シャオミ mi9t pro。 Xiaomi Mi 9 Pro 5Gのスペックまとめ、対応バンド、価格

Xiaomi Mi 9TとMi 9T Proの違いはコレだ!画質重視の人は要注意。

シャオミ mi9t pro

png ガルマックスの猶木 ナオキ です。 【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。 スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。 製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。 garumax. jpg Xiaomi Mi 9T Proのスペック、対応バンド、価格、特徴!• 最終更新日:2020年01月30日• 2019年8月31日:最新の割引情報を追加しました!記事の最後に限定クーポンを掲載しています! まだ発売などの予定は立っていないみたいです。 処理性能は変わらないのですが、先発で発売済み。 価格重視なら値下がっているXiaomi Mi 9もオススメ。 7mm 横幅:74. 3mm 厚さ:8. 8mm 重さ 191g 本体色 Midnight Black、Sapphire Blue、Icelandic white システム仕様 OS Android 9. 75 オートフォーカス 4 in 1(12MP、1. 4 [8MP] OV8856 PXサイズ 1. 2 PXサイズ0. 7万円)〜となっています。 Xiaomi Mi 9T Proの価格は現時点で不明です。 Xiaomi Redmi K20のグローバルモデルであるので、Xiaomi Mi 9T Proの価格が判明するのも近そう。 Xiaomi Mi 9T Proの発売状況 2019年8月21日追記:グローバルモデルがヨーロッパで発表されました。 発売国はヨーロッパほか、香港、台湾、インドネシアなど複数の国が公式サイトで明記されているので、近いうちに各ネットショップで発売開始するはずです。 Xiaomi Mi 9T ProはXiaomi Redmi K20 Proのグローバルモデルとして登場すると噂されていましたが、海外ネットショップで(Pro無しのXiaomi Redmi K20のグローバルモデル)が登場したことによりグローバルモデルがXiaomi MI 9T系統であることが確定しています。 まだXiaomi Mi 9T Proは現時点で海外ネットショップでの取扱を確認できていませんが近い内に登場するでしょう。 Xiaomi Mi 9T ProのAnTuTuベンチマークをチェック まだXiaomi Mi 9T Pro実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、搭載される予定の「Snapdragon 855」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。 Snapdragon 855のベンチマーク的には最上位クラスの性能。 Xiaomi Mi 9T ProならWEB閲覧や動画視聴、LINEやメール、SNSなど一般的な使い方だけでなく、リッチな描写のゲームも非常に快適にプレイできる性能の高さを誇るので、ゲーミング用途で選んでもOKな性能です。 今後リリースされるであろうリッチゲームを快適にプレイしたいってゲーマーの方もこの性能帯の端末がオススメ。 Xiaomi Mi 9T Proは搭載するSnapdragon 855の性能的に性能の心配をする必要はありません。 2万点 GPU 約15. 7万点 総合 約16. 5万点 GPU 約4. 7万点 総合 約13. 5万点 GPU 約2. 9万点 総合 約8. 6万点 GPU 約1. 8万点 総合 約7. 1万点 GPU 約1. Xiaomi Mi 9T Proの対応バンドは以下。 また、3Gも山岳地帯や農村地区をカバーするFOMAプラスエリアのバンド6には対応していません。 Xiaomi Mi 9T Proはドコモ回線で利用する複数のバンドに対応していますが、ドコモが販売する端末よりエリアが狭くなったり圏外率が高くなる可能性があります。 Xiaomi Mi 9T Proのソフトバンク回線、ワイモバイル回線の対応状況 ソフトバンクとワイモバイルは同じ回線を利用しているので合わせて紹介。 