歯磨き 泣く。 1歳・2歳の歯磨きのコツ!嫌がるときの対処法は?【みんなの体験談】

1歳の息子の歯磨きが大変です。みなさん、どうされていますか?

歯磨き 泣く

子供の生活習慣の中で、教えるのに苦労する事のひとつが 歯磨き! 「逃げる・泣く・抵抗する」 とにかく、歯を磨く事を嫌がる子が多いですが、 嫌がるからといって、やらないわけにはいきません ーー; 私の子供は、声が大きいので「やめて~!いやぁ~!」って叫ばれて、 ご近所から「虐待か!? 」と思われてないかと心配するほど抵抗されました 笑 どうすれば嫌がられないで、歯磨きができるのかを、 順番に考えて、対処していきました。 この最初の時点で嫌がるのは、 顔や口の中を触られるのが、気に入らないから。 しかし歯磨き初期ならともかく、 チョコやジュースなど甘いものを食べている3歳児では、 親の諦めもそう簡単につきません。 パターンによって対処は違いますが、 これから個々の対策法を考えていきましょう! スポンサーリンク とにかく慣らす!そしてできたら褒める! それでは、成長の時期別に、 それぞれにあった対処方法を見ていきましょう! 歯が生えた赤ちゃん まずは、歯の生えたての赤ちゃんの場合。 この時期は 「とにかく慣らすこと」がはじめの一歩。 慣れてくれば、口の中をちょっとさわっても泣かなくなります。 歯が生え揃った子供 次に、歯が生えそろった子の場合。 子供の歯の磨き方! 大人と同じ磨き方ではダメ! 仕上げ用歯ブラシは、 ペングリップが基本です。 鉛筆を持つ時の持ち方で、さらに持つ位置も上の方にして、 力が入り過ぎないように、優しく持ちます。 上唇をめくると中央裏にある、歯茎と唇をつなぐ筋「小帯」には、 触れないように注意してください。 歯茎部分も同じです。 アンパンマンやしまじろう、ノンタンなどのキャラクターDVD、 『おかあさんといっしょ』のコーナーなど、 楽しい歯磨きの歌やお話はたくさんあります。 「仕上げ磨きは誰にして欲しい?」「うがいは誰としたい?」というもの。 私、夫、じぃじとばぁば。 時々ひいおばあちゃん。 娘は気まぐれなので、毎日コロコロ相手が変わります。 そして、一番大事なのは、 歯磨きの時ママが笑顔でいること。 「しっかり磨かせなくちゃ!」と思って真顔になったり、 イライラしたりすると子供も警戒します。 「歯みがきは怖くない」「楽しいもの」と思ってもらえるように、 家族みんなで習慣にしましょう!.

