ハンディ コミックス。 BookLive!コミック(旧:ハンディコミック)の評判・料金・無料試し読み

ハンディ版 ごくせん 全12巻完結セット (クイーンズコミックス)

ハンディ コミックス

さまざまな業界で活用されるハンディターミナル ハンディターミナルは、直訳すれば「携帯端末」となり、携帯性に優れたデータ収集用の端末のことを指します。 近年は、バーコードや2次元コードなどによる部品・製品の管理が一般的です。 ハンディターミナルには、業界やシーンを問わずに使用できる優れた操作性と堅牢性、防滴・防塵性が求められます。 物流業界と製造業界、小売業界でシェアを拡大 ハンディターミナルの利点は、データをリアルタイムで収集・処理ができることです。 この利点を活かし、在庫管理や入出荷検品、納品、集荷といった各プロセスで常に新規のデータが発生し続ける物流業界で多く利用されています。 また入出荷業務やピッキング業務が日常的な物流業界だけでなく、製造業界でも今やハンディターミナルは必須です。 生産管理やトレーサビリティ、業務の省力化や効率化などに大きく貢献しており、また、小売業界でも在庫管理や商品管理などで広く利用されています。 意外なシーンでもすっかり主役に ハンディターミナルの身近な利用シーンのひとつが宅配業者です。 荷物の配達の際に伝票に印刷されたバーコードを「ピッ」と読み取っているシーンは、よく目にする光景のひとつです。 また最近では、放置車両の確認事務を行う駐車監視員もハンディターミナルを活用しています。 駐車違反車を見つけると、何かの機械で証拠写真を撮影したり、違反ステッカーを内蔵のプリンタで発行したりしていますが、あちらもハンディターミナルの活用法のひとつとなります。 ほかにも水道・電気などの検針業務にもハンディターミナルが浸透しています。 こうして見ると、さまざまなシーンでハンディターミナルが活用されていることがわかります。 ハンディターミナルの基本構造 ハンディターミナルがどんなものか、その基本構造を見てみましょう。 一口にハンディターミナルと言っても用途や活用シーンで求められる機能やスペックは大きく異なります。 こちらでは、あくまで物流の世界で多く用いられている汎用タイプを例に構造、操作系を説明していきます。 A:アンテナ部 無線LANやBluetoothのアンテナが搭載されていて、インターネットや社内(構内)LANを介してPCや他の端末と接続します。 モデルによっては無線機能のないものタイプもあります。 B:動作確認LED インジケータ バーコードなどを読み取った際、または読み取りエラーが生じた際に異なる色の光で知らせるLEDインジケータです。 照合の場合も同様の動作でOKかNGかを知らせます。 C:スキャナ部 バーコードや2次元コードなどを読み取るスキャナ部。 レーザスキャンモジュールまたは専用のカメラが内蔵されています。 D:ブザー部 動作/操作を音でお知らせするスピーカーです。 E:液晶表示部 用途などにより大型のもの、小型のものがあり、主にメニューや作業者への指示、読み取ったバーコードの結果や入力した文字などを表示します。 なお、表示内容はプログラムにより異なります。 中にはタッチパネル搭載の製品もあります。 F:キー操作部 電源スイッチのほかテンキー、ファンクションキーがレイアウトされていて、さまざまな入力作業に対応しています。 携帯電話のように同一キーを押し続けることで文字を選択できる機種も存在します。 G:トリガーキー コードを読み取る際、カメラのシャッターを切るように押します。 H:電池取付部 充電式バッテリーと、乾電池を用いるタイプがあります。 他:バイブレーション機能 動作/操作を振動で伝えます。 また、バーコードの読み取りエラーや照合エラーを振動で知らせます。