Xiaomi Mi 9T ProのLTEは主力のバンド1、補助バンドの3、プラチナバンドの8に対応。 3Gも通信に必要なバンド1および8に対応しています。 対応していれば尚良なTDD-LTEのバンド41は対応していないので、イベントなどの超混雑場所では 稀にバンド41に対応している端末より通信速度が僅かに遅くなる可能性があります。 プラチナバンドを含む主力必須バンドはすべて対応しているので、Xiaomi Mi 9T Proはソフトバンク回線やワイモバイル回線で比較的快適に通信できる対応バンド構成となっています。 ワイモバイル回線やソフトバンク回線を利用する格安SIMを利用している方は気にしなくて良いのですが、 ソフトバンク純正のAndroid SIMを利用している方は注意が必要です。 ソフトバンクでAndroid端末を購入した時に付属するSIMはAndroid用SIMで、SIMと端末が紐づけされています。 このため、異なるAndroid端末での利用は通信できない制限が発生する場合があります。 Android SIMを利用している方はソフトバンクショップで機種変更手続きが必要ですが、その際に技適の確認が有るみたいです。 海外でXiaomi Mi 9T Proをソフトバンクのローミングサービスで利用したいと考えている方は、購入前にソフトバンクショップで相談してみましょう。 Xiaomi Mi 9T Proのau回線対応状況 Xiaomi Mi 9T Proは通話もデータもLTEを利用するau VoLTE SIMで必須となるバンドに対応していないので非対応です。 Xiaomi Redmi K20 Proより少々値上がりする可能性がありますが、それでも安価であることには変わりません。 Xiaomi Mi 9T Proではダブルターボモードを搭載しており、タップ応答が早くなるなど ゲームをプレイする際に様々な最適化を施してくれます。 CPU温度の軽減度合いもゲーミングモデルを上回り、 約8度も熱が下がるとしています。 画面欠けがなく、91. 9%という驚愕の画面占有率を誇ります。 39型。 SamsungのAMOLEDパネル(有機EL)を搭載することで、発色だけでなく黒色の沈み方も液晶とは桁違いの美しさで映像を堪能出来る仕様も魅力的。 レッドとブルーは炎パターンのグラフィック、ブラックカラーはカーボンっぽいデザイン。 背面デザインは非常に個性的ですが凄くカッコいいのでカラー選びに凄く悩んでしまいそうです。 このセンサーは第7世代の最新式。 すでに画面内蔵指紋センサーは第5世代あたりで完成の域に達していたのですが、 Xiaomi Mi 9T Proの画面内蔵指紋センサーは精度・速度共に更に向上しています。 状況によりけりですが、高層ビルなどが立ち並ぶ場所でも高精度に位置表示できるポテンシャルを秘めています。 なので、後から一部を拡大してリサイズしても精細差を保つことが可能。 「もう少し引いて撮影したい」と思う大きな建造物撮影や広大な風景、集合写真の撮影に重宝するカメラです。 巨大センサー加えAIを用いることで 光を多く取り込めない夜間撮影でもノイズの少ないクリアな撮影を楽しめる仕様となっています。 しかも、1080Pの解像度で960FPSスーパースロー撮影に対応しちゃってます。 30万回もの耐久テストをクリアするほか、機能面ではカメラの周囲にライトが搭載されます。 端末を左右に動かすだけで超高精細な自撮りパノラマを撮影可能です。 しかも、非常に細かく部分的に加工できるんだとか。 27W充電に対応 Xiaomi Mi 9T Proのバッテリー搭載量は 4000mAh。 一般的なスマートフォンの平均バッテリー容量が3000mAh前後なので、 Xiaomi Mi 9T Proのバッテリーは大容量な部類です。 また、充電は27Wの超超急速充電に対応しているので、短時間でより多くのバッテリーを充電できる仕様。 大容量バッテリー搭載モデルなのですばやく充電できる仕様は嬉しいポイントですね。 Google非対応など扱いやすさはグローバルモデルに劣りますが価格が安い。 玄人向け。 Xiaomi Mi 9T Proより安価に手に入る可能性が高い。 Xiaomi Redmi K20なので中国市場モデル。 玄人向けですが価格が安い。 Xiaomi Mi 9T Proの弟分で日本語やGoogleサービスに対応している。

