地域 支援 体制 加算 2022 - 2022年度診療報酬改定 連携強化加算【調剤基本料】

体制 加算 支援 2022 地域 地域支援体制加算の区分確認フローについて

体制 加算 支援 2022 地域 【2022診療報酬改定】24時間対応加算の拡大など検討事項について

体制 加算 支援 2022 地域 2022年度診療報酬改定 地域支援体制加算【調剤基本料】

【4区分の地域支援体制加算】1:39点、2:47点、3:17点、4:39点

体制 加算 支援 2022 地域 地域支援体制加算について解説!

地域支援体制加算について解説!

体制 加算 支援 2022 地域 【4区分の地域支援体制加算】1:39点、2:47点、3:17点、4:39点

体制 加算 支援 2022 地域 Ⅲ-4-4-⑤|精神疾患を有する者の地域定着に向けた多職種による支援の評価の新設

体制 加算 支援 2022 地域 【4区分の地域支援体制加算】1:39点、2:47点、3:17点、4:39点

体制 加算 支援 2022 地域 地域支援体制加算(2020年4月〜2022年3月)│薬剤師の脳みそ

連携強化加算とは【2022年改定新設】

体制 加算 支援 2022 地域 Ⅲ-1-①|入退院支援の推進

体制 加算 支援 2022 地域 令和4年度 調剤報酬改定が覚えられません。。。

地域支援体制加算(2020年4月〜2022年3月)│薬剤師の脳みそ

また、 2 又は 3 の職員と、それぞれの連携機関の職員が年3回以上の頻度で面会し、情報の共有等を行っていること。 管理薬剤師は以下の要件をすべて満たす ・保険薬剤師として 5年以上の薬局勤務経験 ・ 週32時間以上勤務 ・当該保険薬局に継続して 1年以上在籍 8.

