車 ソーラー パネル。 車中泊史上最強のソーラーパネル!車の屋根へ瞬時に付けて瞬時に外す!世界一の楽チン脱着を可能にしました

太陽光パネルを設置した自動車はなぜ無いのでしょうか

車 ソーラー パネル

従って暗電流が30mAであれば、不足する12mA分が放電されて行きます 出力2倍なら増えるのか? ソーラーチャージャーの出力が単純に「SB-700」の2倍であるなら…充電収支は以下の様になります。 ただし、この製品に過充電防止の機構が備わっているかどうかは不明なので、2つ使うならコントローラーで制御した方が良いかも知れません。 中華製の汎用品なら更に高出力 最近はソーラーパネルの価格も以前と比べると劇的に下がっているようなので、中華メーカーの汎用品であれば、高出力のパネルが安価で手に入ります。 先程のセルスターの「SB-700」と同じくらいの価格で18Wのパネルが購入できます。 どうもこう言ったものは単体で10~20mA程度の電力を消費するようなので、ソーラーパネルで発電したエネルギーをロスする事になります。 2W程度の発電量が安定的に得られるソーラーパネルであれば、さして問題になるような電力消費ではないと考えられますがどうでしょう。 とりあえず18Wのソーラーチャージャーがあるのでテスト予定 現在、過去にサンプル提供頂いたAUKEYの18Wクラスのソーラーチャージャーが手元にありますので、これとコントローラーを組み合わせて、盛夏はほとんど動かさないコペン号でバッテリーチャージの状況を確認してみたいと思います。 こう言う時の為にバッテリーの充電状況はCTEKの「BATTERY SENSE」でデータを取っていますので変化があればすぐに分かります。 因みにソーラーチャージャーの代わりにモバイルバッテリーから放電させた限りではちゃんと充電されてましたが…。 AUKEYのソーラーチャージャーはちゃんと認識はされるものの、充電量の表示はほぼゼロでした…。 そしてバッテリーからはコントローラーの駆動分の電力が奪われていました…。 テストは8月の炎天下で東南東に向けて車を駐車して行ったのですが、グラフを細かく見て行くと… 朝の7時から14時までの5時間程度は電力収支がプラスになっています。 ただ、太陽の南中後には徐々に発電量が落ち、夕方から翌日の朝方までは大赤字になっています。 梅雨明け直後の炎天下でこの結果ですので、これを継続すると簡単にバッテリーが上がりそうです。 (笑) 車載専用のソーラーチャージャーを使う事に 手持ちの機器でのテストは諦めて、次はお手軽に誰にでも出来る市販の車載用ソーラーチャージャーを使ってみる事にしました。 そこで選んだのがこちら。 車載専用ですので裏面の端子部分はコントローラー機能が一体化しており、自動で電圧を制御してくれる模様です。 細かい事は書かれていませんが、13V台後半でフローティング充電に入るものと勝手に解釈しました。 ワニ口やシガーソケット、吸盤も付属していますのでそのまま使えて便利ですね…ちゃんと充電されれば。 なお、軽自動車のコペンのフロントガラスにくっつけてこんな感じのサイズ感なので 同じパネルなら4枚くらい付けられそうですね。 価格がヤバいですけど。 意外な事に抜群の充電力が! この状態で2~3日放置してみたのですが、予想外にかなりの充電力がある事が分かりました。 AUKEYで減らしてしまった電力がV字回復です! 他かに夜間は微量の電力を消費しているようで、グラフが下がるのがやや早くなっていますが、翌日の昼には再び満タンまで回復出来ますので問題なさそうです。 いやぁ~、この価格でこの効果は素晴らしですね。 そのうちドラレコの駐車監視の電力も賄えるのかテストしてみようと思います。 そして事件が起きた 実験の結果が予想外に良いものでしたので、気を良くして駐車監視のテストを思っていた矢先、事件は起きました。 あれ…パネルがない! 下に落ちてるのは想定してましたが… 熱でぐにゃりと曲がって落ちた後に、カチカチになっていました。 この手の薄っぺらいパネルのタイプは、最近の日本の気候だと閉め切った車内に放置するのは危険な気がします。 他の車載用で熱耐性が高そうなものだとこっちのクロスのタイプの考えられますが、「本製品は単なるバッテリーのメンテナンスであり、充電デバイスではありません。 」と書かれていますので、実際にはそんなに出力はないんですかね…。 このままではコントローラーとは接続出来ませんので、ハサミ付きの放電ケーブルを切断し、コントローラーのIN側にプラグ、アウト側ハサミを接続しています。 この製品には吸盤などはありませんので、ダッシュボードに寝かせる形になります。 AUKEYのソーラーパネルでは全く充電流が上がらなかったのですが、今回は曇りの日ながら0Aと0. 1Aの表示が小刻みに切り替わり、少しは充電されている様子でした。 この状態で5日程度放置してみたところ、思った通りに充電されているようです。 ちょっとタイミングが合わず、満充電に近い状態からのスタートになりましたが、8月下旬のこんな感じの天気の日でしたが、うまい具合にフローティング充電で満充電が維持されているようです。 【お天気データベース】 夏場は曇りでもそこそこ充電出来るようですので、少し充電量を減らしたところで、秋・冬と断続的にテストを継続して行く予定です。 冬場の充電テスト この企画の存在をすっかり忘れており、しばらく放置してしまいましたが冬場の充電状況をチェックしてみました。 テスト期間は2月12日~2月21日の9日間です。 この期間の天気はこちらの通り。 天気に恵まれ充電日和?の日が多い状況でした。 テスト前のバッテリーの蓄電率はこちらの通り、51%でした。 日の照り方にもよりますが、晴れていれば2. 5W程度の電力が供給されているようです。 そして9日後に無事に100%まで充電されていました。 日が出ていない時間帯は逆にコントローラーへの給電で電力がマイナスになりますが、週に3~4日間晴れている日があればプラスには持って行けそうです。 細かく見て行くと夜間の落ち込みも無視出来ないレベルですので、雨の日が4~5日続くと厳しくなるかも知れませんが、しっかり天候を加味して管理を行えば冬場でも問題なく使えそうです。 まとめ 今回の実験で市販の20W程度の中華ソーラーチャージャーでも、通年で問題なく車のバッテリーへの充電が可能である事が分かりました。 こう言った管理をするのであればバッテリーの残量を把握するチェッカーなどを使用しつつ、必要に応じてチャージする運用がおすすめです。 (ドライブレコーダー専門家 ).

