妊娠中うつ伏せ。 妊娠中の寝る姿勢は体にどう影響する?

妊婦さんはうつぶせ寝NG!?妊娠中のうつぶせ寝リスクと9つの対処法

妊娠中うつ伏せ

日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。 現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。 妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 初めての妊娠では、食べ物や過ごし方など、いろいろなことが気になりますよね。 特にホルモンバランスの変化で精神的に不安定になりやすい妊娠初期は、小さな疑問が大きな不安につながってしまうこともあります。 なかでも、妊娠初期の寝方は、妊婦さんによくある疑問の一つです。 今回は、妊娠初期のうつぶせ寝には問題がないのか、どんなリスクや注意点があるのかをご説明します。 妊娠初期の母体の状態と過ごし方は? 妊娠初期は、胎盤やへその緒、赤ちゃんのさまざまな器官などが形成される、とても大切な時期です。 つわりでつらい思いをする人も多くいますが、食べられるものをできる範囲で食べたり、こまめに水分補給してくださいね。 この時期は、まだそれほどお腹が目立たないものの、デリケートな時期なので無理は禁物です。 外出時はバッグにマタニティマークをつけるなどして、周囲に協力をお願いするのも一つの方法です。 妊娠する前と比べて心身ともに変化があって戸惑ったり、仕事との両立などに悩んだりすることもあるかもしれませんが、まずは赤ちゃんとママの体を第一に考えたマタニティライフを送りましょう。 関連記事 妊娠初期にうつぶせで寝てもいいの?リスクはある? 妊娠初期の赤ちゃんは、胎盤と羊水でしっかりと守られているので、ママの寝方が赤ちゃんに悪影響を与えることはありません。 普段からうつぶせ寝だとリラックスできるという人は、引き続きうつぶせで寝ても大丈夫です。 自分が楽だと感じる体勢で寝ましょう。 ただし、妊娠初期にお腹の張りがあり、少し安静にしても治まらないようであれば、念のため産婦人科を受診してください。 また、お腹がだんだんと大きくなってきて、うつぶせや仰向けが苦しくなってきたら注意が必要です。 基本的に、ママが苦しい姿勢は赤ちゃんにとってもあまり良くないと考え、なるべく楽な寝方をしてくださいね。 関連記事 妊娠初期の寝方の注意点は? 妊娠初期の寝方で避けたいのは、座ったまま机などに突っ伏して長時間寝てしまうことです。 長い時間座ったままの姿勢でいることで体の血流が悪くなり、さらにお腹を内側にして背中を丸めているので、肩こりや腰痛を引き起こしやすくなってしまいます。 妊娠初期は体型がほとんど変わらないので、つわりなどの妊娠初期症状がなければ、無理をしてしまいがちです。 しかし、妊婦さんの体の中ではホルモンバランスが大きく変化しており、体調が変わりやすい時期です。 また、妊娠週数が進むにつれて、思うように体を動かせなくなってくるので、できるだけ妊娠初期から体を労ってあげてください。 もし仕事中などに気分が悪くなったら、デスクに突っ伏すのではなく、できるだけ静かで横になれる場所へ移動しましょう。 関連記事 妊娠初期を過ぎたら、うつぶせ以外の寝方をすべき? 妊娠初期を過ぎてお腹が大きくなり、うつぶせで寝るのが苦しくなってきたら、抱き枕を使った「シムスの体位」を試してみてください。 上のイラストのとおり、左側を下にして寝て、左足をまっすぐ伸ばし、右足の膝を曲げて抱き枕に乗せます。 抱き枕がなければ、膝の下に座布団やクッションを置きましょう。 シムスの体位は、お腹の右側にある太い血管(下大静脈)を子宮が圧迫しないよう、左を下にして寝るのが基本です。 しかし、ずっと同じ向きで寝ると苦しいという場合は、たまに体の右側を下にしたり、仰向けで寝たりするのもいいですね。 ただし、妊娠後期になるとお腹がだいぶ大きくなり、張りやすくなってくるので、仰向けで寝ていると大きくなった子宮で血管が圧迫され、低血圧・めまい・腰痛などさまざまなマイナートラブルが起こりやすくなるので注意しましょう。 シムスの体位には血液の循環を改善するだけでなく、リラックス効果も期待できるので、ぜひ試してみてくださいね。 妊娠初期はうつぶせで寝ても大丈夫! 妊娠すると、自分ひとりの体ではなくなるので、寝方一つを取っても「赤ちゃんに影響はないかな?」と心配になってしまうものです。 しかし、妊娠初期はうつぶせでも仰向けでも問題はないので、あまり深く考えすぎずに自分が心地よいと思えるスタイルで寝ましょう。 つわりなどで体調がつらいこともある時期なので、疲れやストレスを溜めこまないようゆっくり睡眠をとってくださいね。

次の

妊娠初期~後期の最適な寝方は仰向け?うつ伏せ?左下?右下?

