我々だウミガメ。 我々式ウミガメ男の謎解き

初心者と学ぶ「〇〇の主役は我々だ!」グルッペン/最新メンバー(加入順)の誕生日や年齢/所属事務所などを調べてみたが・・・

我々だウミガメ

皆さんは、現在破竹の勢いで登録者を伸ばし続けている「主役は我々だ! 【グルッペン・フューラー】」というYouTubeチャンネルをご存知だろうか。 ニコニコ動画・YouTubeにて動画活動を行っている実況者集団「〇〇の主役は我々だ!」。 メンバーは10名以上と非常に多く、更には多くのメンバーのプロフィールは活動歴が長いにもかかわらず未だ謎に包まれている部分がとても多いという。 動画では殆どのメンバーが顔出しはせず声のみの出演であるため、誰が喋っているかがわかりやすいよう 字幕の色がそれぞれ個別に割り振られている。 まだファンになったばかりでメンバーそれぞれの声が聞き分けられないという方用に字幕カラーの解説も加えてあるので、動画視聴の際にご活用いただきたい。 ファンからは主に「グルさん」「総統」などの愛称で親しまれているリーダー的存在だ。 からお察しの通り「戦争が趣味」とのことで 「HoI ハーツオブアイアン 」ではメンバーの中でも群を抜く腕前が注目を集めている。 活動当初は現在のように生声出演はしておらず、 ゆっくりボイスによる実況動画を投稿していたという。 動画に出演することはなく、裏方であるとのこと。 出典: しかし、事務所には所属していないが、ニコニコ動画で活動しているという繋がりからKADOKAWAが運営し「最終兵器俺達」のこーすけも所属している 「ゲーム実況者エクストリーム」在籍クリエイターとして活動をしているとのこと。 〇〇の主役は我々だ!のメンバープロフィールについて 誕生日・年齢など グルッペンを筆頭に、 総勢10名以上のメンバー構成という超大所帯の「我々だ」。 活動期間の長さや投稿動画の多さ・メンバーの多さも相まって彼らのプロフィール情報については様々な噂が流れているようだ。 殆どが嘘? 「信じてはいけないプロフィール」 リーダー的存在であるグルッペンのプロフィール・経歴情報は、約9年という長い活動期間の中 一度も公開・流出したことはないという。 また、他のメンバー達についてもプロフィール情報は殆どと言って良いほど明かされておらず、古くからのファンの情報によると動画内で語っている年齢や経歴については 「殆どが嘘」であるとのこと。 本人たちがあたかも真実のようにサラッと語ってしまうため信じてしまう新規ファンが多いようで 「グルッペンは43歳」「鬱先生は離婚している」などの噂が流れてしまっているそうだ。 確かに本人が言っているのだから、信じられてしまっても仕方がない・・・。 存在自体がフィクション!? 謎すぎる集団「我々だ」 出典:www. irasutoya. com 動画で言っているプライベートな情報の殆どがフェイクであると言われている「我々だ」。 更には 「存在自体がフィクションの集団」とも称されていることから、どう頑張っても今後彼らの情報を手に入れることは不可能であると言えるだろう。

次の

沖縄 座間味の海はウミガメだらけ!