次の

Xiaomi Mi 9Tのスペックまとめ、対応バンド、価格

シャオミ mi9t pro

Xiaomiがリリースした。 『Xiaomi Mi 9』『Xiaomi Mi 9T』『Redmi K20 Pro』という3モデル。 Mi 9はXiaomiがはじめてトリプルレンズカメラとSnapdragon 855を採用した、同ブランドを代表するフラッグシップモデルです。 K20 Proは最近サブブランドの『Redmi』からリリースされ、Xiaomi初のフリップカメラが搭載され、ディスプレイは全画面タイプの有機ELに。 いま最も勢いのあるフラッグシップモデルの一つです。 Mi 9TはK20 Proの下位モデルとなる『K20』の別名称。 ミッドレンジになるので、他の2モデルと比較するとスペック的にやや劣ります。 3つのモデルに共通しているのは、トリプルレンズカメラを搭載しているということ。 カメラセンサーはSONYの『IMX 582』『586』と2種類有りますが、2つのセンサーの違いは4K動画撮影時のfpsのみなので、基本的に写真に及ぼす影響はありません。 カメラの詳細なスペックは以下の通りです。 モデル Redmi K20 Pro Xiaomi Mi 9 Xiaomi Mi 9T メインレンズ 48MPソニーIMX 586、0. 75 48MPソニーIMX 586、0. 75 48MPソニーIMX 582、0. 75 ズームレンズ 8MP、1. 4 12MP、1. 2 8MP、1. 4 広角レンズ 13MP、1. 4 16MP、1. 2 13MP、1. 4 セルフカメラ 20MP、0. 2 20MP、0. 0 20MP、0. 2 恐らく同じXiaomiのアルゴリズムとソフトウェアが使われている、トリプルレンズカメラを搭載したスマートフォン。 同じ条件下で撮影された画像を比較し、どれほど違うのかを確認したいと思います。 撮影条件:夕刻の高層ビル Xiaomi Mi 9 Redmi K20 Pro Xiaomi Mi 9T 夕刻の柔らかい太陽を利用した高層ビルの撮影画像は、3つのカメラがどれだけディティールを詳細に捉えられるかを確認することが出来ます。 Mi 9TとK20 Proが比較的近い、ディティールのはっきりした画質なのに対し、Mi 9はややシャープさにかける印象に。 言い方を変えれば、Mi 9TとK20 ProはややHDRっぽく、Mi 9は自然な雰囲気です。 撮影条件:光と影がハッキリとした場所 Xiaomi Mi 9 Redmi K 20Pro Xiaomi 9T 光と影が交錯するような撮影条件下では、それぞれのカメラの測光の仕方や被写体への光の当たり方、ダイナミックレンジの広さを知る事が出来ます。 3枚とも比較的同じような描写ですが、一番自然に写せているのはMi 9のカメラです。 K20 ProとMi 9Tはややコントラストがきつめなイメージ。 HDR気味にくっきり撮りたい時はK20 ProかMi 9T。 人の肌などを自然に撮りたい時はMi 9といったところか。 同じ場所をナイトモードで撮影した場合 Xiaomi Mi 9 Redmi K 20Pro Xiaomi Mi 9T ナイトモードで撮影すると日影の部分が一気に明るくなります。 まるで全体に光が射しているかの様です。 Mi 9は光が入り過ぎず自然かつくっきりとした描写。 K20 ProはナイトモードにするとMi 9の画質に近づいたイメージです。 Mi 9Tは明るさが増した分シャープさやコントラストがやや弱めか。 ズーム設定で撮影した場合 『Xiaomi Mi 9』『Xiaomi Mi 9T』『Redmi K20 Pro』ともに光学2倍ズームレンズを装備しています。 ただし、Mi 9はズームレンズが1200万画素で、他の2モデルは800画像万画素とやや差があります。 逆に画素ピッチはMi 9が1. 解像度と画素ピッチの差が画質にどう表れるかに注目です。 画像は等倍、光学2倍、デジタルズーム10倍の設定で撮影されています。 Xiaomi Mi 9(等倍) Redmi K20 Pro(等倍) Xiaomi Mi 9T(等倍) 等倍撮影時においてはMi 9とMi 9Tの色味や画質がかなり近いイメージに。 しかし画質が良いのはK20 Proです。 空の色味、ビルへの光の当たり方、立体感などが他の2モデルに勝っています。 色味においても結構差が出るものですね。 Xiaomi Mi 9(光学 2倍) Redmi K20 Pro(光学 2倍) Xiaomi Mi 9T(光学 2倍) 光学2倍ズーム時は3モデルとも空の色が違うという恐ろしい結果に。 同じXiaomi端末じゃないの!?Mi 9とMi 9Tは色味さえ違えど、ビルの中の光の捉え方は近いです。 