  • 19 当該地域において、 介護支援専門員 ケアマネージャー 、社会福祉士等の他の保健医療サービス及び福祉サービスとの連携調整を担当する者と連携すること。 (3)災害や新興感染症の発生時等に、都道府県等から医薬品の供給等について協力の要請があった場合には、地域の関係機関と連携し、必要な対応を行うこと 薬局・薬剤師業務の評価体系の見直し 第1 基本的な考え方 対物業務及び対人業務を適切に評価する観点から、薬局・薬剤師業務の評価体系について見直しを行う。 イ 精神看護関連領域に必要な理論及び保健医療福祉制度等の概要 ロ 精神症状の病因・病態、治療 ハ 精神看護関連領域における倫理的課題と対応方法 ニ 精神看護関連領域に関するアセスメントと援助技術 ホ 患者・家族の支援、関係調整 ヘ ケアの連携体制の構築(他職種・他機関との連携、社会資源の活用) ト ストレスマネジメント チ コンサルテーション方法 エ 実習により、事例に基づくアセスメントと精神看護関連領域に必要な看護実践を含むものであること。 また、 2 又は 3 の職員と、それぞれの連携機関の職員が年3回以上の頻度で対面 又はリアルタイムでの画像を介したコミュニケーション(ビデオ通話)が可能な機器を用いて面会し、情報の共有等を行っていること。 19 地域包括支援センターとの連携が明記 副作用報告に係る手順書 21 の副作用報告に係る手順書ですが、作成・体制を整えた上で、地域支援体制加算の届出と一緒に提出する必要があります。 4 当該届出を行う前6か月間において、健康保険法 大正11年法律第70号 第78条第1 項 同項を準用する場合を含む。 【24時間対応体制加算(訪問看護管理療養費)】 [算定要件] 2 特別地域 若しくは「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」の「別添3」の「別紙2」に掲げる医療を提供しているが医療資源の少ない地域に所在する訪問看護ステーション 又は業務継続計画を策定した上で自然災害等の発生に備えた地域の相互支援ネットワークに参画している訪問看護ステーションにおいては、2つの訪問看護ステーションが連携することによって 1 に規定する24時間対応体制加算に係る体制にあるものとして、地方厚生(支)局長に届け出た訪問看護ステーションの看護職員(准看護師を除く。 対面で行うことが原則であるが、保険薬局又は入院保険医療機関のいずれかが「基本診療料の施設基準等 及びその届出に関する手続きの取 扱いについて」(令和2年3月5日 保医発0305第2号)の別添3の別紙 2に掲げる医療を提供しているが 医療資源の少ない地域に属する場 合は、保険薬局の薬剤師が、ビデオ 通話が可能な機器を用いて共同指 導した場合でも算定可能である。 調剤基本料1 注1のただし書に該当する場合 : 調基特1 第 号• かかりつけ薬剤師指導料及びかかりつけ薬剤師包括管理料: か薬 第 号 (略)• (1薬局あたりの年間の回数) 1 麻薬小売業者の免許を受けていること 2 在宅患者薬剤管理の実績 12回以上 3 かかりつけ薬剤師指導料に係る届出を行っていること 4 服薬情報等提供料の実績 12回以上 5薬剤師認定制度認証機構が認証している研修認定制度等の研修認定を取得した保険薬剤師が地域の多職種と連携する会議に1回以上出席していること。 2 「特掲診療料の施設基準等」の各号に掲げる施設基準に係る届出を行おうとする保険医療機関又は保険薬局の開設者は、当該保険医療機関又は保険薬局の所在地の地方厚生 支 局長に対して、別添2の当該施設基準に係る届出書 届出書添付書類を含む。 なお、「診療内容又は診療報酬の請求に関し、不正又は不当な行為が認められた場合」とは、「保険医療機関及び保険医等の指導及び監査について」 平成12年5月31日保発第 105 号厚生省保険局長通知 に規定する監査要綱に基づき、戒告若しくは注意又はその他の処分を受けた場合をいうものとする。 表3 施設基準等の名称が変更されたが、令和2年3月31日において現に当該点数を算定していた保険医療機関であれば新たに届出が必要でないもの (略) 第88 調剤基本料 2 調剤基本料の施設基準に関する留意点 3 特定の保険医療機関に係る処方箋による調剤の割合は、特定の保険医療機関に係る処方箋の受付回数 同一保険医療機関から、歯科と歯科以外の処方箋を受け付けた場合は、それらを合計した回数とする。 区分00 調剤基本料 3 地域支援体制加算 地域支援体制加算は、かかりつけ薬剤師が機能を発揮し、地域医療に貢献する薬局の体制等を評価するものであり、調剤基本料の区分によらない共通の施設要件 一定の開局時間、在宅体制整備等 及び調剤基本料の区分により一定の差がある実績等を満たした上で必要な届出を行った場合に算定できる。 通知等の全文 第1節 調剤技術料 区分00 調剤基本料(処方箋の受付1回につき)• イ 地域支援体制加算1 39点 ロ 地域支援体制加算2 47点 ハ 地域支援体制加算3 17点 ニ 地域支援体制加算4 39点 [施設基準] 四 地域支援体制加算の施設基準 1 地域支援体制加算1の施設基準次のいずれにも該当する保険薬局 であること。 (変更部分は 赤字、その説明は 青字にしています) 地域支援体制加算に関する告示と通知 調剤点数表における調剤基本料(各種加算等含む)の内容です。 第十五 調剤 四 地域支援体制加算の施設基準 次のいずれかに該当する保険薬局であること。 3 地方厚生 支 局長に対して当該届出を行う時点において、厚生労働大臣の定める入院患者数の基準及び医師等の員数の基準並びに入院基本料の算定方法 平成 18 年厚生労働省告示第 104 号 に規定する基準のいずれかに該当している保険医療機関である場合。 