英語 メール 書き出し。 英語メールの挨拶|件名から自己紹介までビジネスメールの書き出し方を例文付きで解説!

英語ビジネスメールの書き方|書き出しの挨拶など英文メールの定型文も紹介!

英語 メール 書き出し

目次 ||||||||||||||||||| 英文メールのページ• -書式、サンプルメール• -マナー、文法、注意事項など。• - 状況設定を読んでメールを書く練習をする講座です。• -構成理解は素早く問題を解くのに役立ちます。 「こんな表現も欲しい。 」などのご要望がございましたらご連絡ください。 アルスネット 土谷 Dear Mr. 男性も女性も関係なく使います。 Smith, などとすることも多いようです。 To whom this may concern, (誰またはどの部署がメールを受け取るかわからない場合など。 また、Dear をつけずに、John, と始めることもあります。 Yamashita-san, 日本人とのやりときに日本語の san を使う人もいます。 苗字を使う場合は性別により Mr. などを使い分けなくてはならないので、その点 san は男女両方に使えるので便利です。 通常のやりとりに使っても問題はないと思われますが、標準的なスタイルになったわけではないです。 (辞書によっては -san を紹介しています。 ) 初めての人にメールを書く場合は簡単な自己紹介から始めるほうが良いです。 どんな人からのメールか分かったほうが相手も安心できます。 基本的に商品の問い合わせなどの時は必要ないですが、自己紹介があると関連する情報をいろいろと送ってくれることもあるかもしれません。 私はABCの研究者です。 私はABCで〜の担当をしています。 私はABCで働いています。 ABC社で働いているというだけでは、どんな仕事をしている人かが分からないからです。 My name is Jane Hayashi and I am sending you my resume. 「私の名前はジェーン・ハヤシです。 履歴書を送信いたします。 」 I am Jim Momota, an engineer at JKL. 「私はジム・モモタです。 JKL の技術者です。 I am Dr. King and I specialize in ubiquitous technology. を使うことがあります。 このように紹介する人に対しては、Dr. をつけて呼ぶようにするとよいです。 知らない人に初めてメールをする際は、自己紹介や経緯の説明などからメールを始めると良いですが、知り合いにメールをするのに自己紹介は不自然です。 何か冒頭に挨拶を入れたいいう場合、以下のような表現を使うことができます。 How are you? 」 How are you doing in the new office? 」 I hope you enjoyed the winter holidays. I hope this email will find you well. /お元気でお過ごしのことと思います。 find をSVOC形で使っています。 I haven't seen you for a long time. 「お久しぶりです。 」のようなフォーマルな印象はないです。 Long time no see. 「お久しぶりです。 会話表現としては一般的ですが、もとはブロークンな表現ですので、状況に注意してください。 I am sorry for my delayed reply. 「お返事が遅くなりすみません。 」 The reason why I am writing this email to you is I'd like to ask some questions about 〜. 」 The reason why I am writing this email to you is I'd like to 〜. 」 I am emailing you because I'd like to 〜. このように書き初め、下書きが書けたら、より良い書き出し文を考えてみると良いです。 Attached is a report on the new product. 」 Attached please find specifications for the PMI project. 」 Please find attached the revised estimate for repairing the control unit. 」 I have attached a new catalog of our latest products. 」 Attached to this email, please find the revised contract. 「更新した契約書を添付いたしましたので、ご覧ください。 」 Attached is 〜. I have attached 〜. 「〜を同封しました」があります。 I have enclosed 〜. 」 Thank you very much for your email. 」 Thank you very much for your help. 」 Thank you very much for sending me the presentation file. 」 Thank you very much for sending me the book. 」 Thank you very much for helping me on the project. 」 Thank you for sending me the presentation file. とすることで、送信してくれたことに対する感謝と、受信確認の両方を伝えることができます。 I really appreciate your looking over my report. 」 We really appreciate your help. 」 感謝の文を冒頭の文としても使う。 感謝のメッセージはポジティブな響きで印象も良いですので、冒頭の文としても便利です。 お客様に出すさまざまメールや問い合わせに対する返信も Thank you... から始めることができます。 Thank you very much for your inquiry. 」 Thank you very much for your interest in our product. 」 Thank you very much for your patronage. 」 Please send me information on the product. 」 Please send me information on 〜. 」 Please send me more information on 〜. 」 Please send me the file. 」 Please send me your report as soon as possible. 」 Please send me the invoice by the end of the month. 」 Please send us the presentation file by Wednesday. 」 Please remit the application fee by Oct. 」 Please send us your technical proposal by July 5. 」 Please send me the itinerary by Jan. Please email me your resume. 」 Please email me your CV with a current photo. 」 Please send the samples to the following address. 「以下の住所にサンプルを送ってください。 