どちらのモデルもわずかな光を絶妙に捉えています。 逆にK20 Proは光の量が少なく、少しビル自体が少し暗めに。 色味は一番良いだけに惜しい一枚。 ビルのディティールの細かさでは、やはり解像度が一番高いMi 9が一歩リード。 Xiaomi Mi 9(デジタルズーム 10倍) Redmi K20 Pro(デジタルズーム 10倍) Xiaomi Mi 9T(デジタルズーム 10倍) デジタルズームではやはり歴然とした差が出てしまったのはMi 9とMi 9T。 Mi 9Tの画像は劣化がかなり目立ち、ザラザラした印象に。 Mi 9はデジタル10倍ズーム時でもシャープな描写です。 健闘しているのはK20 PRo。 ややザラつきは見られるものの、美しい色味は維持し、光の捉え方もバランスがとれています。 広角設定で撮影した場合 『Xiaomi Mi 9』『Xiaomi Mi 9T』『Redmi K20 Pro』ともに広角レンズ搭載。 ズームレンズと同様に、Mi 9は広角レンズが1600万画素と高解像度。 残り2モデルは1300万画素。 ただし画素ピッチはMi 9が1. Xiaomi Mi 9(広角レンズ) Redmi K20 Pro(広角レンズ) Xiaomi Mi 9T(広角レンズ) K20 ProとMi 9Tは画角が広いです。 そして画質の細かさで言えばやはり高解像度のMi 9がリードしているカタチに。 グラデーションも一番綺麗に出ています。 広角は解像度高目の方が、撮る被写体によっては有利です。 今回のようにディティールがかなり細かめの場合はそれが顕著に。 しかしRedmi K20 ProとMi 9Tは広めに撮れるという利点があるのと、画質のクオリティで言えば十分すぎるレベルの高さ。 『Xiaomi Mi 9』『Xiaomi Mi 9T』『Redmi K20 Pro』のカメラ画質を比較してみて 撮るシーンによってかなり異なった描写を見せた3モデル。 同じXiaomi端末ながら、それが一つの個性として捉えられ、面白くも感じました。 個人的に好きだと感じたのはやはりカメラとしての性能が一歩リードしている『Xiaomi Mi 9』。 少し淡泊な色合いの時もありましたが、そういった時は調整するか、HDRをかけてあげれば解決出来るのかなと。 最も、『Xiaomi Mi 9T』『Redmi K20 Pro』はポップアップカメラの搭載や価格だったりと、画質以外の武器もあり。 どの部分を優先してスマートフォンを選ぶかですね! 一番好きな画質はどのスマホ? 『Xiaomi Mi 9』『Xiaomi Mi 9T』『Redmi K20 Pro』カメラ徹底画質比較!意外な画質差が — 📱📶💡ハイパーガジェット通信公式アカウント(たまに中の人)📰💻📷 hypergadgets7 記事に書かれている内容• Xiaomi Mi 9T Proクーポン&セール情報 オンラインストア『Gearbest』とは グローバルモデルを最も買いやすいお店の一つが Gearbest。 世界中の人気ガジェットを取り揃え、日本の常連客も沢山います。 また、 日本語の分かる担当者がいて、1年の修理保証がついているので、 日本で購入するのとあまり変わらない安心感があります。 日本語に対応した日本専用ページも開設され、益々買い物がしやすくなりました。 グローバル(インターナショナル)モデルとは 世界の言語に対応したモデルの総称です。 もちろん日本語にも対応しています。 Googleプレイストアも日本のものが普通に使えます。 日本はUIデザインが各社で独自にカスタマイズされていますが、グローバルモデルはとてもシンプルでスタイリッシュなデザインです。 雑貨でいうところの『無印良品』的な感じ。 コテコテしたデザインが苦手な人にはかなりオススメです。 対応してるSIMカードは? 【格安SIM対応状況】 docomo、Softbank(Ymobile)の格安SIMであれば問題なくご利用いただけます。 LINEモバイルのSoftbank回線は価格も安くサービスも充実しているのでオススメです。 パソコンでの操作の方が分かりやすいので、スマートフォンでも出来れば『PC表示』に切り替えてご利用ください。 スマホの場合PC表示に切り替える• クーポンコードをコピー• セール会場への掲載リンクへアクセス• カートに追加を選択• 右上のサインインからGoogleかFacebookのアカウントにログイン• カートを選択• 購入する製品にチェックを入れる• 清算に進むを選択• クーポンを使うを選択し、クーポンコードを入力して適用• 受け取りの住所を変更することで送料が大幅に下がる可能性があるので是非お試しください。 また、番号により荷物は追跡できるので配達状況の把握も可能。

