バイブレーション)が来るのは、、、という方は、通知を一時的にオフにすることができます。 画面上部から下にひっぱると出てくる クイック設定パネルで、 「通知を非表示」や「通知をミュート」、「マナーモード」などのアイコンがある場合は、それをオンにします。 OSや端末によって、若干機能が異なりますが、 着信や通知時の音とバイブレーションをオフにすることができます。 機内モードも、着信や通知時の音をオフにできますが、そもそも、インターネットから遮断されてしまいます。 通知を非表示は、ネット接続はそのままで、着信や通知時の音をオフにすることができます。 また、 「アラーム」は例外として動作するように設定できるものがほとんどですので、ご安心ください。 特にAndroidの場合は、iOSと違って、アプリ毎にプッシュ通知の有無を確認するダイアログを表示しなければならない、というルールは、現時点ではありません。 iOSと同様に、初回起動時にダイアログを表示するアプリもありますが、そういった有無の確認なしに、1回目のプッシュ通知が送られてきて、はじめて気が付く、ということも多いのではないでしょうか。 ちなみに多くのアプリが「プッシュ通知」を実施している理由の一つとしては、ユーザの目に触れる機会が多く、またそこからの反応もいいということで、有益なマーケティングツールになっている、ということがあるようです。 参考にしていただければと思います。