」 Please let me ask some questions about the specifications of the product. 「製品の仕様についていくつか質問させてください。 」 Please let me ask some questions about 〜. 「〜についていくつか質問させてください。 」 I'd appreciate it if you could answer the following questions. (とても丁寧) 「以下の質問にお答えいただけるとありがたいです。 」 I'd like to know more about the software. 」 I am looking forward to finding out more about your research. (前向きな表現) 「あなたの研究について、もっと知ることを楽しみにしています。 」 I still haven't received your product. 」 I still haven't received the file. 」 I still haven't received your report. 」 I still haven't received information on your product. 」 I still haven't received 〜. 」 I still haven't received information on 〜. 」 I have yet to receive your application. 」 We have yet to receive your payment. 」 I received the file. 」 I received the package yesterday. 」 yesterday などいつ受けとったのかを伝えたい場合は過去形にします。 I have already received the file. いつ受け取ったかを述べる場合は過去形にします。 I received the file but I could not open it. Please send it again. もう一度送ってください。 」 Thank you for sending me the contract. 「契約書を送っていただきありがとうございます。 Thank you for sending me the invoice; however, I still have not received the products. 「請求書を送っていただきありがとうございます。 でも、まだ商品を受け取っていません。 と始めた場合は、I received... は不要です。 I sent money from a Japanese bank today. 」 We have already sent you the product. 」 I have already emailed you the information you requested. 」 I sent you the invoice today. 」 I emailed you the invoice yesterday. 」 I emailed you information on the product yesterday. 」 Have you received my email about the product? 」 Please contact me by the end of the month. 」 Please help us translate the report. 」 Please submit the report as soon as possible. 」 Please send us the invoice by Friday. 」 Please let me know if you can attend the sales meeting. 頼む内容によっては異なる表現のほうが良いこともあります。 It would be nice if you could pick me up at the airport. 」 It would be nice if you could 〜. 」より丁寧な表現です。 Let me know what you think about the plan. 」 Let me know if you can come pick me up at the airport. 」 Let me know if you can 〜. 」 Please let me know when is convenient for you. 」 Let me know if you have any trouble. 」 Please let me know if you can attend the meeting by 5:00 tomorrow. I was wondering if you could help me on the project. 」 I'd appreciate it if you could 〜. 」 It would be great if you could go over my report. Please feel free to ask me any questions. 」 Please ask me any questions you have about the product. 」 Please reply by 5:00 tomorrow. 」 Please reply as soon as possible. 」 Please give us your answer by May 14. 」 I would appreciate your prompt reply. I am looking forward to hearing from you. 」 I look forward to hearing from you. 」 I am looking forward to hearing from you soon. Hope to hear from you soon. 「すぐに返事をくれたらいいな。 友人やよく知っている人に対して使ってください。 Dear representative, などと始めた場合は結辞は Sincerely 系で良い。 ビジネスメールにも使える定型文・文例をいろいろと入れました。 リクエストがあれば文例を加えますのでご連絡ください。 のページでも紹介しています。 英文Eメールのページ• - 1999年から企業研修として英文メール添削講座を実施しています。 本講座では実際に英文メールを書いて学習します。 基本文法を基礎から学ぶ講座です。 印象に残りやすい例文でポイントを解説。 役立つコーヒーブレークや得点アップのポイントなども充実! ビジネスからプライベートまで、日本語のメールをもとに、平易でわかりやすい英文メールを作成(代筆)します。 ビジネスを初めあらゆる分野に対応、入札・工事関係書類の作成も行っています。 【添削講座】 状況シミュレーションでビジネス英文メールを書く練習をする講座です。 【DVD講座】 英語力アップのために不可欠な基礎文法からみっちり復習するビデオ講座です。 【ビジネス支援】 英語によるメール、ファックス、レター、facebook や twitter 用のコメントなどのコレスポンダンス業務を支援させていただきます。 --- ビジネスからパーソナルまで、ビジネスからプライベートまで、あらゆる種類の文に対応します。 平易でわかりやすい英文メールを日本語のメールをもとに作成(代筆)します。 日記やつぶやきなど、facebook や twitter 用のコメントにも対応! --- ビジネスを初めあらゆる分野に対応、 特に米軍基地内工事関係提出書類の翻訳を多く行っています。

