清見 潟 親方 - 大相撲 元関脇 栃煌山の断髪式 引退から約2年

潟 親方 清見 協会からのお知らせ

清見潟親方(栃煌山)の嫁と子供!引退理由と現在は?

潟 親方 清見 清見潟親方(元関脇栃煌山)×佐々木一郎さん(日刊スポーツ)オンライン*マニアックトーク チケット好評発売中!

清見潟親方(元関脇栃煌山)×佐々木一郎さん(日刊スポーツ)オンライン*マニアックトーク チケット好評発売中!

潟 親方 清見 清見潟親方が年寄名跡を変更「春日山」を襲名

潟 親方 清見 お酒に弱い元栃煌山・清見潟親方、角界随一の酒豪・栃ノ心に「担いで帰ってもらいました。怪力ですから(笑)」

潟 親方 清見 栃煌山雄一郎

潟 親方 清見 清見潟親方が年寄名跡を変更「春日山」を襲名

潟 親方 清見 元関脇栃煌山が引退相撲 「じわっと来るものがあった」

元関脇栃煌山が引退相撲 「じわっと来るものがあった」 | 共同通信

潟 親方 清見 元関脇・栃煌山が引退 年寄「清見潟」を襲名:

清見潟親方(栃煌山)の嫁と子供!引退理由と現在は?