2 「特掲診療料の施設基準等」の各号に掲げる施設基準に係る届出を行おうとする保険医療機関又は保険薬局の開設者は、当該保険医療機関又は保険薬局の所在地の地方厚生 支 局長に対して、別添2の当該施設基準に係る届出書 届出書添付書類を含む。 【通院精神療法】 [算定要件] (新設) [施設基準] 一の一の五 通院・在宅精神療法の注9に規定する施設基準 療養生活を継続するための支援を行うにつき十分な体制が確保されていること。 全く違うように見えますが、平成30年度改定の施設基準 2 〜 11 は調剤基本料によらない 共通の施設要件で、令和2年度改定では該当する内容はの方に記載されれいます。 [施設基準] (新設) 第47の7 通院・在宅精神療法 3 通院・在宅精神療法の療養生活継続支援加算の施設基準 1 当該保険医療機関内に、当該支援に専任の看護師又は専任の精神保健福祉士が1名以上勤務していること。 かかりつけ薬剤師指導料及びかかりつけ薬剤師包括管理料: か薬 第 号 受理されない場合の通知 不受理の場合。 ア~コ (略) 【入退院支援加算1及び2】 [算定要件] 2 入退院支援加算1にあっては、入退院支援及び地域連携業務に専従する職員(以下「入退院支援職員」という。 答 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律 昭和35年法律第145号 第68条の10第2項に基づく副作用報告について日本薬剤師会が作成した「薬局における医薬品・医療機器等安全性情報報告制度への取組みについて 実施手順等の作成のための手引き 」を参考にされたい。 また、保険医療機関及び保険薬局においても、保険医療機関及び保険医療養担当規則 昭和32年厚生省令第15号 、高齢者の医療の確保に関する法律の規定による療養の給付等の取扱い及び担当に関する基準 昭和58年厚生省告示第14号 及び保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則 昭和32年厚生省令第16号 の規定に基づき、院内の見やすい場所に届出内容の掲示を行うよう指導をするものであること。 第十五 調剤 四 地域支援体制加算の施設基準 次のいずれかに該当する保険薬局であること。 24 施設基準に適合するとの届出をした後は、 1 のアの イ の2、4及び 1 のイの イ の1から9までについては、前年3月1日から当年2月末日までの実績をもって施設基準の適合性を判断し、当年4月1日から翌年3月末日まで所定点数を算定できるものとする。 区分00 調剤基本料 3 地域支援体制加算 地域支援体制加算は、かかりつけ薬剤師が機能を発揮し、地域医療に貢献する薬局の体制等を評価するものであり、 調剤基本料の区分によらない共通の施設要件 一定の開局時間、在宅体制整備等 及び 調剤基本料の区分により一定の差がある実績等を満たした上で必要な届出を行った場合に算定できる。 3 地方厚生 支 局長に対して当該届出を行う時点において、厚生労働大臣の定める入院患者数の基準及び医師等の員数の基準並びに入院基本料の算定方法 平成 18 年厚生労働省告示第 104 号 に規定する基準のいずれかに該当している保険医療機関である場合。 (新) 連携強化加算(調剤基本料) 2点 [算定要件] 注5(地域支援体制加算)に該当する場合であって、別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険薬局において調剤を行った場合は、連携強化加算として、2点を更に所定点数に加算する。 かかりつけ薬剤師指導料 包括管理料 の算定回数 年40回以上 かかりつけ薬剤師指導料(包括管理料)の算定が薬剤師1人につき年に40回以上必要となります。 ロ イ にかかわらず、前年3月1日以降に新規に保険薬局に指定された薬局については、次のとおりとし、処方箋受付回数の実績が判断されるまでは、調剤基本料1に該当しているものとして取り扱う ただし、保険医療機関と不動産取引等その他の特別な関係を有しているものとして別添1の第90の1 1 から 4 までに該当する場合は、特別調剤基本料とする。 また、保険医療機関及び保険薬局においても、保険医療機関及び保険医療養担当規則 昭和32年厚生省令第15号 、高齢者の医療の確保に関する法律の規定による療養の給付等の取扱い及び担当に関する基準 昭和58年厚生省告示第14号 及び保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則 昭和32年厚生省令第16号 の規定に基づき、院内の見やすい場所に届出内容の掲示を行うよう指導をするものであること。 ・介護保険法第 115 条の 48 で規定され、市町村又は地域包括支援センター が主催する地域ケア会議 ・指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準(平成 11 年厚生 省令第 38 号)第 13 条第 9 号で規定され、介護支援専門員が主催するサー ビス担当者会議 ・地域の多職種が参加する退院時カンファレンス 調剤基本料1以外を算定している薬局 次に、調剤基本料1以外を算定している薬局です。 服薬情報提供料は別途算定不可) 調剤管理料 電子的保健医療情報活用加算:3点 オンライン資格確認システムを活用する保険薬局において調剤が行われた患者 患者に係る薬剤情報等を取得した上で調剤を行った場合に月1回に限り加算する。 4 地域支援体制加算4の施設基準 2 のロ並びに 3 のイ及びロに該当する保険薬局であること。 6 保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則 昭和32年厚生省令第16号 第7条の2に規定する後発医薬品 以下「後発医薬品」という。 施設基準 2022 より引用 四の二連携強化加算の施設基準 他の保険薬局等との連携により 非常時における対応につき必要な体制が整備されていること。.