次の

英語の「メールの書き出し」| カジュアルやビジネスに適用

英語 メール 書き出し

英語はとにかく 「簡潔に用件を述べる」のが暗黙のルールです。 日本語の場合、あいさつや相手への気遣いなど比較的長く書き出しを書きますが、英語の場合はあいさつをする場合はごく簡単に、基本的にはすぐに本題に入ります。 日本人は、なかなか慣れなくて日本的な書き出しをあれこれ考えてしまいがちですが、そのような気遣いは英語のメールでは好まれません。 特にアメリカなど海外では「効率」や「時間」を大切にする文化が多く、相手を気遣いつつもオブラートに包まず、相手に伝わりやすいような直接的な表現で伝えるのが原則です。 2.英語で「メールの書き出し」で大事な「宛名」 メールの本文の最初にはまず宛名を書きます。 宛名の基本形は 「Dear 名前,」です。 「Dear」は日本語に無理やり訳すと「親愛なる」ですが、手紙やメールを書く場合に宛名の前に書くものです。 知人や友人で、ファーストネームで呼び合う仲なら相手の ファーストネーム(名前)を入れればOKです。 基本の例としては「Dear Tom,」で、複数の場合は「Dear John, Mike, and Jessica,」として、このように、「and」で付け加えます。 多くの人に送る場合は「Dear All,」、または「Dear Everyone,」となります。 「All」と「Everyone」の最初の文字は大文字です。 知人でもそれほど親しくない場合、上司などの場合は ラストネーム(名字)で宛名を書きます。 お会いしたことがない場合も、役職などがわからない場合はラストネームでOKです。 2-1.男性の場合の「宛名」 送る相手が男性の場合は、「Dear Mr. ラストネーム,」が基本で、「Dear Mr. Jackson,」などとなります。 相手の名前も役職もわからない場合は、「Dear Sir,(複数形はSirs)」とします。 ビジネスのシーンでも使うものです。 2-2.女性の場合の「宛名」 相手が女性の場合は、「Dear Ms. ラストネーム,」となり、例として「Dear Ms. Williams,」などとなります。 「Miss. 」か「Mrs. 」、それとも「Ms. 」? 未婚女性は「Miss. 」で、既婚女性は「Mrs. 」と書くことも可能ですが、結婚しているか、していないかは個人的なことですし、間違って送ってしまった場合、相手に不快感を与えてしまう可能性もあるので「Ms. 」とするほうが無難です。 また、博士号を持っている人に送る場合は男女関わらず「Dr. 」をつけます。 男性と同様に、名前も分からない場合は、「Dear Madam,」とします。 また、相手の性別がわからない場合は、「Dear Sir or Madam,」と書きます。 2-3.名前が分からないビジネスメールの「宛名」 担当部署や担当者に送る時に、相手とは面識がなく担当者の名前がわからない場合は担当部署名、役職を宛名に記載します。 下記がその例となります。 万が一、メールを違う部署の人が開けたとしても、宛名で連絡を取りたい相手を明確にしておくことで、対応してほしい相手にメールの内容が伝わる可能性が非常に高くなります。 もし、担当部署や相手がわからない場合は、「To whom it may concern,(関係者殿)」のフレーズを使います。 2-4.カジュアルな「宛名」の表現 友達同士のメールの場合は簡単な書き出しで始める場合もあります。 「To ファーストネーム,」として、「To Mike,」など簡単に書きます。 「Dear」は少しかしこまった言い方なので、「To」を使って「マイクへ」と宛名を書いてもOKです。 ある程度関係性ができている人のみに使えます。 上司やビジネスパートナーなどには使いません。 宛名を記載せず、簡単なあいさつから始めるカジュアルなメールもあります。 Hello Sophia,• Hey Brian,• Hi William, どの場合も、ファーストネームのみ使えます。 ある程度仲がいい友達に送る場合に使える書き出しです。 3.英語の「メールの書き出し」厳選フレーズ 宛名の後の、メールの書き出しの文言は、いくつかのパターンがあります。 3-1.自己紹介での「メールの書き出し」 お会いしたことがない人で、メールのやりとりも一度もしたことがない場合には、簡単な自己紹介をします。 といっても、名前と部署や仕事など、すごく簡単な一文だけで十分です。 下記がその例となります。 My name is I am Yoko Suzuki and work at ABC Company. My name is I am Takeshi Sato and work at Customer Service of ABC Company. My name is I am Taro Ueda, a sales manager at ABC Company. I was introduced you by Mr. Tanaka of our company. 弊社の田中氏より紹介されました。 3-2.メールの目的を伝える「メールの書き出し」 メールの目的も書き出しで明らかにすることが多いのが英文メールの特徴です。 初めてのやり取りの場合、自己紹介を書いてその後に目的を伝えると相手にも内容が伝わりやすくなります。 日本語では結論は最後ですが、英語の文は結論を先に述べます。 メールでもその原則は変わりません。 We are interested in your products. I have some question about your new product. 3-3.感謝やお礼を伝える「メールの書き出し」 メールの書き出しのパターンとして多いのが感謝やお礼です。 メールへのお礼や、お会いした時の件に関するお礼など「ありがとう」と感謝をつたえます。 Thank you very much for your e-mail. Thank you for the reply. Thank you very much for sending us the package. Thank you very much for attending the conference held on last Monday. Thank you for visiting our store last week. Thank you very much for your purchasing on our online shop. Thank you for your opinion about our product. お礼を伝えたい場合はThank you very much の後に感謝したい内容を付け加えればOKです。 他にもこのような言い方もできます。 Many thanks for your inquiry. I really appreciate time you took to ~. 一度やり取りをしている方や、直近でお会いしている方の場合はお礼や感謝で始めると自然な形で本題を伝えることができます。 感謝の表現は他にも多くがありますが、『』の記事も参考にしてみて下さい。 3-4.お詫びの「メールの書き出し」 書き出しでお詫びをするパターンもあります。 メールの返信が遅れたことをお詫びする場合や、その他不手際のお詫びも書き出しでまずお詫びします。 返信が遅くなってしまった場合の例が下記となります。 We apologize for this late reply. I am sorry to be late in answering your email. I am sorry for my late reply as I was on summer vacation. 仲のいい友達などへのお詫びにはカジュアルなパターンでもOKです。 Sorry for not replying sooner. Sorry for my late reply. (ご迷惑をおかけしまして申し訳ございませんでした。 )」が基本形となります。 3-5.お知らせの「メールの書き出し」 採用試験の結果など、相手になにかお知らせするメールの場合に使える書き出しのお決まりのフレーズがあります。 良い知らせの場合は下記となります。 We are happy to inform you that ~. It is our pleasure to inform you ~. 残念な知らせのお決まりフレーズは下記です。 We are sorry to inform you that ~. I regret to inform you that ~. どちらでもないニュートラルな場合は、• This is to inform you that ~. This is just to let you know ~. This mail is to confirm ~. まとめ:「メールの書きだし」に使う英語は基本パターンを押さえるだけ! 英語のメールでは、書き出しはとても重要です。 わかりやすく、メールの主題がわかる書き出しから始めると、相手にも伝わりやすくシンプルなメールを書くことができます。 メールの書き出しをどうしたらいいかわからない場合はまずは、ここで紹介したフレーズをそのままコピーして使ってもOKです。 そこから、文末を少し変えたりアレンジして少しずつ自分の言葉で書けるように練習しましょう。 また、「書き出し」と同様に重要なのが、「件名」と「結び」の部分ですが、『』や『』の記事も参考にしてみて下さい。 更に、ネイティブが書くメールに近づいていきますよ。 」 あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか? また、英語をマスターした人だけが知っている 「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか? そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。 2つの資格とも一発取得です。 本来、英語は一番カンタンな言語です。 それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。 今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた 「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」を 無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。 ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。 これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。 短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。 机に30分も座れない・・・ テストは常に赤点(偏差値40)・・・ 英語とは無縁の人生だった・・・ そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、 正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。 興味がある方に、 今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。 このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

