きめつのやいばぜんねず。 きめつのやいば(鬼滅の刃/ネタバレ)善逸の生死は?今後の展開が気になる!

ぜんねず (ぜんねず)とは【ピクシブ百科事典】

きめつのやいばぜんねず

概要 『』に登場する、とのカップリング。 鬼殺隊所属の善逸が16歳、鬼である禰豆子が14歳。 本来、鬼殺隊の隊士である善逸は鬼を殺さなければいけない立場ではあるが、禰豆子のことを殺そうとは(それこそ「出会う」以前から)ただの一度も考えたことがない。 惚れっぽい善逸だが禰豆子への好意は明確かつ一途。 鼓屋敷編 鬼狩の任務のためにと行き合った善逸。 二人は山中の屋敷の前で、鬼に兄をさらわれたという正一・てる子兄妹を見つける。 他にも複数人が連れ込まれたと思しき屋敷を調べるにあたって、炭治郎は兄妹を守るために背負っていた「箱」を置いていく。 善逸はこの時点で既に、箱の中から「鬼の音」がすることを承知しており、それでも炭治郎の人柄と、彼が「大事なもの」と呼んだ箱の中の鬼に、納得するに足る事情があるものと信じて、気にする素振りさえ見せなかった。 炭治郎が屋敷の主と死闘を繰り広げる間、正一と共に一足先に屋敷を出た善逸は、同じく屋敷から出てきたと遭遇する。 屋敷の外に置き去りにされていた箱から鬼の気配を嗅ぎつけて躊躇なく斬りかかる伊之助を、善逸は制止する。 中の鬼のことは自分が炭治郎に問い質す、手を出すなと啖呵を切った善逸は、箱にかじりついたままろくに抵抗もせず、伊之助の猛攻を耐え忍んでみせた(数々の情けない言動でいいところのない善逸が株を上げた、 貴重な場面でもあった)。 果たして箱の中の鬼は炭治郎の妹である禰豆子だったのだが、初めて彼女を目にした善逸は、傷だらけになって守ったものが 炭治郎の彼女だったと誤解して、嫉妬のあまり激昂することになる。 那田蜘蛛山編 禰豆子に一目惚れした善逸は炭治郎に対してあからさまに低姿勢になる。 禰豆子に花をあげるなど懸命にアピールしている様子。 善逸の禰豆子への花渡しはここから始まっている(アニメでは禰豆子がカットされ箱に花を差し出す善逸の絵に差し替えられている)。 また、禰豆子を連れて戦闘に向かう炭治郎の行動に対して 「俺の大切な禰豆子ちゃん」と発言し、禰豆子が心配な一心で尻込みしていた蜘蛛山に突入している。 蝶屋敷(機能回復訓練)編 機能回復訓練でのことを、箱ごしに禰豆子に伝える善逸。 禰豆子も箱の中からカリカリと音を立てて応えている。 花を手に取り、今日の夜はこの花が咲いていた場所に連れていくよと話しかけている(アニメでは残念ながら全カット)。 またおまけページでは、善逸が持ってきた金魚鉢を見て、禰豆子がそれを興味深そうに眺めるイラストが登場した(ただしの部屋から無断で持ち出していたため、この後善逸はアオイに叱られることとなる)。 無限列車編 鬼の罠にかかった善逸は、禰豆子と手を繋いでデートする夢を見ている。 白詰草の花の輪っかをプレゼントするという。 泳げないから川は渡れないという禰豆子に、善逸は抱っこしてつま先まで濡らさないと約束する。 単行本では禰豆子を背負って幸せの跳躍をする善逸が描き下ろされている。 善逸には真っ暗な無意識領域があることが判明する。 意識が強く異常に我が強い場合のみ無意識領域に人が存在するが、そこには口が悪く目つきも悪い剪定鋏を持った攻撃的な善逸がいた。 「 ここに入ってきていいのは禰豆子ちゃんだけなんだよ殺すぞ」 戦闘が始まると敵に絡まれ身動きが取れなくなった禰豆子の前に、1ページ丸ごと使ってドンっと善逸が助けに現れる。 霹靂一閃六連を決めて「 禰豆子ちゃんは俺が守る」。 禰豆子からホワッとした描写が入るが、善逸が鼻ちょうちんを出して寝ていたため、禰豆子も目が点になってしまった。 列車から脱出する時には、禰豆子と乗客の親子を庇ったらしく3人を抱いたまま頭から出血し、意識を失っている。 単行本では禰豆子が意識のない善逸を膝枕する描写が入る。 3巻で「起きたとき禰豆子ちゃんの膝枕だったらもうすごい頑張る」と言っていた善逸の夢が叶った瞬間でもある。 戦闘後は、朝日から守るために善逸が必死に禰豆子を箱に入れようとしている。 その後は禰豆子の入った箱を善逸が背負ったまま炭治郎たちと合流した。 (2020年5月時点での最新刊は20巻) 無惨が死に、全てが終わった後。 人間へと戻れた炭治郎と禰豆子は善逸と伊之助と共に実家で暮らし始め、楽しい日々を送った。 その他 描き下ろし 作者本人による描き下ろしまとめ。 4巻で禰豆子を探し回る善逸、6巻では2人で金魚鑑賞、7巻で善逸が禰豆子を背負った幸せの跳躍、8巻では禰豆子が善逸を膝枕する、などが単行本で描き下ろされている。 カレンダーの特典ブロマイドではが、コロナ対策のイラストではが描き下ろされている。 作者公式の現代を舞台にした学園パロ。 フランスパンをくわえてフガフガ喋る禰豆子を見て、善逸は少女漫画のヒロインのように可憐だと思っている。 夏は禰豆子の水着姿に興奮し奇声を上げながら死亡、来世も夫婦になって添い遂げようと遺言を残す。 冬にはクリスマスパーティーに禰豆子を呼び、2人きりで過ごし、あわよくばそのまま結婚式をあげようとタキシードを着て待ち構えている。 鬼滅ラジヲ 鬼滅の公式ラジオ(YouTubeの公式チャンネルにて全アーカイブ配信中)。 パーソナリティを務める善逸役のが禰豆子をとにかく可愛がりぜんねずに優しい。 第1回から「(禰豆子は)善逸のものだから」、第28回では「善逸は禰豆子一筋ですから」、第39回ではアニメ23話の柱合会議の感想で禰豆子がに刺されたことに対し「善逸があの場にいたら実弥嫌いだもん。 実弥なんか禰豆子連れてガン無視」など、その他にもいろいろぜんねずに優しい発言をする。 関連イラスト.