潟 親方 清見 武州山隆士

潟 親方 清見 清水清見潟公園

大相撲 元大関 豪栄道の断髪式 大勢のファン 引退惜しむ

元栃煌山・清見潟親方トークイベント

この他「 井上馨の銅像」、3月に見頃を迎える「 清見潟梅園」、正岡子規ゆかりの「 野菊の花壇」などがあり、2004年6月には「 清水興津図書館」と「 興津生涯学習交流館」の複合施設も建てられている。 小野川 隆志(おのがわ たかし)2013年1月27日 - 2016年1月7日• 平成26年2月1日<年寄名跡交換> 年寄出羽海(元関脇 鷲羽山)と年寄高崎(元前頭二枚目 小城乃花)が年寄名跡を交換 年寄出羽海(元前頭二枚目 小城乃花)が師匠で、年寄高崎(元関脇 鷲羽山)は部屋付き親方に 平成26年2月1日<相撲部屋設立> 年寄浅香山(元大関 魁皇)が浅香山部屋を設立(友綱部屋から独立) 出羽海一門 12部屋 高砂一門 5部屋 時津風一門 8部屋 二所ノ関一門 8部屋 伊勢ヶ濱一門 7部屋 貴乃花グループ 4部屋の計44部屋に 平26年3月20日<年寄就任> 関脇琴欧洲(元大関 佐渡ヶ嶽部屋)が引退し、年寄琴欧洲に 平成26年3月24日<理事長継続> 一代年寄北の湖(元横綱 北の湖)が理事長継続 平成26年4月1日<定年退職> 年寄高崎(元関脇 鷲羽山)が定年退職 空き名跡11 (押尾川・鳴戸・安治川・大島・秀ノ山・西岩・荒磯・錦島・不知火・間垣・高崎) 平成26年4月2日<年寄名跡変更> 年寄三保ヶ関(元前頭六枚目 金開山)が年寄名跡高崎に変更(取得) 空き名跡11 (押尾川・鳴戸・安治川・大島・秀ノ山・西岩・荒磯・錦島・不知火・間垣・三保ヶ関) 平成26年5月23日 貴乃花グループを貴乃花一門に改称したことがわかる 平成26年5月29日<年寄名跡取得> 時天空(元小結 時津風部屋)が年寄名跡間垣を取得 (分かったのは平成26年6月17日) 平成26年6月25日<相撲部屋移籍> 年寄稲川(元小結 普天王)が出羽海部屋から千賀ノ浦部屋へ移籍 平成26年8月29日<年寄名跡変更> 年寄清見潟(元前頭筆頭 栃栄)が年寄名跡三保ヶ関に変更(取得) 空き名跡11 (押尾川・鳴戸・安治川・大島・秀ノ山・西岩・荒磯・錦島・不知火・間垣・清見潟) 平成26年9月26日<年寄襲名> 若荒雄(元小結 阿武松部屋)が引退し、年寄不知火を襲名(取得) 空き名跡10 (押尾川・鳴戸・安治川・大島・秀ノ山・西岩・荒磯・錦島・間垣・清見潟) 平成26年11月16日 希望する親方に限り、65才の定年後70才まで再雇用する。 平成25年4月3日、降格を取消 平成23年4月20日<昇格停止> 年寄尾上(元小結 濱ノ嶋)が10年間昇格停止 平成26年4月3日、昇格停止期間を短縮し、主任に昇格 平成23年4月26日<年寄名跡変更> 年寄稲川(元前頭六枚目 金開山)が年寄名跡千田川に変更(元大関 前の山の清水氏からの借用) 空き名跡2 (稲川・谷川) 平成23年5月4日<年寄襲名> 普天王(元小結 出羽海部屋)が引退し、年寄稲川を襲名 空き名跡1 (谷川) 平成23年5月14日<年寄襲名> 北勝力(元関脇 八角部屋)が引退し、年寄谷川を襲名 空き名跡なし 平成23年6月17日<相撲部屋消滅> 高島部屋(元関脇 高望山)が消滅(弟子は全員引退した) 年寄高島(元関脇 高望山)は春日山部屋へ 出羽海一門 11部屋 高砂一門 6部屋 時津風一門 9部屋 二所ノ関一門 11部屋 立浪一門 8部屋 貴乃花グループ 4部屋の計49部屋に 平成23年6月29日<定年退職> 年寄雷(元小結 羽黒岩)が定年退職 空き名跡1 (雷) 平成23年7月14日<年寄名跡変更> 年寄浅香山(元前頭二枚目 起利錦)が年寄名跡雷に変更(元小結 羽黒岩の戸田氏からの借用) 空き名跡1 (浅香山) 平成23年7月20日<年寄襲名> 魁皇(元大関 友綱部屋)が引退し、年寄浅香山を襲名 空き名跡なし 平成23年9月25日<年寄名跡交換> 年寄伊勢ノ海(元関脇 藤ノ川)と年寄勝ノ浦(元前頭三枚目 北勝鬨)が年寄名跡を交換 平成23年9月25日<定年退職> 年寄勝ノ浦(元関脇 藤ノ川)が定年退職 空き名跡1 (勝ノ浦) 平成23年11月7日<死去> 年寄鳴戸(元横綱 隆の里)が死去 空き名跡2 (勝ノ浦・鳴戸) 平成23年11月8日<年寄名跡変更> 年寄西岩(元前頭八枚目 隆の鶴)が年寄名跡鳴戸に変更(取得・部屋継承) 空き名跡2 (勝ノ浦・西岩) 平成23年11月21日<年寄襲名> 玉乃島(元関脇 片男波部屋)が引退し、年寄西岩を襲名(若の里からの借用) 空き名跡1 (勝ノ浦) 平成24年1月22日<退職> 年寄竹縄(元前頭十一枚目 よう司)が退職 平成24年1月22日<年寄襲名> 栃乃洋(元関脇 春日野部屋)が引退し、年寄竹縄を襲名 空き名跡1 (勝ノ浦) 平成24年1月30日<理事長退任> 年寄放駒(元大関 魁傑)が理事長を退任 平成24年1月30日<理事長就任> 一代年寄北の湖(元横綱 北の湖)が理事長に就任 平成24年2月11日<年寄名跡変更> 年寄雷(元前頭二枚目 起利錦)が、年寄名跡勝ノ浦に変更(元関脇 藤ノ川の森田氏(?)より借用) 空き名跡1 (雷) 平成24年2月13日<死去> 年寄田子ノ浦(元前頭筆頭 久島海)が死去 空き名跡2 (雷・田子ノ浦) 平成24年2月22日<相撲部屋消滅> 田子ノ浦部屋(元前頭筆頭 久島海)が消滅(所属力士たちは、出羽海部屋と春日野部屋に転籍) 出羽海一門 10部屋 高砂一門 6部屋 時津風一門 9部屋 二所ノ関一門 11部屋 立浪一門 8部屋 貴乃花グループ 4部屋の計48部屋に 平成24年2月29日<年寄名跡変更> 年寄春日山(元前頭筆頭 春日富士)が、年寄名跡雷に変更(取得・部屋付き親方に) 平成24年2月29日<年寄襲名> 濱錦(元前頭十一枚目 追手風部屋)が引退し、年寄春日山を襲名(取得・部屋継承) 空き名跡1 (田子ノ浦) 平成24年4月1日<相撲部屋再興> 年寄木瀬(元前頭筆頭 肥後ノ海)が木瀬部屋を再興(北の湖部屋から独立) 出羽海一門 11部屋 高砂一門 6部屋 時津風一門 9部屋 二所ノ関一門 11部屋 立浪一門 8部屋 貴乃花グループ 4部屋の計49部屋に 平成24年4月12日<年寄名跡変更> 年寄千田川(元前頭六枚目 