薄切りベーコン レシピ。 ベーコンチーズパン|レシピ|マルコメ

滴る油がたまらない!ベーコンを使った美味しいおつまみレシピ9つ

薄切りベーコン レシピ

ポトフがいいですよ。 ブロックの豚肉の感覚で使うといいと思います。 材料はお好みのものでいいのですが、おすすめは、カブです。 これは欠かせない。 他にはジャガイモ、ニンジン、ブロッコリーなど、コンソメスープでクツクツと煮ます。 全部の材料の大きさを揃えるのがコツ。 一口大よりはちょっとおおきめで切ったほうがいいです。 本来はお野菜とベーコンから出る出汁と塩胡椒だけでもおいしいので、コンソメは味が足りないな、と思ったら使うといいかもしれません。 食べる時には、粒マスタードをつけながらいただきます。 寒い冬の日には最高です! 大量に消費できます。 たくさん作っておいて、飽きたらホワイトソースやカレールーを足してシチューやカレーに衣替え、という手もあります。 他には、先入観を持たずに、豚肉の塊、くらいに思って使ってしまえばよいと思います。 下味を付けなくて良いし、ベーコンから旨みが出るし、炒めても煮てもおいしいですよ〜。 ユーザーID: 0068154387• 生活・身近な話題ランキング• お好きな厚さにスライス 米国在住です。 お料理があまりお得意でいらっしゃらないとのこと、簡単にスライスして普通にお使いになれば良いと思います。 マーケットではベーコンは3ミリの普通の厚さと、5ミリの厚切りが売られています。 私達は厚切りの方が好きでそれ一辺倒ですが、お好みの厚さにナイフでスライスなさってお使いになれば宜しいかと思います。 厚切りのベーコン2枚を半分に切り、ペーパー・タオルに包んで電子レンジで2分半から3分エレック、取り出して丁寧に余分な油を拭き取ればカリッとして美味しいです。 又ベーコンを小さくコロコロに切って炒め、水につけておいたお豆さんと一緒に気長に煮るのも此方の典型的な豆料理です。 その場合、お味付けは塩、コショウとチリ・パウダーでシンプルです。 チャレンジのご成功を願っています。 ユーザーID: 7182475665• 本当に簡単に・・・ 私も料理下手ですので、簡単なものしか作れません。。 そんな私が思いつくものです。 ご参考まで。 【ステーキ】 適当な大きさに切って、フライパンで焼くだけ。 味付けは、なくてもOK(ベーコンは元々塩味ですから)ですが、薄いようであれば塩コショウで充分美味しいです。 厚さは1cmくらいが火の通り具合や、食べるときの噛み切り易さがちょうどいいと思います。 【スープ】 ポトフのようなスープはいかがでしょうか。 塊のベーコンって結構ジューシーですし、ソーセージのかわりくらいの感覚でいいと思います。 大きさは、カレーに使うお肉の一回りか二周りほど小さめ。 具材は、人参・キャベツ・コーン(冷凍)にすると彩りもキレイです。 【スクランブルエッグ】 みじん切りくらいの大きさで、卵に絡めてスクランブルエッグにすると朝から美味しいです。 トーストにのせても美味しいと思います。 ユーザーID: 1901378832• うらやましい! でも1月5日までに2kgを使い切るのは厳しいですね(苦笑) お勧めは、ジャガイモとベーコンの炒め煮です。 ・ベーコンを食べやすいサイズに角切りにして鍋で脂が出るまで炒める。 ・皮を剥いて1口大に切ったジャガイモを入れて、全体に軽く脂がまわる程度に混ぜ合わせる。 ・水と料理酒を適当に(全体が軽く浸るぐらい)入れて、ふたをして煮る。 ・ジャガイモに火が通ったら、塩、塩コショウなどで味を整える。 ・彩りにグリーンピースや絹さや(茹でておく)を合わせる。 ・食べる前に仕上げに黒コショウを適量振ったら出来上がり。 ベーコンの味が出るので、調味料は控えめで充分です。 新じゃがの時期に小さめの新じゃがで作るのが一番おいしいですけどね。 あとは、定番ですがポトフとか。 お肉の代わりに角切りベーコンで作るとおいしいですよ。 野菜たっぷりで優しい味付けのポトフ、これからの寒い時期にはぴったりです。 大きめにざくざく切った野菜とベーコンをコンソメで煮込むだけです。 1口大に切って軽く炒めて、グラタンやパスタの具にしてもいいと思います。 ユーザーID: 4633943608• 2人分です。 1)ベーコンは短冊切り一口大に。 玉ねぎ1つはスライス。 パスタ鍋にお湯をたっぷり沸かします。 塩を鍋に大盛り1杯投入するのをお忘れなく) 2)深めのフライパンにサラダ油を入れ、ベーコンと玉ねぎを炒めます。 その間にパスタを茹であげて水切り。 4)そのフライパンの中に生クリーム1パック、パルメザンチーズを振りかけます。 これはすみません、目分量なんです。 結構多量)お好みで牛乳少々追加。 更に先程のパスタを加え、少し煮詰めます。 ここがポイント。 煮詰めないとカルボナーラ独特のコクが出ないんです。 6)火を止めて ボールにあらかじめ溶いた)卵黄を3つを入れ、パスタと手早く混ぜ合わせます。 塩こしょうで味付けで完成です。 