韓国 フッ 化 水素 その後。 フッ化水素輸出禁止で韓国なぜ困る?2019現在は?理由はコリアで高品質作れない!

ついに日本が報復?フッ化水素の輸出ストップ、韓国の半導体業界に緊張走る|レコードチャイナ

韓国 フッ 化 水素 その後

2018年11月8日、韓国・電子新聞は「日本政府が韓国に輸出される半導体製造用フッ化水素の一部を承認しないという事態が発生した」とし、「韓国の半導体業界に緊張が走っている」と伝えた。 記事によると、フッ化水素は最近、原料の供給が減り需給が厳しくなる「供給難」に直面していた。 そのため韓国の半導体業界では、日本政府が承認を拒否した背景に注目が集まっているという。 業界の話によると、日本で最近、ある企業のフッ化水素輸出申請が承認されない事態が発生した。 同企業のフッ化水素は、サムスン電子やSKハイニックスなど韓国の半導体製造企業に供給される予定だった。 フッ化水素は戦略物質に分類されるため、輸出・輸入するには当局の事前承認が必要となる。 日本政府が輸出承認を拒否した理由は確認されていないという。 これに業界は敏感に反応しているというが、その理由はフッ化水素の需給状況が不安定なため。 昨年も厳しい状態が続いていたが今年に入り状況はさらに悪化し、フッ化水素の価格は50%近くも上昇した。 フッ化水素の不足は半導体製造に大きな影響を及ぼすため、業界は「超緊張状態」に陥っているという。 この事態を受け、サムスン電子とSKハイニックスの購買チームは すでに韓国内の他のフッ化水素輸入企業に在庫を確認するなど、在庫確保に向け動いているという。 半導体用のフッ化水素は高い純度が必要とされるため、森田化学工業やステラケミファなどの日本企業が独占生産している。 日本企業が供給を中止すれば、韓国の半導体工場は稼働できなくなる可能性もあるという。 いかそ.

次の

韓国経済、【国産化成功とは何だったのか】韓国のフッ化水素、日本からの8月の輸入量がゼロに 代わりに台湾の輸入量が6倍に増加

韓国 フッ 化 水素 その後

2018年11月8日、韓国・電子新聞は「日本政府が韓国に輸出される半導体製造用フッ化水素の一部を承認しないという事態が発生した」とし、「韓国の半導体業界に緊張が走っている」と伝えた。 記事によると、フッ化水素は最近、原料の供給が減り需給が厳しくなる「供給難」に直面していた。 そのため韓国の半導体業界では、日本政府が承認を拒否した背景に注目が集まっているという。 業界の話によると、日本で最近、ある企業のフッ化水素輸出申請が承認されない事態が発生した。 同企業のフッ化水素は、サムスン電子やSKハイニックスなど韓国の半導体製造企業に供給される予定だった。 フッ化水素は戦略物質に分類されるため、輸出・輸入するには当局の事前承認が必要となる。 日本政府が輸出承認を拒否した理由は確認されていないという。 これに業界は敏感に反応しているというが、その理由はフッ化水素の需給状況が不安定なため。 昨年も厳しい状態が続いていたが今年に入り状況はさらに悪化し、フッ化水素の価格は50%近くも上昇した。 フッ化水素の不足は半導体製造に大きな影響を及ぼすため、業界は「超緊張状態」に陥っているという。 この事態を受け、サムスン電子とSKハイニックスの購買チームは すでに韓国内の他のフッ化水素輸入企業に在庫を確認するなど、在庫確保に向け動いているという。 半導体用のフッ化水素は高い純度が必要とされるため、森田化学工業やステラケミファなどの日本企業が独占生産している。 日本企業が供給を中止すれば、韓国の半導体工場は稼働できなくなる可能性もあるという。 いかそ.

次の

日韓経済戦争が本格化、日本に対する韓国人の「怒り」と「羨望」|レコードチャイナ

韓国 フッ 化 水素 その後

29日、韓国メディア・韓国日報は、日本の輸出規制強化措置をきっかけに「日韓経済戦争」が本格化する中、韓国の国内産業の現場には日本に対する「怒り」と「羨望」が混在していると報じた。 写真はソウル。 2019年8月29日、メディア・韓国日報は、日本の輸出規制強化措置をきっかけに「日韓経済戦争」が本格化する中、韓国の国内産業の現場には日本に対する「怒り」と「羨望」が混在していると報じた。 両国の強固な産業協力システムを一方的に崩したことに対し激怒する声が上がる一方で、これを果敢に打ち壊せる日本の自信とその裏にある強固な技術力に羨望(せんぼう)のまなざしが向けられているという。 記事によると、韓国の業界が注目しているのは「隙間市場1位の戦略」だ。 日本人特有の職人精神、つまり一つの分野を掘り下げて磨き、結果を生み出す企業文化があると分析している。 その代表例としてはフォトレジストを生産するJRSや、世界的なフッ化水素生産会社のステラケミファ、最先端素材事業に強い日東電工、セラミックコンデンサー市場を牛耳る村田製作所、炭素繊維業界の東レが挙げられている。 さらに「日本政府のあらん限りの支援も大きな役割を果たしている」と指摘されているという。 記事は日本政府が「1993年3月にものづくり基盤技術振興基本法を公布して以来、現在までものづくり政策を持続的に推進している」とし、「一つの企業を支援するにとどまらず、技術開発のロードマップを作り大企業と中小企業が共同参加できるように道を開くなど、素材部品メーカー各社が世界市場で競争力をつけることができるよう産業生態系を作ることが日本政府の主要な役割」と伝えている。 これを受け、韓国のネット上では「韓国は事務職優先で技術職は軽視」「韓国の大企業は反省しなきゃ。 パパっと工場を造って大きくしようとする根性、そして納品業者から搾取しようとするチンピラ根性は改善すべき」「(熱しやすく冷めやすい)鍋根性を捨てよう。 遅かったと怖気づかないで少し大変でも韓国人の力を見せつけるべき。 国産化できるよ」「日本のこういう精神は学ぶべき。 韓国政府と大企業は目先の利益ばかり追わずに中小企業の強化育成に力を使ってほしい」など韓国企業の弱点と対策に関するコメントが相次いで寄せられている。 その他「確かに日本の強みでもあるけど、一カ所に集中し過ぎて総合的なトレンドを逃したことが今の日本の危機をもたらしたという分析もある。 半導体や家電、造船業がその例。 細かく深く見るのも大切、視野を広げるのも大切」と分析したり、「日本の技術なしに100%国産の完成品を作るのは難しい。 在庫がなくなって下落する企業も出てくるはず」と展望したりするユーザーが見られた。

次の