金開山)が年寄名跡田子ノ浦に変更(元前頭筆頭 久島海の久嶋氏の遺族からの借用) 空き名跡1 (千田川) 平成24年4月23日<年寄名跡変更> 年寄押尾川(元小結 闘牙)が年寄名跡千田川に変更(元大関 前の山の清水氏からの借用) 空き名跡1 (押尾川) 平成24年4月24日<定年退職> 年寄大島(元大関 旭國)が定年退職 空き名跡2 (押尾川・大島) 平成24年4月24日<相撲部屋消滅> 大島部屋(元大関 旭國)が消滅(友綱部屋に吸収) 出羽海一門 11部屋 高砂一門 6部屋 時津風一門 9部屋 二所ノ関一門 11部屋 立浪一門 7部屋 貴乃花グループ 4部屋の計48部屋に 平成24年4月25日<年寄襲名> 垣添(元小結 藤島部屋)が引退し、年寄押尾川を襲名(豪風からの借用) 空き名跡1 (大島) 平成24年5月14日<一門名改称> 立浪一門を春日山・伊勢ヶ濱連合に改称 平成24年5月14日<一門離脱> 立浪親方が、立浪一門を離脱し貴乃花グループに 立浪部屋(元小結 旭豊)は立浪一門から貴乃花グループに 出羽海一門 11部屋 高砂一門 6部屋 時津風一門 9部屋 二所ノ関一門 11部屋 春日山・伊勢ヶ濱連合 6部屋 貴乃花グループ 5部屋の計48部屋に 平成24年5月24日<相撲部屋消滅> 花籠部屋(元関脇 太寿山)が消滅(峰崎部屋に吸収) 出羽海一門 11部屋 高砂一門 6部屋 時津風一門 9部屋 二所ノ関一門 10部屋 春日山・伊勢ヶ濱連合 6部屋 貴乃花グループ 5部屋の計47部屋に 平成24年6月5日<相撲部屋移籍> 年寄千田川(元小結 闘牙)が九重部屋から錦戸部屋へ移籍 <年寄名跡取得> 年寄千田川(元小結 闘牙)が元大関 前の山の清水氏より正式取得 年月日は不明) 平成24年8月30日<年寄名跡変更> 年寄振分(元横綱 武蔵丸)が年寄名跡大島に変更(元大関 旭國の太田氏からの借用) 空き名跡1 (振分) 平成24年9月20日<退職> 年寄雷(元前頭筆頭 春日富士)が退職 空き名跡2 (振分・雷) 平成24年10月1日<定年退職> 年寄岩友(元前頭七枚目 栃勇)が定年退職 空き名跡3 (振分・雷・岩友) 平成24年10月16日<年寄名跡変更> 年寄押尾川(元小結 垣添)が年寄名跡雷に変更(取得) 空き名跡3 (振分・押尾川・岩友) 平成24年10月21日<定年退職> 年寄立田川(元小結 豊山)が定年退職 空き名跡4 (振分・押尾川・岩友・立田川) 平成24年11月19日<一門名改称> 春日山・伊勢ヶ濱連合を伊勢ヶ濱一門に改称 平成24年12月4日<定年退職> 年寄浦風(元前頭七枚目 照櫻)が定年退職 空き名跡5 (振分・押尾川・岩友・立田川・浦風) 平成24年12月19日<相撲部屋消滅> 中村部屋(元関脇 富士櫻)が消滅(行司は八角部屋に。 十両優勝:2回(2008年7月場所、2010年5月場所) 場所別成績 [ ] 武州山 隆士 一月場所 初場所() 三月場所 春場所() 五月場所 夏場所(東京) 七月場所 名古屋場所() 九月場所 秋場所(東京) 十一月場所 九州場所() (平成11年) 幕下付出60枚目 5—2 東幕下42枚目 3—4 東幕下54枚目 5—2 西幕下35枚目 4—3 東幕下26枚目 3—4 東幕下32枚目 2—5 (平成12年) 東幕下43枚目 3—4 東幕下53枚目 6—1 西幕下25枚目 2—1—4 西幕下41枚目 0—0—7 西幕下41枚目 3—4 西幕下47枚目 2—5 (平成13年) 東三段目7枚目 0—0—7 東三段目67枚目 0—0—7 東序二段28枚目 6—1 西三段目64枚目 5—2 東三段目36枚目 6—1 西幕下51枚目 3—4 (平成14年) 東三段目6枚目 3—4 東三段目21枚目 6—1 西幕下41枚目 5—2 西幕下23枚目 3—4 西幕下33枚目 3—4 東幕下42枚目 3—4 (平成15年) 西幕下55枚目 6—1 西幕下25枚目 4—3 西幕下19枚目 5—2 西幕下9枚目 6—1 東幕下2枚目 4—3 東十両12枚目 7—8 (平成16年) 西十両11枚目 7—8 西十両12枚目 9—6 東十両9枚目 6—9 東十両11枚目 8—7 東十両7枚目 7—8 東十両8枚目 5—10 (平成17年) 東十両14枚目 4—11 東幕下6枚目 2—5 東幕下14枚目 4—3 東幕下10枚目 3—4 西幕下14枚目 3—4 東幕下20枚目 4—3 (平成18年) 東幕下14枚目 1—6 東幕下34枚目 5—2 東幕下22枚目 6—1 西幕下8枚目 4—3 東幕下7枚目 4—3 西幕下4枚目 5—2 (平成19年) 東十両13枚目 9—6 東十両10枚目 6—9 西十両12枚目 6—9 西幕下2枚目 2—5 西幕下12枚目 5—2 西幕下5枚目 4—3 (平成20年) 西幕下2枚目 4—3 東幕下筆頭 4—3 東十両14枚目 9—6 東十両8枚目 優勝 12—3 東十両筆頭 10—5 東前頭10枚目 8—7 (平成21年) 東前頭6枚目 2—13 東十両筆頭 8—7 西前頭15枚目 9—6 東前頭6枚目 5—10 西前頭10枚目 10—5 西前頭3枚目 6—9 (平成22年) 東前頭6枚目 2—13 西前頭16枚目 4—11 西十両5枚目 優勝 11—4 東前頭15枚目 8—7 西前頭9枚目 6—9 西前頭12枚目 3—12 (平成23年) 東十両4枚目 8—7 八百長問題 により中止 東十両2枚目 5—10 西十両2枚目 7—8 東十両4枚目 8—7 東十両2枚目 5—10 (平成24年) 東十両7枚目 7—8 東十両9枚目 8—7 東十両8枚目 3—12 西幕下3枚目 3—4 西幕下6枚目 3—4 東幕下11枚目 2—5 (平成25年) 東幕下23枚目 引退 4—3—0 x x x x x 各欄の数字は、「 勝ち-負け-休場」を示す。 なお、29、30日の断髪式には現役力士はもちろん、間垣親方 元横綱・白鵬 、二所ノ関親方 元横綱・稀勢の里 といった親方衆も参加していますので、こうした力士・関係者に感染が相次ぐ可能性もゼロではないでしょう」 相撲ライター 御嶽海の感染を伝える報道の中では、相撲協会・芝田山広報部長 元横綱・大乃国 が「しっかり食い止めていくためには、調査をしっかりしていかないと」と感染拡大防止策を徹底する旨を表明している。.