我々だウミガメ

2020-6-4 今年も産卵の時期を迎えた県の天然記念物に指定されているアカウミガメです。 こうした産卵やふ化を多くのボランティアが見守っています。 5キロ余りの砂浜が続く新富町の富田浜。 東の空が赤く染まるころ、海岸を歩く男性の姿がありました。 宮崎野生動物研究会・新富南班の根井武俊さんです。 富田浜は、県の天然記念物に指定されているアカウミガメの全国でも希少な産卵地で、毎年5月ごろから8月のお盆前後にかけて上陸し、産卵します。 県のまとめによりますと、去年、新富町の海岸で確認されたアカウミガメの上陸はあわせて210回、産卵は148回と、県全体のおよそ3割を占めています。 根井さんはじめ研究会のメンバーたちは、この時期、毎朝、砂浜を訪れ、アカウミガメの調査や保護、観察作業を行っています。 (根井武俊代表)「(足跡が)一本線の時はのぼった(上陸した)まま、まだ上にいる(陸にいる)ということ。 これが二本線の時は産卵して(海に)帰っている。 だから一本線の時には慎重に近づいて行って判断する」 研究会は普段から海岸のごみ拾いや流木の撤去などを行い、アカウミガメが無事に産卵できるよう準備を整えています。 また、卵を守るための施設も先月、完成させました。 (根井武俊代表)「孵化場といって草の中や産卵しても孵化できないような状況にある卵を掘り上げてここに持ってきて孵化させる」 自然界の厳しいルールの中、1匹でも多くの子ガメを海に返すためには、こうした手助けも必要になります。 (根井武俊代表)「(産卵後、孵化まで)およそ60日。 60日の間に(草の)根がのびてふたをする形になり(子ガメ)が出てこれない。 不思議なことに孵化の1週間か10日前になると(野生動物が)砂を掘る。 掘るのはタヌキ、キツネだが卵を食べるのはカラス、トンビ」 そして、こうした研究会の熱意が今年も実を結びました。 (5月8日)「産んじょるかな?産んじょるな・・・」砂浜には、何かを埋めた跡と根井さんが話していた「あの二本線」がくっきり。 今年初めてとなるアカウミガメの上陸、産卵です。 研究会は産卵を記録し、樹脂製のネットで覆ったこの場所を後日、特別に見せてくれました。 深さおよそ40センチの所に白いピンポン球のような卵が確認できました。 (根井武俊代表)「(アカウミガメに)よく来たね~って。 いい気分ですよ。 上がってきてくれるということは」 (根井武俊代表)「子ガメは産まれたら一直線に1キロくらい海上にあがる(進む)一生懸命に。 それからゆっくり黒潮に乗ってメキシコまで行く」 今年も始まったアカウミガメの産卵。 我々の身近で営まれる命の物語を未来へつなぐため、根井さんら研究会はこれからも見守り続けます。 砂浜を見学する際は、密にならないように ・ウミガメにストレスを与えない ・暗いときはライトは消し騒がない ・砂浜に車での乗り入れはしない などなど注意して観察してくださいね。 「アカウミガメの産卵を見守る活動」 記事をウィジェットで埋込み 海と日本PROJECT in みやざき アカウミガメの産卵を見守る活動のページです。 今年も産卵の時期を迎えた県の天然記念物に指定されているアカウミガメです。 こうした産卵やふ化を多くのボランティアが見守っています。 5キロ余りの砂浜が続く新富町の富田浜。 東の空が赤く染まるころ、海岸を歩く男性の姿がありました。 宮崎野生動物研究会・新富南班の根井武俊さんです。 富田浜は、県の天然記念物に指定されているアカウミガメの全国でも希少な産卵地で、毎年5月ごろから8月のお盆前後にかけて上陸し、産卵します。 県のまとめによりますと、去年、新富町の海岸で確認されたアカウミガメの上陸はあわせて210回、産卵は148回と、県全体のおよそ3割を占めています。 根井さんはじめ研究会のメンバーたちは、この時期、毎朝、砂浜を訪れ、アカウミガメの調査や保護、観察作業を行っています。 (根井武俊代表)「(足跡が)一本線の時はのぼった(上陸した)まま、まだ上にいる(陸にいる)ということ。 これが二本線の時は産卵して(海に)帰っている。 だから一本線の時には慎重に近づいて行って判断する」 研究会は普段から海岸のごみ拾いや流木の撤去などを行い、アカウミガメが無事に産卵できるよう準備を整えています。 また、卵を守るための施設も先月、完成させました。 (根井武俊代表)「孵化場といって草の中や産卵しても孵化できないような状況にある卵を掘り上げてここに持ってきて孵化させる」 自然界の厳しいルールの中、1匹でも多くの子ガメを海に返すためには、こうした手助けも必要になります。 (根井武俊代表)「(産卵後、孵化まで)およそ60日。 60日の間に(草の)根がのびてふたをする形になり(子ガメ)が出てこれない。 不思議なことに孵化の1週間か10日前になると(野生動物が)砂を掘る。 掘るのはタヌキ、キツネだが卵を食べるのはカラス、トンビ」 そして、こうした研究会の熱意が今年も実を結びました。 (5月8日)「産んじょるかな?産んじょるな・・・」砂浜には、何かを埋めた跡と根井さんが話していた「あの二本線」がくっきり。 今年初めてとなるアカウミガメの上陸、産卵です。 研究会は産卵を記録し、樹脂製のネットで覆ったこの場所を後日、特別に見せてくれました。 深さおよそ40センチの所に白いピンポン球のような卵が確認できました。 (根井武俊代表)「(アカウミガメに)よく来たね~って。 いい気分ですよ。 上がってきてくれるということは」 (根井武俊代表)「子ガメは産まれたら一直線に1キロくらい海上にあがる(進む)一生懸命に。 それからゆっくり黒潮に乗ってメキシコまで行く」 今年も始まったアカウミガメの産卵。 我々の身近で営まれる命の物語を未来へつなぐため、根井さんら研究会はこれからも見守り続けます。 海と日本PROJECT in みやざき 最新ニュースをウィジェットで埋込み 海と日本PROJECT in みやざき.