次の

スチームアイロンおすすめ16選【編集部で実際に試しました!】

ハンディ コミックス

BookLive! コミック】に変更しました。 BookLive! コミックは凸版印刷グループに属する「」が運営をしている スマホ、タブレット専用の電子コミックサイト。 BookLive! とはまた一味違った漫画、コミックのラインナップでニッチジャンルに強い電子コミックサイトになっている。 BookLive! コミックは、と同じく月額ポイント制を採用。 ポイントを消費して作品を購入する形となっています。 巻購入、話購入に対応した作品も多くあり。 BookLive! が一般漫画、コミックに強い一方でBookLive! ミックは BL・TL・成人向け漫画といったニッチジャンルの作品に強くなっています。 ドコモ、au、SoftBankの大手携帯キャリアを使っていれば1分で無料会員登録も完了。 支払いもキャリア決済なので携帯料金に合算して利用することができます。 ニッチジャンルに強いと微妙に配信作品も違ったりするので比較して選ぶと良いです。 BookLive! コミックのおすすめポイント• 無料配信作品が多数• 携帯キャリア決済に対応• ニッチジャンルの作品ラインナップが豊富• BookLive! 運営だから安心して利用できる• 話購入でも閲覧有効期限が長い BookLive! コミックの特徴として巻購入であっても端末にダウンロードすることができません。 基本的にブラウザを利用したストリーミング再生となります。 この点はデータ通信量を気にする方は少し不満を覚えるかもしれません。 ですが、BookLive! コミックを解約してもそれまでに購入した作品はログインすれば読むことができます。 解約すると購入作品が読めなくなる電子コミックサイトもありますので非常に嬉しいポイントと言えます。 人気の一般漫画、コミックは運営元であるBookLive! を活用してニッチジャンルの漫画が読みたい時はBookLive! コミックを利用するのが個人的なお勧めです。 BookLive! は専用アプリに購入した作品をダウンロードしてオフライン再生が可能です。 BookLive! コミックの配信ジャンル 少年・青年 少女・女性 17000作品以上 29000作品以上 ボーイズラブ ティーンズラブ 19000作品以上 190000作品以上 ガールズラブ 成人向け 600作品以上 25000作品以上 運営元のBookLive! と比較するとBL・TL・成人向け作品は約倍以上の作品ラインナップがあります。 ニッチジャンルのラインナップは業界トップクラスといっても過言ではありません。 またBookLive! コミックではジャンルを細かく分類しており絞り込み検索が可能です。 出版社別にも絞り込むことができます。 タイトルのわからないニッチな作品であっても探すことが簡単にできます。 意外とにラインナップされていない作品をBookLive! コミックで探すとヒットしたりします。 BookLive! コミックの月額料金 BookLive! コミックは月額ポイント制プランとなっている。 支払い方法も携帯キャリア決済のみ。 追加ポイントを購入する時だけクレジットカードで支払いすることが可能となっている。 BookLive! コミックで用意されている月額プランは以下の通り。 コース 月額料金 通常ポイント ブックライブコミック 300 324円 324pt ブックライブコミック 500 540円 540pt ブックライブコミック 1000 1080円 1080pt ブックライブコミック 2000 2160円 2160pt BookLive! コミックでは通常ポイントに加えて「初月ボーナス」「毎月継続ボーナス」といったボーナスポイントが各プランに付与される仕組みになっている。 各月額プランのボーナスポイントは以下の通り。 通常ポイントに加えてボーナスポイント分が毎月の利用できるポイント数となる。 コース 初月ボーナス 毎月継続ボーナス ブックライブコミック 300 0pt 32pt ブックライブコミック 500 108pt 54pt ブックライブコミック 1000 216pt 162pt ブックライブコミック 2000 432pt 432pt 上位プランほどボーナス付与ポイントが多くなっていきます。 解約して新たに月額コースに登録をしても初月ボーナスは対象外となります。 月額コースに関しては複数契約が可能。 BookLive! コミックの安全性 運営元がBookLive! なので安全性の信頼はあります。 また決済方法も携帯キャリア決済に対応。 セキュリティ面を見ても万全になっています。 私自身もメインはBookLive! を利用してたまにニッチジャンルの漫画を読みたい時はブックライブコミックを利用していますが トラブルが起こったことは一切ありません。 快適に利用することができます。 ちなみに携帯料金と合算なので携帯の請求書に記載されますが購入した漫画のタイトルなどは表記されません。 明細には「Handyコミック」といった記載のみです。 親御さんに携帯料金を払ってもらっている方も購入した漫画を知られることはありません。 BookLive! 携帯大手キャリアを利用している人は登録も簡単なので漫画好き、ニッチジャンル好きには 高評価な電子コミックサイトになっています。 悪評になっている部分があるとすれば「まんが王国」同様に広告です。 ハンディコミックが出稿している多くの広告はグロい系、エロ系だったりするので不快に感じている人も中にはいました。 広告は不快でもサービス自体はしっかりとしているので安心して利用ができます。