  • 日本経済新聞 2020年12月16日 12:00 [有料会員限定] 2020年12月16日閲覧• 2015年(平成27年)7月場所 - 殊勲賞(2度目) エピソード [ ] 取組関連 [ ]• 出羽海一門 12部屋 高砂一門 6部屋 時津風一門 9部屋 二所ノ関一門 10部屋 立浪一門 10部屋 貴乃花グループ 4部屋 無所属 1部屋の計52部屋に 平成22年1月22日<年寄襲名> 玉力道(元前頭八枚目 片男波部屋)が引退し、年寄荒磯を襲名(稀勢の里からの借用) 空き名跡なし 平成22年2月1日<理事長継続> 年寄武蔵川(元横綱 三重ノ海)が理事長継続 平成22年2月4日<降格> 年寄高砂(元大関 朝潮)が委員(役員待遇)から主任に降格 平成23年1月31日、委員に、平成25年2月4日、委員(役員待遇)に昇格 平成22年2月4日<年寄名跡交換> 年寄片男波(元関脇 玉ノ富士)と年寄楯山(元関脇 玉春日)が年寄名跡を交換 年寄片男波(元関脇 玉春日)が師匠で、年寄楯山(元関脇 玉ノ富士)は部屋付き親方に 平成22年3月8日<定年退職> 年寄千田川(元大関 前の山)が定年退職 空き名跡1 (千田川) 平成22年3月9日<年寄名跡変更> 年寄小野川(元前頭十一枚目 よう司)が年寄名跡千田川に変更(元大関 前の山の清水氏からの借用) 平成22年3月9日<年寄襲名> 北桜(元前頭九枚目 北の湖)が引退し、年寄小野川を襲名(一代年寄北の湖(元横綱 北の湖)からの借用) 空き名跡なし 平成22年4月7日<年寄名跡取得> 高見盛(元小結 東関部屋)が年寄名跡振分を取得 (分かったのは平成22年4月13日) 平成22年5月27日<降格> 年寄木瀬(元前頭筆頭 肥後ノ海)が委員から平年寄に降格。 『昭和平成 大相撲名力士100列伝』(著者:塩澤実信、発行元:北辰堂出版、2015年)p225-226 関連項目 [ ]• Sponichi Annex 2019年2月11日 17:48 スポーツニッポン新聞社、2019年2月17日閲覧• 栃煌山 雄一郎(とちおうざん - )2006年9月場所 - 2020年7月場所 年寄• 以下同 退職) 6代の甥 9代 前1 1972年1月-1976年10月(廃業) 10代 前1 三保ヶ関部屋 1979年5月-2011年1月(停年退職) 11代 前1 春日野部屋 2011年1月-2014年8月 借株 12代に名跡変更 12代 前3 武蔵川-藤島部屋 2016年1月-2020年5月 借株 23代に名跡変更 13代 関脇 春日野部屋 2020年7月- 三役経験者初の襲名 関連項目 [ ]• -1862年11月(廃業) 4代 十8 清見潟部屋 1863年7月-1869年12月(死去) 5代 前1 清見潟部屋 1870年11月-1898年5月(廃業) 二枚鑑札 6代 十1 清見潟部屋 1898年5月-1920年1月(死去) 7代 前6 清見潟部屋 1920年5月-1930年1月(廃業) 二枚鑑札 8代 十9 清見潟-出羽海部屋 1931年3月-1967年2月(停年 定年。 平成28年5月8日<相撲部屋移籍> 年寄稲川(元小結 普天王)が千賀ノ浦部屋から木瀬部屋へ移籍 平成28年5月8日 千賀ノ浦部屋(元関脇 隆三杉)が、出羽海一門から貴乃花一門に 出羽海一門 11部屋 高砂一門 5部屋 時津風一門 8部屋 二所ノ関一門 8部屋 伊勢ヶ濱一門 6部屋 貴乃花一門 5部屋の計43部屋に 平成28年5月12日<再雇用> 年寄出来山(元関脇 出羽の花)が定年退職。 解説 実況アナウンサー 十一日目 押尾川親方 吉田アナ 十二日目 若藤親方 佐藤アナ 十三日目 清見潟親方 沢田石アナ 十四日目 甲山親方 吉田アナ 千秋楽 高崎親方 三輪アナ 十一日目の解説は元・関脇豪風の 押尾川親方。 春日山 隆志(かすがやま -)2020年5月29日 - 2021年5月7日• 席種 人数 金額 マス席S 1列~4列 2名様 1マス2名様 30,000円 1名様料金 15,000円 マス席A 5列~8列 2名様 1マス2名様 26,000円 1名様料金 13,000円 マス席B 9列~11列 2名様 1マス2名様 21,000円 1名様料金 10,500円 マス席C 12列~15列 2名様 1マス2名様 19,000円 1名様料金 9,500円 イス席S 1列~3列 1名様 9,500円 イス席A 4列~6列 1名様 8,500円 イス席B 7列~11列 1名様 5,500円 イス席C 12列~14列 1名様 大人 4,000円 小人 500円 お土産券 記念品等 1名様 5,000円• 正面解説 向正面解説 実況アナウンサー 十一日目 尾車親方 立浪親方 沢田石アナ 十二日目 舞の海さん 錣山親方 三瓶アナ 十三日目 北の富士さん 雷親方 大坂アナ 十四日目 荒磯親方 稲川親方 藤井アナ 千秋楽 北の富士さん 舞の海さん 太田アナ 十一日目の正面解説は元・大関琴風の 尾車親方。 代目 引退時しこ名 最高位 現役時の所属部屋 襲名期間 備考 初代 清見潟又藏 --- --- 2代 立浪夘太夫 --- --- 3代 小森野又市 --- 清見潟部屋? 貴乃花部屋(元横綱 貴乃花)は無所属から貴乃花グループに、 間垣部屋(元横綱 二代目若乃花)、阿武松部屋(元関脇 益荒雄)、大嶽部屋(元関脇 貴闘力)は二所ノ関一門から貴乃花グループになる。 