ホジュン 登場 人物。 許浚(ホ・ジュン)はどんな人物だったのか

韓国ドラマ ホジュン 宮廷医官への道 キャスト 相関図

ホジュン 登場 人物

Contents• 主な登場人物・キャスト チョン・グァンリョル ホ・ジュン 医師 イ・スンジェ ユ・ウィテ 名医、ホ・ジュンの師匠 キム・ビョンセ ユ・ドジ ユ・ウィテの息子 ファン・スジョン イェジン ユ・ウィテの養女 全体のあらすじ 李氏朝鮮時代に実在した医師、ホ・ジュンの波乱万丈な生き様を描いたヒューマンドラマ。 大河ドラマ史上初めて60%の視聴率を記録し、現在でも歴代視聴率4位に君臨する国民ドラマ。 軍人の妾の子として生まれ、すさんだ暮らしをしていたホジュンだったが、貴族の娘ダヒと出会い、身分を越えて結婚する。 医師を志すようになったホ・ジュンは名医ユウィテの元に弟子入りし、強靭な意志とたゆみない努力で能力を開花させていく。 ユウィテの家で医学を学ぶ女性イェジンはホジュンの熱意と誠実な人柄に惹かれ、ホジュンを陰ながら支え続ける。 ユウィテの息子ドジは、優れた医術を持っていたが出世志向が強く、ホジュンを可愛がり医術を伝えていく父親に反発し、ホジュンを妬みライバル視するようになる。 ホジュンはユウィテの教えを受け継ぎ、優れた医術と誠実な人柄で、王の主治医になる。 感想 高視聴率を記録した名作ドラマということで、前から見たいと思っていたこのドラマ、やっと見終わりました。 64話と長編ですが、中盤からは面白くてはまりました。 ホジュンが数々の苦難に合い窮地に追い込まれては乗り越えていきます。 とにかく素晴らしい善人で熱血医師のホジュンに心惹かれていきます。 東洋医学にも興味が沸き、「身分を分け隔てなく」「見返りを求めない」施術という精神的な面でも考えさせられることが多かったです。 見てよかったと本当に思える作品です。 ほほえみ度 ウルウル度 トキメキ度 ハラハラ度 感動度 皆さんの評価 4.

