あかざ。 鑑定士【逢風(あかざ)先生】のご紹介|当たると評判の電話占い【マヒナ】

【鬼滅の刃】あかざ(猗窩座)の死亡シーンに感動!最後決着は?

あかざ

【鬼滅の刃】上弦の参・あかざ(猗窩座)死亡シーンが感動 もう18巻の絵ばれいいかね?嫌な人は見ないでくれ 猗窩座の最後抱きつきながら消えていくの幸せなんだか悲しいんだかわからないなんかフワフワした気持ちになるコマだよね — 多趣味野郎 Jz8HiVEK4ur4PgM 猗窩座(あかざ)の最後の死亡シーンは上の画像です。 何かを抱きかかえるような形で亡くなっていますね。 いったい何を抱えているのでしょうか? 気になります…。 また、戦闘中、猗窩座は 炭治郎に頸を斬られました。 ですが、 頸の弱点を克服してしまったんです! となると、上の画像のように死ぬにはどんな戦いとなったのでしょうか? また、誰が倒したのでしょうか? 【鬼滅の刃】上弦の参・あかざ(猗窩座)死亡は最後誰が倒した? 上弦の参 猗窩座だ。 また、 最後の手を広げて体が崩れていくシーン。 あれは、どういう意味なのかも気になりますよね。 ということで、早速順を追って見ていきましょう! 猗窩座(あかざ)の不快感 猗窩座は炭治郎と義勇さん相手に戦います。 強者が好きな猗窩座は、 炭治郎が格段に強くなったことに喜びますがなぜか 不快感がぬぐえないままでした。 あと、あかざと対峙したときの、「弱い者を守る」という価値観に対して、「お前が今そこに居ることがその証明だよ」「生まれたときは誰もが弱い赤子だ」というぐうの音も出ない説得力を付け加えたのも最高。。 顔も思い出せませんが、 道着を着て炭治郎と同じことを言っていた人でした。 猗窩座の暴走 炭治郎に言われたことにカチンときて猗窩座は 今までにないくらいの速度で技を出し始めます。 そこで炭治郎を仕留めようとしたときに義勇さんが参戦します。 しかも痣を出していました。 ですが痣を出しただけではかなうはずもなく猗窩座に殺されそうになります。 そんな時覚醒した炭治郎が登場! 頸を斬られる 「透き通る世界」に入った炭治郎を危険だと感じ 猗窩座は、 不可避でほぼ同時に100発の乱れうち 「終式 青銀乱残(あおぎんらんざん)」 という技を繰りだします。 これで炭治郎が死んだと思っていた矢先… 炭治郎に背後を取られ 頸を斬られてしまいました。 頸の弱点の克服 殺気も闘気も放たず頸を斬った炭治郎。 これにより、猗窩座は自分が求めていた 「至高の領域」があると確信しました。 そう思うと同時に、 「ここでは終われない、もっと強くなる」 という思いも込み上げてきます。 そして、首を繋げようとしました。 その最中炭治郎の得意技「刀投げ」で猗窩座の頸がつながるのを防ごうとします。 頸は崩れたものの胴体だけで動き始めてしまいました。 過去を思い出す猗窩座 そんな時 一人の女の子が猗窩座の手を引っ張り 「もうやめて」といいます。 炭治郎の言動で思い出しかけていた過去がここで完全によみがえりました。 そんな過去は… ということ! その3人は父親、恋人、武術の師範。 そのうち恋人と師範は毒殺されたんです。 それにより、彼は犯人を殺し師範の武術をけがしてしまいました。 また、父親とのまっとうに生きるという約束を守れませんでした。 そんな我慢が出来ない 弱い自分を殺したかったと猗窩座は思い至ります。 猗窩座の自爆 そうして 猗窩座は炭治郎に感謝しながら自爆しました。 ですが、 思いとは裏腹に体は再生し続けます。 そんな時、猗窩座の意識の中では 人間だった頃の 師範、父親が出てきて 「もういいんだよ、天国には連れていけないけど見捨てない」 的なことを言います。 その言葉で、 鬼の身体だった猗窩座は人間に戻りかけました。 ですが、 無惨が登場し 「もっと強くなるんではなかったのか、これで終わるのか?」 的なことを言います。 その言葉で 大切な3人のためにもっと強くならねばと思いだした猗窩座は 体が鬼に戻っていくんです。 猗窩座の意志と最後 鬼滅の刃、17巻18巻読んだけど 猗窩座….. すかさず、 呼び止める無惨。 ですが、それを無視し、積を切ったように猗窩座は恋人に抱き着き泣き始めます。 すると、 鬼の身体は人間の身体に戻ったんです。 そうして二人はそのまま業火に焼かれ消えていきました。 それと同時に 現実では、 猗窩座の再生が止まり体が崩れ消えていきましたとさ。 これが、猗窩座の最後までの道のりでした。 大分長くなってしまいましたがこんな感じです。 笑 しかし、自爆したなんて衝撃ですよね! 意識の中で 無惨様を振って人間だった頃の人の手を取っているし。 それで、 無惨の鬼呪が解けて死ぬことが出来たんでしょうね。 また、猗窩座が 強さを求めるのは強くないと誰も守れないから。 弱い人が嫌いだったのは自分が嫌いの裏返しだったのですね。 鬼となって記憶がなくなっても無意識に行動に過去がでていた…。 最後に 抱きかかえていたのは恋人だったということがわかりましたね。 本当に意外なこと続きの猗窩座戦でした!.