次の

株式会社ハンディ

ハンディ コミックス

概要 [ ] (23年)に創業。 創業者のはや(所属)の元社員であった。 当初は児童書を出版していたが、(昭和27年)に『』を創刊し、同誌の大ヒットをきっかけにのを柱とするようになった。 (昭和41年)に現在の新書版コミックスの元祖とされる「」シリーズを刊行。 漫画雑誌や貸本という業態がメインであった漫画業界において、の概念を導入し大ヒットレーベルとなる。 (昭和44年)に『』を創刊し、に同誌に連載された『』()や『』()、『』()、『』()、『』()、『』()、『』()、『』()、『』()などの漫画作品は国民的大ヒットとなった。 には200万部を達成し 、同時期には少年週刊誌のトップに立ったとされた。 1970年代以後も同誌は『』()、『』シリーズ()などのロングランヒットを輩出している。 (昭和48年)に木造2階建ての小さな社屋から現在地に本社ビルを建設。 (25年)、雑誌の読者プレゼントに関して、より平成25年付けで 第6条の規定に基づく措置命令を受けた(詳細はを参照)。 本社所在地は二丁目。 流通部門として、秋田書店ブックセンターをに設置している。 略歴 [ ]• (23年) - 創業。 (昭和27年) - 月刊漫画誌「」創刊。 (昭和31年) - 「ぼくらの入門百科」刊行開始。 (昭和33年) - 月刊少女雑誌「」創刊。 (昭和36年) - 「ひとみ」休刊。 (昭和41年) - 他社の週刊誌に掲載された作品を単行本化する「」刊行開始。 (昭和43年) - 月2回刊青年漫画誌「」創刊(のちに月刊化)。 (昭和44年) - 月2回刊少年漫画誌「」創刊(のちに週刊化)。 (昭和45年) - 月刊少年漫画誌「」創刊。 (昭和46年) - 「まんが王」休刊。 (昭和48年) - 本社を千代田区三崎町から、現所在地の千代田区飯田橋に移転。 (昭和49年) - 月刊少女漫画誌「」創刊。 「」創刊。 (昭和53年) - 月刊少女漫画誌「」創刊。 (昭和59年) - 月刊女性漫画誌「」創刊。 「TVアニメマガジン」休刊。 (昭和60年) - 月刊誌「」創刊。 隔月刊女性漫画誌「」創刊 (のちに「」 )。 (昭和61年) - 月刊女性漫画誌「」創刊。 (昭和62年) - 月刊少女漫画誌「」創刊 (のちに「」 )。 (昭和63年) - 月2回刊青年漫画誌「」創刊。 月刊少女漫画誌「」創刊。 ( 03年) - 「ひとみ」休刊。 (平成 05年) - 単行本既刊作品を文庫化する「」刊行開始。 (平成 06年) - 季刊女性漫画誌「」創刊。 (平成10年) - 秋田書店ブックセンター竣工• (平成14年) - 月刊青年漫画誌「」創刊。 (平成15年) - 「歴史と旅」休刊。 (平成18年) - 隔月刊青年漫画誌「」創刊(のちに月刊化)。 隔月刊青年漫画誌「」創刊。 (平成21年) - 休刊した「歴史と旅」のコンテンツをと共同で電子書籍化。 と版権ビジネスで業務提携。 (平成22年) - のと共同で、香港の人気コミックの日本語化と日本での電子配信を開始。 (平成24年) - 月刊少年漫画誌「」創刊。 季刊女性漫画誌「」創刊。 (平成26年) - 「声優パラダイスR」刊行開始、「別冊ヤングチャンピオン」創刊。 webコミック「」公開。 (平成29年) - 「カチCOMI」創刊• (平成30年) - 「」「Souffle」公開• (令和元年) - 「どこでもヤングチャンピオン」創刊 特徴 [ ] 出版傾向としては少年・少女向けコミック、青年コミックなど確実な消費の見込める分野への参入が多い。 『』のテレビ向け路線変更も『テレビランド』や『テレビマガジン』の後追いという印象を受けるが、路線の先駆的存在ではあった。 『』は「五大週刊少年誌」(『』『』『』『』および『チャンピオン』)の一角として、からの、・・の時流に乗り、『』・『』・『』・『』・『』など幅広いジャンルで一時代を築きトップセールスを誇ったこともある。 ただしベテランを登用する姿勢が1970年代からあり、が人気凋落しても作品を載せ続け、『ブラック・ジャック』の連載を手塚と心中する覚悟で始めたという。 