次の

韓国ドラマ ホジュン 宮廷医官への道 キャスト 相関図

ホジュン 登場 人物

演出:キム・グノン(김근홍) イ・ビョンフン監督のもとで時代劇演出の修行をしたMBCの監督 脚本:チェ・ウァンギュ(최완규) イ・ビョンフン監督作品ホ・ジュンの脚本も手がけた 原作:イ・ウンソン(이은성)の小説 東医宝鑑(トンイボガム:동의보감) 登場人物 許浚(ホ・ジュン:허준)役 キム・ジュヒョク(김주혁) 賤妾の出自というくびきを背負って生きる義州(ウィジュ)龍川(ヨンチョン)県監(ヒョンガム)の庶子。 幼い頃に字と武術を父から習った記憶がある。 けれど、キーセンを侍らせ余生を送る父は、それ以上ホジュンを顧みなかった。 官奴婢の身分から免賤してもらったと、父から離れない母がもどかしい。 ある日、流刑地から逃げてきた謀反人の娘タヒと知り合い恋に落ちる。 二人は義州を発ち慶尚道山陰(キョンサンド サヌム)ヘと行き夫婦の縁を結ぶ。 その後、ホジュンは名医ユ・ウィテのもとで働き、新しい人生を送り始める。 そこで出会ったイェジンの付き人として明へ言ったことが契機となり本格的に医術を学び始める。 ユ・ウィテの推薦で右議政(ウイジョン:우의정)夫人の中風を治す。 けれどそのことで、ユ・ウィテの息子ユ・ドジから嫉妬される。 内医院(ネイウォン:내의원)に入ってからも試練は続く。 最後には正1品御医となる。 イェジンお嬢様(イェジンアッシ:예진아씨)役 パク・ジニ(박진희) 早くに両親をなくし、父の親友ユ・ウィテの元で過ごす。 トジが自分を愛していることを知り負担に思い医院を去る。 そしてハンセン病患者を診て過ごすことになる。 薬剤探しの職についたホ・ジュンに医書を見せ手ほどきをしたのは彼女だ。 そして、彼を男として診るようになったが、タヘの存在を知り身を引く。 その後、内医院(ネイウォン)の医女となり、ホ・ジュンとともに働き、同じ医の道を進むものとしての情を交わす。 イ・ダヒ(이다희)役 パク・ウンビン(박은빈) 大逆罪で流刑となった病身の父に付き添い流刑地までやってきた。 自分の身を顧みず世話してくれるホ・ジュンを、気づいたら愛していた。 ホ・ジュンの妻となり、姑にも受け入れてもらえた。 両班の地位を捨て、両班家の手伝いをし、泥棒と間違えられても気丈に振る舞う。 ユ・ドジ(유도지)役 ナムグン・ミン(남궁민) ユ・ウィテの息子。 父から医術を伝授され、医員になる準備を怠らない。 小さい笠(カッ)を使う中人のみ分を克服するため、内医院(ネイウォン:내의원)の医員となるのが人生の目標だ。 さらには王を診察する御医になることだ。 常に不足していると言う父を理解できず誤解だけが深くなる。 さらに、父とヤン・イェスの悪縁が道を阻む。 思いを寄せるイェジンがホ・ジュンを慕っていることに気づくが、投書は期に求めていなかった。 けれど、父もホ・ジュンを認めたことで、嫉妬心が大きくなる。 内医院に入ってもヤン・イェスとともにホ・ジュンを苦しめる。 そして、御医の座を狙うトジは本格的にホ・ジュンと競争することになる。 ユ・ウィテ(유의태)役 ペク・ユンシク(백윤식) 慶尚道山陰(キョンサンド サヌム)地方の最高の名医として知られる医員。 名声だけ高いのではなく病人をあわれむ心医として称賛されている。 ホジュンの母ソン氏(허준의 어머니 손 씨)役 コ・ドゥシム(고두심) 官奴婢で使都の恩恵をこうむって両班(ヤンバン)の子供を産んだ喜びもほんの間であった。 さまようホ・ジュンを見るたびに胸が張り裂けそうだ。 官衙妓生の世話までして色々な侮辱を受けながらも、心にわだかまりが出来た息子に見つかるまいと忍苦の歳月を送る。 ホ・ジュンが龍川(ヨンチョン)村を逃げる時に共に離れるが、夫ホ・リュンの恩恵と愛を一時も忘れたことがない。 それで両班家のお嬢さんを愛するホ・ジュンの心を断念させようとしていた意向をまげ、タヒを嫁として受け入れる。 ホ・ジュンとタヒの間に目に入れても惜しくない孫キョムが生まれると、すぐに誠心誠意をつくして育てる。 ユ・ウィテ婦人オ氏(유의태의 부인 오 씨)役 キム・ミスク(김미숙) ユ・ドジの母。 慶尚道地方最高の医員の妻だという名声と富を享受が、医院を探してくる貧しい患者にはケチなことこの上ない。 与えるばかりのユ・ウィテに代わって、医院の財産を維持するには、仕方のないこと。 ユ・ウィテの弟子の妻子を召使いのように働かせてタヒとソン氏に侮蔑感を抱かれる。 夫が田舎の医員であることが一生の不満だと、息子トジだけは内医院ヘ出仕してくれることを切望している。 息子への期待があまりにも大きいため血縁が一つもないタヒとの婚事をいつも反対している。 