ソープ ランキング。 タマラン

メンズボディソープおすすめ市販ランキング!体臭・加齢臭対策【薬剤師監修】

ソープ ランキング

[1]ボディソープ選びのポイント ボディソープで重視するものは? ボディソープ選びのポイントは、自分が何を重視するのかということです。 人それぞれ肌質が異なるので、何を重視するのかが分かるとボディソープを絞ることができ、自分の肌にあうお気に入りのボディソープをみつけやすくなります。 ・さっぱりタイプのボディソープ 洗い上がりがさっぱりしたものを好む方は、石鹸と同じ成分のものを選ぶようにしましょう。 洗い流してもぬるぬるする原因のひとつは、合成洗剤が考えられます。 合成洗剤が使用されていないものを選べばさっぱりとした仕上がりになりますよ。 ・しっとりタイプのボディソープ 洗いあがりがしっとりしたものを好む方は、潤いを感じられる天然オイルや保湿クリーム成分入りのものを選ぶようにしましょう。 しっとりしたタイプのボディソープは洗いあがりにぬるつきを感じることも少なくありません。 すすぎは十分に行ってください。 ・泡立ちのよいボディソープ 泡立ちがよく、ふわふわとした泡で身体を洗うのは気持ちがいいですよね。 キメの細かい濃密な泡は肌への負担や摩擦力が少なく、毛穴の奥まで汚れを落としてくれます。 実は、ホコリや雑菌、余分な皮脂、汗などはゴシゴシ磨かなくても泡だけで綺麗に洗うことができます。 さらに、少量でも泡立ちの良いボディソープはコストパフォーマンスにも優れていますし、バスタイムの時間短縮にもなります。 ・いい香りのするボディソープ 良い香りがするボディソープにするとバスタイムが楽しみになりますね。 自分の好きな香りを嗅ぐことは、心が落ち着き、自律神経を整える効果があります。 疲れてストレスが溜まっている方にはおすすめですよ。 また、リラックスすることで安眠にもつながります。 ・オーガニックや無添加などの身体にやさしいボディソープ 直接肌に触れるものだからこそ成分にもこだわって身体に優しいボディソープを使いたいという方も増えています。 ただここで注意してほしいのが、身体にやさしいといってもオーガニック、無添加、自然派と3種類あるということです。 それぞれの特徴を理解しておくことが大切です。 オーガニック 有機植物由来の成分から作られており、有機植物とは化学肥料や農薬を使っていない植物のことを指します。 しかしそれがゆえに他のボディソープと比べるとお値段も高くなります。 無添加 アレルギーを引き起こす危険性がある102種類の旧表示指定成分が入っていないもののことを指します。 しかし102種類以外でアレルギーを引き起こす成分が入っている場合もあります。 自然派 植物成分を多く配合しているということを指します。 またメーカーによってもとらえ方が異なり原材料は有機植物とは限りません。 ・敏感肌や乾燥肌に使えるボディソープ 肌トラブルがあり、自分の肌に合うボディソープを探す方もいるでしょう。 私たちの肌は弱酸性です。 ですから、弱酸性のものは肌への負担や刺激が抑えられると言われています。 弱酸性とは、成分表にはタウリン、グリシン、アラニンなどが記載されています。 これらはアミノ酸系成分で、保湿力も高く洗い上がりもしっとりとしています。 ・男性に適したボディソープ 家族と同じものを使用している方も多いとは思いますが、男性と女性では、ボディソープの好みは違います。 特に男性の場合は皮脂が出やすく、体臭が気になる、さっぱりとした仕上がりが良いなど体質の違いもあります。 男性には、男性のために作られた男性用のボディソープを選ぶのがおすすめです。 ・敏感な赤ちゃん肌にも使えるボディソープ 赤ちゃんの肌は、大人に比べて皮膚が薄く、敏感です。 大人の1/3といわれています。 赤ちゃんには身体にやさしい成分で作られているものや刺激が少ないものがおすすめですよ。 