次の

【鬼滅の刃】最終話は4年後の世界?明かされる痣の行方&恋の行方 【きめつのやいば】 【変柱】※ネタバレ注意

きめつのやいばぜんねず

概要 『』に登場する、とのカップリング。 鬼殺隊所属の善逸が16歳、鬼である禰豆子が14歳。 本来、鬼殺隊の隊士である善逸は鬼を殺さなければいけない立場ではあるが、禰豆子のことを殺そうとは(それこそ「出会う」以前から)ただの一度も考えたことがない。 惚れっぽい善逸だが禰豆子への好意は明確かつ一途。 鼓屋敷編 鬼狩の任務のためにと行き合った善逸。 二人は山中の屋敷の前で、鬼に兄をさらわれたという正一・てる子兄妹を見つける。 他にも複数人が連れ込まれたと思しき屋敷を調べるにあたって、炭治郎は兄妹を守るために背負っていた「箱」を置いていく。 善逸はこの時点で既に、箱の中から「鬼の音」がすることを承知しており、それでも炭治郎の人柄と、彼が「大事なもの」と呼んだ箱の中の鬼に、納得するに足る事情があるものと信じて、気にする素振りさえ見せなかった。 炭治郎が屋敷の主と死闘を繰り広げる間、正一と共に一足先に屋敷を出た善逸は、同じく屋敷から出てきたと遭遇する。 屋敷の外に置き去りにされていた箱から鬼の気配を嗅ぎつけて躊躇なく斬りかかる伊之助を、善逸は制止する。 中の鬼のことは自分が炭治郎に問い質す、手を出すなと啖呵を切った善逸は、箱にかじりついたままろくに抵抗もせず、伊之助の猛攻を耐え忍んでみせた(数々の情けない言動でいいところのない善逸が株を上げた、 貴重な場面でもあった)。 果たして箱の中の鬼は炭治郎の妹である禰豆子だったのだが、初めて彼女を目にした善逸は、傷だらけになって守ったものが 炭治郎の彼女だったと誤解して、嫉妬のあまり激昂することになる。 那田蜘蛛山編 禰豆子に一目惚れした善逸は炭治郎に対してあからさまに低姿勢になる。 禰豆子に花をあげるなど懸命にアピールしている様子。 善逸の禰豆子への花渡しはここから始まっている(アニメでは禰豆子がカットされ箱に花を差し出す善逸の絵に差し替えられている)。 また、禰豆子を連れて戦闘に向かう炭治郎の行動に対して 「俺の大切な禰豆子ちゃん」と発言し、禰豆子が心配な一心で尻込みしていた蜘蛛山に突入している。 蝶屋敷(機能回復訓練)編 機能回復訓練でのことを、箱ごしに禰豆子に伝える善逸。 禰豆子も箱の中からカリカリと音を立てて応えている。 花を手に取り、今日の夜はこの花が咲いていた場所に連れていくよと話しかけている(アニメでは残念ながら全カット)。 またおまけページでは、善逸が持ってきた金魚鉢を見て、禰豆子がそれを興味深そうに眺めるイラストが登場した(ただしの部屋から無断で持ち出していたため、この後善逸はアオイに叱られることとなる)。 無限列車編 鬼の罠にかかった善逸は、禰豆子と手を繋いでデートする夢を見ている。 白詰草の花の輪っかをプレゼントするという。 泳げないから川は渡れないという禰豆子に、善逸は抱っこしてつま先まで濡らさないと約束する。 単行本では禰豆子を背負って幸せの跳躍をする善逸が描き下ろされている。 善逸には真っ暗な無意識領域があることが判明する。 意識が強く異常に我が強い場合のみ無意識領域に人が存在するが、そこには口が悪く目つきも悪い剪定鋏を持った攻撃的な善逸がいた。 「 ここに入ってきていいのは禰豆子ちゃんだけなんだよ殺すぞ」 戦闘が始まると敵に絡まれ身動きが取れなくなった禰豆子の前に、1ページ丸ごと使ってドンっと善逸が助けに現れる。 霹靂一閃六連を決めて「 禰豆子ちゃんは俺が守る」。 