また少女誌の『』もから初頭にかけて、を中心とした路線の作品や、系の作品を増やし、『』・『』・『』・『』・『』・『』・『』・『』・『』などの作品で一定の人気を得た(特に80万部を突破した頃は、『』160万部、『』135万部、同社『』130万部、『』125万部であり、『月刊プリンセス』は少女漫画雑誌全体では5番目に人気のある雑誌であった )。 反面、後進の作家育成やメディアミックス戦略に弱かったため、少年誌では以降に大手三社の・・、少女誌では以降に(主に向け作品)に対して後れを取る形となっていた。 また経営上の方針で、実績のない作家による単行本の初版が極端に低く抑えられる事が多く、不人気作品の続刊は刊行されないこともある。 しかし自社倉庫を管理している関係上、漫画を含めたかなり昔の出版物であっても極力絶版にはせず、 40年以上前の初版の出版物でも入手出来る事があるなど、保管の良さは評価されている。 長期連載作品や一世を風靡した作品がある為に世代を超えて読まれることが多く、以降の全世代に広く読まれる作品もいくつかある(少年向けでは『ブラック・ジャック』・『ドカベン』・『シリーズ』・『シリーズ』・『シリーズ』、少女・女性向けでは『王家の紋章』・『エロイカより愛をこめて』・『悪魔の花嫁』・『妖精国の騎士』・『』・『』)。 また、(平成20年)現在、ウェブ上ので往年の名作を復刻販売している。 かつては歴史関連の書籍・雑誌なども出版していたが、の『歴史と旅』の休刊を最後に新規の刊行はなくなり、在庫の販売のみとなった。 雑誌 [ ] 少年・男性向けコミック誌 [ ]• (毎週木曜日発売)• (毎月12日発売)• (毎月5日発売)• (毎月第2・第4火曜日発売)• (毎月第3火曜日発売)• (毎月第1火曜日発売)• どこでもヤングチャンピオン(電子書籍版のみ、毎月第4火曜日発売)• (毎月19日発売) 少女・女性向けコミック誌 [ ]• (毎月6日発売)• (毎月6日発売)• (毎月26日発売)• (毎月3日発売)• (1月・4月・7月・10月、19日発売)• (奇数月6日発売)• (偶数月6日発売) ウェブコミック [ ]• 日刊月チャン• Souffle 情報誌 [ ]• 別冊まんが王• (創刊1958年、休刊1961年)• (創刊1978年、休刊1991年)• (創刊1979年、紙版終了・電子書籍化2018年、休刊2020年)• (創刊1990年、休刊年不明)• (創刊年不明、独立創刊1981年、休刊1996年)• (創刊1982年、休刊年不明)• (創刊1983年、休刊年不明)• (創刊1983年、休刊1992年)• (創刊1986年、休刊1994年)• (創刊1987年、休刊1996年)• (創刊1994年、休刊2004年)• (創刊1996年、誌名変更1997年、休刊1999年)• (創刊2004年、休刊2006年)• (創刊1981年、休刊1986年)• (創刊1986年7月、休刊1989年8月)• (創刊1974年、休刊200? (創刊1992年8月、休刊1994年?? (創刊1995年3月、休刊1997年7月)• (創刊1985年10月、休刊1989年?? (創刊1972年、休刊年不明)• (創刊1968年6月、休刊2014年7月)• (創刊2006年12月、休刊2014年8月)• (創刊2012年6月、休刊2014年10月)• ワンコインフォアミセス (刊行終了2017年5月)• (創刊1984年9月、休刊2017年12月) レーベル [ ] コミックス:現行レーベル [ ]• - おもに『週刊少年チャンピオン』および『月刊少年チャンピオン』の掲載作品を刊行する総合レーベル。 新書判。 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ - 掲載誌に関わらず少年漫画ジャンルの作品(「少年チャンピオン」系以外で掲載されたスピンオフ作など)を収録。 B6判。 - 2003年3月創刊。 『チャンピオンRED』および増刊誌『チャンピオンRED いちご』(2014年休刊)の掲載作品を刊行。 ヤングチャンピオンコミックス - 1988年創刊。 『ヤングチャンピオン』の掲載作品を刊行。 - 2007年10月創刊。 