次の

車載用ソーラーパネルだけでEVを走らせるには? NEDOがコストメリットを試算

車 ソーラー パネル

軽バンのルーフにソーラーパネル50Wを2枚設定 パネルをルーフキャリアに取り付ける時は、金具は錆に強いステンレス製を使うことをおすすめします。 取り付けにはソーラーパネルの枠に穴をあけたりDIYが必要なこともあります。 電動ドリルドライバーなどレンタルすれば数百円で安く上がります。 走行中の風圧に耐えるようにしっかりと固定してください。 (1)ソーラーパネル (2)コントローラーとケーブル (3)ディープサイクルバッテリー (4)DC-ACコンバーター (1)ソーラーパネル ソーラーパネルは50W~100Wが使い易くおすすめです。 ネット販売で購入することができますので品質の良いものを選んで下さい。 ちなみに私が使っているソーラーパネルは50W2枚です。 (2)コントローラーとケーブル ソーラーパネルと発電した電気をためるバッテリーに間で使います。 ソーラー発電と使う電気全体をコントロールします。 コントローラー ソーラー充電中 様々なものがネットで売ってますが多少高くても品質の良いものを選んで下さい。 たまに発熱したり不具合で発火する危険があるからで、安いからいいとは限りません。 (3)ディープサイクルバッテリー 通常の自動車で使うバッテリーではなく「ディープサイクルバッテリー」という種類です。 ソーラー専用のバッテリー 12V20Ah ソーラーパネルで発電した電気を常時ためるために使います。 もちろんその都度つないだり外したりすることが面倒でなければ最近はやりのポータブル電源でソーラーパネルがつなげるものを使っても大丈夫です。 (4)DC-ACコンバーター もし家庭用100Vの電気を使う場合はバッテリー直流12VをAC100Vに変換する「DC-ACコンバーター」を使います。 用途にもよりますが250W~350WもあればパソコンやWIFI等余裕で使えます。 わたしの場合は全てUSB化しています。 (2)ソーラーパネルから車内に引込むコード コードを車内に引込む方法を間違えると雨が車内に入ってきますので注意が必要です。 上手に引込んで下さい。 (3)配線はしっかりしたコードと金具で行う 電気回路に使うコードやソケット、金具類は電圧や電流を確認して十分余裕のある物を使ってください。 コードが細かったりすると発熱して危険ですから十分知識のある方に聴くかあるいは学んで対処してください。

