母子ともに無事。 小原正子

熊田曜子 第3子女児を無事出産「これからも家族5人、より一層協力し合い」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

母子ともに無事

ご夫婦ともに良くして頂いてる取引先の奥さんが今日出産だとさっき聞かされました。 おそらく、初産です。 現在、DM制作依頼を受けていまして、その流れのメールで奥さんから知らされ、驚きましたが、出産直前に短めの応援メールを返しておきたいのですが、、、。 最適な言葉がありましたら取り急ぎご指導頂けますでしょうか。 私は出産経験者だけど、そういう意味での回答ではなくて、 ただ、 「DMと僕の事は忘れて出産に挑んでください!!!」 と書くならば、「~ください」という表現をつなげるとくどいかな、と。 別にプレッシャーをかけるって気にすることもないのでは? あ、でも、読み返してみて思ったのは、「健康な赤ちゃん」って表現がいまいちかな。 気持ちはわかるし、本人も当然それを望んでますけど、必ずしも健康で生まれてくるとは限らないので。 (病気や障害の可能性とかね。 そして、健康な赤ちゃんを産んでくださいって頼まれても、それは本人の力量ではないから。 ) に対して、「無事」という表現は良いと思います。 A ベストアンサー こんにちは。 私だったら、とりあえず 「もうすぐですね~」。 って言います。 「頑張ってね~」はやはり避けるかもしれません。 お産への不安もあると思うので・・・。 頑張ってねと 言われると、「大変なのよね。 お産って」とプレッシャーが かかるというか、辛い、暗いイメージが湧いてしまう気が するので・・。 元気なお子さんを産むというのも・・・。 やはり産まれて見ないと分からないので、出産前って 「無事に元気な赤ちゃんを産めるかどうか」不安に なる方もいると思います。 なので、 「元気な子供を産んでください」は言いづらいかも。 「安産だといいね~」。 は結構言ってます。 仲が良い方なら 「少しでも安産になるように、お祈りしてるわ~」。 「困った事があったら、遠慮なく言ってね」。 も言うと思います。 困った事があっても・・・そんなに連絡できるわけでは ありませんが、「何かあった時に声をかけていいんだ」と 思える人がいると、やはりありがたかったので・・・。 (あまり親しくない人には言えませんが・・・)。 こんにちは。 私だったら、とりあえず 「もうすぐですね~」。 って言います。 「頑張ってね~」はやはり避けるかもしれません。 お産への不安もあると思うので・・・。 頑張ってねと 言われると、「大変なのよね。 お産って」とプレッシャーが かかるというか、辛い、暗いイメージが湧いてしまう気が するので・・。 元気なお子さんを産むというのも・・・。 やはり産まれて見ないと分からないので、出産前って 「無事に元気な赤ちゃんを産めるかどうか」不安に なる方もいると思います。 なので、... A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? (もしかして、目上の方ですか?そのせいかもしれません) お礼のお礼はしないので、ぴったりの例文はないです。 ご質問者様も戸惑ったように、相手も戸惑ってしまうと思います。 どこか遠くへ行かれてしまったとかでしょうか。 どうしてもなら、もっと気軽な形で電話をするとか。 電話なら、大抵その場で終われるはずなので・・・。 お引越しとかなら、少し落ち着いた頃に連絡するといいかもしれません。 (あまり仰々しくお礼を言う必要はないと思います。 ご機嫌伺い程度かと・・・) あまり、電話のやりとりがないような方でしたら。 はがきで、季節の挨拶程度や近況報告をするような文面にするとか。 秋らしい「絵葉書」もいいかもしれませんね。 私としては、そのお礼は言いません。 逆に、嫌味に取られてはいけないと思うからです。 A ベストアンサー よくドラマとかではありますよね~ 笑 日本人て言葉にしませんよね、そういうこと。 でもかえって日本人がいきなりそんなこといったらびっくりしちゃうかも。 