いきなり赤ちゃんに使うのではなく、大人がまず使用してみたり、赤ちゃんの身体の一部分に塗ってみたりして異常がないようなら使用すると安心です。 [2]正しい身体の洗い方とは? いくらお気に入りのボディソープを手に入れても間違った洗い方をしていると肌トラブルの元になることも…。 特に敏感肌や乾燥肌の方は洗い方に注意が必要です。 1.ボディソープを泡立ててきめ細かい泡を作る。 このとき、泡立てネットやスポンジを使うと簡単に泡を作ることができます。 2.泡を手に乗せ、そのまま手でやさしく体を洗う。 3.身体についた泡を洗い流す。 (洗い残しがないように) 4.柔らかいタオルでやさしく身体の水滴をとる ポイントはなんといっても手で洗うということ。 手で洗うことに抵抗があるかもしれませんが、身体を洗う時はどうしてもゴシゴシしてしまいがちです。 しかし、ゴシゴシすることで身体に残っておいてほしい菌まで洗い落してしまい悪玉菌が増えてしまうこともあります。 さらにシャワーを勢いよく出すと肌に負担がかかりますのでシャワーを出す時は少量にして肌への負担を減らしましょう。 [3]人気のボディソープおすすめランキングTOP25 25位【ザ・パーフェクトアンカー】ピュアカスチールソープ Amazonの情報を掲載しています 固形の石鹸で有名な牛乳石鹸のボディソープ。 自然な石鹸の香りで「石鹸といえばこの香り」と思うほど王道の香りです。 国産石鹸成分でクリーミィーな泡で肌をやさしく洗い上げます。 14位【ラッシュ LUSH 】 みつばちマーチシャワージェル LUSHといえば量り売りの石鹸で有名ですよね。 フルーツや野菜、エッセンシャルオイルをふんだんに使って手作りしたものが多く身体にもやさしい商品がたくさんあります。 みつばちマーチのシャワージェルは泡立ちが良く、洗い上がりもさっぱりしています。 特に人気なのがはちみつの甘い香り。 次の日までこの香りがするので若い女性を中心に人気の商品です。 13位【THE BODY SHOP】ピンクグレープフルーツシャワージェル THE BODY SHOPは、自然派化粧品のお店から始まり、世界中から優れた天然原料を配合したスキンケア、ボディケア、フレグランス、メイクアップなどの製品を販売しています。 THE BODY SHOPのボディソープも自然派として高く評価されています。 また、THE BODY SHOPといえば香りにも重点を置いています。 さまざまな香りが楽しめるのも魅力ですが、中でもこのピンクグレープフルーツの香りは若い女性を中心に大人気です。 甘い香りの中にもすっきり感があり夏は特におすすめです。 入浴後も肌からピンクグレープフルーツの良い香りがします。 香りを重視する方には1度試して欲しい商品です。 グレープフルーツシードオイルを配合し、泡立ちと潤いもバッチリですよ。 12位【Leivy】ボディーシャンプー Amazonの情報を掲載しています Leivyは、そのパッケージからも分かるようにゴートミルクというヤギ乳を使用した弱酸性の天然由来素材ボディソープです。 ヤギ乳は古くから美容に良いとされ、世界の三大美女クレオパトラも、定期的にヤギのミルク風呂に入っていたといわれています。 また泡立ちも良く、ふわふわ泡で優しく洗うことができて、肌の調子を整えて潤いを補給してくれます。 今回紹介している他にもその人の肌質に合わせ、敏感肌用、肌のハリが欲しい方、肌荒れ用、水分不足、汗や体臭と幅広く展開されているのも嬉しいですね。 11位【ダヴ】ボディウォッシュ Amazonの情報を掲載しています SNSなどで紹介され人気となったBOTANIST。 一般的なボディソープに使われている硫酸系洗浄成分を使わずに植物由来の洗浄成分を使用しています。 ボタニカルバターミルクによる保湿、ボタニカル美容成分で入浴中の乾燥を防ぎ、敏感肌の方にもおすすめです。 1プッシュで泡立ちも良く、洗い上がりはしっとりしています。 香りはローズ系の優しい香りで癒やされます。 