次の

【車中泊旅行】軽キャンにソーラーパネルを設置!必要な知識や道具を徹底解説します。

車 ソーラー パネル

東日本大震災で被災した経験からソーラーパネルの重要性を身にしみています。 近年の日本では、地震や水害といった自然災害が多発。 ソーラーパネルは、防災用品の必需品のひとつに入れてもいいくらい重要なアイテムだと思います。 災害に見舞われた地域ではさまざまな問題が生じますが、なかでも影響が大きいのは停電。 「食べ物の管理」「調理」「スマホやテレビでの情報収集」も困難となり、自宅の被害が少なくて済んだ場合でも、不自由な生活を送らざるを得ません。 このため、停電時でも電力を供給できるポータブルバッテリーを購入する方が増えています。 しかし、ポータブルバッテリーは充電した分の電力しか使うことができません。 大容量ポータブル電源の製品が増えたといっても、そこには限界もあります。 災害時は、停電が数日間続くこともありますから、フルに充電していたとしても復旧するまでの電気を賄うことはできません。 こんなとき、役に立つのがソーラーパネルです。 太陽光によって発電できるこれらのアイテムがあれば、電力が供給されない停電時においても電気製品を使用することができるようになります。 このことから、ポータブルバッテリーと同様、ソーラーパネルに対する需要も高まっています。 ただし、ひとくちにソーラーパネルと言っても、多くの製品が販売されています。 しかし、どれを買っていいのやら、って感じになりませんか。 わたしはかなり混乱しましたね。 我が家で使っている組み合わせは、「」+「」です。 65,000円で作れるオフグリッド環境。 発電効率 容量 出力方式 過充電予防機能 価格 発電効率 ソーラーパネルを購入する際、まず注目すべきなのが発電効率です。 発電効率の高い製品ほど、より多くの電気を発生させることが可能となり、使用できる電力も多くなります。 災害対策が目的の場合、多くの電力が必要となります。 冒頭でも述べたように、停電が数日間にも及ぶ可能性もあるからです。 ソーラーパネルを購入する場合はなるべく発電効率の高い製品を選ぶことが重要と言えるでしょう。 製品によって、出力できる電気の容量にも違いがあります。 現在、販売されているソーラーパネルとしては、6~7Wといった少なめの容量のものから、16~24Wの中規模な製品、そして60W~100Wという大容量を誇るものまであります。 容量が大きいほどより多くの電気を発電できるようになります。 できるだけ大容量の製品を購入した方が無難と言えますね。 このことは、ユーザーによるレビューでも裏付けられています。 7Wの製品の場合、スマホの充電はできるものの、曇りの日では充電がストップしてしまうといった事例も報告されています。 14Wでは、スマホに加えてタブレットも充電できたという声があるものの、7Wと同様、天候によっては充電がうまくいかないこともあるようです。 その一方、21Wの製品では充電式の時計やデジカメ、小型のモバイルバッテリーをしっかりと充電できたという報告も寄せられています。 そして60Wになると、モバイルバッテリーだけでなく、大容量のポータブルバッテリーもそこそこ充電できたという声も多くなります。 さらに、100Wのソーラーパネルともなると出力に関して満足する声が多くなり、スマホやタブレットはもちろん、ポータブルバッテリーへの充電も問題なく行うことができたとの報告も多いです。 容量が大きくなるほど充電できる電気製品が増えるうえにその充電時間も短縮されますから、特に多くの電力が求められる災害対策としては大容量の製品が最適です。 