粒こしょうが望ましい) ベーコンは、私は市販の1パックだけ入れていますが、そんなに沢山あるのでしたら好きなだけ入れられますね。 羨ましいです〜。 是非作ってみて下さい。 ユーザーID: 5056868137• オイル系、クリーム系、トマト系どれでも合います) ・ポテトサラダ (1センチ角に切り、よく焼いて具にする) ・野菜スープ ・クリームシチュー ・グラタン ・パン (パンの生地に練り込む) ・ベーコンエッグ 折角ブロックなので、 アスパラベーコンなどの 薄切りにして使う物は書きませんでした。 上手に使い切れるとイイですね。 ユーザーID: 3219482215• 刻んでから冷凍 本格レシピは他の方におまかせして、手抜きレシピです。 洗ってちぎったほうれん草(えぐみが気になるならサラダ用ほうれん草)に油ごと掛け回す。 その他、チャーハンとかポークビーンズとか、豚肉を使う時に半量をベーコンにすると香ばしさが増して美味しいですよ。 ソーセージ位の大きさに切っておでんに入れても美味しいです。 あらかじめさいの目に刻んで冷凍すれば、そのまま使えて便利です。 ユーザーID: 5905144580• 小分けにして冷凍 わざわざ小さな塊(高いもん)を買って作るくらいです。 薄切りベーコンのカルボナーラには戻れません。 サイズはお好みですが炒めると縮むのでうちでは1・5cm角の拍子木またはコロコロに切って使います。 パスタ300gを茹でている間にベーコンを炒める。 その間に卵黄4個、生クリーム200cc、粉チーズ(一般的にスーパーで市販されているサイズ)まる一本、塩、こしょうを大きいボールに入れてよくよく混ぜておく。 茹で上がったパスタをベーコンのフライパンに入れてベーコンと馴染ます。 ボールの中身を一気にフライパンに空け、火を止めてよく混ぜ合わせる。 テレビで見たイタリアの家庭料理。 お父さんが作っていました。 ただしカロリーは・・知らないよ〜ん! あとはポトフ。 間違いなし。 すぐなくなっちゃいますよ。 ユーザーID: 0896951911• うらやましい!! ベーコンは角切りにしてミネストローネに使ってます。 角切りじゃないとだしがでないんですよね お水とコンソメとトマト水煮缶とケチャップのスープの中にに 角切りベーコン・にんじん・たまねぎ 大豆の水煮・セロリのみじんぎり(はお好みで)を入れて煮込んで作ってます (にんじんだけレンジで火を通した方がいいかも) 沢山作って煮詰まってきた頃にはパスタソースにも使えます カルボナーラのカロリーが気になるなら、生クリームから無調整豆乳に代用可能です。 一人分ならたまご1個と豆乳合わせて1カップに塩・コショウ・細粒コンソメ・粉チーズを入れてかきまぜておきます 炒めたベーコン・たまねぎの入ったフライパンの中にパスタと卵液を入れてとろみが出るまでかきまぜれば出来上がりです できればあらびきのコショウを振りかければベストかと このトピックを読んでるとどのレシピも美味しそうでおなかすいてきちゃいますね 笑 ユーザーID: 2745426472• 結構何でも合う 生で頂けるベーコン生でそのまま、チーズと合わせてそれだけで美味しいです。 煮込んでも良い出汁でるのでホールトマトと角切りにしたベーコンとコンソメ、あればローリエと煮込んでスープに。 煮詰まればパスタソースとしても美味しいです。 ホワイトシチューのお肉がわりに、ミネストローネや豆乳と野菜とベーコンを土鍋で豆乳鍋、味が薄かったらコンソメ投入、白菜とベーコンを豆乳や牛乳で煮て塩コショウで味を整えるだけでもあったかスープ。 カルボナーラやブロッコリーやキノコ類、他好きな野菜とベーコンをオリーブオイルで炒めて塩コショウて味を整えて炒めものに、スパゲティーより細めのパスタと一緒に炒めても美味しいです。 塩分があるから焼くだけで炭水化物に合いますよ。 洋風朝食の定番ベーコンエッグとか、焼いたベーコンを海苔みたいにご飯をベーコンで巻いて食べる、とろけるチーズと一緒にトーストしたり、小さめに切ってカリカリになるまで炒めてサラダのトッピング。 私は鍋の素買わないですが、CMでカレー、カルボナーラ、トマト等の鍋なら具としてベーコン合いそう。 ユーザーID: 2627946126• かたまりといえば カルボナーラがたくさんでてますね。 トマトとベーコンのスパゲッティも、同じく塊のベーコンを小さな拍子木切りにして作ると美味しいですよ。 コツは、ベーコンを弱火でじっくり、カリッとするくらいまで炒めることかなあ。 1.フライパンにオリーブ油とにんにくのぶつ切りを入れてから、火をつける。 ごく弱火にしてそのまま放置。 にんにくの香りが立ってきたら、小さく拍子木切りにしたベーコンを投入。 火加減はそのまま。 焦げ付かないようにたまにかき混ぜる程度で、基本放置でOK。 (私はここで、唐辛子(まるのまま)もいれます。 ) 3.ベーコンが美味しそうな見た目になったら(適当でOK)水煮のトマトを投入。 4.火加減を中火くらいにして煮詰める。 水分が足りなかったら、水がパスタのゆで汁を投入。 5.味を整えておしまい。 