パッケージもシンプルで浴室に置いておいてもオシャレですね。 MOISTとLIGHTの2種類があり、好みに合わせて洗い上がりが選べます。 7位【Lux】ホワイトチャームボディソープ Amazonの情報を掲載しています Luxは英国生まれのシャンプー、コンディショナー、スタイリング製品、ボディソープなどを取り扱うトータルビューティケアブランドです。 5種類のタイプがありますが、どれも香水にインスピレーションを得て世界的な調香師が手がけた香りです。 その深い香りは上品で中でもホワイトチャームは人気の香りです。 若い女性を中心にリピート率が高く、入浴後もほのかに香るのでリラックス効果もありますよ。 Luxの商品は1プッシュで泡立ちも良く、古い角質もすっきり洗いあげてくれます。 ローズヒップとシアバターが配合され肌が明るくなったと実感している方も多いですよ。 6位【ドクターブロナー】マジックソープ 関連記事 2位【POLA】パンセ ド ブーケ ポーラのこだわりをかたちにしたボディシャンプー『パンセ ド ブーケ』。 フランス語の「パンセ=想い」「ブーケ=束、香気」がネーミングの由来となっています。 2種類ある香り(ブラン/ルージュ)は、どちらも調香師とともに作られた、みずみずしい生花のブーケを閉じ込めたような香り。 <ブラン>ナルシスの香りをベースに、清廉な花々とグリーンが醸し出すさわやかな香り <ルージュ>ローズの香りをベースに、甘くみずみずしい花々が醸し出すスイートな香り アルニカ花エキスと浸透型コラーゲンという上質な美容成分配合で、しっとりなめらかな肌に洗い上げます。 また、洗練されたデザインなので、プレゼントとしても人気!女性が贈られて喜ぶこと間違いなしの花の香りのボディシャンプーです。 1位 CLEANEO Pearl クリアネオパール 【株式会社ソーシャルテック】 体臭対策で商品を展開しているクリアネオの女性用ボディソープ「クリアネオパール」。 良い香り、美肌になることに着目して作られたボディソープで以下の3つのポイントでおすすめします。 ・オーガニック由来で無添加 ・しっとり系で保湿効果バツグン ・フローラルの香りでいい匂い 少し高めの値段設定になっていますが、モンド・セレクションで金賞を受賞しているほど品質にこだわったボディソープとなってます。 もし、試してみて効果が感じられない場合は「全額返金保証」がついているので安心です。 また、実際に編集部で体験してみたレビューがあるので詳細を知りたい方はチェックしてみてください。

次の

【市販】ボディソープの人気おすすめランキング|いい匂いの評判商品を徹底比較

ソープ ランキング

毎日の入浴に欠かせないボディソープ。 ドラッグストアには、定番のビオレ・ニベア・ダブ、香り豊かなラックス、肌への優しさにこだわったナイーブ・キュレルなど様々な商品が並んでいます。 また、夏に嬉しいクールタイプのメンズボディソープや加齢臭・ニキビ悩みも対策できるものがあり、どれを選べばよいのか迷ってしまいますよね。 今回は Amazon・楽天・Yahoo! ショッピングなどで売れ筋上位のボディソープ68商品を比較して、最もおすすめのボディソープを決定したいと思います。 比較検証は以下の4点について行いました。 洗浄力• 保湿力• 肌へのやさしさ• 泡立ち・泡のきめ細かさ 果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか?ボディソープの選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。 ボディソープを選ぶ上で、きちんと身体の汚れが落ちるかどうかは非常に重要なポイントですよね。 まずは、擬似的に肌の汚れを作るため、皮脂の主な成分であるステアリン酸・オレイン酸を混ぜて着色した人工皮脂を用意。 ガラスプレートにできるだけ差が出ないよう、薄く塗りつけました。 