次の

JR東日本:プレスリリース

プッシュホン 決済 導入

何か良い情報 ないかな? 企業リリース情報を見る• 便利ツール• 記事の内容カテゴリから探す• 記事の種別カテゴリから探す• 記事のタイプから探す• サービス情報をDBから検索• セミナー・ プレゼント• Web担に ついて• 記事を投稿してみる (メンバー登録が必要です)• メンバー• Webブラウザでのプッシュ通知の仕組み スマホのプッシュ通知は馴染みがあるけど、Webでもプッシュ通知が使える? スマートフォンのプッシュ通知といえば馴染みが深いが、実はWebのプッシュ通知サービスが広がりだしたのはつい最近だ。 ブラウザの標準規格が確立したのが2016年の12月、これにBoltzEngineが対応したのは2017年4月と、ここ1、2年のことだ。 「元々システム自体はあったが、ブラウザによって規格が異なるのでなかなかリリースできなかった」と伊藤氏は語った。 スマホのプッシュ通知は普及して数年たつが、Webのプッシュ通知はまだまだこれから。 では、 Webプッシュ通知はどういったシーンで利用するのが有効なのか。 自由度が高く、利用シーンは様々 「BoltzEngineでのWebプッシュ通知は勤怠管理などの社内システムで特に活用できると考えていました」と伊藤氏は語る。 しかし、世の中の流れとしては Webプッシュ通知をマーケティングに使用する流れになっている。 プッシュ通知はメルマガの代わりになりえるか 「メルマガとプッシュ通知は並存していくと思います」と伊藤氏は言う。 それは、 一度に送れる情報量に明確な差があるためだ。 メルマガと比べ、プッシュ通知は送れる情報がとても短い。 プッシュ通知は送れる情報が短い代わりに、情報をタイムリーに届けたい、新着情報の更新を届けたいというときに使われる。 対して、メルマガはプッシュ通知に比べて情報を確認してもらうまでに複数のステップが存在するが、より詳細な情報を伝えたい、知りたいというときに活用できる。 伊藤氏にメルマガとプッシュ通知への反応の違いを聞いてみると、メルマガよりもプッシュ通知のほうが反応が良い場合が多かったようだ。 メルマガの開封率が3~5%だったものが、スマホアプリでは15~20%にアップしたこともある。 プッシュ通知をメルマガの役割に置き換えてしまうより、補助的役割に使う方が良さそうだ。 Webの接客ツールの補助にも Web接客では、すぐに接客ができない場合、ユーザーがページを閉じてしまうことがある。 その場合、Webプッシュ通知は非常に有効だ。 ページを閉じてしまったユーザーに対して「回答しました」とウェブブラウザにプッシュ通知を送ることで、再びページに来てもらうような通知を行うことができる。 パーソナライズされた通知は可能? 現状の技術でも、「この記事を読んだらこういうアクションをする」というようなWebプッシュ通知を組み込むことは可能だ。 とはいえ、実際にそこまで運用できているのはごく少数の会社のみというのが現実。 しかし、将来的には配送状況の通知やログイン通知など、ユーザーの行動に則した、よりパーソナライズされた通知を送っていくことが可能になっていくと考えられる。 プッシュ通知のデモ 通知頻度はどう決める?使う際の注意点 プッシュ通知を行う上で、通知頻度の設定は重要だ。 あまりにも通知の頻度が多すぎると拒否される可能性が高まるため、 ユーザーに負担にならない通知頻度と通知の仕方を考える必要がある。 たとえば、事前のコンセントがなくいきなり「プッシュ通知を有効にしますか」と出てくる。 これは、ユーザーからすると何故通知が出たのかわからないので拒否されてしまう。 また、情報を見てほしい気持ちが先立ってあまりに頻繁にプッシュ通知を送ってしまうと、これもユーザーには負担になり拒否されてしまう。 こういったサイトが増えてくるとユーザーの通知拒否が増え、Webプッシュ通知が廃れてしまう恐れがある。 伊藤氏は、「Webプッシュ通知の発展がこれからというこの立ち上がりの時期にこそ、導入企業に気を付けて欲しいことがある」と語った。 それは、 必ずユーザーに何の通知かを知らせること。 これは有効化率を上げるためによくとられているフローだ。 