俺は柱に嫌われている。 俺は嫌われてない|鬼滅の刃 #21 │ iレビュー

会社でよく聞く「俺は聞いていない」の真意とは/根回しが必要な事情

俺は柱に嫌われている

概要 『』の那田蜘蛛山編にてが発した言葉。 蜘蛛鬼を討伐した後に、は再び深い眠りにつく。 そこへ鬼の気配を察知し、禰豆子を滅殺しようとするが現れるが、義勇はしのぶに刃を向け、と禰豆子を庇う。 しのぶはそんな義勇に対して「 鬼とは仲良くできないって言ってたくせに何なんでしょうか」、「 そんなだからみんなに嫌われるんですよ」と批判する。 そして義勇が開口一番に何を言うのかと思えば、発した言葉は 「俺は嫌われてない」 これには炭治郎も驚愕していた。 義勇はしのぶに更に追い討ちをかけられるように「 あぁそれ・・・すみません嫌われている自覚が無かったんですね」、「 余計なことを言ってしまったようで申し訳ないです」と言われ、少しショックを受けたようであった。 嫌われてない…(?)エピソード• 炭治郎に禰豆子を抱えて逃げるように促したが、しのぶはそれを追いかけようとする。 そんなしのぶに義勇は絞め技をかけ、足止めをする。 「なんのつもりですか?理由くらい仰ってください」と尋ねられ、義勇は少し考えた挙句に竈門兄妹に出会った時のことを最初から話そうとするが、「 そんな所から長々と話されても困りますよ 嫌がらせでしょうか」、「 嫌われていると言ってしまったこと 根に持ってます?」と返される。 一部の柱が集まっていたとき、に名指しで尋ねられた際に何故か義勇だけ他の柱達よりも少し離れた場所にいた。 からも 『冨岡さん!離れたところにひとりぼっち!可愛い!!』と思われる始末である。 アニメ第21話の次回予告にて、義勇としのぶが登場する。 相変わらず那田蜘蛛山の時のようなことを言うしのぶだったが、義勇は何も答えない。 やっと口を開いたかと思えば、しのぶに関する大正コソコソ噂話(しのぶは犬や猫などの毛の生えた動物が苦手)を喋っただけだった。 それに対して、しのぶは「急に口を開いたと思えば何を言うんですか?」と返すが、義勇は「否定しないということは真実なのか」と余計な一言を言ってしまう。 「そう一言余計だからみんなに嫌われるんですよ」と言われ、いつも通り「俺は嫌われてない」と否定しようとするが、 「嫌われてない、以外の返事でお願いします」と返され、言い淀んでしまった。 義勇は本当に嫌われていたのか? 結論から言うと、 義勇は嫌われていた。 おそらく生来の 「口下手」 の死の真相を誰にも信じてもらえなかった幼少期の 「トラウマ」 その姉やの死によって生きていることへの 「サバイバーズギルト」 これらの複合によってためである。 柱の中で露骨に義勇を嫌っていたのは攻撃的かつマジメなと基本的にネチネチとした伊黒の二人だけであったが、他人を嫌うような性格ではないやも彼の勤務態度を決して快くは思っていなかったであろう。 義勇の嫌われる最大の原因であったサバイバーズギルトであったが、のちに炭治郎の 「義勇さんは錆兎から託されたものを 繋いでいかないんですか?」 の一言で消滅、炭治郎に救われた義勇は『嫌われている』事実を認め、人間関係を改善することを誓うのだった。 しかし、その改善方法というのが 実はおはぎが好きな不死川実弥に対し、 『今度から懐におはぎを忍ばせておいて 不死川に会う時あげようと思う』 という、の逸話じみたものであり、さらに 『そうしたらきっと仲良くなれると思う ムフフ 』する義勇は完全にそのものであった。 やっぱりこの人、嫌われる才能の持ち主なんじゃねぇかな・・・ 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