  • 及び高齢者の医療の確保に関する法律 昭和 57 年法律第80号 以下「高齢者医療確保法」という。 調剤管理加算 複数の医療機関から6種類以上の内服薬が算定された患者が、薬局を初めて利用する場合又は2回目以降の利用において処方内容が変更された場合であって、当該患者が服用中の薬剤について必要な薬学的分析を行った場合の評価 ・初めて処方箋を持参した場合:3点 ・2回目以降に処方箋を持参した場合であって、処方内容の変更により薬剤の変更又は追加があった場合:3点 <施設基準> 重複投薬等の解消に係る取り組みの実績として、過去1年間に服用薬剤調整支援料を1回以上算定した実績を有している薬局であること。 調剤基本料1 注1のただし書に該当する場合 : 調基特1 第 号• 同一グループの保険薬局における処方箋の受付回数の合計が月に 40万回を超える又は同一グループの店舗数が 300 以上である薬局について、特定の保険医療機関からの処方箋受付割合が 85%以下の場合の評価を新設する。 2 当該届出を行う前6か月間において療担規則及び薬担規則並びに療担基準に基づき厚生労働大臣が定める掲示事項等 平成 18 年厚生労働省告示第 107 号 に違反したことがある保険医療機関又は保険薬局である場合。 5 届出に関する事項 1 (略) 2 令和4年3月31日時点で地域支援体制加算の施設基準に係る届出を行っている保険薬局については、「在宅患者に対する薬学的管理及び指導の実績」の要件を満たしていると届出を行っている保険薬局については、令和5年3月31日までの間に限り、「在宅患者に対する薬学的管理及び指導の実績」の基準を満たしているものとする。 2 1の 1 のアに規定する 調剤基本料1を算定する保険薬局の要件については、令和3年3月31日までの間に限り、なお従前の例による。 4 当該保険薬局は、原則として初回の処方箋受付時に 記載事項に変更があった場合はその都度 、当該担当者及び当該担当者と直接連絡がとれる連絡先電話番号等、緊急時の注意事項 近隣の保険薬局との連携により24時間調剤ができる体制を整備している保険薬局は、連携薬局の所在地、名称、連絡先電話番号等を含む。 調剤基本料3のロ(同一グル-プの保険薬局における処方箋の受付回数の合計が月に 40 万回を超える場合)の対象となる薬局に、同一グループの店舗数が 300 以上であって、特定の保険医療機関からの処方箋受付割合に係る要件について、85%を超える薬局を対象に追加する。 及び高齢者の医療の確保に関する法律 昭和 57 年法律第80号 以下「高齢者医療確保法」という。 なお、これに伴い、「疑義解釈資料の送付について その1 」 平成28年3月31日付け事務連絡 別添4の問12は廃止する。 別添4 問12 :調剤基本料の注3 所定点数の100分の50に相当する点数により算定 に該当する保険薬局は、基準調剤加算を算定することが可能か。 改定案 現行 【入退院支援加算1】 [算定要件] イ 一般病棟入院基本料等の場合 700点 ロ 療養病棟入院基本料等の場合 1,300点 【入退院支援加算1】 [算定要件] イ 一般病棟入院基本料等の場合 600点 ロ 療養病棟入院基本料等の場合 1,200点 【入退院支援加算1】 [施設基準] 4 転院又は退院体制等についてあらかじめ協議を行い、連携する保険医療機関、介護保険法に定める居宅サービス事業者、地域密着型サービス事業者、居宅介護支援事業者若しくは施設サービス事業者又は障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく指定特定相談支援事業者若しくは児童福祉法に基づく指定障害児相談支援事業者等(以下「連携機関」という。 4 地域支援体制加算4の施設基準 2 のロ並びに 3 のイ及びロに該当する保険薬局であること。 6 届出事項については、被保険者等の便宜に供するため、地方厚生 支 局において閲覧 ホー ムページへの掲載等を含む。 内服薬を調剤した場合(1剤につき) ・7日分以下の場合:4点 ・8日分以上14日分以下の場合:28点 ・15日分以上28日分以下の場合:50点 ・29日分以上の場合:60点 2 1以外の場合:4点 内服薬を調剤せず、調剤管理料1を算定しない場合は、調剤管理料2を算定します。 )以上が参加してお り、そのうち2者以上が入院保険医 療機関に赴き共同指導を行ってい る場合に、保険薬局の薬剤師が、ビ デオ通話が可能な機器を用いて共 同指導した場合でも算定可能である。 ハ 開設者の変更 親から子へ、個人形態から法人形態へ、有限会社から株式会社へ等 又は薬局の改築等の理由により医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律 昭和35年法律第145号 以下「医薬品医療機器等法」という。 なお、「診療内容又は診療報酬の請求に関し、不正又は不当な行為が認められた場合」とは、「保険医療機関及び保険医等の指導及び監査について」 平成12年5月31日保発第 105 号厚生省保険局長通知 に規定する監査要綱に基づき、戒告若しくは注意又はその他の処分を受けた場合をいうものとする。 改定案 現行 【入退院支援加算1及び2】 [算定要件] 2 入退院支援加算1にあっては、入退院支援及び地域連携業務に専従する職員(以下「入退院支援職員」という。 4 (略) 【24時間対応体制加算(訪問看護管理療養費)】 [算定要件] 2 特別地域又は「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」の「別添3」の「別紙2」に掲げる医療を提供しているが医療資源の少ない地域に所在する訪問看護ステーションにおいては、2つの訪問看護ステーションが連携することによって 1 に規定する24時間対応体制加算に係る体制にあるものとして、地方厚生(支)局長に届け出た訪問看護ステーションの看護職員(准看護師を除く。 2 当該届出を行う前6か月間において療担規則及び薬担規則並びに療担基準に基づき厚生労働大臣が定める掲示事項等 平成 18 年厚生労働省告示第 107 号 に違反したことがある保険医療機関又は保険薬局である場合。 24 施設基準に適合するとの届出をした後は、 1 のアの イ の2、4及び 1 のイの イ の1から9までについては、前年3月1日から当年2月末日までの実績をもって施設基準の適合性を判断し、当年4月1日から翌年3月末日まで所定点数を算定できるものとする。 4 当該届出を行う前6か月間において、健康保険法 大正11年法律第70号 第78条第1 項 同項を準用する場合を含む。 3 退院時共同指導料の共同指導は 対面で行うことが原則であるが、当 該患者に対する診療等を行う医療 関係職種等の3者(当該保険薬局の 薬剤師を含む。 [施設基準:告示第**号] 四 地域支援体制加算の施設基準 四 地域支援体制加算の施設基準 1 地域支援体制加算1の施設基準次のいずれにも該当する保険薬局 であること。 4 当該保険薬局は、原則として初回の処方箋受付時に 記載事項に変更があった場合はその都度 、当該担当者及び当該担当者と直接連絡がとれる連絡先電話番号等、緊急時の注意事項 近隣の保険薬局との連携により24時間調剤ができる体制を整備している保険薬局は、連携薬局の所在地、名称、連絡先電話番号等を含む。 第47の7 通院・在宅精神療法 (新設) 参考資料 原文はこちら.