次の

我々は「6度目の大量絶滅」の過程にいる? 昆虫の減少が表す危険なサイン

我々だウミガメ

2020-6-4 今年も産卵の時期を迎えた県の天然記念物に指定されているアカウミガメです。 こうした産卵やふ化を多くのボランティアが見守っています。 5キロ余りの砂浜が続く新富町の富田浜。 東の空が赤く染まるころ、海岸を歩く男性の姿がありました。 宮崎野生動物研究会・新富南班の根井武俊さんです。 富田浜は、県の天然記念物に指定されているアカウミガメの全国でも希少な産卵地で、毎年5月ごろから8月のお盆前後にかけて上陸し、産卵します。 県のまとめによりますと、去年、新富町の海岸で確認されたアカウミガメの上陸はあわせて210回、産卵は148回と、県全体のおよそ3割を占めています。 根井さんはじめ研究会のメンバーたちは、この時期、毎朝、砂浜を訪れ、アカウミガメの調査や保護、観察作業を行っています。 (根井武俊代表)「(足跡が)一本線の時はのぼった(上陸した)まま、まだ上にいる(陸にいる)ということ。 これが二本線の時は産卵して(海に)帰っている。 だから一本線の時には慎重に近づいて行って判断する」 研究会は普段から海岸のごみ拾いや流木の撤去などを行い、アカウミガメが無事に産卵できるよう準備を整えています。 また、卵を守るための施設も先月、完成させました。 (根井武俊代表)「孵化場といって草の中や産卵しても孵化できないような状況にある卵を掘り上げてここに持ってきて孵化させる」 自然界の厳しいルールの中、1匹でも多くの子ガメを海に返すためには、こうした手助けも必要になります。 (根井武俊代表)「(産卵後、孵化まで)およそ60日。 60日の間に(草の)根がのびてふたをする形になり(子ガメ)が出てこれない。 不思議なことに孵化の1週間か10日前になると(野生動物が)砂を掘る。 掘るのはタヌキ、キツネだが卵を食べるのはカラス、トンビ」 そして、こうした研究会の熱意が今年も実を結びました。 (5月8日)「産んじょるかな?産んじょるな・・・」砂浜には、何かを埋めた跡と根井さんが話していた「あの二本線」がくっきり。 今年初めてとなるアカウミガメの上陸、産卵です。 研究会は産卵を記録し、樹脂製のネットで覆ったこの場所を後日、特別に見せてくれました。 深さおよそ40センチの所に白いピンポン球のような卵が確認できました。 (根井武俊代表)「(アカウミガメに)よく来たね~って。 いい気分ですよ。 上がってきてくれるということは」 (根井武俊代表)「子ガメは産まれたら一直線に1キロくらい海上にあがる(進む)一生懸命に。 それからゆっくり黒潮に乗ってメキシコまで行く」 今年も始まったアカウミガメの産卵。 我々の身近で営まれる命の物語を未来へつなぐため、根井さんら研究会はこれからも見守り続けます。 砂浜を見学する際は、密にならないように ・ウミガメにストレスを与えない ・暗いときはライトは消し騒がない ・砂浜に車での乗り入れはしない などなど注意して観察してくださいね。 