私も、ねぎらい、というよりも「すごいことやったんだ」という尊敬のまなざしくらいは、ほしかったですね~ 笑 なのに旦那ときたら客観的というか冷静というか、まず生まれたら感動よりも先に感心(おーこういうふうにうまれるのかーみたいな)と、指の数を数えたらしいですよ 笑 あげくには、いくら私が安産かつ、痛くてもうーっとうめくだけで我慢していたのをいいことに、「思ったよりラクそうだったよなあ、そんなに痛がってなかったし…」 キックくらわしてやろうかとおもいましたよ~ お前がうんでみろー!って 笑 でもそんなパパでも人一倍面倒見がよくって、うちでは「ママが2人」と親戚などにももっぱら噂です。 言葉ももちろん大事ですが、これからながい育児、言葉よりも実践が助かるようになってきますよ~ 笑 Q 地元から離れ、結婚して埼玉へ引っ越した妊娠8ヶ月位の友人がいるのですが、 最近、『羊水が増えすぎて入院することになった。 赤ちゃんの肺に水がたまっているみたい・・・』『辛い』というようなメールがきました。 入院中のためメールできないので、今はどんな状況なのかもよくわからないのですが、 とても不安になっているだろうと思います。 そこで、安産のお守りを送ってあげようかと思うのですが、 こういうのって妊婦さんにとっては逆に辛くさせてしまったりしないでしょうか・・・? 落ち着いたら連絡するねと言われているので、それまでそっとしておく方がいいでしょうか? その他、励ます方法はないでしょうか? よろしくお願いします。 A ベストアンサー こんにちは。 私もこの前、妊娠5ヶ月で入院していました。 最初は体がきつくて、夫と両親以外の人にはお見舞いに来てほしくない、という気持ちでした。 また、後半体調が落ち着いても、人と会いたくありませんでした。 それだけ妊婦は精神的にナーバスになっていると思います。 (逆に人恋しくてさみしくなっている人もいるかもしれません、この辺の心の変化は自分でもよく分からないのです) 赤ちゃんは大丈夫だった私と比べて、nyantaro21さんのお友達は 赤ちゃんの体にも心配事があるようですので、気持ちの乱れは私の比ではないと思います。 私の場合ですが、 入院していた病棟では携帯OKでしたので、暇つぶしにメールはよくしていました。 (産婦人科はたいていOKだと思います) だから仲のよい友人がメールで話を聞いてくれるのは嬉しかったですよ。 安産のお守りは、お2人の間柄にもよりますが・・・私は夫と両親にもらったものがありますので、 友人からもらっても困ってしまいます。 はっきり言えばほしくないです。 お守りという性格上、その辺に置いておくわけにもいかないし、放っておいたら逆にバチがあたりそうで 処理に困るというのが本音です。 メールでしばらく面会できないと伝えていたのに突然夜遅くやってきて、 関係ない話をしゃべるだけしゃべって自己満足して帰っていった義母には 心底腹が立ち、こういう気持ちの汲めない行動が一番辛かったです。 一番嬉しかったのは、面会できないという私の言葉を尊重して 会いに来る代わりに宅配でお花のアレンジメントを送ってくれた職場の先輩。 お花を見てなんだか涙が出ましたよ。 nyantaro21さんはお友達思いのやさしい方でしょうから悩まれているのだと思います。 (そうでない人は悩んだりせず、自分の気持ちを押し付けます) しょっちゅうは負担になりますが、たまにメールをしてあげたら、 体調のいい時にでも見て励まされるのではないでしょうか? いつでも話を聞くからね、というスタンスで。 以上、私なら・・・という意見でした。 参考になるかどうか分かりませんが。 お友達、出産が近いかもしれませんね。 いつ産まれてももう大丈夫な時期ですから。 順調に行きますように。 こんにちは。 私もこの前、妊娠5ヶ月で入院していました。 最初は体がきつくて、夫と両親以外の人にはお見舞いに来てほしくない、という気持ちでした。 また、後半体調が落ち着いても、人と会いたくありませんでした。 それだけ妊婦は精神的にナーバスになっていると思います。 (逆に人恋しくてさみしくなっている人もいるかもしれません、この辺の心の変化は自分でもよく分からないのです) 赤ちゃんは大丈夫だった私と比べて、nyantaro21さんのお友達は 赤ちゃんの体にも心配事があるようですので、気...