以上は私の基本の作り方ですが、いい加減です。 いつも作っている方法で大丈夫と思います。 ベーコンの炒め具合もお好みで。 普通のベーコンでつくるより美味しいと思います。 ユーザーID: 8686240524• とりあえず切って冷凍 塊でも、薄切りにして、使いやすい大きさに切って冷凍すればいいと思います。 で、 ・ベーコンエッグ ・たまねぎ、ピーマン、きのこと炒めて、トマト缶も入れる等好きに味付けしてパスタのソースに。 ・じゃがいもの薄切り、玉ねぎの薄切り、と炒めて、しお、こしょうで味付け。 ・お湯を沸かして、コンソメを入れる。 ざく切りにした白菜と一口大に切ったベーコンを入れて、白ワインか日本酒で風味をつけ、塩コショウで味付け。 ボリュームを出したいときは、好きなだけ冷凍コーンも入れる。 ・ベーコンを炒めて、ミックスベジタブルも炒める。 卵も入れて、スクランブルエッグに。 ユーザーID: 7321010746• カルボナーラに似てるんですが フランスの国境近くに住んでいたとき、安かったのでよくフランスまで買い物に出かけていました。 そのスーパーのセルフサービスレストランでのパスタがおいしかったので、今でもよく真似して作っています。 1・ベーコンを炒め、脂が出たところにスライスした玉ねぎも加え炒める。 2・一口大に切ったトマトかプチトマトを加え、更に炒める。 3・生クリームを入れ、全体を混ぜ合わせる。 4・茹でたパスタにかけ、粉チーズをたっぷりかけて出来上がり。 自己流なので分量などは適当ですが、400グラムのパスタに生クリーム400〜500ミリリットルくらいでしょうか。 豆乳や牛乳と半々にしたりしてカロリー押さえてみたこともあります。 ベーコンは拍子木切りと言うんでしょうか、小さなティッシュの箱みたいな形のを使用していましたが、あんまり小さいと食べにくいです。 ベーコンとチーズから出る塩分で特に味付けしなくても充分おいしいです。 トマトが入っているのでくどすぎないです。 卵がないときにカルボナーラもどきとして、是非お試しください。 ユーザーID: 1815737606• 小さめ角切りで 皆様 たくさんの素敵なレシピの数々 本当にありがとうございます。 こんなにたくさんレスいただけるとは思っていなかったのでビックリしております。 まとめてのお礼をお許し下さいませ。 どれもこれも美味しそうなレシピで読んでて感動しております。 と、同時に自分の料理下手が恥ずかしいです 涙 我が家では洋風の煮込み料理が食卓にのぼった事がありません。 実家の母は料理上手ですが やはり洋風の煮込み料理は作らない人でしたので 皆様がレスしてくださったようなメニューを家庭で食べるという事は考えもしませんでした。 今回「ポトフ」というレスをたくさんいただきましたが 「ポトフ」という料理名は知っていても 実は未だに 私、かなりのオバチャンですが 食べた事がありません 笑 せっかくの上物ベーコンですものね! 皆様からいただいたレスを参考に、色々挑戦して美味しくいただきたいと思います。 先ずはポトフにチャレンジしてみたいと思います。 皆様 本当にありがとうございました。 ユーザーID: 8264922317• 調味料と考える カルボナーラもいい、出来れば生ベーコンのパンチェッタが最高。 次にうすく切って定番中の定番、ベーコンに目玉焼やスクランブルドエッグを飽きるまで毎朝たべる。 スクランブルにベーコンの約3ミリさいころ型とチーズ・生クリームや当然牛乳など混ぜてもいい。 まず塊なら切ればいいだけ。 ところが一般の家にうすくよく切れる包丁が少ない。 わたしんちでは、パン切りのギザギザ包丁を流用してる。 それか肉屋さんで切ってもらう、スーパーでもやってくれる。 この場合は普段の倍くらいカレー用のお肉を買って見せつける(笑)。 うちは4人家族でスライスしたベーコン500グラムを約1週間で消費する。 玉葱とベーコンは洋食の出汁の元、しかもそのまま食べられると思い込む! この感覚を持たれたらお料理上手主婦に変貌してます。 今回はいいチャンス、最初の一歩を元気よく踏み出してください。 ガンバッ。 ユーザーID: 6864258728• 羨ましい! 2キロもあったら贅沢に使っちゃう!でもとりあえず冷凍してその可能性を充分に引き出した料理をつくります。 ベーコン大好き。 うちは薄切り族4枚入り4パック250円の時しか買いません。 焼いてよし煮てよし生でよし。 とりあえずお勧めはスープです。 生トマトとたまねぎを刻みオリーブオイルで炒め、それらの水分が出てきたらコンソメとベーコンを入れて煮込み、塩コショウで味を整えます。 お野菜一杯なスープも最高ですが、トマトとたまねぎの水分だけで作るスープは簡単で味が濃厚。 酸味と甘みがなんともいえません。 しかしうちは普段薄切り族なのでこれだと十分は旨みが出ないのです(苦笑)。 ユーザーID: 3060472916• ポテトとベーコンのバター炒め 塊のベーコンだと、キッシュやケークサレなどがあいます。 キッシュ(本格的) パイシートを耐熱皿に敷いて、先に軽く焼いておきます。 