「アカウミガメの産卵を見守る活動」 記事をウィジェットで埋込み 海と日本PROJECT in みやざき アカウミガメの産卵を見守る活動のページです。 今年も産卵の時期を迎えた県の天然記念物に指定されているアカウミガメです。 こうした産卵やふ化を多くのボランティアが見守っています。 5キロ余りの砂浜が続く新富町の富田浜。 東の空が赤く染まるころ、海岸を歩く男性の姿がありました。 宮崎野生動物研究会・新富南班の根井武俊さんです。 富田浜は、県の天然記念物に指定されているアカウミガメの全国でも希少な産卵地で、毎年5月ごろから8月のお盆前後にかけて上陸し、産卵します。 県のまとめによりますと、去年、新富町の海岸で確認されたアカウミガメの上陸はあわせて210回、産卵は148回と、県全体のおよそ3割を占めています。 根井さんはじめ研究会のメンバーたちは、この時期、毎朝、砂浜を訪れ、アカウミガメの調査や保護、観察作業を行っています。 (根井武俊代表)「(足跡が)一本線の時はのぼった(上陸した)まま、まだ上にいる(陸にいる)ということ。 これが二本線の時は産卵して(海に)帰っている。 だから一本線の時には慎重に近づいて行って判断する」 研究会は普段から海岸のごみ拾いや流木の撤去などを行い、アカウミガメが無事に産卵できるよう準備を整えています。 また、卵を守るための施設も先月、完成させました。 (根井武俊代表)「孵化場といって草の中や産卵しても孵化できないような状況にある卵を掘り上げてここに持ってきて孵化させる」 自然界の厳しいルールの中、1匹でも多くの子ガメを海に返すためには、こうした手助けも必要になります。 (根井武俊代表)「(産卵後、孵化まで)およそ60日。 60日の間に(草の)根がのびてふたをする形になり(子ガメ)が出てこれない。 不思議なことに孵化の1週間か10日前になると(野生動物が)砂を掘る。 掘るのはタヌキ、キツネだが卵を食べるのはカラス、トンビ」 そして、こうした研究会の熱意が今年も実を結びました。 (5月8日)「産んじょるかな?産んじょるな・・・」砂浜には、何かを埋めた跡と根井さんが話していた「あの二本線」がくっきり。 今年初めてとなるアカウミガメの上陸、産卵です。 研究会は産卵を記録し、樹脂製のネットで覆ったこの場所を後日、特別に見せてくれました。 深さおよそ40センチの所に白いピンポン球のような卵が確認できました。 (根井武俊代表)「(アカウミガメに)よく来たね~って。 いい気分ですよ。 上がってきてくれるということは」 (根井武俊代表)「子ガメは産まれたら一直線に1キロくらい海上にあがる(進む)一生懸命に。 それからゆっくり黒潮に乗ってメキシコまで行く」 今年も始まったアカウミガメの産卵。 我々の身近で営まれる命の物語を未来へつなぐため、根井さんら研究会はこれからも見守り続けます。 海と日本PROJECT in みやざき 最新ニュースをウィジェットで埋込み 海と日本PROJECT in みやざき.

次の