俺は嫌われてない|鬼滅の刃 #21 │ iレビュー

俺は柱に嫌われている

伝統的な会社の場合、会議はセレモニーに過ぎない 会社の会議では、白熱した議論が展開されていった結果、役員やリーダーが最終的に結論を下す、という光景が目に浮かぶ人もいるかもしれません。 しかし、会社の会議の実態は、資料を説明して2、3の質疑応答があってから「じゃ、これで進めてくれ」といった感じで終了する、というのがほとんどです。 というのも、会議が始まる前には、すでに案件の結論が出ているからです。 重要な案件の結論を出す会議が始まっていないのに、すでに結果がわかっているというのも変な感じがしますが、実際には会議が始まる前にはすべてが終わっています。 つまり、重要な案件ほど、会議はただのセレモニーとなります。 逆に、会議をセレモニーにしてしまうことが優秀なサラリーマンであるとも言えるのです。 それはなぜでしょうか。 特に伝統的な会社であればあるほど、職場内で揉め事があることを嫌う傾向があります。 仕事は温和にスムーズに行うことが第一に求められているのです。 そのための所作といえば「 根回し」です。 会議の何日も前から、案件に対して関係者に事前了解を取っておくのです。 この「根回し」をしておかないと、案件の結論が正論であっても、会議で否決されてしまうことすらあります。 その時の理由は、 「 俺は聞いていない!」 …というものです。 事前に聞いていない、というだけで、特に問題はなく正しい結論でも否決されてしまうのです。 「俺は聞いていない」という真意は何か 根回しというのは「俺は聞いていない」という関係者をなくすための行動である、ともいえます。 要するに、案件に関わる関係者には、全員に話を通しておかなくてはならない、ということです。 ところで、なぜ事前に話を聞かされていないと偉い人は「俺は聞いていない」と、ふてくされてしまうのでしょうか。 重要人物と思われていないことに傷つく 一番の理由は、自分のところに話が来なかったということで、自尊心を傷つけられてしまうからです。 例えば、オフィスのレイアウトを変えることになって、それぞれの部長席を動かさなくてはならないとしましょう。 総務部でレイアウト案を考えて会議にかけるとします。 会議で知った部長本人の席には、ちょうど柱があって少し不便。 でも、近くには、自分よりももっと先輩の部長席が配置されており、どっちにしろ、柱のところに自分の席を設置するしかない。 でも、この件について、レイアウト案を作成した総務部から会議までに事前相談がなかったとしたら、どうでしょうか。 柱の近くの席にならざるを得ないと総務部も部長本人も分かっていたとしても、一言あるのとないのとでは心象にだいぶ違いが生まれてきます。 良いレイアウト案であったにせよ、会議では「この配置では職場全体の仕事の効率に影響するのではないか」などと、反対意見を述べてスムーズに決着しないかもしれません。 レイアウト案を作った人にしてみれば「今更どうしようもないし、いったい、どう配置しろというのだ」と理不尽に思ってしまうかもしれません。 要するに、心象を害してしまった部長が、「難癖を言っておかないと気が済まない!」という本質ではないところで抵抗してしまうのです。 案件の結論を出すのに十分な時間が確保されない 会議前までに案件の概要と、作成者の結論を知っておかないと、自分の意見を整理しておく時間がなくなる、ということが挙げられます。 会議で意見を求められても、落ち着いた時間で十分に検討する余裕がないために、いい意見をいえないかもしれません。 会議に望むための十分な時間を確保できないのです。 根回しをしてくれるのであれば、案件の意図や本音のところを作成者から聞き出せるゆとりが生まれます。 会議では基本的には建前の理由で案件の説明が進んでいきますので、「本当のところ」という本音をつかんでおくと会議の間も安心なのです。 会議で醜態をさらすことに対する恐れ 上述の「十分な時間が確保されない」と関連しますが、会議はそれなりの役職の人たちが集まる場でもあります。 自らの発言は、時に議事録に掲載されることもありますし、役員などのいわゆる偉い人が列席することもあります。 そうした会議の場は、時に自分たちのアピール合戦や良い意見を言って自己評価を高めようとする場合もあります。 もし、事前に会議にかける議題について、十分な情報を持っていなかったとすると、そうした大事な会議の場で、トンチンカンな物言いをしていまい、醜態を晒してしまう可能性もあります。 そうしたことの恐れがあるために、根回しで、事前に情報を入れてもらうことや、「自分はこのような意見を持っている」ということを根回しの段階で伝えることを望んでいるのです。 こうしたことないと「俺は聞いていない!」というフレーズで自分を守るよりほかありません。 さいごに 会社の会議はセレモニーに過ぎないからこそ、事前の根回しで関係者に情報を入れておくことが重要となります。 平穏な人間関係を維持しつつ、粛々と仕事を前に進めるための伝統的な会社文化なのかもしれません。 逆に、会議がセレモニー化されていない会社もあります。 ベンチャー企業や少人数の小回りのきく職場などです。 活発な議論を戦わせながら、最終的にみんなの合意に持っていく、というのが本来のあるべき会議の姿です。 ただ、大きな規模の会社であったり、伝統的な職場は、昭和世代が支配していることもあり、どうしても、根回し文化に合わせざるを得ない事情があります。 郷に入ったら郷に従えの「郷」なのです。 まずは、自らの案件をスムーズに通すことが目的なのですから、まずは郷のルールに従いつつ、ゆっくりを本来のあるべき会議へのシフトを試みるのです。 実際には、まだまだ急激な変革を好まない職場が大多数なのが現状なのです。

次の

嫌われ者の雪柱さん 参【 鬼滅の刃 】

俺は柱に嫌われている

回想がちょっと長め。 実質冨岡としのぶ回。 嫌われてるのは事実だから受け入れてこ。 でもしのぶの言い方もけっこヒドいよな。 悪気あるのかないのか。 普通なら煽ってるように見えるのだがしのぶさんは読めんね。 第21話「隊律違反」 いまいち感情移入できなかった累の人間時代である。 これを受け入れるには炭治郎なみの優しさが必要だな。 下弦の伍は際立って強かったものの、柱に比べるとといった印象。 ジャンプ漫画的な感覚でいうと柱にとって鬼は上弦以外は雑魚といったところか。 そんなだからみんなに嫌われるんですよ 俺は嫌われてない……とか言ってるけど、彼は基本大事なことを言葉にしないのでな。 しのぶの「嫌われてる自覚なかったんですね」がこれまたヒドい。 まあ煽ってるつもりはないのかもしれんが。 「あれは確か二年前…」 「そんな所から長々と話されても困りますよ嫌がらせでしょうか。 嫌われてると言ってしまったこと根に持ってます?」 原作で一番好きなシーン。 でもこれアニメだとこうなるまではしのぶさん余裕ぶってたよな。 それで追いつく気……みたいな。 あれからこの構図になった経緯を知りたい。 このカット、キマってないのがいいね。 これなら落とされない(はずだ まとめ 前半はイマイチだったかな。 累に対してそんな思い入れないし。 しのぶの冨岡に対するイメージは後に多少は分かってくるので、今回の話はそれを知ってから見るのも面白いと思う。 これでもしのぶさんは冨岡を理解している方なんだぜっていうね。 うーん、しのぶの方がサイコっぽいのに、モノローグ無しだと冨岡の方が悪く見えるという。 これがほんとの コミュ症なんじゃなかろうか。 ピンクは淫乱。 まあ隊服はだまされてああなってるだけだけど。 胸突かれて死んだら隊服作ったやつ絶許だぞ。 (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable•

次の