おむすび ころ りん クレーター。 人工クレーター「おむすびころりん」と命名 はやぶさ2

野外自主保育 おむすびころりん

おむすび ころ りん クレーター

ある日、 おじいさんは山へ芝刈りに行き、ちょっと一休みに おばあさんが作ったおむすびを食べようとしました。 切り株に座りおむすびの包みを開けると、おむすびがひとつ転がり落ちてしまいました。 大事なおむすびは山をころころと転がり落ちていきました。 おじいさんはおむすびを追いかけましたが、おむすびは大きな木のそばの穴の中へ入ってしまいました。 穴の中をのぞいてみましたが、真っ暗で何も見えません。 すると穴の中から、「おむしびころりん うれしいな」という楽しそうな声が聞こえてきました。 驚いた おじいさんが残りのおむすびも穴の中へ入れてみると、さらに楽しそうな声が聞こえてきました。 穴の中が気になった おじいさんが思い切って穴の中へ入ってみると、穴の底にはたくさんの ねずみが住んでいました。 ねずみたちは おじいさんが落としたおむすびをおいしそうに食べていたのです。 ねずみたちは おじいさんにお礼を言い、それを聞いた おじいさんはとても喜びました。 その日から おじいさんは、毎日おむすびを穴の中へ落とすようになりました。 ある日、 ねずみたちが穴から出てきて、お礼の品として おじいさんに箱を差し出しました。 おじいさんは家に帰りもらった箱を開けてみると、中にはたくさんの小判が入っていました。 おじいさんと おばあさんはいつまでも幸せに暮らしました。

次の

はやぶさ2が作った人工クレーター「おむすびころりん」と命名

おむすび ころ りん クレーター

ある日、 おじいさんは山へ芝刈りに行き、ちょっと一休みに おばあさんが作ったおむすびを食べようとしました。 切り株に座りおむすびの包みを開けると、おむすびがひとつ転がり落ちてしまいました。 大事なおむすびは山をころころと転がり落ちていきました。 おじいさんはおむすびを追いかけましたが、おむすびは大きな木のそばの穴の中へ入ってしまいました。 穴の中をのぞいてみましたが、真っ暗で何も見えません。 すると穴の中から、「おむしびころりん うれしいな」という楽しそうな声が聞こえてきました。 驚いた おじいさんが残りのおむすびも穴の中へ入れてみると、さらに楽しそうな声が聞こえてきました。 穴の中が気になった おじいさんが思い切って穴の中へ入ってみると、穴の底にはたくさんの ねずみが住んでいました。 ねずみたちは おじいさんが落としたおむすびをおいしそうに食べていたのです。 ねずみたちは おじいさんにお礼を言い、それを聞いた おじいさんはとても喜びました。 その日から おじいさんは、毎日おむすびを穴の中へ落とすようになりました。 ある日、 ねずみたちが穴から出てきて、お礼の品として おじいさんに箱を差し出しました。 おじいさんは家に帰りもらった箱を開けてみると、中にはたくさんの小判が入っていました。 おじいさんと おばあさんはいつまでも幸せに暮らしました。

次の

野外自主保育 おむすびころりん

おむすび ころ りん クレーター

ある日、 おじいさんは山へ芝刈りに行き、ちょっと一休みに おばあさんが作ったおむすびを食べようとしました。 切り株に座りおむすびの包みを開けると、おむすびがひとつ転がり落ちてしまいました。 大事なおむすびは山をころころと転がり落ちていきました。 おじいさんはおむすびを追いかけましたが、おむすびは大きな木のそばの穴の中へ入ってしまいました。 穴の中をのぞいてみましたが、真っ暗で何も見えません。 すると穴の中から、「おむしびころりん うれしいな」という楽しそうな声が聞こえてきました。 驚いた おじいさんが残りのおむすびも穴の中へ入れてみると、さらに楽しそうな声が聞こえてきました。 穴の中が気になった おじいさんが思い切って穴の中へ入ってみると、穴の底にはたくさんの ねずみが住んでいました。 ねずみたちは おじいさんが落としたおむすびをおいしそうに食べていたのです。 ねずみたちは おじいさんにお礼を言い、それを聞いた おじいさんはとても喜びました。 その日から おじいさんは、毎日おむすびを穴の中へ落とすようになりました。 ある日、 ねずみたちが穴から出てきて、お礼の品として おじいさんに箱を差し出しました。 おじいさんは家に帰りもらった箱を開けてみると、中にはたくさんの小判が入っていました。 おじいさんと おばあさんはいつまでも幸せに暮らしました。

次の