卵に生クリームを混ぜ、塩コショウで調味。 ベーコンのほかに具材は、ホウレンソウ(ゆでて絞って刻んでおく)やコーン、ミニトマト(半分に切っておく)、キノコ(生でも軽くソテーしても)。 絶対忘れてはいけないのがチーズ。 忘れると茶碗蒸しになります(汗)。 一度やりました。 とけるタイプでも、とけないタイプでも大丈夫です。 卵液に具材を混ぜ込んで、パイの上に流し込んで改めて焼きます。 手抜きバージョンだと、パイシートなしで、生クリームは牛乳に変更できます。 ケークサレも、具材はほぼ同じですが、必ず炒めてください。 薄力粉に卵、牛乳、オリーブ油を混ぜて生地を作ります。 正しい量や焼く温度などは本やネットを参考にどうぞ。 ざっくり案内しましたが、ネットで探してみるのもありかと。 どうぞ美味しく食べてあげてください。 しかし塊ベーコン。 うらやましいです。 ユーザーID: 9237130293• カロリーは上がっちゃいますが 5mmほどにスライス。 ペーパータオルで包んで、5分ほどチンします。 余分な油が出て、カリカリベーコンになりますので、お酒のおつまみにいいです。 電子レンジのパワーにもよりますので、時間は調整されてください。 また、このカリカリベーコンを小さく切って、サラダにかけたり、オムレツやスクランブルエッグに入れるのもおいしいです。 変わりどころとしましては、チョコレートのクリームなどのケーキやカップケーキにパラパラと少しかけて食べるのもおいしいです。 こちら米国では、ベーコン入りチョコがおしゃれな珍味として、最近、話題です。 甘しょっぱい味がいいのでしょう。 よくありますが、インゲン豆をベーコンでくるんで(最後のところはようじで止めて)フライパンで焼くのはどうでしょう。 これもおつまみになります。 賞味期限なぞ、過ぎてもそう神経質になられることもないと思います。 ベーコンは塩が強いですから。 ユーザーID: 9545430113• 蓮根ベーコンご飯(炊きこみ風)&里芋ベーコン トピを締めたつもりが その後 たくさんレスをいただいていて またまたビックリです。 皆様 ありがとうございます。 私って本当に料理出来ない奴だったんだと しみじみ思います。 これでも一応主婦歴15年 書くのもお恥ずかしい ですが… フルタイムで働く兼業主婦で 料理はマンネリ化 ダンナ&娘よスマンっ! しており いただいたレスの中には 聞いた事もないような料理名が… 恥 私って 本当に手抜きし過ぎてました。 もう少し視野を広げて お料理を楽しみたいと思います。 冷凍保存にするのも なんだか漠然と考えていただけでしたが 何人かの方にアドバイスいただいた 1刻んで冷凍する。 2塊のまま冷凍する。 どちらも成る程!と思いました。 色々用途に分けて冷凍してみます。 たくさんのアドバイス大変参考になりました。 皆様ありがとうございました。 ユーザーID: 8264922317• 和風パスタ みなさん、おいしそうなメニューをたくさん考えておられる。 さすがだなぁ。 下手の横好きで料理を作る私も大いに参考にします。 パスタがけっこう出てきましたが、ここでは和風にしてみましょう。 1スライスしたベーコンを焼いて脂をにじみ出させる。 2にんにくと赤トウガラシを加えて弱火で炒める。 3ぶなしめじ、まいたけなどお好みのキノコを入れ、醤油と酒を適宜振って炒める。 4パスタは表示時間より1分ほど短く茹でる。 茹で上がったら1〜3で作ったソースと混ぜてからめる。 5仕上げにオリーブオイルを小さじ1足らずをふりかける。 いかがでしょう。 ベーコン、ニンニク、醤油の香りとトウガラシがよくきいた味わいに仕上がります。 ユーザーID: 8237737192• とりあえずオークションに!.

次の

『ベーコン』を使ったおつまみレシピ39品!ビールとの相性バツグン

薄切りベーコン レシピ

子どもが喜ぶ、薄切り・厚切りベーコンとブロッコリー、チーズ、じゃがいもなどを組み合わせた簡単レシピや、お弁当のおかずにぴったりな人気レシピを幼児誌『ベビーブック』『めばえ』(小学館)に掲載されたものの中から厳選してまとめました! 子どもに人気のベーコンレシピ 【1】カレー風味のラタトゥイユ 4種類の夏野菜とベーコンをよく煮込んだカレー風味のラタトゥイユは、色どり鮮やか! カレーのピリッとした辛さと、はちみつの甘さが深い味わいに。 【2】トマトは2cm角程度に、ベーコンは2cm幅に切る。 【3】鍋にオリーブ油とにんにくを入れて中火で熱し、【1】とベーコンを加えて炒め、【A】をふり入れ、トマトを加えて全体を混ぜる。 ふたをし、弱めの中火で8分ほど加熱する。 【4】はちみつを加えて味を調え、火を止める。 器に盛って、枝豆を散らす。 *バターを塗ってカレー粉をふり、トーストしたバゲットを添えても。 教えてくれたのは みないきぬこさん 女子栄養大学を卒業後、料理研究家のアシスタントを経て2007年独立。 料理家、フードコーディネーターとして料理雑誌や広告、メニュー開発など、幅広い分野で活躍中。 女の子のママ。 