禰豆子からホワッとした描写が入るが、善逸が鼻ちょうちんを出して寝ていたため、禰豆子も目が点になってしまった。 列車から脱出する時には、禰豆子と乗客の親子を庇ったらしく3人を抱いたまま頭から出血し、意識を失っている。 単行本では禰豆子が意識のない善逸を膝枕する描写が入る。 3巻で「起きたとき禰豆子ちゃんの膝枕だったらもうすごい頑張る」と言っていた善逸の夢が叶った瞬間でもある。 戦闘後は、朝日から守るために善逸が必死に禰豆子を箱に入れようとしている。 その後は禰豆子の入った箱を善逸が背負ったまま炭治郎たちと合流した。 (2020年5月時点での最新刊は20巻) 無惨が死に、全てが終わった後。 人間へと戻れた炭治郎と禰豆子は善逸と伊之助と共に実家で暮らし始め、楽しい日々を送った。 その他 描き下ろし 作者本人による描き下ろしまとめ。 4巻で禰豆子を探し回る善逸、6巻では2人で金魚鑑賞、7巻で善逸が禰豆子を背負った幸せの跳躍、8巻では禰豆子が善逸を膝枕する、などが単行本で描き下ろされている。 カレンダーの特典ブロマイドではが、コロナ対策のイラストではが描き下ろされている。 作者公式の現代を舞台にした学園パロ。 フランスパンをくわえてフガフガ喋る禰豆子を見て、善逸は少女漫画のヒロインのように可憐だと思っている。 夏は禰豆子の水着姿に興奮し奇声を上げながら死亡、来世も夫婦になって添い遂げようと遺言を残す。 冬にはクリスマスパーティーに禰豆子を呼び、2人きりで過ごし、あわよくばそのまま結婚式をあげようとタキシードを着て待ち構えている。 鬼滅ラジヲ 鬼滅の公式ラジオ(YouTubeの公式チャンネルにて全アーカイブ配信中)。 パーソナリティを務める善逸役のが禰豆子をとにかく可愛がりぜんねずに優しい。 第1回から「(禰豆子は)善逸のものだから」、第28回では「善逸は禰豆子一筋ですから」、第39回ではアニメ23話の柱合会議の感想で禰豆子がに刺されたことに対し「善逸があの場にいたら実弥嫌いだもん。 実弥なんか禰豆子連れてガン無視」など、その他にもいろいろぜんねずに優しい発言をする。 関連イラスト.

次の

きめつのやいば(鬼滅の刃/ネタバレ)善逸の生死は?今後の展開が気になる!

きめつのやいばぜんねず

114• 1 丷• 3k views• 1k views• 9k views• 8k views• 8k views• 2k views• 2k views• 8k views• 7k views• 6k views• 5k views• 5k views• 4k views• 4k views• 4k views• 4k views• 3k views• 3k views• 3k views• 2k views• 2k views• 2k views• 1k views• 1k views• 1k views• 1k views• 1k views• 1k views• 9k views• 9k views• 870 views• 860 views• 830 views• 830 views• 800 views• 730 views• 730 views• 680 views• 670 views• 650 views• 640 views• 610 views• 590 views• 590 views• 580 views• 560 views• 560 views• 520 views• 520 views• 520 views•

次の