プッシュ通知はただ単に通知の可否を問うだけでは拒否される場合が多いので、ユーザーにとってどのような利益のある情報が得られる通知かをページ内に明記することが重要だ。 これにより、ユーザーの通知に対する不安や不信感を取り除くことができる。 しかも、このフローを組み込むと、通知内容を承知のうえで許可をしてくれる ロイヤリティの高いユーザーに通知を届けることができる。 サービスの利用にあたり、マーケティング担当者はエンジニアに対してどう依頼をすればスムーズになるのか Webプッシュ通知を行いたい場合、マーケティング担当者だけではなく、社内のエンジニアと協力する必要がある。 導入したいときにエンジニアへ伝えたい要素は以下の4つだ。 プッシュ通知を有効にするときのステップ どのようなステップがあって、有効無効の表示が出るようにするのか。 プッシュ通知をどう表示するか プッシュ通知はウェブブラウザの機能である程度自由に出すことが可能なため、どのような表示にするのかを決める必要がある。 たとえば、クリックしたときにどのURLを開くのか、URLを開くときにタブを更新するのか、URLを新しく開くのかなど、 開いたときの表示と挙動を決めておく。 管理側が通知をどう送りたいか 管理側が通知をどのように送りたいかも考える必要がある。 セグメントを分けて送りたい場合は、まずセグメントの情報をどうやってブラウザからたどってくるかを突き詰めなければならない。 ユーザーログインのあるシステムの場合だと簡単だが、無い場合は、たとえばユーザーが「この記事を見ていた」など、ブラウザが持っている情報をまとめる必要がある。 送るタイミング 時間指定ならばサーバーに時間通りに送れる仕組みを入れる必要があるので、クリックしたら送る、時間を決めて送るなどを決めてエンジニアに伝えると良い。 プッシュ通知は、融通がきく分色々なものを用意して対応させる必要がある。 そのため、導入する際にはマーケティング側で最終的に何を目的にするのかを決め、そこからどういう仕組みを使うのかを考えてからエンジニアに伝えるとスムーズに導入できる。 BoltzEngineの特性 BoltzEngineはもともと、生放送番組向けの通知エンジンから発展し、スマホ、Webプッシュ通知の開発に至った。 制限なく大量に素早く送れる 普段から100万単位でユーザーを抱えているゲームや、人気の生放送番組でも100万人以上に通知を送っており、そういったシステムを想定基準として開発している背景もあるため、 一度に素早く大量のユーザーへ通知を送ることに長けている。 また、BoltzEngineを利用するにはサーバーを自社で用意する必要がある。 そのため、他のサービスで大量に通知を送っていることによりパフォーマンスが下がるというような影響を受けにくい。 更にプッシュ通知を大量のユーザーに送った場合、一気にアクセスされてサーバーがダウンするという場合が考えられるが、これを避けるためにわざと速度に制限をかけ少しずつ送る機能もある。 手軽に通知を送れる スマホではアプリのインストールが必要だが、Webプッシュはブラウザさえあれば通知ができるので、ユーザーに対して、低いハードルでプッシュ通知を届けることができる。 ただし、SafariのWebプッシュに関しては未対応なので注意が必要だ。 単発利用と長期利用 BoltzEngineの利用者は、利用目的によって期間が異なるという。 単発の場合はイベントやシステム移行のつなぎの期間に利用されることが多い。 あるASPサービスから他のASPサービスに移行するとき、その期間のみ利用するような場合だ。 そして、長期では会社のポリシーとして外にデータを置けない場合、また、ASPサービスだと配信数が伸びてきて他のサービスにも適応したい場合、大量に送れない、従量課金がかかるとかという場合に使われることが多い。 フラッシュプラン…月額8万円。 ライトニング同様スマホアプリ1本利用可能で、ウェブサイト、メッセージ配信は無制限。 イベントなど短期間向け。 ライトニングプラン…80万円買い切り。 スマホアプリ1本(iOS、Android)と会社全体のWebサイトは無制限で全てカバーできる。 メッセージは無制限。 2年目以降のサポートとアップデートサービスなどは毎年10万円。 サンダーボルトプラン…スマホアプリもWebもメッセージ配信も無制限。