ヤン・イェス(양예수)役 チェ・ジョンファン(최종환) 内医院(ネイウォン:내의원)正3品御医。 鍼の大家として先大王の時から2代に渡って王と王世子の安否の責任負ってきた当代最高の人だ。 医術はもちろんのこと、優れた政治力を発揮して権力闘争の渦の中でも内医院の地位を確固たるものにしている。 一方、自分の医術を超える医官の芽を事前に切り取る冷徹な一面も同時に持っている。 鍼治療に卓越した実力を備えたユ・ウィテを科挙から落とした逸話は内医院でも密かに語り継がれている秘密だ。 恭嬪 金氏の弟が不治の病・胃ガンにかかったことを知りながら顔面麻痺と診断して、ホ・ジュンに診療を任せ、ホ・ジュンを絶体絶命の危機に追い込む。 キム・ミンセ(김민세)役 イ・ジェヨン(이재용) ユ・ウィテの友人。 法名はサムジョク大師だ。 内医院医員で東宮の病気を完治させて御医ヤン・イェスの寵愛を受け始めた。 優れた医術で御医になる人材という評価を受けたが、予期せぬ不幸により出家を決心した。 幼い息子がハンセン病患者に引きずられて行って殺されたのだ。 子供を失ったみじめな苦痛を耐えることができなくて、ハンセン病患者を殺戮した悪業の報いを洗うために一生涯をハンセン病患者村に留まって医術を行なう。 ホ・ジュンには医術の道を悟った師匠だ。 アン・グァンイク(안광익)役 チョン・ホビン(정호빈) ユ・ウィテの友人。 キム・ミンセとともに内医院に出仕して彼と妹の婚姻を斡旋した。 しかしキム・ミンセ一家に訪れた不幸により妹まで亡くなるとすぐに官職を投げてしまう。 解剖学に心酔して野生の動物の腹を切って内蔵を取り出す奇人としていき、ホ・ジュンに会って鍼術を伝授する。 人の腹を切ってみることが一生の念願だった彼はユ・ウィテが反胃(胃癌)で死んでいき残した遺言を敬って、長い間の友人であったユ・ウィテを解剖するというホ・ジュンを助ける。 ク・イルソ(구일서)役 パク・チョルミン(박철민) 山陰(サヌム)地方の猟師。 智異山(チリサン)あちこちをで山獣を狩猟して熊胆や麝香などを薬剤師らと取り引きする。 荒くて馬鹿正直な猟師の風貌の代わりに詐欺師気質が多く、外部の人に好意を施すふり小金をせしめる。 義州(ウィジュ)から逃げてきたホ・ジュンにも号牌を助けると詐欺を働いて瀕死になるほど殴られてホ・ジュンを兄としてにむかえる。 妻に毎日虐待を受けながらもクムスル一人だけで満ち足りていたが、まだ色白で肉つきよく太っている息子を得ることができず、気をもんでいる。 ハマン宅(ハマンテク:함안댁)役 キョン・ミリ(견미리) ク・イルソの妻。 狭い家に居候していることが不満だとホ・ジュンとソン氏に冷酷にふるまう。 ささいなこと一つでもお金にならないことはしないがめつい面もある。 常日頃から待望していた赤ん坊を持つようになると、人が変わる。 イム・オグン(임오근)役 チョン・ウンピョ(정은표) ユ・ウィテの弟子。 薬剤倉庫を管理して患者に処方された薬剤と施術方法を記録することが主な任務だ。 患者の前に立てば手が震えて膝が震え、鍼を一度もまともに再sたところを見たことがない。 その一方で内医院医員になるという空しい夢を見る。 ふてぶてしくも純朴なところがあって、師匠であるユ・ウィテはもちろん、トジからも信頼を得ている。 蔑げすんでいたホ・ジュンが師匠の印可を受け、中風で死にそうな貞敬夫人まで復活させると、尊重しはじめる。 運良く内医院に入って医員になったホ・ジュンと再会し、医女ホンチュンと燃えるような恋を交わす。 チョン・ヤンテ(천양태)役 イェ・ホミン(여호민) 龍川(ヨンチョン)の密貿易人。 腕力で生きる暴れ者だがホ・ジュンを兄のように、ソン氏を母のように慕う。 ホ・ジュンが龍川から逃げる時も情熱を傾けて官軍を締め出す程義理一つで生きる。 ホ・ジュンに会おうとするタヒを補助して千里の道も拒まず山陰の地まで訪ねてきた後には、暴れ者を止めまっとうな人になる。 ク・イルソとともに狩猟を始めてから家族を保管することができないホ・ジュンを物心両面で助ける。 ユ医員宅の奴婢ユウォルと情を分かち夜逃げする機会だけをのぞく。 メタ情報• 韓国歴史 最近のコメント• に 名無し より• に saksak より• に 通行人1 より• に より• に キャンディ より• に saksak より• に saksak より• に saksak より• 韓国歴史・カテゴリー• 人気記事ランキング(過去30日間)• 360件のビュー• 323件のビュー• 156件のビュー• 149件のビュー• 142件のビュー• 129件のビュー• 122件のビュー• 119件のビュー• 113件のビュー• 111件のビュー.