「」第3話(2019年7月29日、) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 清見潟 雄一郎(きよみがた ゆういちろう)2020年7月15日 - 出演 [ ]• 武州山 隆士(ぶしゅうやま -)2002年3月場所 - 2013年1月場所 年寄 [ ]• 平成27年1月29日、委員に昇格 出羽海一門 11部屋 高砂一門 6部屋 時津風一門 9部屋 二所ノ関一門 10部屋 立浪一門 9部屋 貴乃花グループ 4部屋 無所属 1部屋の計50部屋に 平成22年7月4日<解雇> 年寄大嶽(元関脇 貴闘力)が解雇 平成22年7月4日<年寄名跡変更> 年寄二子山(元十両四枚目 大竜)が年寄名跡大嶽に変更(取得・部屋継承) 空き名跡1 (二子山) 平成22年7月4日<降格> 年寄阿武松(元関脇 益荒雄)が委員から平年寄に降格(10年間昇格停止) 平成26年4月3日、昇格停止期間を短縮し、委員に昇格 平成22年7月4日<降格> 年寄時津風(元前頭三枚目 時津海)が主任から平年寄に降格(5年間昇格停止) 平成26年4月3日、昇格停止期間を短縮し、主任に昇格 平成27年1月29日、委員に昇格 平成22年7月4日〜平成22年8月5日<理事長代行> 外部理事村山弘義氏が理事長代行に 平成22年7月7日<年寄名跡変更> 年寄安治川(元前頭九枚目 光法)が年寄名跡二子山に変更(貴乃花親方からの借用) 空き名跡1 (安治川) 平成22年7月10日<年寄名跡変更> 年寄谷川(元前頭筆頭 敷島)が年寄名跡安治川に変更(安美錦からの借用) 空き名跡1 (谷川) 平成22年7月18日<年寄襲名> 海鵬(元小結 八角部屋)が引退し、年寄谷川を襲名(北勝力からの借用) 空き名跡なし 平成22年7月27日<年寄名跡交換> 年寄湊(元小結 豊山)と年寄立田川(元前頭二枚目 湊富士)が年寄名跡を交換 年寄湊(元前頭二枚目 湊富士)が師匠で、年寄立田川(元小結 豊山)は部屋付き親方に 平成22年8月6日<相撲部屋移籍> 年寄二子山(元前頭九枚目 光法)が安治川部屋から貴乃花部屋へ移籍 平成22年8月9日<退職> 年寄押尾川(元前頭十一枚目 若兎馬)が退職 空き名跡1 (押尾川) 平成22年8月9日<年寄名跡取得> 豪風(元小結 尾車部屋)が年寄名跡押尾川を取得 平成22年8月12日<理事長辞任> 年寄武蔵川(元横綱 三重ノ海)が理事長を辞任 平成22年8月12日<理事長就任> 年寄放駒(元大関 魁傑)が理事長に就任 平成22年9月1日<退職> 年寄山分(元小結 和歌乃山)が退職 平成22年9月1日<年寄名跡変更> 年寄関ノ戸(元前頭筆頭 武雄山)が年寄名跡山分に変更(取得) 平成22年9月1日<年寄名跡変更> 年寄浅香山(元小結 闘牙)が年寄名跡押尾川に変更(豪風からの借用) 空き名跡2 (浅香山・関ノ戸) 平成22年9月8日<降格> 年寄松ヶ根(元大関 若嶋津)が委員から平年寄に降格 平成24年1月30日、副理事に就任 平成22年9月8日<降格> 年寄佐渡ヶ嶽(元関脇 琴ノ若)が委員から平年寄に降格 平成26年4月3日、委員に昇格 平成22年9月26日<年寄襲名> 岩木山(元小結 境川部屋)が引退し、年寄関ノ戸を襲名 空き名跡1 (浅香山) 平成22年9月30日<相撲部屋継承> 年寄藤島(元大関 武双山)が藤島部屋の師匠に(これまでの武蔵川部屋を継承) 年寄武蔵川(元横綱 三重ノ海)は藤島部屋付きの親方に 平成22年11月28日<年寄名跡変更> 年寄立川(元前頭二枚目 起利錦)が年寄名跡浅香山に変更(魁皇からの借用) 空き名跡1 (立川) 平成22年12月15日<年寄襲名> 土佐ノ海(元関脇 伊勢ノ海部屋)が引退し、年寄立川を襲名 空き名跡なし 平成22年12月24日<降格> 年寄宮城野(元十両二枚目 金親)が主任から平年寄に降格(定年まで昇格停止) 平成22年12月27日<年寄名跡交換> 年寄宮城野(元十両二枚目 金親)と年寄熊ヶ谷(元前頭十三枚目 竹葉山)が年寄名跡を交換 年寄宮城野(元前頭十三枚目 竹葉山)が師匠で、年寄熊ヶ谷(元十両二枚目 金親)は部屋付き親方に 平成23年1月17日<一門加入> 無所属だった高田川部屋が二所ノ関一門に加入 出羽海一門 11部屋 高砂一門 6部屋 時津風一門 9部屋 二所ノ関一門 11部屋 立浪一門 10部屋 貴乃花グループ 4部屋の計51部屋に 平成23年1月20日<定年退職> 年寄清見潟(元前頭筆頭 大竜川)が定年退職 空き名跡1 (清見潟) 平成23年1月21日<年寄名跡取得> 栃煌山(元小結 春日野部屋)が年寄名跡清見潟を取得 平成23年1月23日<年寄名跡変更> 年寄竹縄(元前頭筆頭 栃栄)が年寄名跡清見潟に変更(栃煌山からの借用) 平成23年1月23日<年寄襲名> 春日錦(元前頭 春日野部屋)が引退し、年寄竹縄を襲名(栃乃洋からの借用) 空き名跡なし 平成23年1月27日<相撲部屋消滅> 桐山部屋(元小結 黒瀬川)が消滅(朝日山部屋に吸収) 出羽海一門 11部屋 高砂一門 6部屋 時津風一門 9部屋 二所ノ関一門 11部屋 立浪一門 9部屋 貴乃花グループ 4部屋の計50部屋に 