次に、液体のボディソープは実際に使うことを想定し、同じ希釈率になるよう水で薄めて約30秒間ハンドミキサーで泡立てたものを用意。 泡タイプは、薄めずにボトルからそのままコップに3プッシュずつ出しました。 用意した泡の入ったコップの中で、人工皮脂を塗りつけたガラスを20回優しく前後に揺らし、人工皮脂がより落ちたものを5. 0点、全く落ちなかったものを1. 0点として目視で評価しています。 <敏感肌のための美容研究員 Mizuhaさん>元化粧品系の研究開発部で働いて得た現場の知識を活かし、主に「敏感肌」をはじめ肌の弱い方に化粧品の成分・使用感について積極的に情報を発信している。 現在は、大学機関にて研究員として、新規医薬品の創製に関する研究を行う。 化粧品成分上級スペシャリストやコスメコンシェルジュなどの美容・化粧品関連の資格も多数保有。 SNSでは10年以上続けてきたコスメの成分調査が評判となり活躍の幅を広げている。 ameba. ボディソープの「洗浄」の役割を果たす、界面活性剤のタイプをチェック刺激となる可能性のある成分が配合されているか保湿成分が配合されているか肌荒れの緩和が期待できる成分が配合されているかただし、医薬部外品は各メーカーに成分表示が依存しており、全成分が記載されていない場合があります。 そのため、医薬部外品(薬用ボディソープ)については、あくまで記載されている成分のみで評価を実施しました。 乾燥肌の人や子供と一緒に使う場合は、肌へのやさしさを考えて洗浄力がマイルドな洗浄成分のものを選ぶのがおすすめです。 洗浄力がマイルドで肌へにやさしいのは「アミノ酸系」「両性界面活性剤系」のボディソープ。 ボトルの裏に記載されている成分表の上位部分を確認して、下記のような成分の名前があればマイルドに洗える傾向にあります。 アミノ酸系は、「ココイル〜」「ラウロイル〜」の後にアミノ酸成分の名称が記載されているものが多いので、よくチェックしてみてくださいね! <アミノ酸系の洗浄成分一例>• ココイルグルタミン酸Na• ココイルグリシンK• ラウロイルメチルアラニンNa …等 <両性界面活性剤の一例>• ココアンホ酢酸Na• コカミドプロピルベタイン …等 身体をさっぱり洗うのが好みの人や汗をかきやすいオイリー肌の人は、 アミノ酸系の洗浄成分よりも洗浄力が高く、肌への負担も比較的少ない「石けん系」「カルボン酸系」のボディソープを使うと良いでしょう。 また、石けん系とカルボン酸系では、石けん系の洗浄成分の方が比較的洗浄力が高い傾向にあります。 そのため、 泡切れが良い石けん系のボディソープは、特に洗った後のヌルヌル感が苦手な人におすすめです。 <石けん系の洗浄成分一例>• カリ石ケン素地(石けん)• ラウレス-4カルボン酸• ラウレス-6カルボン酸 …等 今回検証した商品• クロバーコーポレーション|敏感なお肌のための泡のボディソープ 500ml• 花王|ビオレu 潤い美肌 ボディウォッシュ 480ml• クラシエホームプロダクツ|ラメランス ボディウォッシュ 480ml• 花王|ビオレu ボディウォッシュ• 持田ヘルスケア|コラージュフルフル 泡石鹸• アクシス|レイヴィーフォームボディシャンプー ゴートミルク&ココナッツエキス 1000ml• マックス|素あわ ボディウォッシュ 500ml(医薬部外品)• 花王|ビオレu ザ ボディ 液体タイプ ピュアリーサボンの香り ポンプ 480ml• 第一三共ヘルスケア|ミノン 全身シャンプー 120ml(医薬部外品)• 良品計画|無印良品 石けんボディソープ 400ml• イソップ|ボディクレンザー11 200ml• ネサンス|マニス ホワイトボディシャンプー 450ml• ステラシード|アミノメイソン ホイップクリーム ボディソープ モイスト 450ml• 水生活製作所|おぷろ ボディソープ 600ml• ヒラマツ商事|かさ肌かゆ肌 ボディシャンプー 