『めばえ』2015年7月号 【2】ベーコン、しめじ、ほうれん草の卵とろ~りピザ ボリューム野菜をのせたピザは、ホワイトソース&チーズにとろ〜り温泉卵がやみつきに! 少しずつくずしながら食べるのがポイントです。 市販の生地でも代用可。 そのまま焼いてください。 フライパンにオリーブ油を熱して、小房に分けたしめじと1cm幅に切 ったベーコンを炒め、ほうれん草を加えて炒め合わせる。 【3】仕上げに温泉卵をのせる。 教えてくれたのは 飛石なぎささん 3人のお子さんのママ。 個人でギャラリーも経営しており、その忙しい生活から生まれた、簡単で、パパッと作れて、子どもが喜ぶレシピが人気。 『めばえ』2013年12月号 【3】かぼちゃベーコンサラダ(左上) 付け合わせに重宝するサラダは、ベーコンを入れて食べ応えアップ! ヨーグルト&マヨネーズでマイルドな味に仕上げました。 【2】ボウルに【1】を入れてラップをかけ、電子レンジ(600W)で4~5分加熱し、プレーンヨーグルト・マヨネーズ各大さじ2と塩少々を加えて混ぜる。 教えてくれたのは 鈴木薫さん シンプルで、おいしくて、センスのいいレシピが人気。 双子の女の子と男の子のママ。 チーズは5mm幅のスティック状に切る。 巻き終わりを混ぜ合わせた【A】で留める。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 料理研究家、栄養士。 家族のために作り続けてきたおいしくて、栄養バランスのいいレシピが人気。 二人の女の子のママ。 ベーコンは1cm幅に切る。 【2】【A】の材料を混ぜ、オリーブ油を薄くひいたフライパンに薄くのばして、弱火にかける。 【3】【2】が焼けてきたら、火を止めて、ピザソースを塗り、【1】とチーズをのせる。 ふたをして弱火でチーズが溶けるまで焼く。 火が完全に通る前に火を止めてトッピングすると、生地も具もちょうどよく焼き上がります。 教えてくれたのは 尾田衣子さん 「ル・コルドン・ブルー」やイタリアにて料理を学び、OLから料理研究家に転身。 現在、「料理教室 Assiette de KINU」を 主 宰。 男の子のママでもある。 『ベビーブック』2011年2月号 【6】そら豆とベーコンのポタージュ 冷凍食材を使ったお手軽ポタージュ。 ご飯を加えてとろっとまろやかに仕上げました。 【2】鍋に【A】と【1】を入れて5分ほど煮る。 【3】火を止めて粗熱をとり、ミキサーにかける。 鍋に戻して牛乳を加え、ひと煮立ちしたら、塩で味を調える。 大人は仕上げにこしょうをふってもおいしい。 お玉の代わりに、すりこぎやフォークを使ってもOK。 【2】さらに、なめらかにするには、作り終わった最後に、ざるでこし、ざるに残った分をへらでつぶします。 教えてくれたのは ほりえさちこさん 栄養士、フードコーディネーター、飾り巻き寿司インストラクター1 級。 男の子のママ。 育児経験を生かした簡単で栄養バランスのとれた料理やかわいいレシピが人気。 『ベビーブック』2011年3月号 【7】ごちそうミートローフ レンジでたったの12分でできる簡単ミートローフ。 【3】【2】の上にウインナーを置き、その上に残りの【1】を下半分と同様にしてのせる。 (下の写真参照) 【4】ベーコンをかぶせ、クッキングシートで包み、さらにラップできっちりと包む。 (下の写真参照) 【5】電子レンジに小皿を置いて【4】をのせ、12分加熱する。 *電子レンジの加熱時間は、600Wの場合です。 500Wの場合は2割増、700Wの場合は2割減にしてください。 クッキングシート+ラップできっちり包んで成形する。 教えてくれたのは 村上祥子さん 福岡在住。 国内外を飛行機で飛びまわる「空飛ぶ料理研究家」。 電子レンジ料理のエキスパートであっと驚く独自のワザを次々に開発中。 『ベビーブック』2011年7月号 【8】ピーマンとチーズの春巻き ピーマンを炒めてから包むのがおいしく仕上げるコツ。 【2】スライスチーズは4等分に長く切る。 ベーコンは半分の長さに切ってから横長に切る。 【3】春巻きの皮を広げ、【1】と【2】をのせて包み、水で溶いた小麦粉で端を留める。 【4】フライパンにサラダ油を深さ1cmほど入れて中火で熱し、【3】を並べ入れ、上下を返しながら揚げ焼きにする。 教えてくれたのは 鈴木 薫さん おしゃれで実用的なレシピが人気。 双子の女の子と、男の子の母。 『ベビーブック』2012年5月号 【9】うどんカルボナーラ カルボナーラソースのとろみはかぼちゃを使って。 チーズのコクとベーコンの塩気がうどんに絡まり、あっという間に完食! の一品です。 ベーコンとにんじんは5㎜角に切り、玉ねぎはみじん切りにする。 Aとあわせて混ぜる。 教えてくれたのは 尾田衣子さん 「ル・コルドン・ブルー」やイタリアにて料理を学び、OLから料理研究家に転身。 現在、「料理教室 Assiette de KINU」を 主 宰。 男の子のママでもある。 ベ ーコンは縦半分に切り、ピーマンは細切りにする。 