ただし、少ない容量の製品が必ずしも劣っているというわけではありません。 災害への備えとしてではなく、他の使い道を想定している方なら、これらの製品でも問題はないでしょう。 特に、スマートフォンの充電を主な目的として使用するなら、16~24Wの製品はもちろん、7W程度の容量のソーラーパネルでも十分に活躍してくれます。 大容量のソーラーパネルの使用が不向きである場面もあります。 例えば、アウトドアでの使用を考えている場合です。 大容量になるほどパネルの枚数は増加し、本体も重くなります。 アウトドア、特に登山で使用する際は、リュックなどにソーラーパネルを取り付けることが多くなりますから、このように持ち運びが難しい製品は不向きと言えます。 利用場面にあわせた容量のソーラーパネルを選びたいですね。 出力方式 出力方式の豊富さも重視すべきポイントのひとつです。 ポータブルバッテリーへ出力できる端子のほか、近年ではUSBポートを搭載している製品も登場しています。 これにより、USB出力によってバッテリーを介さずともスマートフォンやノートパソコンといった機器へ直接充電することも可能となります。 さらに、なかにはUSBポートを2つ以上搭載しているモデルもあります。 2つ以上の機器への同時充電も可能となりますから、スマートフォンとノートパソコンを一度に充電するといったこともできるなど、使い勝手も大幅に広がります。 しかし、複数の機器に出力するためには、多くの電気を発電できるだけの性能も必要です。 最近ではUSBポートを複数採用しているソーラーパネルも増えてきましたが、実のところ、性能の低い製品だと同時充電を行うことは難しいようですから、この機能を活用したいという方は高性能な製品を購入する必要があります。 ソーラーパネルは、防水性や防塵性能も考慮すべきです。 アウトドアなど屋外での使用となる場面では、風雨や砂ぼこりに晒されることが多いため、高い耐久性をもった製品でなければ故障の原因となってしまうでしょう。 また災害時においても、一時的に屋外で生活することを余儀なくされるケースも考えられますから、やはりこれらの点に優れた製品を購入することをおすすめします。 ただし、耐久性については実際に使用してみないとわからないことも多いので、購入する前に口コミでの評価を確認しておくことも大切です。 過充電・過放電を予防する機能を搭載しているか このほか、過充電・過放電を予防する機能を搭載していることも確認しておきましょう。 電気製品を充電したまま放置してしまったり、逆にしばらく充電せずにほったらかしにしたりといった経験は多くの方に当てはまると思いますが、このような過充電や過放電によってバッテリーは劣化しがちです。 その場合、バッテリーの性能が低下してしまうほか、最悪の場合、発火してしまうといった事態にもなりかねませんから、安全性を確保するためには、過充電・過放電から保護する機能を採用した製品を選ぶ必要があるのです。 最近では、こうした機能を採用している製品は多くなってきたものの、そうでないものもやはり販売されているので、しっかりとチェックしておく必要があります。 価格 最後は、価格について見ていきましょう。 防災の観点から考えれば、発電効率が高く、大容量・大出力を実現しているような性能の高いソーラーパネルを用意しておくべきと言えますが、このような製品はお値段も高めです。 60Wなら1万~1万5000円程度となることがほとんどで、なかには2万円近くのものもあります。 さらに100Wともなれば2万円を超える製品も増え、一部の製品では3万円以上で販売されているものもあるようです。 