次の

コアカザ

あかざ

上弦の参・猗窩座 あかざ は道具を使わず、自らの体ひとつで戦う接近戦を得意とする鬼です。 鬼無辻無惨に一目置かれており、上弦の鬼の中でも彼には物語のキーアイテムである「青い彼岸花」を探すという特別な任務が与えられています。 そのため、他の鬼は自分の拠点からあまり動かないのに対し、彼の行動範囲は非常に広くなっています。 髪は紅色、白っぽい肌の体に藍色のラインが所々入った特徴的な姿をしており、手の指先と足は藍色に染まっているのが特徴。 服装は袖の無い上着にズボン、両足首に数珠をつけているだけの身軽な格好です。 無惨が下弦の鬼たちに向けて言った「上弦は100年変わっていない」という発言から、100年間もトップクラスの強さを誇っていることが分かります。 読み進める際は気をつけてください。 猗窩座 あかざ は、強者との戦いを好む好戦的な性格で、不意打ちを狙うことはなく真向から勝負を挑みます。 強者と出会うと素直にその力量を褒め称え、「殺すのは惜しいから鬼にならないか」と進んで勧誘する場面も。 もし相手が賛同しなければ、たとえ惜しいほどの実力があっても殺すことに変わりはないようです。 強者には好意的に接する彼ですが、弱者には一転して冷たく接します。 その差が見られたのは、煉獄・炭治郎と対面した無限列車での場面でした。 下弦の壱・魘夢 えんむ との戦いで負傷した炭治郎を猗窩座は真っ先に狙いました。 その理由は「強者である煉獄との戦いの邪魔になるから」。 この場面から猗窩座がいかに強者との戦いを好んでいるか、強さに拘るかが分かりますね。 猗窩座 あかざ は、人間の頃の名前は「狛治 はくじ 」でした。 貧しい家庭の育ちで、幼い彼は病気を患った父の薬代を稼ぐためにスリを繰り返す生活。 父を守りたい一心でしたことですが、捕まるたびに彼の体には罪人の証として腕に刺青が刻まれてしまいます。 そして6回目の刺青が刻まれたとき、犯罪の原因になったことへの自責の念から、父は狛治が捕まっていた間に自らの命を絶ってしまったのです。 彼はその後追放され、その先で道場の主・慶蔵 けいぞう に目をつけられます。 彼はその道場の弟子となり、病気がちな娘・恋雪 こゆき の看病も任されました。 そして18歳になったとき、道場の跡継ぎに指名され、恋雪との結婚も決まります。 「誰よりも強くなり、恋雪を一生かけて守る」と誓った彼でしたが、自分の留守中に井戸に毒を入れられ、慶蔵・恋雪を亡くしてしまうのでした……。 猗窩座の血鬼術「破壊殺 はかいさつ 」は、自らの身体を強化し武術による技を出すというシンプルなもの。 中でも「滅式」は、煉獄が渾身の威力で出した型ですらも打ち破るほど強力です。 更には相手の闘気を感知し動きを読む技も習得しているため、相手をより正確に狙えるようになっています。 また、再生能力にも優れています。 鬼は首以外を切られると新たに生やすように再生しますが、猗窩座の場合はくっつけるだけで元通り動かすことができるのです。 また、他の鬼の再生を阻害できたヒノカミ神楽の技で切られても猗窩座の再生には影響がありませんでした。 鬼殺隊が無限城に突入した後、炭治郎・義勇は猗窩座と交戦します。 戦いの中で無限列車では弱者と見なした炭治郎を認め、血鬼術を使って2人を追いつめます。 究極の武術を前に2人は苦戦しますが、炭治郎が「透明な世界」に目覚めたことで形勢が逆転します。 そしてヒノカミ神楽の奥義でついに首を刎ねられますが…… これまでの鬼とは違い、なんと炭化せずに動き出します。 その内面では人間のころの記憶を全て思い出すと同時に、無惨の思念に「強くなりたいのではなかったのか」と語りかけられ狛治と猗窩座との間で揺らいでいました。 そんな彼を止めたのは、鬼になってなお守ろうとした誓いの相手である恋雪。 父や慶蔵、恋雪に迎えられて狛治は地獄へと旅立ち、猗窩座の体はようやく塵となるのでした。

次の

【鬼滅の刃】あかざ(猗窩座)の死亡シーンに感動!最後決着は?

あかざ

あかざのページの著作権 情報提供元はにて確認できます。 株式会社三省堂 Copyright C 2001-2020 Sanseido Co. ,Ltd. All rights reserved. All rights reserved. Electronic Dictionary Research and Development Group This page uses the dictionary files. These files are the property of the , and are used in conformance with the Group's. に掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike CC-BY-SA もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in.

次の