【2】バゲットにピーマンを添え、ベーコンでくるくる巻き、オーブントースターで5~6分焼く。 【2】【1】にサラダ油を薄く塗り、オーブントースターで5~6分焼く。 教えてくれたのは ほりえ さちこさん 栄養士、フードコーディネ ーター、飾り巻き寿司インストラクター1級。 男の子のママ。 育児経験を生かした簡単で栄養バランスのとれた料理や、かわいいお弁当レシピが人気。 【2】ブロッコリーは小さく裂き、ベーコンは1cm幅に切る。 【3】鍋にバターを熱して弱火で【1】を炒め、火が通ったら小麦粉を加えて手早く混ぜて炒める。 ベーコンと水を加えてふたをし、じゃがいもが煮くずれるまで煮る(水が蒸発するようであれば少し足す)。 【4】じゃがいもをへらなどで軽くつぶし、ブロッコリーを加えて2~3分煮る。 牛乳を加えて温まったら塩とスープの素で調味する。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 栄養士。 ふたりの女の子のママ。 家族のために作り続けてきたおいしくて、栄養バランスのいいレシピが人気。 子どもの食物アレルギーをきっかけに、アレルギー料理にも力を入れている。 『ベビーブック』2013年11月号 【3】カラフル野菜ドリア 手間のかかるホワイトソースは電子レンジで時短調理。 【2】ピーマンは粗く刻み、ブロッコリーは小房に分け、ベーコンは1cmの角切りにする。 ピーマンとブロッコリーを熱湯で1分ゆで、ベーコンを加えて、一緒にざるに取る。 【3】ホワイトソースを作る。 20cmぐらいの耐熱ボウルに1cm角に切ったバター(冷えたまま)を広げ入れ、小麦粉をふり入れて軽くまぶす。 ラップなしで電子レンジ(600W)で1分加熱する。 取り出して、泡立て器で30秒ほどしっかり混ぜる。 【4】【3】に牛乳200㏄を少しずつ(大さじ1~)加え、なじんできたら量を増やしながら全量混ぜる。 そのまま電子レンジで3分30秒~4分加熱し、取り出して泡立て器で混ぜる。 【A】と残りの牛乳を加えて滑らかになるまで混ぜる。 【5】ご飯に【2】としょうゆを加えて混ぜて耐熱の器に敷き、【1】、【4】、チーズをのせ、オーブントースターで焼き色がつくまで、5~8分焼く。 教えてくれたのは 青木恭子さん 小田真規子主宰のスタジオナッツ所属。 2つの保育園に7年間、栄養士として勤務。 0歳児の離乳食~5歳児の給食とおやつ作りを担当。 現在は、雑誌やWEBなどで活躍。 『ベビーブック』2014年7月号 【4】クリスマスカラーの野菜パスタ 子どもが大好きなパスタ。 ショートパスタなら食べやすく、取り分けもしやすくおすすめです。 【2】鍋に1. 5リットルの湯(分量外)を沸かして塩大さじ1を加え、パスタを袋の表示どおりにゆでる。 ゆで上がる3~4分前にブロッコリーを加え、一緒にざるにとる(ゆで汁は少しとっておく)。 【3】フライパンにオリーブ油少々とにんにくを入れて熱し、香りが立ったらベーコンを加えてサッと炒め、つぶしたトマトを混ぜる。 【2】のゆで汁をお玉の半量加えてとろりとするまで煮詰める。 【4】【2】のブロッコリーはボウルに入れてフォークでつぶし、缶汁をきったツナ、オリーブ油大さじ1を混ぜる。 【5】【2】のパスタ1種類ずつに【3】と【4】を混ぜ、器に盛ってカッテージチーズを散らす。 教えてくれたのは コウケンテツさん 料理研究家である母のアシスタント後、独立。 素材の味を生かしたヘルシーで作りやす いメニューが人気。 二児の父。 ベーコンは細切りにする。 ツナは缶汁を分けておく。 【2】米は洗って炊飯器に入れ、2合の目盛りまで水(分量外)を入れて、60ml減らす。 【A】とツナの缶汁を加えてひと混ぜする。 ツナ、水気を切ったひじき、ベーコンを入れて炊く。 【3】炊き上がったら蒸らして全体をよく混ぜ、1個分40~50gを取り分けて握る。 教えてくれたのは 関岡弘美さん 料理研究家。 出版社で料理雑誌の編集に携わった後、渡仏。 ル・コルドン・ブルーパリ本校にてグラン・ディプロムを取得。 2008年に帰国後は、雑誌やテレビ、広告、イベントなどで活躍。 おもてなし料理とワインの教室も主宰。 【2】小さめのフライパンを熱し、【1】の巻き終わりを下にして焼く。 巻き終わりがくっついたら、転がしながら焼く。 教えてくれたのは 市瀬悦子さん フードコーディネーター、料理研究家。 テーマは「おいしくて、作りやすい家庭料理」。 NHK Eテレ『クッキンアイドル アイ! マイ! まいん! (2013年3月で放送終了)の料理も監修。 とろっとした少しゆるめのソースに、白菜の甘みが引き立ちます。 マカロニは表示時間どおりにゆでる。 【2】鍋にバターを入れて中火にかけ、溶けてきたら白菜を加えてサッと混ぜ、ふたをし、火を弱めて5分ほど蒸し煮にする。 【3】【2】に小麦粉をまんべんなくふり入れて混ぜ、牛乳を加えて中火にし、混ぜながらとろみが出るまで加熱する。 マカロニとベーコンを加え、塩、こしょうで調味する。 