できる限り高性能・高品質な製品を購入しておきたいと考える方は多いと思いますが、ポータブル電源と合わせて購入されることも多いことを考えると、ある程度は妥協せざるを得ないとも言えるでしょう。 14~20Wのものは5000円ほどで売られていることも多く、6~7Wの製品については3000円以下のものも少なくありません。 ソーラーパネルの選び方 まとめ このように、ソーラーパネルを選ぶ際には注目すべきポイントがいくつかあります。 ただ、どのポイントを重視すべきかは使い道などの要因にも左右されるので注意しましょう。 例えば、アウトドアでの使用を主軸に置く場合、発電できる電力よりも本体のコンパクトさ、耐久性を重視した方が良いでしょう。 よって、14~20W程度の容量の製品でも問題はなく、場面によっては大容量の製品よりも優れているとさえ言えます。 また、充電時間や天候による影響を受けやすい部分を許容できるなら、価格を重視して6~7Wのソーラーパネルを購入するという手もあります。 では、防災という観点から考えればどうでしょうか。 繰り返し述べてきたように、災害時の停電は復旧に時間がかかりがちですから、60W~100Wといった多くの電力を生み出すのできるソーラーパネルを購入するのがベストです。 値段は高めとなるものの、なるべく発電効率・容量に優れ、かつ耐久性も高いといったような製品を購入しておくと安心でしょう。 とはいえ、災害への備えも人によってそれぞれです。 ポータブルバッテリーをフルに活用し、電力が供給されない状況においても多くの電気製品を使いたいと考える方もいれば、防寒対策や情報収集といった点のみで十分といった方もいるはずです。 後者のような方の場合、必要となる電力は抑えめとなりますから、容量のそれほど多くない安めのソーラーパネルでも問題はないでしょう。 ただ、いずれの場合も品質には注意しておく必要があるでしょう。 いざという時に使うことができないような製品では意味がないので、容量は低くとも品質は高いものを選ぶべきです。 以上のことから、ソーラーパネルを購入するのなら、まずは使い方を決めることが重要であると言えるでしょう。 どの製品が自身にとって最適なのかは使い方によって大きく変わってきますから、この点をきちんと考えたうえで購入する商品を搾っていくことをおすすめします。 ソーラーパネルの仕組み 最後に、ソーラーパネルの仕組みについて簡単に説明します。 太陽光発電は、「光電効果」と呼ばれる現象によって可能となっています。 光電効果は、物質に光が当たることにより、そこに含まれる電子が外部に放出されるというものです。 この働きを利用し、太陽からの光を太陽電池に当て、電気を生じさせるのがソーラーパネルの仕組みです。 しかし、太陽光に含まれる「光エネルギー」のすべてが電気に変換できるわけではありません。 太陽光には強い光もあれば弱い光もあり、弱いものでは光電効果は生じないのです。 そのため、太陽電池は半導体を使用します。 半導体を使うことで、弱めの光でも光電効果を起こすことが可能です。 太陽電池に使われている半導体にもシリコン系、化合物系、有機系といったさまざまなものがあります。 以上、 【車中泊・キャンプ・災害用に】ソーラーパネルの選び方 スマホが充電できるという話題でした。 安くても品質の悪いものは紹介していません。 車用品メーカーによる新ブランド。 が1万件を超えているのでアフターサービスも期待できそう。 Hypowellと同じOEM物ではないかな。 コメントも増えてますし、商品説明も熱意があります アマゾン 】• 【ロックパルスの新型ポータブル電源。 5,000円オフ】 他にもセールアイテムがあります。 チェックする場合はこちらからどうぞ!.

次の