600ml• ロート製薬|ケアセラ 泡の高保湿 ボディウォッシュ• カラーズ|アルジェラン ボディソープ モイスト 500ml• イオントップバリュ|トップバリュ グリーンアイ フリーフロム 泡ボディソープ 450ml• 熊野油脂|麗白 ハトムギボディソープ 800ml• 花王|ビオレu ザボディ泡 ピュアリーサボンの香り ポンプ 540ml• セブン&アイ・ホールディングス(製造:熊野油脂)|セブンプレミアムライフスタイル ボディソープ 500ml• クラシエホームプロダクツ|ナイーブ 泡で出てくるボディソープ• ミヨシ石鹸|無添加せっけん泡のボディソープ 500ml• 持田ヘルスケア|コラージュフルフル 液体石鹸 250ml(医薬部外品)• ビーバイイー|ママバターボディソープ 400ml• クラシエホームプロダクツ|ミュオ ボディソープ 480ml• 資生堂|マシェリ フレグランスボディソープ 450ml• 牛乳石鹸共進社|カウブランド無添加 泡のボディソープ 550ml• イオントップバリュ|トップバリュ BodySoap 保湿成分 オリーブスクワラン 550ml• クラシエホームプロダクツ|ラメランス 泡ボディウォッシュ 480ml• 花王|キュレル ボディウォッシュ 420ml(医薬部外品)• 牛乳石鹸共進社|バウンシア ボディソープ• ジャパンゲートウェイ|ボディウォッシュ フローラルハーブ• 中央物産|マジックソープ ベビーマイルド 944ml• 花王|キュレル 泡ボディウォッシュ 480ml(医薬部外品)• マーナーコスメチックス|薬用ホワイトコンク ボディシャンプーC II 150ml(医薬部外品)• 牛乳石鹸共進社|カウブランド 無添加ボディソープ 550ml• セブン&アイ・ホールディングス(製造:熊野油脂)|セブンプレミアムライフスタイル 植物の恵みで肌にやさしいボディソープ 500ml• ライオン|hadakara 泡ボディソープ 550ml• 花王|ニベア クリームケア ボディウォッシュ ヨーロピアンホワイトソープ ポンプ 480ml• ライオン|hadakara ボディソープ 500ml• カインズ|肌にやさしいボディソープ 600ml• カラーズ|ザ パブリック オーガニック スーパーリフレッシュ ボディソープ REF 480ml• クラシエホームプロダクツ|ナイーブ ボディソープ 530ml• ユニリーバ・ジャパン|ダヴ ボディウォッシュ ボタニカルセレクション 500g• ユニリーバ・ジャパン|LUX フォーエバーコレクション ロマンスフォーエバー 350g• ネイチャーラボ|ダイアンボタニカル ボディソープ ディープモイスト 500ml• 資生堂|シーブリーズ ボディシャンプー クール&デオドラント 600ml(医薬部外品)• 第一三共ヘルスケア|ミノン全身シャンプー 泡タイプ 500mL(医薬部外品)• マックス|太陽のさちEX 薬用ボディソープ 500ml(医薬部外品)• ユニリーバ・ジャパン|LUX ボディソープ 350g• SPRジャパン|サムライウーマン ボディソープ 550ml• ユニリーバ・ジャパン|LUX プレミアム ボタニフィーク ボディソープ 490g• 牛乳石鹸共進社|ミルキィ ボディソープ 550ml• ロート製薬|デオコ 薬用ボディクレンズ• 花王|ビオレu 泡で出てくるボディウォッシュ 600ml• コーセー|ソフティモ ナチュサボン セレクト ホワイト ボディウォッシュ リッチモイスト 500ml• 花王|ニベア エンジェルスキン ボディウォッシュ 480ml• 資生堂|クユラ ボディケアソープ 心やすらぐ香り ジャンボサイズ 550ml• 資生堂|専科 パーフェクトバブル フォーボディー 500ml• ユニリーバ・ジャパン|LUX アスレジャー ヘルシーシャイン リフレッシュボディソープ 490g• スタイリングライフ・ホールディングス|クレンジングリサーチ ボディクリアソープ しっかり角質クリア 400ml• ユニリーバ・ジャパン|ダヴ プレミアムモイスチャーケア ボディウォッシュ 最初に検証したのは、洗浄力。 