次の

韓国歴史ドラマ「ホ・ジュン」相関図・あらすじ・キャスト

ホジュン 登場 人物

梨泰院クラス(イテウォンクラス)キャスト・登場人物 パク・セロイ(박새로이)役 パク・ソジュン(박서준) 所信を持って生きよう、中卒、前科者、タンバム社長。 一度もひざまずかず退学となり、仇に暴行を加え殺人未遂の前科者となった。 暴行をしたのだから、罰を受けるのが摂理、悔しくも後悔することもない。 それがセロイの価値観、所信。 「私の人生はようやく始まりで、、私は・・・望むことはすべて成し遂げながら生きる」 中卒、前科者、すべてを失ってもセロイは折れない。 初恋のスアが過ごしているという梨泰院(イテウォン)へ行くことになったセロイ。 様々な人種、世界の料理、海外旅行に来たような感じの建物。 自由な雰囲気のこの街にセロイははまってしまった。 ここ梨泰院で商売を始めると決めた。 けれど、ここはソウルの中心である龍山(ヨンサン)、その中でも最もホットな梨泰院。 無一文のセロイにはあまりにも高い権利金と保証金。 「簡単とは思わなかった、困難にやればいい、いいさ、当然のこと」 遠洋漁船、工場、力仕事などさまざまな苦難をして7年間稼いだ金で計画通り、梨泰院でタンバム屋台を設立したセロイ。 彼にはあまりにも当たり前のことだった。 チョ・イソ(조이서)役 キム・ダミ(김다미) ソシオパス、IQ162、インフルエンサー、タンバムマネージャー。 勉強なら勉強、運動なら運動、多才多能な天才イソ。 母親の特別な教育のためだろうか、イソの人生観は確かだ。 名門大学を卒業し、大企業に就職し、財閥の夫と結婚して成功した人生を歩むこと。 自分が考えても退屈なルート。 「愛、人間にできる一番馬鹿みたいな真似だ」 そう生きてきたイソの前に現れた一人の男、自分と正反対の性向のセロイ・・・。 イソの賢い頭では理解できない状況。 セロイに行ってみたい、彼が好きだ。 イソは欲張りだ。 望むことは叶えてこそ気が済む。 「私はとても優れているなので・・・夢、愛すべて叶えられるわ」 見所のないこの男を、大した男にするぞと決心したイソ。 名門大学への入学を諦め、タンバムのマネージャーとして就職する。 好きなセロイの頭には、もっぱらチャンガへの復讐だけ。 それが嫉妬となる。 この畜生ども、ぶっ壊してやるぞと決心する。 チャン・デヒ(장대희)役 ユ・ジェミョン(유재명) 弱肉強食、権威主義者、長家(チャンガ)会長 激動の時代、鍾路(チョンノ)の陸橋の屋台から始まり、現在のチャンガを築き上げた。 その人生がどれほど熾烈だったか、チャン会長は自らがあまりにもすごい。 「自分の口で言うが・・・私は権威的な人間だ」 チャンガは徹底した直列構造の会社、誰もチャン会長の言葉に逆らわない。 そんな彼に現れた妙に気障りな小僧、忠臣のパク・ソンヨル部長の息子、セロイ・・・。 セロイの所信はチャン会長の権威を刺激する。 「意地、客気に虚勢まで、その上犬の吠える声・・・こん棒で殴らなければな」 パク部長のクビ、セロイの退学。 自分の富と権力でセロイの全てを奪うチャン会長。 けれど、その気障りな小僧が飲食業界に飛び込み、自分の首を狙っている。 チャン会長にはセロイが雑草のようだ。 