新潟 コロナ 情報。 新型コロナウイルス感染症について 新潟市

ハローワーク新潟

新潟 コロナ 情報

野島晶子保健衛生部長 新潟市は24日、市内47、48例目(県内63、64例目)の新型コロナウイルス感染症患者が確認されたほか、市内21例目患者の再陽性が確認されたとして、説明会を開いた。 市内47例目の新型コロナウイルス感染症患者は北区在住の70代無職の男性(国籍/日本)。 渡航歴や最近の県外との往来はなし。 詳細な行動歴や濃厚接触者は現在調査中。 経過としては、17日から37度台の発熱があり、22日に帰国者・接触者センターに相談、23日にPCR検査を行い、24日に陽性が判明した。 市内48例目の新型コロナウイルス感染症患者は、17日に判明した市内39例目患者の濃厚接触者で、秋葉区在住の30歳代会社員の女性(国籍/日本)。 渡航歴や最近の県外との往来はなし。 詳細な行動歴や濃厚接触者は現在調査中。 16日に37度台の発熱があり、17日以降は平熱に戻ったが、20日に嗅覚がなくなってきたことなどを受け、23日にPCR検査を行い、24日に陽性が判明した。 このほか、3月18日に確認された市内21例目の新型コロナウイルス感染症患者(東区、20歳代、医療機関職員の男性)の再陽性が確認された。 この患者は3月16日に市内16例目患者である母親の感染が判明、この後にPCR検査を行い、同18日に陽性が判明して入院した。 市内21例目患者には、ほぼ症状がみられなかったものの、退院に向けたPCR検査を行う中で複数回にわたり、陰性と陽性が繰り返し出る状況が続き、入院から29・30日目に2度続いて陰性となって退院に至った。 退院後、この患者は母親と同居しながら健康観察を行っており、この母親についても症状の有無など確認を行っていくという。 新潟市によれば、20~30代の患者の中に、退院に向けたPCR検査を実施して陰性と陽性を繰り返すケースが多くみられるとした。 この状況は入院後から平均して25日前後続いており、ウイルスを排出している期間が思いのほか長いことがわかっているという。 再陽性が確認されたことについて、県外や国外でも退院後に再陽性が確認された事例に触れつつ、「退院後も4週間は健康観察を徹底しないといけないと再認識した」との見方を示した。 また、高齢の患者にも少数ながら類似の事例がみられるという。 新潟市によれば、再陽性については「再燃」と「再感染」という2つの捉え方があるという。 「再燃」は一旦ウイルス量が少なくなったものの、体調の変化などでウイルス量が再度増加し陽性が判明するケースで、「再感染」は一旦抗体ができてウイルスが完全に体内からなくなった後、改めて感染するケースだ。 新潟市としては、市内21例目患者について、若い世代が陰性・陽性の検査結果を繰り返すケースが多いことから、「再燃」に当てはまるのではないかとの見方を示した。