教えてくれたのは 上田淳子さん ヨーロッパや日本のレストランなどで修業後、料理研究家として雑誌、書籍、テレビなどで活躍。 双子の男の子の母。 近著に『共働きごはん』(生活の友社)など。 『めばえ』2015年1月号 【2】ひと口ピザ ピザ生地はひと口サイズに作れば、切らずに食べられて手軽。 何ものせない生地に目玉焼きをのせる。 【2】こねる 【1】にオリーブ油を加えて、手でこねる。 まとまったら、30分ほどおく。 【3】のばす 【2】を2等分し、めん棒(または手)でそれぞれ直径25 ㎝ぐらいにのばす。 *生地は【2】の状態で冷凍保存できる。 ラップに包み、冷凍保存用袋に入れる 教えてくれたのは 鈴木 薫さん シンプルで、おいしくて、センスのいいレシピが人気。 双子の女の子、男の子の母。 『めばえ』2015年3月号 【3】野菜のかくれんぼグラタン 野菜が苦手…。 そんな子供には、細かく刻んで目くらまし! 表面をソースとチーズで覆えば、抵抗なく食べてくれます。 【2】マカロニは表示時間通りにゆでる。 途中でほうれん草とにんじんを加えてざるにとり、粗く刻む。 【3】フライパンにバターを熱し、【1】を炒め、【A】を加えて軽く煮、【2】を混ぜ、塩、こしょうで味を調える。 【4】耐熱容器に薄く油(分量外)を塗り、【3】を入れてチーズをのせ、トースターで約5分焦げ目がつくまで焼く。 教えてくれたのは 阪下 千恵さん 料理研究家、栄養士。 おいしくて、栄養バランスのいいレシピが人気。 二人の女の子のママ。 ベーコンは短冊切りに。 【2】ボウルに卵を割り入れ、牛乳を加えて混ぜる。 【3】耐熱用ココットにほうれん草を入れ、【2】を流し入れてベーコンとチーズをのせる。 ラップをかけずに、電子レンジ(600Wの場合)で2分30秒ほど加熱する。 教えてくれたのは 松尾みゆきさん 管理栄養士・料理研究家・フードコーディネーターとして、テレビや雑誌、書籍等、幅広く活躍。 自身も母として「食育」を実践している。 『めばえ』2016年5月号 【5】さつまいものミネストローネグラタン 野菜たっぷりのミネストローネをグラタン風にアレンジ。 にんじん、玉ねぎは1cm角に切る。 ベーコンは1cm幅に切る。 【2】鍋にサラダ油を熱し、中火でベーコン、玉ねぎ、にんじんを炒める。 しんなりしたら、にんにくを炒め、香りが立ったら水3カップ(分量外)、ホールトマト、砂糖を入れ、さつまいもを加えて煮立て、さらに5分ほど煮る。 塩で調味して耐熱皿に盛り、バゲット、ピザ用チーズをのせてオーブントースターで7~8分、表面がこんがりするまで焼いてから、粉チーズを振る。 教えてくれたのは コウ ケンテツさん 料理研究家。 旬の素材を生かした簡単&ヘルシー&おいしいメニューが評判で、テレビや雑誌、講演会など多方面で活躍。 1男1女のパパとして、食育や食を通してのコミュニケーション活動にも力を入れている。 『めばえ』2017年2月号 【6】とろ~りチーズリゾット 長いものシャキシャキした食感が絶妙。 5cm幅の斜め切りにする。 【2】ベーコンは粗みじんに切る。 長いもは皮をむいて叩いて粗くつぶす。 【3】鍋に【A】を入れて煮立て、酒、しょうゆ、【2】、ご飯、チーズを入れ、かき混ぜながらとろみが出るまで3~5分煮る。 【4】器に盛って、【1】をのせる。 教えてくれたのは 井澤由美子さん 旬の食材を使い、食べ合わせによる体への相乗効果を大切にしたレシピが人気。 食育にも力を注いでいる。 一児の母。 『ベビーブック』2015年5月号 厚切りベーコンレシピ 【1】イタリアントマト鍋 野菜の旨みがたっぷりのトマト鍋は、卵を入れれば子ども用のリゾットに。 5cm幅に、かぶはくし形に切る。 ブロッコリーとカリフラワーは小房に分ける。 にんにくは薄切りにする。 【2】 鍋にオリーブ油とにんにくを入れて火にかけ、香りが出たらベーコンを炒める。 【3】 【A】、残りの【1】、芽キャベツを加えて、野菜に火が通るまで煮、塩で味を調える。 大きめのお玉にご飯を入れ、鍋端に沈めて汁を入れて煮、溶き卵を加えて火が通るまでそのまま煮る。 器に盛り、鍋から具を取り分ける。 教えてくれたのは ほりえさちこさん 栄養士、フードコーディネーター、飾り巻き寿司インストラクター1 級。 男の子のママ。 育児経験を生かした簡単で栄養バランスのとれた料理やかわいいレシピが人気。 粗熱がとれたら皮をむいてボウルに入れ、フォークでつぶし、【A】を加えて混ぜる。 【2】玉ねぎは短く薄切りにし、きゅうりは5mm角に切り、塩をふる。 【3】ベーコンは5mm幅に切り、フライパンで炒める。 【4】【1】に、水けを絞った【2】、【3】、コーンを加えてよく混ぜる。 スプーンで一口大にまとめて器にリース状に盛り、星形に抜いてゆでたパプリカを飾る。 *お好みでベビーリーフを添えても。 教えてくれたのは 青木恭子さん 2つの保育園に7年間、栄養士として勤務。 0歳児の離乳食~5歳児の給食とおやつ作りを担当。 現在は、雑誌やWEBなどで活躍中。 小田真規子主宰のスタジオナッツ所属。 