雑草は根こそぎ取らなければならない。 そうするつもりだ。 オ・スア(오수아)役 クォン・ナラ(권나라) 個人主義者、要保護児童、キャリアウーマン、チャンガ戦略企画チーム長。 母に捨てられて幼少期を保育園で育った。 自尊感が強かったからか、自己防衛機制だったのか、安い同情を嫌悪する。 そんなスアが唯一心を開いたセロイの父。 性格は合わないがおじさんの息子だなんて、セロイも好きだった。 けれど、セロイの敵になったチャンガ。 スアはまさにそのチャンガの援助を受けており、チャンガで仕事もする。 誰にも愛されなかったスアの相次ぐ合理化。 「私は私が一番大事で大切なの、それが間違ってるの?」 誰よりもセロイを応援しながらも、彼のように生きられない自分が苦しい。 セロイにはそんなスアにただ人生に忠実だっただけで間違ったことは一つもないという。 「あんたは私に輝きすぎてる」 いっそ憎まれでもしたらと思いつつも自分を離さないでほしいという気持ち・・・スアは相変わらず苦しい。 チャン・グンス(장근수)役 キム・ドンヒ(김동희) 片思い、イケメン、庶子。 チャン会長の次男、庶子だ。 幼い頃から腹違いの兄クヌォンに虐待を受けチャン会長は傍観した。 あらゆる悲しみでクンスはチャンを嫌い、17歳で独立をした。 何一つ望むことを許されなかった幼年期のためか、クンスはあきらめが早い。 同じクラスのイソが好きであっても、付き合いたいという欲はなかった。 ただ、自分の身一つを保つのが目標。 「初めて大人に出会ったような気がした」 つらい日々の中、 救援者のように現れたセロイ。 クンスはセロイを頼りにイソと一緒にタンバムで仕事をするのだけれど・・・片思いするイソの好きな人がセロイであると知りながらも、それほどの人だとあきらめようとした。 そんなクンスに、よどみないセロイの人生はあまりに大きな刺激と影響を与えた。 「欲を出して生きるつもりです」 もうクンスはあきらめない。 望むものは手に入れる。 チャン・グヌォン(장근원)役 アン・ボヒョン(안보현) エゴイスト、金の匙、ならず者、後継者。 チャン会長の長男でチャンガの後継者。 学生時代、クラスメイトのホジンをいじめ、セロイにひどく怒られ悪縁が始まった。 チャン会長はクヌォンに、チャンガの後継者なら罪悪感を持つなと助言する。 ニワトリの首を折る時、すまない気持ちはいらないと。 「セロイは鶏、オレは人間となった」 その後、圧死しそうな罪悪感から解放され、さらにならず者になったクヌォン。 クヌォンはスアが好きだ。 そんなスアと寄り添うのがよりによってセロイ。 二人の雰囲気が妙だ。 セロイを見たくもない。 カン・ミンジョン(강민정)役 キム・ヘウン(김혜은) 野心家、長家専務理事。 チャン会長とともにチャンガを創立したカン・ボヒョンの一人娘。 パク・ソンヨル部長から仕事を学んだ。 創立メンバーの血縁でありチャンガの大株主だ。 次期会長の座を狙っており能力もある。 仁義があるが実利も確保できる素敵な女性。 若き日を仕事にだけまい進して、まともな恋愛すらできなかった。 それだけ自分の青春を捧げたチャンガは、カン・ミンジョンにとってあまりにも大事だ。 チェ・スングォン(최승권)役 リュ・ギョンス(류경수) 前職暴力団、前科者、タンバムのホールスタッフ。 