物語シリーズセカンドシーズン スロット やめどき。 スロット物語セカンドシーズン(化物語2)|スペック・解析情報

スロット物語セカンドシーズン(化物語2)|スペック・解析情報

物語シリーズセカンドシーズン スロット やめどき

朝一の挙動 *現在調査中 有利区間ランプ *リセット判別には使えません リセット後の恩恵 *現在調査中 リセット判別 ガックンでのリセット判別が有効 通常時は有利区間ランプが消えているので、ランプでのリセット判別はできません。 その代わりガックンは有効なので、1ゲーム回せばほぼ判別できます。 リールが劣化している場合は判別不可となるケースあり 天井期待値 *設定1、AT終了後即やめ *ゾーン期待度・初当り期待枚数は実戦値を元に算出 *AT中の平均純増は2. 2 97. 8 調査中 98. 9 101. 9 105. 2 109. 8 112. 周期開始時は物語ステージに滞在。 物語ステージ消化後は日常パートへ移行。 滞在中は成立役でCZ抽選。 戦場ヶ原ひたぎが選択ヒロインならチャンス周期。 忍モード チェリー成立時に移行抽選。 忍の演出が頻出すれば滞在に期待。 滞在中はレア役成立でAT直撃のチャンス。 CZ「結末ノ儀」 15Gor30G+3Gor当選まで継続。 消化中の怪異図柄停止はAT当選のチャンス。 成功でAT「傾物語」当選。 ATスペック AT「傾物語」 純増2. キスショットバトル勝利で倖時間SSへ。 AT「倖時間SS」 純増2. 枚数上乗せ特化ゾーンからスタート。 超 倍倍チャンス 倖時間SS開始時・AT中のレア役の一部で突入。 配当と倍率の保留を獲得して上乗せ抽選。 超倍倍チャンスなら上乗せ性能大幅アップ。 ボーナス 30G継続。 全役でAT枚数抽選。 1回あたりの最大上乗せは300枚。 スペシャルAT「あとがたり」 1セット100枚、継続率管理。 突入時点でAT完走確定。 なぜ、時間がないサラリーマンでも 毎月何万円も稼ぐことが出来るのか? たくさんの副業に取り組んできた、僕があなたに合った副業を紹介します。 100万円以上投資して得たスキルと実践で得たテクニックを 超初心者の方でもすぐに実践出来るよう噛み砕いて解説しています。 僕からのメールを何通か読み終わるころには、あなたも、 自分に合った副業に出会う事ができるようになるはずです。 これから副業を始めようかなという人はもちろん 既に本格的に始めているあなたも大歓迎です! 読者皆さんが様々な事で、個人で稼げる能力をつける事が出来たら嬉しいですね。

次の

【物語シリーズ セカンドシーズン】天井期待値・ゾーン・設定狙い・やめどき・勝ち方・攻略

物語シリーズセカンドシーズン スロット やめどき

傾物語「直撃」の見分け方 天井で傾物語に当選した場合は必ず「結末ノ儀」を経由。 経由せずに傾物語が告知された場合は直撃当たりと判断してOK。 天井減算高確率 有利区間突入時は天井ゲーム数減算のチャンス。 天井減算高確率の滞在保障ゲーム数は以下のとおり。 30G……69. 5 右下りのスイカ・共通ベル・通常時の10枚ベルの出現率に設定差アリ。 スイカの取りこぼしや、数えるべきベルの判別が難しいがマイスロを使うとカウントしてくれるのでオススメ。 怪異図柄が1つ停止で強チェリー、2つ停止で超強チェリー。 ベルが下段で揃った場合は強ベルとなる。 スイカ否定でスベリチャンス目。 スイカ否定でスベリチャンス目。 下段にベルが揃えば強ベル。

次の

物語シリーズ セカンドシーズン【フリーズ 中チェ 完走】解析

物語シリーズセカンドシーズン スロット やめどき

ボーナス• AT「倖時間SS」• 蕩れモード開始+倍々チャンス 今作のフリーズ「 高マリノ刻」はリールロック3段階から発生します。 0と重めですが、他の6号機と比べると出現しやすい方だと感じますね。 恩恵は、• ボーナス• AT「倖時間SS」• 蕩れモード開始+倍々チャンス となっています。 前作の「」のフリーズの恩恵が、• 白7ボーナス• AT「倖時間」 だったので出現率が重くなったかわりに、ちょっと恩恵もプラスされたみたいですね。 *5号機と6号機を比べている時点で野暮です 高マリノ刻経由時のボーナスは上乗せ性能が一番高いボーナスとなるので、ここでどれだけ上乗せできるかが完走の鍵かもしれないですね! 導入日未定• 2020年8月17日• 2020年8月3日• 2020年7月20日• 2020年7月6日• 2020年6月15日• 2020年5月18日• 2020年5月11日• 2020年4月20日• 2020年4月6日• 2020年3月23日• 2020年3月16日• 2020年3月2日• 2020年2月25日• 2020年2月17日• 2020年2月3日• 2020年1月20日• 2020年1月6日• 2019年12月09日• 2019年12月02日•

次の