『めばえ』2014年12月号 【2】キャベツとじゃがいものポタージュ 定番具材にキャベツを加えて、いつものポタージュをちょっぴりイメチェン! 仕上げのコーンフレークが食感のポイントに。 玉ねぎは薄切り、ベーコンはみじん切りにする。 【2】オリーブ油を熱して【1】を炒め、【A】を加えてふたをし、野菜がやわらかくなるまで弱火で煮る。 【3】火を止めて粗熱をとり、ミキサーにかける。 鍋に戻して牛乳を加え、ひと煮立ちしたら、塩で味を調える。 【4】器に盛り、コーンフレークをのせる。 お玉の代わりに、すりこぎやフォークを使ってもOK。 【2】さらに、なめらかにするには、作り終わった最後に、ざるでこし、ざるに残った分をへらでつぶします。 教えてくれたのは ほりえさちこさん 栄養士、フードコーディネーター、飾り巻き寿司インストラクター1 級。 男の子のママ。 育児経験を生かした簡単で栄養バランスのとれた料理やかわいいレシピが人気。 『ベビーブック』2011年3月号 【3】そっくりオムライス(卵・乳製品・小麦なし) 卵や乳製品を除き、アレルギーにも対応したそっくりオムライス。 卵の替わりにじゃがいも&かぼちゃのマッシュでふんわり包みました。 4つに分けてラップに包み、一度丸めてから、ラップごと3~5mm厚さにのばす。 【2】【A】は細かく切り、オリーブ油を熱したフライパンで炒め、油が回ったら【B】を加えて煮詰める。 ご飯を加えて炒め合わせ、塩で味を調える。 【3】【2】をラップに包んで成形し、器に盛り、【1】を上からそっとかぶせる。 ラップで覆って形を整え、トマトケチャップを絞る。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 栄養士。 2人の女の子のママ。 「複数の食物アレルギーがある長女のために、家族みんなで食べておいしい料理作りを試行錯誤してきました。 その中から、ずっと作り続けている、わが家で人気のレシピを紹介します」 『ベビーブック』2011年4月号 【4】豆乳チャウダー 牛乳を豆乳に替え、旬の白菜をたっぷり使いました。 【2】白菜は2. 5cm角に切る。 じゃがいもは1. 5cm角に切り、水にさらして、水けをきる。 【3】鍋にサラダ油を中火で熱し、じゃがいもを2分炒め、小麦粉をふり入れて弱火にし、焦がさないように2分炒める。 【4】【3】に水を加えて中火で煮立て、【1】、白菜、塩、こしょうを加えて弱火で4分煮る。 豆乳を加えて沸騰させないように温める。 *沸騰すると分離しますが、味は変わりません。 お好みで、ミニトマトの角切りを散らしても。 教えてくれたのは 青木恭子さん 小田真規子主宰のスタジオナッツ所属。 2つの保育園に7年間、栄養士として勤務。 0歳児の離乳食~5歳児の給食とおやつ作りを担当。 現在は、雑誌やWEBなどで活躍。 『ベビーブック』2014年3月号.

次の

ベーコンチーズパン|レシピ|マルコメ

薄切りベーコン レシピ

プロの料理レシピサイト「E・レシピ」がご紹介する今日の夕食にオススメの献立は、 「グリーンアスパラとベーコンの卵チャーハン」 「絶品だれで!バンバンジーサラダ」 「あともう一品に!ズッキーニのカレー炒め」 「豆腐とエノキのピリ辛スープ」 の全4品。 グリーンアスパラは根元を切り落としハカマを取る。 太い部分のみ所々皮をむき、斜め薄切りにする。 ベーコンは幅5mmに、玉ネギは粗みじん切りにする。 熱したフライパンにバターをひき、グリーンアスパラ、ベーコン、玉ネギを強火で炒める。 グリーンアスパラに軽く焼き色がついたら一度取り出す。 1 のフライパンを強火にかけ、ゴマ油を入れて十分に熱し、溶いた卵を入れる。 軽くかき混ぜたらご飯を手早く合わせ、塩、粗びき黒コショウを振る。 卵はフンワリとします。 ご飯一粒一粒を卵でコーティングして、しっかりと焼きつけることでパラパラになります。 ある程度パラパラになったら 1 の具材を加えて炒め、仕上げにしょうゆを入れて炒める。 絶品のタレでキュウリやトマトもたくさん食べられます。 調理時間:10分 カロリー:254 Kcal レシピ制作:料理研究家、フードコーディネーター 吉田 朋美 材料(2人分) 鶏ささ身 3本 酒 少々 キュウリ 1本 トマト 2個 <ゴマダレ> 練り白ゴマ 大さじ1. 沸かしたお湯に酒を加え鶏ささ身を入れる。 3分ゆで、そのままお湯の中で粗熱を取る。 皿にキュウリとトマトを盛り付け、 1 の鶏ささ身を割いてのせる。 <ゴマダレ>の材料を混ぜてかける。 ズッキーニは薄く半月切りにし、玉ネギは薄切りにする。 熱したフライパンにオリーブ油をひき、ズッキーニと玉ネギを炒める。 カレー粉と顆粒スープの素を振り、塩と粗びき黒コショウで味を調える。 豆腐はさいの目に切る。 エノキは石づきを落として長さ半分に、ニラは長さ2cmに切る。 ショウガはみじん切りにする。 熱した鍋にゴマ油をひき、エノキとショウガを炒める。 コチュジャンとオイスターソースを加えて軽く炒め、水、中華スープの素、酒を入れて煮る。 豆腐とニラを加え、コショウを振る。

次の