霜降り ミキ exit。 TBS、深夜バラエティーも改革 「第7世代」集結、『有吉ジャポン』リニューアルで勝負

霜降り明星、ミキ、EXIT新番組|エンタMEGA

霜降り ミキ exit

今をときめくお笑い第7世代の芸人が集った、新番組『霜降りミキXIT』(TBS系)が話題だ。 月曜の深夜帯で4月度よりスタートする。 だが、人気芸人を頭だけ揃えた番組になるのではないかといった批判が一部のお笑いファンから生じている。 旬の人気芸人が集った番組といえば、ダウンタウンとウッチャンナンチャンらによる『夢で逢えたら』(フジテレビ系)や、ナインティナイン、よゐこ、極楽とんぼらが集った『とぶくすり』(同)などが知られている。 』へと繋がるのはよく知られている。 このほか、『めちゃイケ』の弟分的な番組としてはキングコング、ロバート、ドランクドラゴンらが集った『はねるのトびら』(同)などが知られている。 だが若手芸人を集めた番組はこうした成功例ばかりではないのも確かである。 1997年放送開始の『少年サトル』(同)はココリコ、ふかわりょう、つぶやきしろーが事務所の垣根を越えて集まるも高い人気は得られず1年で終了。 2014年放送開始の『ミレニアムズ』(同)では、オードリー、ウーマンラッシュアワー、ナイツ、流れ星、南海キャンディーズ山里亮太の2000年デビューの漫才師9人が集められた番組であったがこちらも1年で終了してしまう。 のちにオードリーや山里はスタッフと折り合いが悪かったと振り返っている。 若手芸人を名前だけで集めたとしても深夜番組ならば見切り発車は可能である。 ただ、その後の成功可能性は未知数である。 番組内容をどこまで煮詰められるかに加え、芸人間の相性の問題もあるだろう。 『霜降りミキXIT』は多忙を極める3組が出演するだけに、彼らがどこまで労力を注げるかが要と言えそうだ。 (文=相川ナロウ).

次の

霜降りミキXITの番組内容や放送時間は?ゲストはどんな人?関西での放送はあるのか

霜降り ミキ exit

4月からTBSの深0時台の番組が大幅にリニューアルされることが分かった。 月曜日は、「お笑い第7世代」霜降り明星・ミキ・EXITの6人がMCを務めるトークバラエティ『霜降りミキXIT』。 ゲストの特徴により、さまざまなジャンルの「大人の男になるためのレクチャー」が展開され、6人はゲストから出題されたお題やテーマにチャレンジ。 毎回1人が勝者として選ばれる。 番組後半では、MC6人だけのコーナー企画も展開。 霜降り明星・ミキ・EXITという座組みだからこそできる、令和の新しいトークバラエティを目指す。 水曜日は、深夜帯で過去3回、ゴールデン帯で1回の4度にわたり特番として放送してきた『バナナサンド』がレギュラー化。 バナナマンとサンドウィッチマンがMCを務める。 「2組でなんか一緒に番組やりたいね」という雑談から始まったこの番組。 MC4人がゲストとさまざまな企画を展開する。 金曜日は、2012年10月にスタートし8年目を迎えた『有吉ジャポン』が『有吉ジャポンIIジロジロ有吉』にリニューアル。 テッペン!『霜降りミキXIT』 4月スタート 毎週月曜 後11・56~深0・55 <出演者> MC:霜降り明星(粗品・せいや)、ミキ(亜生・昴生)、EXIT(りんたろー。

次の

霜降りミキXIT 初MCがヤバい!第7世代に世代交代?

霜降り ミキ exit

3月3日、TBSが4月の番組改編情報において、月曜深夜に霜降り明星、ミキ、EXITの3組がMCを務める新番組『霜降りミキXIT』がスタートすると発表した。 言わずもがな、「お笑い第7世代」のトップランナーが集ったとも言えるだろう。 番組内容は、6人がワンランク上の男になるためゲストを招いて、そこから極意を学ぶのがメイン企画となる。 さらに、番組後半には6人で行うコーナーも用意されるようだ。 』 同 などでも行われており、若手芸人を揃えた番組構成としてはオーソドックスなものであるだろう。 それぞれのコンビのファンとしては嬉しいのかもしれないが、コアなお笑いファンからは懸念要素も上がっている。 やはり、気になるのはコンビの並びであろう。 芸歴的にも横並びの芸人であるため、誰が仕切り役を担うのかが見えてこない。 ネット上でも、「ここは中堅芸人とかの意外なコラボが見たいところ」「この6人って引っ張るMCがいてこそ映えるタイプなんだよな」といった指摘が聞かれる。 さらに、ミキと霜降り明星は大阪時代から勝手知ってる仲であり、霜降りの粗品が、先輩であるミキの兄である昴生の頭をはたくといったやりとりは、もはやベタネタであろう。 この2組にEXITがどのように絡んでいくかがうまく見えてこないといった声が多いようだ。 しかも、全員が吉本興業の所属芸人であり、良くも悪くも「楽屋ノリ」に収まってしまってはもったいない。 やはり、他事務所の芸人とのコラボも見たいところだ。 ネット上でも、「何か人気芸人を並べただけという感じがする」「すぐに終わりそう」といった厳し目の声が聞かれた。 ただ、勢いがある芸人が揃っているのは確かであり、こうした前評判を覆す新境地を見せてもらいたいものだ。 外部サイト.

次の