『ヤングチャンピオン烈』の専用レーベル。 プレイコミック・シリーズ - 『』(2014年休刊)の専用レーベル。 最新刊は2015年3月20日発行分。 プリンセス・コミックス - 『月刊プリンセス』の掲載作品を刊行。 プリンセス・コミックスプチ・プリ - 『プチプリンセス』の専用レーベル。 プリンセスコミックスデラックスDX• プリンセス・コミックスDX カチCOMI - BLマガジン『カチCOMI』の専用レーベル。 ボニータ・コミックス - 『ボニータ』(1996年休刊)および派生誌『ミステリーボニータ』の掲載作品を刊行。 ボニータ・コミックス・スペシャル• 恋愛MAX COMICS - 『恋愛LoveMAX』および姉妹誌『恋愛チェリーピンク』の掲載作品を刊行。 B6判。 恋愛MAX COMICS DX - 上記の派生レーベル。 A5判。 秋田コミックスエレガンス(AC Elegance) - 『Eleganceイブ』の専用レーベル。 秋田レディースコミックス(A. ) - 『Eleganceイブ』や『フォアミセス』など女性漫画雑誌の掲載作品を刊行する総合レーベル。 秋田レディースコミックスセレクション(A. C SELECTION)• 秋田レディースコミックスデラックス(A. DX)• コミックス:新規発行停止レーベル [ ]• - 1966年創刊、1991年新規発行停止。 母体となる雑誌を持たない総合レーベル。 秋田コミックスワイド チャンピオン(ACW champion) - 2004から2005年に刊行された書籍扱いの大判コミックス。 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ もっと! - 『もっと! 』(2014年休刊)の専用レーベル。 最新刊は2014年12月19日発行分。 コミックス:廃止レーベル [ ]• チャンピオンジャックコミックス - 『チャンピオンジャック』の専用レーベル。 グランドチャンピオンコミックス - 『グランドチャンピオン』の専用レーベル。 B6判。 グランドチャンピオンコミック ススペシャル - 上記の派生レーベル。 A5判。 ひとみコミックス - 『ひとみ』および派生誌の掲載作品を刊行。 きらら16コミックス - 『きらら16』の専用レーベル。 MIUコミックス - 2000年創刊。 『COMIC MIU』(2004年休刊)の専用レーベル。 後継レーベルは「恋愛MAXコミックス」(2005年以降)。 MIUコミックス love selection - 2001創刊。 のMIUコミックスのサブレーベル。 MIUコミックスDX - 2002創刊。 MIUコミックスのサブレーベル。 ホラーコミックス - 1986年創刊。 1987年からは『サスペリア』(1987年創刊・2001年休刊)の掲載作品などを刊行する新書判のレーベル。 ホラーコミックススペシャル - 1991年創刊。 『サスペリア』および後継誌『サスペリアミステリー』(2001年創刊・2012年休刊)の掲載作品を刊行するB6判のレーベル。 サスペリアミステリーコミックス - 1999年創刊。 『サスペリア』および『サスペリアミステリー』の掲載作品を刊行するレーベル。 秋田コミックスセレクト - 1980年代に刊行されていた復刊・再録のシリーズ。 Golfコミックブックス - 1985年創刊。 『GOLFコミック』の専用レーベル。 1990年に新規発行を停止し、以降は「ヤングチャンピオンコミックス」枠で刊行される。 漫画文庫レーベル [ ]• - 1976年創刊、1980年代中盤に消滅。 - 1997年創刊。 「秋田漫画文庫」の後継となる現行レーベル。 漫画以外の書籍 [ ] 詳細は「」を参照 書籍以外の販売物 [ ] VHSビデオとキャラクターグッズは通信販売のみの取り扱い。 VHSビデオ [ ]• キャラクターグッズ [ ]• 不祥事 [ ] 読者プレゼントの水増し [ ] 5月から4月に発売された雑誌『ミステリーボニータ』『月刊プリンセス』『プリンセスGOLD』の3誌の読者プレゼントで当選者数を実際より多く表示していたとして、、から違反(有利誤認)に基づく措置命令を受けた。 