平成23年4月1日<理事辞任> 一代年寄北の湖(元横綱 北の湖)が理事を辞任(委員(役員待遇)に降格) 平成24年1月30日、理事長に就任 平成23年4月1日<理事辞任> 年寄九重(元横綱 千代の富士)が理事を辞任(委員(役員待遇)に降格) 平成24年1月30日、理事に就任 平成23年4月1日<理事辞任> 年寄陸奥(元大関 霧島)が理事を辞任(委員に降格) 平成26年4月3日、委員(役員待遇)に昇格 平成23年4月1日<降格> 年寄大島(元大関 旭國)が委員(役員待遇)から委員に降格 平成23年4月1日<降格> 年寄八角(元横綱 北勝海)が委員(役員待遇)から委員に降格 平成24年1月30日、理事に就任 平成23年4月1日<降格> 年寄間垣(元横綱 二代目若乃花)が委員から主任に降格 平成24年4月1日、委員に昇格 平成23年4月1日<降格> 年寄桐山(元小結 黒瀬川)が委員から主任に降格 平成24年4月1日、委員に昇格 平成23年4月1日<降格> 年寄伊勢ヶ濱(元横綱 旭富士)が委員から主任に降格 平成24年4月1日、委員に昇格 平成23年4月1日<降格> 年寄花籠(元関脇 太寿山が委員から主任に降格 平成24年4月1日、委員に昇格 平成23年4月1日<降格> 年寄入間川(元関脇 栃司)が委員から主任に降格 平成24年4月1日、委員に昇格 平成23年4月1日<降格> 年寄春日山(元前頭筆頭 春日富士)が委員から主任に降格 平成24年1月30日、理事に就任 平成23年4月1日<降格> 年寄立浪(元小結 旭豊)が委員から主任に降格 平成24年4月1日、委員に昇格 平成23年4月1日<降格> 年寄春日野(元関脇 栃乃和歌が委員から主任に降格 平成24年4月1日、委員に昇格 平成23年4月1日<降格> 年寄尾上(元小結 濱ノ嶋)が委員から年寄に降格 平成26年4月3日、主任に昇格 平成23年4月1日<昇格停止> 年寄木瀬(元前頭筆頭 肥後ノ海)が3年間昇格停止 平成26年4月3日、主任に昇格 平成27年1月29日、委員に昇格 平成23年4月1日<昇格停止> 年寄佐渡ヶ嶽(元関脇 琴ノ若)が3年間昇格停止 平成26年4月3日、委員に昇格 平成23年4月1日<昇格停止> 年寄時津風(元前頭三枚目 時津海)が3年間昇格停止 (平成22年7月4日分も合わせ実質は8年間昇格なし) 平成26年4月3日、昇格停止期間を短縮し、主任に昇格 平成27年1月29日、委員に昇格 平成23年4月5日<退職> 年寄竹縄(元前頭五枚目 春日錦)が退職 空き名跡1 (竹縄) 平成23年4月5日<年寄名跡取得> 豊ノ島(元関脇 時津風部屋)が年寄名跡錦島を取得 平成23年4月6日<年寄名跡変更> 年寄千田川(元前頭十一枚目 よう司)が年寄名跡竹縄に変更(栃乃洋からの借用) 平成23年4月6日<解雇> 年寄谷川(元小結 海鵬)が解雇 空き名跡2 (千田川・谷川) 平成23年4月11日<降格> 年寄尾車(元大関 琴風)が委員から主任に降格 平成24年1月30日、理事に就任 平成23年4月11日<降格> 年寄荒汐(元小結 大豊)が委員から主任に降格 平成24年4月1日、委員に昇格。 57 所属部屋 得意技 右四つ・寄り・もろ差し・押し・肩透かし 成績 現在の番付 引退 最高位 東 生涯戦歴 661勝598敗19休(91場所) 幕内戦歴 573勝563敗19休(77場所) 優勝 三段目優勝1回 賞 2回 2回 2回 データ 初土俵 1月場所 入幕 3月場所 引退 3月場所 (番付上は2020年7月場所) 引退後 年寄・ 趣味 読書、寝ること 備考 6個(1個、1個、1個、3個) 現在 目次• 解説 実況アナウンサー 十一日目 伊勢ヶ濱親方 三輪アナ 十二日目 北の富士さん 太田アナ 十三日目 舞の海さん 戸部アナ 十四日目 立田川親方 佐藤アナ 千秋楽 荒磯親方 三瓶アナ 十一日目の解説は元・横綱旭富士の 伊勢ヶ濱親方。 山内 隆志(やまうち たかし)1999年1月場所 - 2002年1月場所• 清見潟 隆志(きよみがた -)2016年1月7日 - 2020年5月29日• 主な成績 [ ] 通算成績 [ ]• 人物 [ ] 入門前 [ ] 影山が相撲を始めたのは小学2年生の時であり、父親に頼んで地元の安芸少年相撲クラブに入団した。 協会公式サイトではこの日、「協会に所属する力士1名 御嶽海 本名 大道久司、出羽海部屋 に、感染症が確認されましたので、お知らせいたします。 メッセージ受付・チケットプレゼント概要 応募期間: 2022年1月16日(日)24:00まで 対象コース:全コース 当選通知:ご当選者様の発表は厳正なる抽選の上、賞品の発送をもってかえさせていただきます。 引退相撲 日程 豪栄道引退武隈襲名披露大相撲 開催日:2022年1月29日(土) 時間:10時半開場、11時半開始 会場:両国国技館 チケットプレゼント:椅子席に抽選で 20名様をご招待 栃煌山引退清見潟襲名披露大相撲 開催日:2022年1月30日(日) 時間:10時半開場、11時半開始 会場:両国国技館 チケットプレゼント:椅子席に抽選で 40名様をご招待 嘉風引退中村襲名披露大相撲 開催日:2022年2月5日(土) 時間:10時半開場、11時半開始 会場:両国国技館 チケットプレゼント:マス席に 10組20名様をご招待.

