西田 敏行 病気。 西田敏行の病気はがんだった?激やせの原因と現在について!

西田敏行の激やせの原因は?病気か薬か黒い噂と奇行とは何?

西田 敏行 病気

西田敏行さんといえば、涙もろい人情味溢れる人物 そういうイメージが強いですよね。 実際に、本当によく泣く方で 若手お笑い芸人が一生懸命やっていると、 その裏の苦労を読んで泣いてしまったり・・・ 動物や小さい子どもが出てきたらそれだけで泣いたり・・・ スポンサーリンク ものすごく涙もろい方なんだとか。 そんな西田敏行さんが実はドSだといううわさがあるのです。 ・・・なかなかドSのイメージがつきにくいですよね。 ドSとかそういうの超えてませんか・・ そのカンボジアでの黒い噂は本当なのでしょうか。 なにやらその時の映像があるそうです。 この骨折りのドS行為をさせてくれる少女を探した仲介役がいたようで、 黒い噂の映像はこの仲介役が撮影したらしいですよ。 しかし黒い噂の映像は公開はされていなく、 西田敏行さん自身この映像で恐喝されているらしいのです。 女性ががシャワーを浴びて出てくると 目の前にはなんと600万円も!! 西田敏行さんは ホテルと話はつけてあるし、治療も最高の病院を紹介するから、 君の腕を折らせてくれ!! と土下座で頼んだそうです。 しかし、日本のSMクラブに限っては 女の子が通報して西田敏行さんは既に逮捕されていると思います。 西田敏行さんが実はかなりSM趣味の持ち主だということは、 かなり有名な話らしいです。

次の

⑮西田敏行の現在の病気は想像以上に深刻!?実は杖なしでは生活できないほど弱っていて、劇痩せしている!がん疑惑も浮上!2016年には手術した?真相まとめ。

西田 敏行 病気

Sponsored Link 「釣りバカ日誌」でスーさん役 2015年9月、 連続ドラマ 「釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助~」で、 西田さんがスーさん役を演じられることが、 発表されました。 スーさんといえば、今は亡き、 さんがずっと演じてこられたのですが、 この話があった時、 ハマちゃんとして20年生きてきて、 今度はスーさんを生きてみないかということでしょう。 とは、分かりつつも、 スーさんを演じることについては、 最初はありえないかなと思っていました。 と前向きではなかったそうです。 元祖釣りバカの、スーさん(三國さん)と ハマちゃん(西田さん) しかし、2009年に、 「釣りバカ」シリーズが終了して以来、 「釣りバカ」の復活を楽しみに、 待っている人たちの存在を知ったこともあり、 時間と共に、 気持ちが変わっていかれたそうで、 もう一度「釣りバカ日誌」の世界に、 足を踏み入れてもいいかな、 スーさんという立場でやってみてもいいのかな、 という気持ちになっていったんです。 と、そのお気持ちの変化を語っておられました。 ハマちゃん役を演じられる、 さんには、 一緒に新しいモノを作っていきましょう。 と声をかけられたのだとか。 新釣りバカの、スーさん(西田さん)と ハマちゃん(濱田さん) 西田さんの、釣りバカに対する愛情と、 濱田さんに気を遣わせない配慮が、 伝わってきますね。 そんな西田さんの、 気になる話題について調べてみました! 養子? 西田さんを「養子」で検索されている方が、 たくさんいらっしゃるようです。 養子のお子さんがいらっしゃるのかと思い、 調べてみると、そうではなく、 実は、西田さんご自身が、 5歳の時に養子となられたのだそうです。 お父さんを亡くされ、 その後、実のお母さんが再婚されたことから、 母方の伯母さん夫婦に育てられたのだそうです。 育ててくれた伯母さん夫婦に対し、 大きな愛情を注いでくれて、僕の骨格を作ってくれた。 と西田さんはおっしゃっていました。 ご夫婦揃って映画好きだったため、 よく映画を見に連れて行ってくれたのだとか。 その影響でしょう、 西田さんは小学校5,6年で、 早くも役者になることを夢見たそうです。 1980年のテレビドラマ 「池中玄太80キロ」で、 主役の池中玄太を演じられた西田さんですが、 タイトルの「80キロ」は、 制作当時の西田さんの体重だったとか。 「池中玄太80キロ」より。 (左から)さん、 安孫子里香さん、西田さん、有馬加奈子さん。 身長166センチで体重80キロは、 かなり恰幅が良いですね。 それと関係があるのかどうかは、 分かりませんが、 西田さんは、2001年、 「頸椎性頸髄症」を患われ、入院されていたそうです。 この病気は、首の骨が変形し、 頚椎の神経が圧迫され、手足がしびれるのだそうです。 西田さんは、91キロあった体重を、 入院中に82キロまで落とされ、 タバコもやめられたそうです。 たばこもきっぱりやめた。 おかげで入院前より体の状態は良いぐらい。 そして、 発症して病院に向かう途中、 「おれの人生もフィニッシュか」と思ったこともあったが、 処置が早かったおかげで救われた。 助けていただいた命だけに大事にしたい。 と、おっしゃっていました。