左の額に鮮明な刀痕、誰が見ても怖い顔。 顔ほど殺伐とした過去、スングォンは元組織暴力団だ。 セロイと刑務所で初めて会い、堂々とした人生を送る彼に魅了されて極道生活を清算し、タンバムで仕事を始めた。 能動的ではないが、させたことは誠実にやりこなす。 顔つきと誤解されることもあるが、スングォンは情に厚い温かい男だ。 誰よりも仲間のことを大切に思う。 マ・ヒョニ(마현이)役 イ・ジュヨン(이주영) タンバムの料理人。 宗家の長男として生まれたマ・ヒョニ。 どんな理由なのだろう?20歳で親に勘当されて追い出された。 LCD工場で会ったセロイの勧めで、タンバムの厨房長を務めることになった。 背が低くて弱々しい体だが、性格はギスギスしているヒョニ、スングォンには特にひどい。 手術を受けるためにあくせくと金を貯めているというが、どんな手術なのか家族たちは知らない。 長い自炊生活で料理が上手だが、特に習ってはいない。 タンバムのマネージャー・イソは、イマイチな料理の実力のヒョニが気に入らない。 キム・トニー(김토니)役 クリス・ライアン/クリス・ライオン(크리스 라이언) ハーフ、アフリカギニア出身、タンバムのアルバイト。 パク・ソンヨル(박성열)役 ソン・ヒョンジュ(손현주) セロイの父。 チャンガの部長。 自分のプライドや所信よりは会社が重要であり、その理由は家庭にあった。 妻を亡くして一人でセロイを育てたが、もしかして足りない愛があるだろうかとパク・ソンヨルはいつも息子に最善を尽くした。 家訓を「所信を持って生きよう」とした。 自分と違い息子が世の中に腰を伸ばして所信を持って生きることを望んだからだ。 セロイが退学して本人は20年働いた職場で解雇された日も、彼は息子の所信を応援した良い父親だった。 イ・ホジン(이호진)役 イ・デイビッド/イ・ダウィッ(이다윗) 学生時代、つねにクヌォンに理由もなくいじめられていたホジン。 死にたかった日々を耐えられたのはクヌォン根源に対する復讐心だった。 素直な顔とは違って冷徹で執拗だ。 オ・ビョンホン(오병헌)役 ユン・ギョンホ(윤경호) ひき逃げ事件を黙認した担当刑事。 10年を超える歳月、いまだに罪責感にとらわれているが、娘への思いのため自首もすることができない。 チョ・ジョンミン(조정민)役 キム・ヨジン(김여진) イソの母。 他人と違う教育感を持っている。 キム・スンレ(김순례)役 キム・ミギョン(김미경) 梨泰院で気骨ある金貸しのおばあさん。 セロイさえ見ればうっとおしく小言を言うが、 その一本気がいやではない. キム・ヒフン(김희훈)役 ウォン・ヒョンジュン(원현준) スングォンが身を寄せていた組織のボス。 スングォン、セロイと刑務所生活を共にした。 いつも義理を口にして生きている。 オ・ヘウォン(오혜원)役 チェ・ユリ(최유리) オ・ビョンホンの一人娘、しっかりしている。 警察を夢見ている。 文責:韓国ドラマあらすじ団 過去に放送された韓国ドラマの情報をまとめている、韓国ドラマあらすじ団の別館 最近のコメント• に arasujidan より• に yuma より• に より• に より• に より カテゴリー• メタ情報•

次の