  • 主な成績 [ ] 通算成績 [ ]• 平成26年11月24日<相撲部屋移籍> 年寄放駒(元関脇 玉乃島)が片男波部屋から松ヶ根部屋へ移籍 平成26年11月24日<相撲部屋移籍> 年寄二所ノ関(元前頭八枚目 玉力道)が片男波部屋から松ヶ根部屋へ移籍 平成26年12月1日<年寄名跡交換> 年寄松ヶ根(元大関 若嶋津)と年寄二所ノ関(元前頭八枚目 玉力道)が年寄名跡を交換 これまでの松ヶ根部屋は二所ノ関部屋になる 平成27年1月9日<年寄名跡変更> 年寄立田川(元前頭九枚目 光法)が年寄名跡西岩に変更(若の里からの借用) 空き名跡10 (押尾川・鳴戸・安治川・大島・秀ノ山・立田川・荒磯・錦島・間垣・清見潟) 平成27年1月16日<年寄襲名> 豊真将(元小結 錣山部屋)が引退し、年寄立田川を襲名(取得) 空き名跡9 (押尾川・鳴戸・安治川・大島・秀ノ山・荒磯・錦島・間垣・清見潟) 平成27年2月1日<相撲部屋消滅> 朝日山部屋(元大関 大受)が消滅(所属力士たちは、伊勢ヶ濱部屋と浅香山部屋に転籍) 出羽海一門 12部屋 高砂一門 5部屋 時津風一門 8部屋 二所ノ関一門 8部屋 伊勢ヶ濱一門 6部屋 貴乃花一門 4部屋の計43部屋に 平成27年2月12日<年寄襲名> 年寄琴欧洲(元大関 琴欧洲)が年寄鳴戸を襲名(取得) 空き名跡8 (押尾川・安治川・大島・秀ノ山・荒磯・錦島・間垣・清見潟) 平成27年3月18日<定年退職> 年寄朝日山(元大関 大受)が定年退職 空き名跡9 (押尾川・安治川・大島・秀ノ山・荒磯・錦島・間垣・清見潟・朝日山) 平成27年6月20日<死去> 年寄音羽山(元大関 貴ノ浪)が死去 空き名跡10 (押尾川・安治川・大島・秀ノ山・荒磯・錦島・間垣・清見潟・朝日山・音羽山) 平成27年7月27日<年寄名跡変更> 年寄西岩(元前頭九枚目 光法)が年寄名跡音羽山に変更(取得) 平成27年7月27日<年寄襲名> 旭天鵬(元関脇 友綱部屋)が引退し、年寄大島を襲名(取得) 空き名跡9 (押尾川・安治川・秀ノ山・荒磯・錦島・間垣・清見潟・朝日山・西岩) 平成27年9月3日<年寄襲名> 若の里(元関脇 鳴戸部屋)が引退し、年寄西岩を襲名 空き名跡8 (押尾川・安治川・秀ノ山・荒磯・錦島・間垣・清見潟・朝日山) 平成27年10月1日<解雇> 年寄熊ヶ谷(元十両二枚目 金親)が解雇 空き名跡9 (押尾川・安治川・秀ノ山・荒磯・錦島・間垣・清見潟・朝日山・熊ヶ谷) 平成27年11月20日<死去> 一代年寄北の湖(元横綱 北の湖)が死去 平成27年11月21日〜平成27年11月22日<相撲部屋師匠代行> 年寄山響(元前頭筆頭 巌雄)が北の湖部屋の師匠代行に 平成27年11月21日〜平成27年12月18日<理事長代行> 年寄八角(元横綱 北勝海)が理事長代行に 平成27年11月23日<相撲部屋継承> 年寄山響(元前頭筆頭 巌雄)が山響部屋の師匠に(これまでの北の湖部屋を継承) 平成27年12月18日<理事長就任> 年寄八角(元横綱 北勝海)が理事長に就任 平成28年1月6日<年寄名跡変更> 年寄中村(元関脇 琴錦)が年寄名跡朝日山に変更(取得) 空き名跡9 (押尾川・安治川・秀ノ山・荒磯・錦島・間垣・清見潟・中村・熊ヶ谷) 平成28年1月7日<年寄名跡変更> 年寄小野川(元前頭三枚目 武州山)が年寄名跡清見潟に変更(栃煌山からの借用) 空き名跡9 (押尾川・安治川・秀ノ山・荒磯・錦島・間垣・小野川・中村・熊ヶ谷) 平成28年1月21日<年寄襲名> 大道(元前頭八枚目 阿武松部屋)が引退し、年寄小野川を襲名(元横綱 北の湖の小畑氏の遺族からの借用) 空き名跡8 (押尾川・安治川・秀ノ山・荒磯・錦島・間垣・中村・熊ヶ谷) 平成28年1月21日<評議員退任> 年寄山響(元前頭筆頭 巌雄)が評議員を退任 平成28年1月22日<年寄襲名> 土佐豊(元前頭筆頭 時津風部屋)が引退し、年寄安治川を襲名(安美錦からの借用) 空き名跡7 (押尾川・秀ノ山・荒磯・錦島・間垣・中村・熊ヶ谷) 平成28年3月28日<理事長継続> 年寄八角(元横綱 北勝海)が理事長継続 平成28年3月29日<評議員就任> 年寄二子山(元大関 雅山)が評議員に就任 平成28年4月8日<年寄名跡交換> 年寄千賀ノ浦(元関脇 舛田山)と年寄常盤山(元小結 隆三杉)が年寄名跡を交換 年寄千賀ノ浦(元小結 隆三杉)が師匠で、年寄常盤山(元関脇 舛田山)は部屋付き親方に 平成28年4月9日<再雇用> 年寄常盤山(元関脇 舛田山)が定年退職。 影山 雄一郎(かげやま ゆういちろう)2005年1月場所 - 2006年7月場所• 力士と中村親方と床山は東関部屋に転籍) 出羽海一門 11部屋 高砂一門 5部屋 時津風一門 9部屋 二所ノ関一門 10部屋 伊勢ヶ濱一門 6部屋 貴乃花グループ 5部屋の計46部屋に 平成25年1月3日<定年退職> 年寄式秀(元小結 大潮)が定年退職 空き名跡6 (振分・押尾川・岩友・立田川・浦風・式秀) 平成25年1月4日<年寄名跡変更> 年寄小野川(元前頭九枚目 北桜)が年寄名跡式秀に変更(取得・部屋継承) 式秀部屋は、時津風一門から出羽海一門に 出羽海一門 12部屋 高砂一門 5部屋 時津風一門 8部屋 二所ノ関一門 10部屋 伊勢ヶ濱一門 6部屋 貴乃花グループ 5部屋の計46部屋に 空き名跡6 (振分・押尾川・岩友・立田川・浦風・小野川) 平成25年1月8日<年寄名跡変更> 年寄安治川(元前頭筆頭 敷島)が年寄名跡浦風に変更(取得) 空き名跡6 (振分・押尾川・岩友・立田川・安治川・小野川) 平成25年1月27日<年寄襲名> 武州山(元前頭三枚目 藤島部屋)が引退し、年寄小野川を襲名(一代年寄北の湖(元横綱 北の湖)からの借用) 高見盛(元小結 東関部屋)が引退し、年寄振分を襲名 空き名跡4 (押尾川・岩友・立田川・安治川) 平成25年1月28日<相撲部屋消滅> 二所ノ関部屋(元関脇 金剛)が消滅(弟子は全員引退した) 年寄二所ノ関(元関脇 金剛)・年寄北陣(元関脇 麒麟児)・年寄湊川(元小結 大徹)は松ヶ根部屋へ 年寄富士ヶ根(元小結 大善)は春日野部屋へ 出羽海一門 12部屋 高砂一門 5部屋 時津風一門 8部屋 二所ノ関一門 9部屋 伊勢ヶ濱一門 6部屋 貴乃花グループ 5部屋の計45部屋に 平成25年2月3日<定年退職> 年寄武蔵川(元横綱 三重ノ海)が定年退職 空き名跡5 (押尾川・岩友・立田川・安治川・武蔵川) 平成25年2月4日<年寄名跡変更> 年寄大島(元横綱 武蔵丸)が年寄名跡武蔵川に変更(取得) 空き名跡5 (押尾川・岩友・立田川・安治川・大島) 