次の

【歯磨き絵本】歯を磨くのが好きになる作品14選。【1歳、2歳、3歳以上にもおすすめ】

歯磨き 泣く

赤ちゃんの歯磨きはいつからすれば良いの? 歯磨きって実際いつからすべきなのか疑問に思う方も多いかと思います。 私の一人目の子は生後3ヶ月で歯が生えてきて、1歳になる頃にはほぼそろっていました。 早い方だと思います。 それでも、歯磨きを始めたのは離乳食を始めた生後6ヶ月頃からでした。 離乳食を始めるまではまだ月齢も浅く、母乳か粉ミルクを常に飲んでいるみたいなものだから磨いても意味がないのではと思い、離乳食開始と同時というタイミングを選びました。 それでも、やはり夜間も授乳があったりしたので思うようには歯磨きを徹底することはできず、気持ち程度の歯磨きだったと思います。 断乳を考え出す"離乳食完了期"をしっかりと歯磨きをする目安として、それまでは歯磨きというものに慣れさせておこうという程度だったので、私がしっかり歯磨きを始めたのも1歳をすぎた頃からでした。 まずは"歯をさわることに慣れさせる"ことが大事 離乳食と同時に歯磨きを開始した私は、まず赤ちゃんに歯ブラシを持たせてみたのですが、おもちゃの一つとして口の中に入れるだけで逆にのどを刺さないか心配だったため、この時期は歯ブラシではなく"歯磨きシート"を使って磨いていました。 小さなウェットティッシュみたいなものなので、実際は指で子供もの歯を撫でて拭き取るという程度でした。 この時期で大切なのは歯磨きという習慣に慣れさせることだと思うので、このシートは大変重宝しました。 すでに1歳になっている子が歯磨きを始める際にも、シートなどを使ってお母さんの指で歯磨きのイメージをつかませてあげると、最初からブラシでゴシゴシを嫌がる子も慣れやすいと思いますよ。 どうしてる?歯磨きを嫌がる子 我が家は、生後6ヶ月での離乳食開始と同時に歯磨き練習を始めたのですが、最初の頃は歯の本数も少なく慣らすためのものだったので、赤ちゃんが遊んでいる間やじっと見ている間に泣くこともなく一瞬で終わらせることができました。 しかし、1歳になる頃から単純に磨く時間が伸びたからか、歯ブラシの感触のせいなのか、歯磨きを嫌がるようになってきたのです。 歯磨きを嫌いになられたら困る!と思い、歯もだいぶ生えているにもかかわらず、歯磨きをしない日もありました。 1歳くらいだと口をゆすぐこともうまくできませんので、あまりにも歯磨きを嫌がる場合はシートやガーゼで優しく拭く、歯間ブラシなど一番小さいサイズのフロスで歯の間のつまりをサッと解消してあげるといいと思います。 歯医者さんはいつから行けばいい?タイミングがわからない 1歳を過ぎると、"うちの子も歯がだいぶ増えてきたな"というお母さんたちの間で"フッ素塗布"というワードがそろそろ気にかかってくるのではないでしょうか。 わざわざ歯医者さんに行くなんて1歳じゃ早い気もするし、特に虫歯があるわけでもないのに歯医者さんに連れていくタイミングがわからない!という方も多いのでは。 そんな方は、1歳半健診など市の健診の際に歯科健診があるところも多いと思うので、そこで初めて診てもらってからでも良いと思いますよ。 私も一人目の初めての歯科健診は市の1歳半健診のときでした。 そのとき問題なしと言われて油断した私が、一人目を歯医者さんに初めて連れて行ったのはなんと3歳でした。 しかし、3歳で連れて行った時にはすでに虫歯があり…こんなことから下の子は歯がほぼ生えそろった1歳半から歯医者さんにフッ素塗布に連れて行きました。 歯医者さんに行くメリット 歯医者さんといっても、どこの歯医者さんが良いのか…などと悩みますよね。 自分の行きつけの歯医者さんがあれば雰囲気もわかっているし、小児の歯科もしていただけるのか聞いて、診てもらうのもありだと思います。 もし、行きつけはあるけど子供を連れて行くような雰囲気じゃない、行きつけの歯医者さんがない場合は、まずは"小児歯科"と検索をしましょう。 小児歯科と明記されている医院であれば、キッズスペースがあったり、医師だけでなくスタッフの方が子供に慣れていたりするので安心ですよ。 フッ素塗布自体は簡単で、歯磨き粉のようなフッ素を歯磨きのように歯に塗るだけなので、数分で終わります。 お母さんに抱っこされながら塗ってもらえることが多いので、子供も安心して診察してもらえますよ。 この頃から歯医者さんに通うメリットはなによりも、歯磨きの仕方を実際に子供の歯を磨きながら指導していただけることです。 歯間ブラシが大事、嫌がるときはこうしてみてくださいなど教えていただけるので、親にとってすごく勉強になりますよ! かかりつけの歯医者さんを作って、定期的に健診を 子供に合った歯医者さんを見つけたら、そこで3ヶ月に1回や6ヶ月に1回など歯医者さんにどの間隔で来ればよいか聞いてみて、定期的に健診をしてもらいましょう。 我が家の一人目のように虫歯が出来てしまうと大変ですよ… また、歯医者さんに慣らすという意味でも、定期的に歯医者さんに診てもらうのは大切だと思います。 そうすれば、もし虫歯ができてしまっても、行き慣れた場所で治療をしてもらえるという安心感が親にも子供にもあります。 虫歯発見!どうしたらいい? 歯磨きをしっかりやって、歯医者さんでフッ素塗布もしているから大丈夫!というわけでもないのが、乳歯の怖いところです。 私の友人は1歳の頃からきっちり歯科検診に連れて行っていましたが、小さな虫歯が前歯にできてしまったと悲しんでいました。 私の子供は3歳で初めて虫歯発見だったのですが、歯医者さんから"乳歯は虫歯になりやすいので気を付けていてもなることがある"ことと"小さい子は神経が発達していないので痛みはほとんどない"ことを聞いて、少し安心しました。 しかし、やはり虫歯は虫歯。 1歳だと治療はできないので、一度虫歯が出来てしまえば進行を抑制するためにきっちり歯磨きすることしかないため、下の子は虫歯ができないようにしっかり健診を受けましょうと言われました。 なので、まずは歯医者さんに行って虫歯がどこにあるのか、そしてさらに虫歯になりやすい箇所、歯磨き方法、ケアなどを指導してもらい、"これ以上進行させない"よう日々の歯磨きを習慣にしましょう。