妊娠中うつ伏せ

妊娠中の仰向けが赤ちゃんに与える影響 妊娠前には仰向けになって毎日就寝をしていた という人がいると思います。 妊娠を機に、寝方も変えなくてはならないとは、 驚くかもしれませんが、私も妊娠がわかってから 寝方を変えた一人です。 うつ伏せや仰向けなど色んな寝方で就寝を していると思いますが、特に仰向けはお母さんに 悪い影響を与えてしまいます。 そして、お母さんが苦痛ということは、 同じ体で生活をしている赤ちゃんも 苦しいということを忘れないでください。 仰向けに寝てしまうと、重いお腹が背中側に ある大きな血管を圧迫し、体全体の血の巡りが 悪くなるります。 その話を聞き、私は一度仰向けになってみました が、お腹が重くて短時間で仰向けはできないと 感じました。 赤ちゃんはお母さんからの血液を通し、 栄養や酸素をもらっているので、血流が 悪くなることは少しでも避けたいものです。 関連記事 ・ 仰向けが苦しいと感じるときの症状 絶対に仰向けに寝ては いけないというものでもありません。 リスクが高くなってしまうことから、 仰向けは妊婦さんには推奨されていないと 検診先の病院で教えてもらいました。 お腹が大きくなってきたときに、 仰向けに寝ていると 息が苦しく感じたことがあります。 ほんの数分で赤ちゃんに悪いような気がして、 体勢を変えたものです。 仰臥位低血圧症候群という症状があるように、 仰向けに寝た時に息が苦しいと感じたり、 気分が悪いと感じた時には、 すぐに体勢を変えることをオススメします。 そのまま寝てしまったりして、 酸素不足になることで、 気絶を招くこともあるので、 仰向けに寝る習慣は妊娠中には 避けるようにしましょう。 仰向けが苦しいということは、 妊娠中のお母さんの体の反応として、 通常の事なので心配しすぎない ようにしましょう。 ヨガやストレッチの一環で 少し仰向けになることがあるかと思います。 私もヨガはどうすればよいのかと 疑問に思ったことがありますが、 ヨガなどのポーズで仰向けになった際も、 なにか苦しいと感じた時には 無理に続けないようにしてくださいね。 仰向けはいつまでOK? 就寝時に仰向けが習慣だったという方、 妊娠初期にはまだお腹の圧迫を 心配することはないので 苦しくない範囲で可能かと思います。 自分自身が苦しくないなら、 仰向けで寝ることは可能ですが、 就寝中は意識が届きにくく、 寝ている間にお腹が張っていることがあるので 注意が必要になります。 お腹が張るという感覚は、 中期から後期にかけて多くなるので、 その時期の仰向けは 慎重になる必要があるかと思います。 私の場合には、 二人目を妊娠中に切迫早産だったので、 寝方にも指導がありました。 仰向けはやはりお腹に負担がかかります。 横を向く姿勢、 心臓にも負担がかからない寝方で 就寝をするように注意を するようにとのことでした。 自分の妊娠経過や、 寝苦しさなどを総合的に判断し、 自分が毎日行う姿勢を 見つけることもひとつの解決方法です。 妊娠中の寝方について 切迫早産の時に特に注意されたことが 就寝時の寝方でした。 就寝時にはお腹が張っていることに気が付かず、 朝目が覚めるとお腹がパンパンということも 多くあったので、寝るときのお腹の張りは 軽く見てはいけないと実感をしたものです。 基本的に、横向きになって下になる足を曲げる。 上にくる足を前に出し、バランスをとるような 形で寝ころびます。 体の中心を取るように、抱き枕などを挟んで、 抱えるような格好になります。 同じ方ばかり向くと、下の足の血流が 悪くなることがあるので、反対を向くように しましょう。 お腹が張ったと感じる時には、 私は一度座るようにしていました。 寝ている姿勢が苦しいこともあるので、 自分が楽な体制を見つけるようにしてください。 仰向けやうつ伏せは、赤ちゃんへの血流が 滞ることも考えられるので、避けるように 心がけることをオススメします。 関連記事 ・ 赤ちゃんが生まれるまで、うつ伏せや仰向けは我慢 出産をした後の楽しみの一つに、 私はうつ伏せに寝転ぶということがありました。 同じように、仰向けも制限されていたので、 私の場合には寝る体制にたくさん 我慢していた部分があったことからです。 周りの妊婦さんも、 早く自由に寝たいという話をしていたので、 ストレスに感じていなくても、 重いお腹を抱えて眠ることは、 体に大きな負担と なっていることが考えられます。 赤ちゃんを出産するまでの我慢ととらえ、 少しでもリスクがあることは、 避けるということもお母さんに必要な 決意の一つと言えるかもしれませんね。

次の

マタニティカイロプラクティック|妊娠中・妊婦さんのカイロ・整体

妊娠中うつ伏せ

妻の希望で購入 針灸をやっているサロンで使っているとのことで、妻の要望により購入しました。 以下、妻より聞いた評価です。 腰を反らせている姿勢が多いので、うつ伏せになるとラクになりました。 また腰痛が多いのですが、マッサージも受けやすくなりました。 据え置き用としてはこれで良いと思いますが、持ち歩き用があればなお良いかと。 カバーをかけると穴が塞がるので、おなかが大きくなると、 カバーがタオル地ですが、それでかゆくなることがあります。 肌触りの違うカバーもあると良いと思います。 (シーツのようなもの) これがないと妊娠中はうつ伏せになれないので、今後知人が妊娠することがあれば勧めると思います。 このレビューは参考になりましたか? 1641 2. rakuten. rakuten. image. rakuten. gif? レビューよりご注文の際には、必ず商品ページ、ご注文画面にてご確認ください。 みんなのレビューに対する評価結果の反映には24時間程度要する場合がございます。 予めご了承ください。 商品レビューランキングのおすすめ度とは異なりますので、ご了承ください。 みんなのレビューは楽天市場をご利用のお客様により書かれたものです。 ショップ及び楽天グループは、その内容の当否については保証できかねます。 お客様の最終判断でご利用くださいますよう、お願いいたします。 楽天会員にご登録いただくと、購入履歴から商品やショップの感想を投稿することができます。

次の