平成25年2月7日<相撲部屋消滅> 放駒部屋(元大関 魁傑)が消滅(芝田山部屋に吸収) 出羽海一門 12部屋 高砂一門 5部屋 時津風一門 8部屋 二所ノ関一門 8部屋 伊勢ヶ濱一門 6部屋 貴乃花グループ 5部屋の計44部屋に 平成25年2月8日<定年退職> 年寄中村(元関脇 富士櫻)が定年退職 空き名跡6 (押尾川・岩友・立田川・安治川・大島・中村) 平成25年2月15日<定年退職> 年寄放駒(元大関 魁傑)が定年退職 空き名跡7 (押尾川・岩友・立田川・安治川・大島・中村・放駒) 平成25年2月20日<年寄名跡変更> 年寄二子山(元前頭九枚目 光法)が年寄名跡立田川に変更(元小結 豊山の長濱氏からの借用) 空き名跡7 (押尾川・岩友・二子山・安治川・大島・中村・放駒) 平成25年3月17日<年寄名跡取得> 年寄勝ノ浦(元前頭二枚目 起利錦)が元関脇 藤ノ川の森田氏より正式取得 平成25年3月24日<年寄襲名> 雅山(元大関 藤島部屋)が引退し、年寄二子山を襲名(取得) 空き名跡6 (押尾川・岩友・安治川・大島・中村・放駒) 平成25年3月25日<相撲部屋消滅> 間垣部屋(元横綱 二代目若乃花)が消滅(伊勢ヶ濱部屋に吸収) 出羽海一門 12部屋 高砂一門 5部屋 時津風一門 8部屋 二所ノ関一門 8部屋 伊勢ヶ濱一門 6部屋 貴乃花グループ 4部屋の計43部屋に 平成25年4月1日<相撲部屋設立> 年寄武蔵川(元横綱 武蔵丸)が武蔵川部屋を設立(藤島部屋から独立) 出羽海一門 13部屋 高砂一門 5部屋 時津風一門 8部屋 二所ノ関一門 8部屋 伊勢ヶ濱一門 6部屋 貴乃花グループ 4部屋の計44部屋に 平成25年4月9日<年寄名跡変更> 年寄田子ノ浦(元前頭六枚目 金開山)が年寄名跡岩友に変更(元前頭七枚目 栃勇の阿保氏からの借用) 空き名跡6 (押尾川・田子ノ浦・安治川・大島・中村・放駒) 平成25年4月26日<年寄名跡取得> 大関琴奨菊(佐渡ヶ嶽部屋)が年寄名跡秀ノ山を取得 (分かったのは平成25年5月7日) 平成25年5月7日<年寄名跡変更> 年寄西岩(元関脇 玉乃島)が年寄名跡放駒に変更(取得) 空き名跡6 (押尾川・田子ノ浦・安治川・大島・中村・西岩) 平成25年6月20日<退職> 年寄二所ノ関(元関脇 金剛)が退職 空き名跡7 (押尾川・田子ノ浦・安治川・大島・中村・西岩・二所ノ関) 平成25年6月25日<年寄名跡変更> 年寄荒磯(元前頭八枚目 玉力道)が年寄名跡二所ノ関に変更(取得) 空き名跡7 (押尾川・田子ノ浦・安治川・大島・中村・西岩・荒磯) 平成25年7月1日<定年退職> 年寄君ヶ濱(元関脇 北瀬海)が定年退職 空き名跡8 (押尾川・田子ノ浦・安治川・大島・中村・西岩・荒磯・君ヶ濱) 平成25年8月29日<相撲部屋移籍> 年寄雷(元小結 垣添)が藤島部屋から武蔵川部屋へ移籍 平成25年10月3日<相撲部屋消滅> 三保ヶ関部屋(元大関 増位山)が消滅(春日野部屋に吸収) 出羽海一門 12部屋 高砂一門 5部屋 時津風一門 8部屋 二所ノ関一門 8部屋 伊勢ヶ濱一門 6部屋 貴乃花グループ 4部屋の計43部屋に 平成25年10月16日<年寄名跡取得> 隠岐の海(元小結 八角部屋)が年寄名跡君ヶ濱を取得 平成25年11月11日<定年退職> 年寄武隈(元関脇 黒姫山)が定年退職 空き名跡9 (押尾川・田子ノ浦・安治川・大島・中村・西岩・荒磯・君ヶ濱・武隈) 平成25年11月13日<定年退職> 年寄不知火(元関脇 青葉城)が定年退職 空き名跡10 (押尾川・田子ノ浦・安治川・大島・中村・西岩・荒磯・君ヶ濱・武隈・不知火) 平成25年11月15日<定年退職> 年寄三保ヶ関(元大関 増位山)が定年退職 空き名跡11 (押尾川・田子ノ浦・安治川・大島・中村・西岩・荒磯・君ヶ濱・武隈・不知火・三保ヶ関) 平成25年11月17日 年寄名跡取得・襲名・継承条件について、幕内・十両で通算30場所を、通算28場所でも推薦者(前保有者)と 師匠および保証人(現役年寄)の願書があれば、理事会の承認を経て襲名することが可能となる 平成25年12月16日<年寄名跡取得> 嘉風(元前頭二枚目 尾車部屋)が年寄名跡中村を取得したことがわかる 平成25年12月17日<年寄名跡変更> 年寄岩友(元前頭六枚目 金開山)が年寄名跡三保ヶ関に変更(元大関 増位山の澤田氏からの借用) 空き名跡11 (押尾川・田子ノ浦・安治川・大島・中村・西岩・荒磯・君ヶ濱・武隈・不知火・岩友) 平成25年12月19日<退職> 年寄間垣(元横綱 二代目若乃花)が退職 空き名跡12 (押尾川・田子ノ浦・安治川・大島・中村・西岩・荒磯・君ヶ濱・武隈・不知火・岩友・間垣) 平成25年12月20日<年寄襲名> 寶千山(元前頭十四枚目 境川部屋)が引退し、年寄君ヶ濱を襲名(隠岐の海からの借用) 空き名跡11 (押尾川・田子ノ浦・安治川・大島・中村・西岩・荒磯・武隈・不知火・岩友・間垣) 平成25年12月24日<年寄名跡取得> 木村山(元前頭七枚目 春日野部屋)が年寄名跡岩友を取得 平成25年12月25日<年寄名跡変更> 年寄鳴戸(元前頭八枚目 隆の鶴)が年寄名跡田子ノ浦に変更(取得) これまでの鳴戸部屋は田子ノ浦部屋になる 平成25年12月25日<年寄名跡変更> 年寄錦島(元前頭筆頭 蔵王錦)が年寄名跡武隈に変更(取得) 空き名跡11 (押尾川・鳴戸・安治川・大島・中村・西岩・荒磯・錦島・不知火・岩友・間垣) 平成26年1月21日<年寄名跡変更> 年寄秀ノ山(元関脇 琴錦)が年寄名跡中村に変更(嘉風からの借用) 空き名跡11 (押尾川・鳴戸・安治川・大島・秀ノ山・西岩・荒磯・錦島・不知火・岩友・間垣) 平成26年1月21日<相撲部屋移籍> 年寄中村(元関脇 琴錦)が佐渡ヶ嶽部屋から尾車部屋へ移籍 平成26年1月26日<年寄襲名> 木村山(元前頭七枚目 春日野部屋)が引退し、年寄岩友を襲名 空き名跡10 (押尾川・鳴戸・安治川・大島・秀ノ山・西岩・荒磯・錦島・不知火・間垣) 平成26年1月30日 日本相撲協会は、公益財団法人に移行する。 の桜と兄弟種で、全米さくらの女王お手植えの桜をはじめ、約480本の薄寒桜が園内に咲くよ! 薄寒桜と銅像・石碑などを巡りながら歩こう! 富士山と三保の松原というダブル世界遺産を望む、かつての風光明媚な清見潟の姿を思い描きながら歴史を旅しよう! 清見潟は大正天皇が海水浴をされた地だよ! 清見寺に行啓された皇太子時代の大正天皇が、1889年と1890年に2度に渡り海水浴を楽しまれたよ!.

  • .




2022 nvcdn.answerstv.com