ボディソープを選ぶ上で、きちんと身体の汚れが落ちるかどうかは非常に重要なポイントですよね。 まずは、擬似的に肌の汚れを作るため、皮脂の主な成分であるステアリン酸・オレイン酸を混ぜて着色した人工皮脂を用意。 ガラスプレートにできるだけ差が出ないよう、薄く塗りつけました。 次に、液体のボディソープは実際に使うことを想定し、同じ希釈率になるよう水で薄めて約30秒間ハンドミキサーで泡立てたものを用意。 泡タイプは、薄めずにボトルからそのままコップに3プッシュずつ出しました。 用意した泡の入ったコップの中で、人工皮脂を塗りつけたガラスを20回優しく前後に揺らし、人工皮脂がより落ちたものを5. 0点、全く落ちなかったものを1. 0点として目視で評価しています。 今回は成分に詳しい元化粧品系研究開発者のMizuhaさんに、ボディソープを成分視点で厳しくチェックしてもらい総合的に評価しました。 <敏感肌のための美容研究員 Mizuhaさん> 元化粧品系の研究開発部で働いて得た現場の知識を活かし、主に「敏感肌」をはじめ肌の弱い方に化粧品の成分・使用感について積極的に情報を発信している。 現在は、大学機関にて研究員として、新規医薬品の創製に関する研究を行う。 化粧品成分上級スペシャリストやコスメコンシェルジュなどの美容・化粧品関連の資格も多数保有。 SNSでは10年以上続けてきたコスメの成分調査が評判となり活躍の幅を広げている。 (ブログ:) 成分評価は、以下のポイントから実施しました。 ボディソープの「洗浄」の役割を果たす、界面活性剤のタイプをチェック• 刺激となる可能性のある成分が配合されているか• 保湿成分が配合されているか• 肌荒れの緩和が期待できる成分が配合されているか ただし、医薬部外品は各メーカーに成分表示が依存しており、全成分が記載されていない場合があります。 そのため、 医薬部外品(薬用ボディソープ)については、あくまで記載されている成分のみで評価を実施しました。 弱酸性タイプのボディソープには、さらに詳しく肌への影響を調べるため 卵白を使用した「タンパク変性試験」も実施しました。 ) タンパク変性試験とは、 洗浄成分による皮膚や髪の毛への刺激性を測るための1つの手法です。 皮膚などと同様にタンパク質の多い卵白に洗浄剤を混ぜて、 卵白が白く濁れば濁るほど肌への負担となる可能性があるため、刺激の強弱を判断することができます。 今回は、同じ希釈率で薄めたボディソープを卵白に一滴混ぜて3分放置した後、黒い紙の上で濁り度合いを観察しました。 評価としては、 弱酸性タイプの成分評価が同点だった場合に、補足的に利用しています。 ボディソープの主成分である洗浄成分によっても、肌へのやさしさは大きく異なります。 そのため、選び方で説明した通り、洗浄成分が アミノ酸系または石けん系の無添加ボディソープが高評価を獲得しました! 一方で、洗浄力が高い成分やさっぱり感を演出するエタノール、香りづけ成分としても使用される精油類の配合数が多いボディソープは、評価があまりよくない結果に。 精油は、リラックス効果のある穏やかな香りや肌荒れを防ぐ効果、美容効果も期待できますが、 複数種類以上配合されることで肌質によってはまれに刺激に感じることもあります。 そのため、肌が弱い人は事前に腕など隠しやすいパーツで自分の肌に合うか確かめて使うようにしましょう。 たくさんあるボディソープ、保湿も汚れを落とす効果も重視したいけど、どれを選べば良いのか分からない!とお悩みの方にご紹介したいのが「 」です。

次の

タマラン

ソープ ランキング