次の

西田敏行の生い立ち~養子の子供時代に娘は2人で現在の病気は?

西田 敏行 病気

相変わらず多くのドラマや映画で彼の姿を見かけるが、彼が出るシーンをよく見ると、ちょっと不可解な点が……。 心配される体調 「ここ数年、歩いたり、走るシーンがほとんどないんです」(芸能プロ関係者) たしかに、出演中の『サイン』や昨年日本テレビ系で放送された『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』、'17年のテレビ朝日系ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~第5シリーズ』でも、基本的に座っているシーンばかり。 実は、最近の撮影現場ではこんな指示が出ていた。 「8月21日に、同作のリハーサルや劇中映像を収めたプロモーションビデオが公開されるイベントがあったのですが、歩くときに杖をついていましたよ。 元気ならば杖は使わないと思うのですが、いったい何があったんでしょうか……」(スポーツ紙記者) 今年で72歳になる西田だが、数々の功績をあげてきたウラでは多くのケガや病気を経験してきた。 「'01年に頸椎性脊髄症で神経圧迫部位を除去する手術をしました。 妻に直撃すると 8月中旬のお昼すぎ、都内にある自宅に帰ってきた彼の妻に話を聞いた。 日本で唯一の足の総合病院である、『下北沢病院 足病総合センター』 センター長の菊池恭太氏は、3年前のケガと、現在ひざを痛めていることに直接的な関係はないと指摘する。 「ただ、頸椎を痛めたときに、頸椎の中に走る脊髄や神経を損傷したことで、神経に影響が出た場合、筋力や身体のバランス機能が低下したり、足の運びがぎこちなくなるなど、歩行機能が低下する場合があります。 身体機能が衰えたことで、ひざにかかる負担も増えると思いますね」 ひざを痛めていることに関しては、こんな可能性も。 「変形性膝関節症が推測されます。 特に、西田さんと同じ60〜70代の人はかかりやすい。 原因としては、単にひざを使い古したことによる先行する要因がない一次性のものと、ひざをケガしたり、病気をしたことで関節を悪くする二次性のものがあります。 西田さんの場合、どちらの可能性もありますが、頸椎を痛めて身体機能が衰えたことで、ひざへの負担が増えて患うことが考えられます」(菊池氏) ひざの件に関して、西田の所属事務所に問い合わせると、 「ひざを痛めていることは事実です。 3年前に頸椎をケガしたころから悪くなりましたが、大きな病気ではなく、年齢を重ねたことでひざの関節を悪くしたためです。 (テレビや映画に出る際は)事前にそうした事情を話し、身体の状況に合った仕事をしています」 また彼が元気に歩くシーンが見られるといいけど……。

次の