次の

英語ビジネスメールの書き方|書き出しの挨拶など英文メールの定型文も紹介!

英語 メール 書き出し

— ビジネスシーンで使える英語をもっと学びたい方は、ビジネス英語に特化したオンライン英会話を今すぐ体験! 1. 感謝を伝える お問合せや質問をいただいたことに対する感謝の気持ちを伝えましょう。 Thank you for contacting ABC Company. (ABC Companyへのご連絡ありがとうございます。 ) 相手があなたのメールに返信してくれたことに対する感謝は Thank you for your prompt reply (迅速な対応ありがとうございます。 ) Thank you for getting back to me (お返事ありがとうございます。 ) 感謝の気持ちを伝えることであなたの礼儀正しさが伝わりますよ。 要件を伝える メールの書き出しで、感謝の一文を添えるのが難しいときもあるかもしれません。 そんな時は要件を先に伝えてから本題に移りましょう。 I am writing to enquire about… (…についてお伺いしたいことがあります。 ) I am writing in reference to … (…の件でメールを送らせていただきました。 ) 忘れてはいけないのが、メールを受け取る相手はみんなメールを素早く読みたいということ。 メールの分は短く、かつ簡潔にしましょう。 結びのあいさつ メールを終わらせる前にもう一度感謝の気持ちを伝えましょう。 Thank you for your patience and cooperation (ご辛抱とご協力ありがとうございます。 ) Thank you for your consideration (ご検討よろしくお願いします。 ) I look forward to hearing from you (お返事お待ちしております。 いかがでしたか?5つのステップをおさえれば英語でビジネスメールが作成できます。 あなた自身、そしてあなたの会社のプロフェッショナルな印象を崩さないためにも、メールを送信する前にもう一度文法やスペル、時制のチェックをすれば完璧です!.

次の