中には、「リボン型ヘアクリップ」のように50人当選としながら3人しか発送していなかったり「」や「1万円分」のように複数の読者に当たると表示しながら一つも発送していない景品もあり、誌上に掲載する当選者名に架空の人物名も使っていた。 読者プレゼントの水増しを同法違反で処分するのは初めて。 秋田書店側は「企業から提供されていた懸賞品が不景気で減少したため、アンケートに大勢答えてもらおうと頃から水増ししていた」と説明し、不正を訴えた女性社員が担当する以前から不正が行われていたことを認めた。 一方で秋田書店は、景品担当業務を4年にわたり担当し今回の不正を訴えた女性社員に対して、「プレゼントを窃取した」と主張して、9月から傷病休職に入っていた同社員に対し、休職中のに解雇通知を送りしていた。 女性社員は「罪をなすりつけられた」として冤罪を主張し、解雇撤回を求め提訴。 2013年付の毎日新聞の報道では、取材に対し「解雇と不正は別問題」としてコメントを控えた。 その一方、同日付で同社は社告を発し「解雇の理由は賞品をほしいままに不法に窃取したこと」、同社員の休職は「業務上ではなく私傷病」とした。 当初社告において、毎日新聞の記事について「弊社への取材も一切おこなわれず一方的に元社員の言い分を掲載したものであり、また、書かれている内容と弊社の認識とは大きな隔たりがあり、とうてい容認することができません。 」と主張していたが、記事内には取材に対し秋田書店が「解雇と不正は別問題だと考えるため、コメントは差し控える」と対応したことが書かれていた。 毎日新聞からの指摘を受け後日社告は訂正された。 元社員は陳述書において「秋田書店は8年以上水増し行為をしていた」「2007年の入社後すぐに先輩から不正行為を引継ぎ口外を禁止された」「編集長と会社に強要され4年半続けさせられた」「編集長に不正行為停止を訴えても無視され続けた」「過重労働と報復としてのパワーハラスメントに苛まれた」「休職中、一方的に懲戒解雇され、且つ元社員がずっと抗議していた不正水増しの罪をなすりつけられた」「消費者庁に指摘を受けた以外の雑誌でも水増しが横行していた」「元社員が休職した後にも不正が続けられた。 」等を主張している。 、元社員との和解が成立した。 和解内容は、懲戒解雇が消費者庁への通報を原因とするものでないことを相互に確認する、合意退職したことを互いに確認する、ホームページに掲載した2013年8月21日付け社告を削除する、秋田書店側が元社員に解決金120万円を支払う、和解条項に定めるもののほか何らの債権債務のないことを確認し今後民事上刑事上の責任を問わないことを相互に約束する、訴訟費用は各自の負担とするといった条件である。 なおパワーハラスメントや罪をなすりつけられたかどうかの認定については和解条項には反映されていなかった。 脚注 [ ]• マイナビ. 2020年3月29日閲覧。 読売新聞1978年1月3日付• (2013年8月20日 公式サイト上「お知らせ」 同8月21日閲覧)• 01 」となる。 - (2014年12月13日閲覧)• 2020年3月29日閲覧。 「秋田書店が海外(香港)電子コミックをMBJプラットフォームより日本で配信開始 pdf 」 株式会社モバイルブック・ジェーピー 2010年5月7日 ニュースリリース• 『雑誌新聞総かたろぐ 1979年版』参照。 記載上は「1巻1号(1981年2月) - 16巻2号(1996年2月)」となっている。 13」まで確認。 では「1983年5月」までの所蔵(2014年12月15日閲覧)。 、日本経済新聞、2013年8月20日付、2013年8月21日閲覧。 、スポーツニッポン2013年8月20日付、2013年8月21日閲覧。 、共同通信、2013年8月21日付、2013年8月21日閲覧。 2013年11月7日• 2011年11月6日• 、秋田書店、2013年8月21日付、2013年8月21日閲覧。 原告:意見陳述書2013年11月7日• 弁護士ドットコム 2015年10月28日• 参考文献 [ ]• 秋田書店サンデー新書リスト(暫定版)• 外部リンク [ ]• (日本語)• akitashoten -• - チャンネル.

次の