次の

世界的に広がる兆し!古くて新しいQRコード決済の今

プッシュホン 決済 導入

ポスターや商品ラベルの隅に表示されているQRコード。 日本では、食品成分表示の閲覧やキャンペーンの応募などで、以前から幅広く活用されています。 最近はLINEで友達を追加したり、飛行機の搭乗券代わりにできたり、人々の生活に広く浸透していますよね。 かつてコカコーラの自動販売機では、電子マネー「Cmode」を使った支払いにQRコードが用いられていました。 しかし交通系電子マネーの普及とともに2011年には姿を消しており、取り入れられ方によっては浮き沈みの激しい技術という印象が個人的にはあります。 そんなQRコードを利用した支払方法が、このところ店頭で復活の兆しを見せていることに、皆さんはお気づきでしたでしょうか? この記事の目次• 「」アプリは、楽天会員IDでログインすることで、実店舗での簡単なスマートフォン決済を実現します。 次の決済画面でスライドし、表示される画面を店員に見せれば支払完了です。 店舗のスマートフォン・タブレット端末からQRコードを読み取ると、支払い金額が表示されます。 金額を確認したら決済画面をスライド。 最後に表示された画面を店員に見せて完了です。 このアプリを使えば、楽天会員IDに登録されているクレジットカードと楽天スーパーポイントを組み合わせて支払いができます。 さらに「」アプリで支払えば、200円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。 加盟店にも嬉しいサービス これを機にクレジットカード決済サービス「楽天スマートペイ」の加盟店は、「」アプリでの決済も取り扱えるようになりました。 導入方法は簡単で、タブレット端末に無料のアプリ「楽天ペイ アプリ決済 店舗用」をダウンロードするだけ。 さらに2017年(予定)には、中国で多く使われている決済サービス「WeChat Pay」への対応を予定しており、中国人旅行客のニーズに対応できる決済環境が整備される見込みです。 仕様をオープン化して誰もが自由に使えるコードとしたことや、2002年以降、QRコードの読み取り機能を搭載した携帯電話が発売されたことで一般に広まり、現在では名刺や電子チケットなど、世界中で利用されるコードとなりました。 2012年には総合的なデザイン推奨の制度である。 普及の方法や使われ方までの価値が認められています。 ちなみに、マーケティング支援サービスのドゥ・ハウスが2014年に発表した「」によると、日本国内における女性の認知率は9割を超えており、約7割に使用経験があるという結果が出ています。 <参考> 海外でもQRコード決済が広まっている Google元幹部が開発したスマート決済端末「Poynt」 アメリカでもQRコード決済に対応した端末が登場しています。 開発したのはGoogle WalletのトップだったOsama Bedier氏がCEOを務めるPoynt。 この会社は2014年秋、スマートターミナル「」を発表しました。 「Poynt」は店舗側と顧客側それぞれに画面を持つ「へ」の字型の端末です。 レジに必要な機能は一通り兼ね備えており、領収書の印刷もできます。 特筆すべきは支払方法の多様さです。 一般的なクレジットカード等に利用されるスワイプ決済だけでなく、(ICチップ)、決済(など)、さらにはギフトカードやなど、ありとあらゆる支払方法に対応する機能を有しています。 これだけの機能を1台でカバーできてサイズもコンパクトな機器は、今のところ日本には見当たりません。 2012年12月にはユーザー数が8億人を超え、2012年11月11日には24時間の取扱件数1億580万件という記録を打ち立てています。 「」は、VisaやMasterCardを含む中国国内の170の金融機関と業務提携し、国内外に決済サービスを提供しています。 「」によるオンライン決済では、PIN認証により表示された「」のQRコードをレジにかざすことで決済を完了します。 ユーザーはWeChat内に自分の銀行口座を登録して、買い物や公共料金の支払い、レストランでの割り勘時など、さまざまな場面で利用しているそうです。 支払方法も簡単で、ユーザーはスマートフォンアプリを起動し、店舗でQRコードを見せます。 店員はモバイル端末にダウンロードした決済アプリ「StarPay」を使って、QRコードを読み取るだけ。 ほんの数秒で決済が完了します。 日本ではが代理店として導入をサポートしており、既に500店舗以上で中国人旅行者の買い物手段として利用されています。 使い方は簡単で、まず会社のスマートフォンに必要項目を入力し、決済用QRコードを作成します。 そのQRコードをお客様がスマートフォンで読取り、クレジット決済を行います。 また、請求書に支払い用のQRコードを印字し、お客様がスマートフォンでQRコードを読み取ることでクレジット決済をすることもできます。 どちらもスキミングの心配がなく、お客様もカード番号を伝える必要がないので安心です。 専用のリーダーを使えば従来通りのクレジット決済ができるので、お客様がスマートフォンユーザーでなくても大丈夫。 決済情報をアプリに入力し、クレジットカードをリーダーに通せばその場で回収・集金ができます。 Alipayに対応している「モバイル決済 for Airレジ」 リクルートグループが提供するiPadレジ利用店舗数No. 1のAirレジ。 このAirレジに連携できる「」は「」をお店にカンタンに導入できるサービスとして注目を集めています。 導入費用や月額利用料は不要で、決済手数料のみで利用できるのが魅力です。 中国からのインバウンド需要に対応するため、家電量販店ビックカメラなどでも採用されています。 現在は「」の決済にも対応し、今後も国内外の様々な決済への対応を検討しているとのことです。 メールアドレスが分かれば簡単に請求することができ、決済専用の端末を用意する必要がありません。 また月次や年次の継続決済にも対応しています。 さらにQRコードをチラシや宅配などの配達伝票に印字して利用することも可能です。 ほかにも、販売員が自分の携帯電話を決済端末として利用できる担当者機能があり、外出先でも支払を完了できます。 KEY GATEはマルチペイメントに対応し、クレジットカード決済、コンビニ決済、ペイジー決済、電子マネー決済を利用できます。 ファイルダウンロード機能でデジタルコンテンツ販売も可能です。 まとめ の登場によって世界的にモバイル決済が熱気を帯びてきている今、観光立国を推進する国の意向も相まって、改めてQRコード決済の有用性に注目が集まりつつあります。 店舗にとっても、がもたらすメリットは大きいと言えるでしょう。 なぜならはiPadなどのモバイル端末ひとつで導入できるものが多い上に、顧客の国籍や所有するスマートフォンの種類に関係なく、対応することができるからです。 クレジットカードや電子マネーなど、様々な顧客の要望に応えるためには、それぞれに対応した端末をいくつも設置しなければならなかった今までに比べると、負担は格段に軽減されます。 決済にQRコードを活用するという試みは、今までに何度も登場しては消えていきました。 しかしそれは技術やシステムの問題よりも、時代を先取りしすぎてしまう日本の世相によるところが大きかったと思います。 スマートフォンはこの10年で劇的に性能が良くなっています。 カメラの性能や画面の解像度も申し分ないスマートフォンが、世界中に普及して十分なインフラが整った現在、どちらかというとの方が取り沙汰されています。 しかし専用端末を必要とせず、広い画面とインターネット環境があれば導入できるの手軽さは、いずれグローバルスタンダードとしての地位を築くのではないでしょうか。

次の