次の

【歯磨き絵本】歯を磨くのが好きになる作品14選。【1歳、2歳、3歳以上にもおすすめ】

歯磨き 泣く

歯磨きを嫌がる赤ちゃん どうして歯磨きで泣くの? 歯磨きをしようとしたら逃げ出したり、歯磨きを始めると暴れて泣きだす赤ちゃんもいます。 どうして歯磨きを嫌がるのか、その原因をわかりやすく紹介します。 毎日の歯磨きにてこずっているママは、当てはまることがないかチェックしながら読んでください。 歯磨きで泣くのは、何らかの理由があります。 でも、大人にとって歯磨きはごく当たり前のことなので、赤ちゃんのなく理由にすぐ気がつくことができません。 でも、ここで無理矢理歯磨きを続けると、赤ちゃんは歯磨きに恐怖心や嫌悪感を抱いてしまいます。 歯磨きを嫌がる赤ちゃんには、こんなことに注意してください。 ・強い力で押さえつけることを続けない。 ・強い口調や大声で怒らない。 ・焦ってブラシを強くあてない。 どれも歯磨き嫌いに拍車をかけてしまいます。 赤ちゃんが嫌がって泣いたら、ママも内心は焦ってしまいますが、歯ブラシを動かしながら優しく落ち着いて話しかけてください。 仰向けが落ち着かない 仰向けは無防備な体勢なので、落ち着かないと感じる赤ちゃんもいます。 歯磨きの時もバスタオルやブランケットを、体にかけてあげましょう。 ちょっと重みがあると落ち着きます。 寝返りが大好きな赤ちゃんは、仰向けの状態から体をひねってうつぶせに変えようとします。 歯磨きをしながら、下半身がねじれているようなら寝返りで遊ぼうとしているサインかもしれません。 仰向け寝で歯の裏側を磨く時は、飛沫が飛んで赤ちゃんの顔にかかってしまいます。 これに驚いて嫌がる時は、口の手前にママの指を置いてガードしてあげましょう。 動けないと不安 動きの活発な赤ちゃんは、歯磨き中も手指を動かしたり、足を持ち上げては降ろして遊んでいます。 でも、顔は固定されているので寝返りや移動はできません。 これが、とっても気になってしまう時があります。 動きたがって泣いてしまう赤ちゃんは、歯磨き前に思いっきり体を動かす遊びをさせてあげましょう。 もしも遊んでいる時に、歯磨きの時間になってしまったらキリの良いところで歯磨きに移行します。 急におもちゃを取り上げたり、動きを遮ることは避けます。 突然遊びを中断されたら、赤ちゃんだって不愉快です。 手に持っていられるおもちゃなら、そのまま持たせて歯磨きをしてみましょう。 押さえつけられて怖い 赤ちゃんは、パパやママに優しく抱っこされることは大好きですが、強い力で押さえつけられると気が動転して怖くなってしまいます。 歯磨き中は、赤ちゃんが顔を動かすと歯ブラシが喉にあたったり顔にぶつかったりすることが心配です。 だから親としてはじってして欲しいものです。 でも赤ちゃんはそうは思っていません。 ずっと押さえつけると、さらに怖がったり嫌がる可能性が高くなります。 歯磨きを1度で済ませたいからと、つい押さえつけて動きを制限しがちですが、何度も繰り返すと赤ちゃんは歯磨き前に警戒心を抱きます。 そうなると歯磨きがもっと大変です。 赤ちゃんが動いて危ない時は、「ここだけは磨こう」と決めた場所をしっかり磨いてください。 怖がって大泣きしている時は、その場所が磨けたらちょっと休憩です。 赤ちゃんも興奮しているので優しく抱っこして、落ち着かせてあげましょう。 赤ちゃんの体を押さえる時に、「体の自由がきかない」といことだけに集中しないように、優しく話しかけたり歌ったりしながら進める方法もおすすめです。 寝かせずに、体を縦気味に抱っこして歯磨きをすると、押さえつけている印象を受けずに歯磨きできます。 体の大きいパパが歯磨きする時にもおすすめです。 虫歯や歯肉の異常がある 虫歯や歯周組織など、赤ちゃんの口内に異常がある場合は、歯ブラシの刺激を痛がっている可能性があります。 この場合は、歯磨きが原因ではないので口内の異常を治してあげましょう。 特に歯ブラシの刺激で痛みを感じる虫歯の場合は、もう初期症状を通り越しています。 歯の表面のエナメル質が溶けだしただけなら、見た目は変わりますが、痛みを感じる神経には伝わりません。 歯が痛むのは、虫歯の症状がエナメル質の下の象牙質(ぞうげしつ)まで進行している可能性があります。 象牙質は歯の神経である歯髄(しずい)と繋がっているうえに、エナメル質よりも柔らかいので虫歯が進行しやすい場所です。 しかも私たちの目には、通常見えない部分なので症状の確認が困難です。 虫歯以外にも、歯を支えている歯茎にプクッと腫れた膿が出来ていたり、口内炎(こうないえん)があって大きく口をひらくとツライ場合も考えられます。 歯ブラシが合っていない 歯磨きをする時に、乳歯にあった歯ブラシを選んでいますか?赤ちゃんの乳歯に対して、大きすぎて磨きにくい歯ブラシはつい力が入ってしまって不向きです。 ブラシ部分が硬いばあいは、乳歯の表面や歯茎を傷つける恐れがあります。 大人用の歯ブラシには、「小さめサイズ」と表記されているタイプもありますが、これは大人の永久歯にとって小さめということです。 乳歯にはまだまだ大きいので、赤ちゃんには乳歯専用の歯ブラシを使用してあげましょう。 乳幼児に歯ブラシは、乳歯の生え始めや、乳歯から永久歯への生えかわりに合わせて幾つかの月齢に合わせた歯ブラシがあります。 赤ちゃんの歯や年齢に合わせて、その都度買い替えてください。

次の