次の

Xiaomi Mi 9T Proのスペック、対応バンド、価格、特徴!

シャオミ mi9t pro

Contents• 製品名 Xiaomi Mi 9T Pro (インド・中国での製品名:Redmi K20 Pro) OS MIUI10(Android 9. OS Android 9. 75 オートフォーカス [1300P] サムスン製S5K3L6 PXサイズ1. 購入モデル メモリ8GB、ストレージ256GB 色:レッド 購入理由 Xiaomi Mi8を所有していましたが、新モデルが出始めたため、乗り換える形で購入しました。 Mi9T Proのデザイン・付属品・画面サイズ 付属のケースはつや消しのものです。 一気にマットなデザインに。 持ってるだけでかっこいい。 全画面ディスプレイで、電車内では注目の的に iPhone 6sと厚さの比較をしてみました。 少し9T Proのほうが厚いようです。 電動ポップアップカメラ搭載によるものでしょうか。 名称 厚さ 重量 iPhone 6s 7. 1mm 143g Mi9T Pro 8. 8mm 191g iPhone XR 8. 3mm 194g ポップアップカメラ搭載です。 青く光るのがポイント。 なれると問題ないのですが、Mi9などと比べると圧倒的に重いです。 デザインに関しては最高と言ってもいいでしょう。 本当に美しい。 SoCには 高性能なSnapdragon855を搭載! 米国クアルコム製のSoC(CPU)のSnapdragon855を搭載しているMi9T Pro。 ハイスペックモデルです。 音楽やウェブ検索、SNSはもちろんのこと、ミニゲームや 3Dゲームなどの高負荷なゲームなども サクサク動きます。 普段使いでは文句なし! Mi9T ProのAntutuスコア! 現行最新のAndroid 9をもとにカスタムされたMIUI10 を搭載しているMi9T Pro。 実は華為なんかもEUMIというカスタムされたOSを搭載しています。 そんなMIUIも後のアップデートでAndroid10・MIUI 11にアップデートされる予定です。 また、MIUI 10はiPhoneに搭載されているiOSと非常に似ており、大変使いやすいと評判です。 また、テーマをカスタマイズすることもでき、好みに合わせたテーマにすることが可能です。 iPhoneを利用していた方でもかんたんに操作ができるはず。 まとめ:Xiaomi Mi9TProの実機レビュー 良かった点 ・ディスプレイの発色が良い。 日光下でも見やすくなるようにコントラストが自動で調節される! ・背面グラーデーションデザインが最高 ・物理と変わらないくらい高速な指紋認証の速度 ・超広角含め、カメラ性能が半端ない。 高速でピントがあいます。 悪い点 ・夜間撮影時、まれに白飛びする。 ・ポップアップカメラが出てくるとき、少しうるさ目。 ・側面がプラスチック。 充電口の中やイヤホンジャックを覗くと未塗装のプラスチック部分が見えちゃう。 すべて揃っているスマホです。 他のスマートフォンと比べ、面白いところがたくさんありました。 2~3年ほどの運用は人によりますが可能であろうと思います。 高性能・品質・コスパ重視でトレンドを取り入れたスマホはMi9TProだけでしょう。

次の