次の

新型コロナウイルス感染症について 新潟市

新潟 コロナ 情報

全国における都道府県の移動の制約が解除されました 政府は6月19日から全国において、都道府県をまたぐ移動の制約を解除することとしました。 これを受け、新潟県からは次のことが呼び掛けられています。 新潟県としても6月19日以降、県をまたぐ移動については制約しないこととします。 ただし、県外を訪れる際は、訪問先の都道府県等が発表している外出自粛等の内容をあらかじめ確認してください。 接待を伴う飲食店やライブハウスをはじめとした事業者の皆様には、業種別ガイドライン等に基づいた感染拡大防止策の実施をお願いします。 新型コロナウイルス感染症の相談・受診の目安 新型コロナウイルス感染症の相談・受診の目安は次のとおりです。 症状がある場合はすぐに相談してください。 息苦しさや強いだるさ、高熱などの強い症状がある場合• 高齢者など重症化しやすい人で発熱やせきなど比較的軽い風邪の症状がある場合• 重症化しやすい人でなくても、発熱やせきなど比較的軽い風邪の症状が続く場合 市内での発生状況 感染者数 入院中(準備中を含む) 退院 累計 3人 0人 3人 感染予防 「新しい生活様式」の実践をお願いします 新型コロナウイルスの感染拡大防止のためには、日常生活の中で「新しい生活様式」を実践することが重要です。 新しい生活様式とは、感染防止の3つの基本である「身体的距離の確保」「マスクの着用」「手洗い」のほか、こまめな換気や毎朝の体温測定、日常生活の各場面における生活様式を示したものです。 実践例を参考に、一人ひとりの感染防止対策をお願いします。 3つの密を避けてください 風邪や季節性インフルエンザへの対策と同様に一人ひとりの咳エチケットや手洗いなどがとても重要です。 感染のリスクが高いとされているのは、換気の悪い密閉空間、多数の人が集まる密集場所、間近で会話をする密接場面です。 このような場所を避けるようお願いします。 相談窓口 帰国者・接触者相談センター 電話番号:0254-26-9651(新発田地域振興局健康福祉環境部医薬予防課(新発田保健所)) 受付時間:平日は午前8時30分から午後5時15分まで、土曜日・日曜日・祝日は午前9時から午後5時まで(夜間は警備員室につながります。 電話番号をお伝えいただき、担当者から折り返し連絡します) 新潟県新型コロナウイルス感染症コールセンター 電話番号:025-282-1754 受付時間:月曜日から金曜日(祝日除く)の午前8時30分から午後5時まで このコールセンターは、症状がない方やどこに相談したらよいか迷った方の相談を受ける窓口です。 ご自身の症状に不安がある方は、症状に応じて帰国者・接触者相談センターで相談を受け付けています。 公共施設の再開 新型コロナウイルスの感染拡大防止のために休止していた施設はすべて再開しています。 一部の施設では、開設時間短縮や利用制限等を行っていますので、詳しくは各施設にお問い合わせください。

次の

新型コロナウイルス感染症について 新潟市

新潟 コロナ 情報

野島晶子保健衛生部長 新潟市は24日、市内47、48例目(県内63、64例目)の新型コロナウイルス感染症患者が確認されたほか、市内21例目患者の再陽性が確認されたとして、説明会を開いた。 市内47例目の新型コロナウイルス感染症患者は北区在住の70代無職の男性(国籍/日本)。 渡航歴や最近の県外との往来はなし。 詳細な行動歴や濃厚接触者は現在調査中。 経過としては、17日から37度台の発熱があり、22日に帰国者・接触者センターに相談、23日にPCR検査を行い、24日に陽性が判明した。 市内48例目の新型コロナウイルス感染症患者は、17日に判明した市内39例目患者の濃厚接触者で、秋葉区在住の30歳代会社員の女性(国籍/日本)。 渡航歴や最近の県外との往来はなし。 詳細な行動歴や濃厚接触者は現在調査中。 16日に37度台の発熱があり、17日以降は平熱に戻ったが、20日に嗅覚がなくなってきたことなどを受け、23日にPCR検査を行い、24日に陽性が判明した。 このほか、3月18日に確認された市内21例目の新型コロナウイルス感染症患者(東区、20歳代、医療機関職員の男性)の再陽性が確認された。 この患者は3月16日に市内16例目患者である母親の感染が判明、この後にPCR検査を行い、同18日に陽性が判明して入院した。 市内21例目患者には、ほぼ症状がみられなかったものの、退院に向けたPCR検査を行う中で複数回にわたり、陰性と陽性が繰り返し出る状況が続き、入院から29・30日目に2度続いて陰性となって退院に至った。 退院後、この患者は母親と同居しながら健康観察を行っており、この母親についても症状の有無など確認を行っていくという。 新潟市によれば、20~30代の患者の中に、退院に向けたPCR検査を実施して陰性と陽性を繰り返すケースが多くみられるとした。 この状況は入院後から平均して25日前後続いており、ウイルスを排出している期間が思いのほか長いことがわかっているという。 再陽性が確認されたことについて、県外や国外でも退院後に再陽性が確認された事例に触れつつ、「退院後も4週間は健康観察を徹底しないといけないと再認識した」との見方を示した。 また、高齢の患者にも少数ながら類似の事例がみられるという。 新潟市によれば、再陽性については「再燃」と「再感染」という2つの捉え方があるという。 「再燃」は一旦ウイルス量が少なくなったものの、体調の変化などでウイルス量が再度増加し陽性が判明するケースで、「再感染」は一旦抗体ができてウイルスが完全に体内からなくなった後、改めて感染するケースだ。 新潟市としては、市内21例目患者について、若い世代が陰性・陽性の検査結果を繰り返すケースが多いことから、「再燃」に当てはまるのではないかとの見方を示した。

次の