はじめにも紹介しましたが人間の肌は弱酸性です。 肌が敏感で乾燥しがちの方は、弱酸性やアミノ酸系、無添加、オーガニックなどのボディソープをお使い頂くことをおすすめします。 ただ、本来の固形石けんは強アルカリ性ですが、液体石けんのボディソープなどは原料が異なるため強アルカリ性ではありません。 石けん成分を使用した多くの商品は無添加だったり、低刺激処方などが施されているので肌に優しい商品となります。 さらに、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンをはじめとする保湿成分が含まれているものだと、より乾燥から肌を守ってくれますよ。 肌の乾燥は敏感肌の症状を悪化させてしまうので注意しましょうね。 ストーリアの「モイスト・ダイアン オイルインボディソープ 」 こちらは2016年LDK11月号で成分評価が100点満点と称されたボディソープです。 弱アルカリ性の石けん成分を使用し、さらに14種類のレアオイルをトッピングして高保湿を実現。 また、美容成分のフルーツエキスがしっかり配合されているところもGOOD。 美肌効果が期待できますね! さらに、肌が嫌がる石油系洗浄剤・動物由来原料・鉱物油・アルコール・シリコン・着色料の6つの成分が使用されていないので、デリケートな肌には高ポイント。 石けん成分できっちり洗浄してオイルの力でしっとり保湿、肌にダメージを与える成分も不使用なので完璧すぎるボディソープと呼ばれるのも納得です!• 第一三共ヘルスケアの「MINON ミノン 全身シャンプー」 こちらは医薬部外品の全身洗えるシャンプーです。 身体・頭・顔もこれ1つでオールOK。 洗い上がりはしっとりするタイプになり、また皮膚科学に基づいて作られた低刺激処方を採用しているので肌が敏感な方におすすめです。 さらにアルカリ性ではなく弱酸性なので必要以上に肌を洗浄してしまう心配もありません。 加えて、肌荒れを防ぐ成分 アラントイン、グリチルリチン酸アンモニウム も配合されているので、フケやかゆみからも優しく守ってくれます。 乾燥レベルがハードな方や敏感肌でお悩みの方へ是非おすすめしたい商品です。 花王の「ビオレu 潤い美肌ボディウォッシュ」 人気のビオレから新シリーズの登場です。 こちらは肘や膝のカサつきや肌に潤いが無くなってきたと感じる方に是非おすすめ。 大人のビオレと言ったところですね。 保湿成分にアミノ酸を使用しているところが魅力。 アミノ酸は肌の角層の潤いにとっても重要な成分なんです。 洗い上がりもしっとりとした潤いが持続します。 さらに香りの種類は3種類!今までのビオレと比べると、どれも大人な香りをお楽しみ頂けちゃいます。 香りは大人ですが弱酸性のボディソープなので、子供から大人まで家族みんなで使えますよ。 ただし、洗い流してもしっとりヌルッと感が残ることは頭に入れておいて下さいね。 ドクターブロナーの「マジックソープ」 こちらは全米でNo. 1の売り上げを誇るオーガニックボディソープになります。 また、身体だけでなく頭や顔もそのまま洗えるのでとっても経済的ですね。 さらにメイクも落とすことが出来る優れもの。 洗浄力はしっかりしているにも関わらず洗い上がりがマイルドなところもGOODです。 ユニリーバ・ジャパンの「Dove ダヴ ボディウォッシュ」 誰もが一度は目にしたことがあるはず。 言わずと知れたボディソープ世界売り上げNo. 1のDoveボディウォッシュです。 日本のみならず海外のスーパーやドラッグストアでも必ず置いてある定番商品。 高保湿ミルク配合の保湿成分が肌の角層まで浸透し、肌を乾燥から守ってくれます。 また香りは癖のない優しいフローラルなので、どなたにも好まれる匂いではないでしょうか。 ずっと触っていたくなるほどですよ。 Doveしか使ったことがない、これ以外使う気はないという方も多い人気のボディソープです。 これから予備として買い足す方も、新しいボディソープに乗り換えを考えている方も、ぜひ一度はお試し下さい!きっと満足していただけますよ。

次の