  • 5 届出に関する事項 1 (略) 2 令和4年3月31日時点で地域支援体制加算の施設基準に係る届出を行っている保険薬局については、「在宅患者に対する薬学的管理及び指導の実績」の要件を満たしていると届出を行っている保険薬局については、令和5年3月31日までの間に限り、「在宅患者に対する薬学的管理及び指導の実績」の基準を満たしているものとする。 特掲診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて 2022 より引用 第 92 の2 連携強化加算 1 連携強化加算に関する施設基準 1 他の保険薬局等との連携に係る体制として、次に掲げる体制が整備されていること。 見直しが検討されている内容としては ・地域支援体制加算の算定要件の見直し ・調剤料(薬剤調製・取り揃え・監査業務)の評価を新設 ・薬剤服用歴管理指導料業務の評価を新設 ・服薬困難患者へ医師の了承を得たうえで一包化を推進したことに対する評価 ・後発医薬品調剤体制加算の評価見直し ・湿布薬処方に関して、理由を記載することなく処方できる枚数上限の見直し ・一定期間内に処方箋を反復利用できるリフィル処方箋の仕組みを設ける ・同一グループ全体の処方箋受付回数が多い薬局及び同一グループの店舗数が多い薬局に係る評価を見直す ・特別調剤基本料(敷地内薬局の基本料) 以下にその概要を記します。 6 届出事項については、被保険者等の便宜に供するため、地方厚生 支 局において閲覧 ホー ムページへの掲載等を含む。 改定案 現行 【通院精神療法】 [算定要件] 注9 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において、1を算定する患者であって、重点的な支援を要するものに対して、精神科を担当する医師の指示の下、看護師又は精神保健福祉士が、当該患者が地域生活を継続するための面接及び関係機関との連絡調整を行った場合に、療養生活継続支援加算として、初回算定日の属する月から起算して1年を限度として、月1回に限り350点を所定点数に加算する。 ・介護保険法第 115 条の 48 で規定され、市町村又は地域包括支援センター が主催する地域ケア会議 ・指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準(平成 11 年厚生 省令第 38 号)第 13 条第 9 号で規定され、介護支援専門員が主催するサー ビス担当者会議 ・地域の多職種が参加する退院時カンファレンス 共通要件 これまで、調剤基本料1を算定しているか、それ以外かで要件が違いましたが、ここからは 共通項目となります。 認定薬剤師が地域の他職種と連携する会議に出席 年1回以上 薬局あたり 上記の 4つを満たす事( 1〜3は必須) 1.




2022 nvcdn.answerstv.com