次の

【相手別】安産のメッセージ。出産祝いに送って喜ばれる言葉集

母子ともに無事

さて、1月の睦月が終わって定本や赤小本の大賞の発表も片付いた。 赤小本などはよく売れるようになったし歌劇などの脚本が増えたのは助かるぜ。 その後も季節の行事をこなして桜の季節の3月の弥生になった。 そして妙の 悪阻 ( つわり )は文月の7月だったので妊娠したのが皐月の5月くらいだった可能性が高い。 なので生まれるのは3月の弥生の頃のはずだ。 妙のお腹もみてわかるくらい膨らんでいる。 「そろそろ臨月かな」 妙はお腹を擦りながらにこやかに笑った。 「そうですね。 もうそろそろだと思います」 この時代では産婦人科がないので出産は当然自分たちでやるのだがこの時代では妊婦達は出産時は出産専門の産屋に隔離される。 これは血と言うのは穢と考えられているからだが、出血や脱糞などをともなう出産は江戸時代においては不浄なことでそれに伴い妊婦の出産も不浄なものと考えられていたからだ。 そして産屋は男子禁制で俺はその中にはいることはできない。 出産現場と言うのはかなり凄絶なもので夫がその様子を見るとたたなくなることが昔から結構あったらしい、なので世界的にみても出産は女だけでやるのが昔からのやり方だったようだ。 ちなみに隔離されるのは月の穢つまり生理の出血も同様だな。 さらに血の穢れは共通して使用する火を通して移ると考えられていたため、 別火 ( べっか )と言って母屋とは別に産屋で調理などは行うのだ。 これは服喪中の者や生理中の女性などもすべて同じ。 「暫く会えないけど体に気をつけてな」 「ええ、わかってます」 産屋に入れるのは産婆や妙の母親や俺の母さん、近所の内儀たちなどの出産経験者のみ。 あと妙の乳が出なかったときに備えて乳の出る乳母を募集して雇ってある。 妙の乳が出るとしても昼夜交代で乳を別にあげられる乳母はほしいからな。 産屋では寝起きするための布団、より掛かるための椅子、盥や樋箱、晒や油紙などは全部準備した。 妙がそれにしがみついていきむための綱も丈夫に作ってあるし、お義母さんや母さんたちが支えてくれるとは思う。 この時代の出産は綱に捕まりながらしゃがんでいきむので一緒に大小便などが出てしまう場合があるのだな。 あとは子供が無事に生まれるのを待つだけだ。 やがて母さんが産屋から出て来たので俺は聞いてみた。 「母さん妙と子供は?」 母さんは笑っていう。 「無事子供は生まれたよ。 お妙さんも無事だ。 女の子だけど名前は決めてあるのかい?」 俺はうなずく。 「妙とも相談しようと思うけど女の子なら 清花 ( きよはな )ってのはどうかな?」 母さんは少し考えてからいう。 「うん、中々悪くないと思うよ」 俺はニコニコしている母さんにいう。 「あと、妙はちゃんと寝かしてやって白粥と柔らかく煮た大根やごぼうと豆腐とわかめの入った味噌汁を食わせてやってくれ。 ちゃんと寝させるのと食べさせるのは大事だからな」 それを聞いて母さんは不思議そうにしている。 「そうかい?食事は粥だけですまして、横になって寝ないようにしないとまずいんじゃないのかい?」 「いやいや、寝なかったらむしろ大変だから」 「じゃあそうするとしようかね」 胎盤は土器に入れて産屋の下へ埋めて、へその緒は桐の箱に入れて大事に保管する。 それにしてもこの時代だと出産後は頭を高くした布団や産後専用の椅子に座らされて、七日間横になって眠ってはいけなかったというのは理由がよくわからない。 出産直後に横になると頭に血が上って大変なことになると思われているみたいなんだけどどう考えても睡眠不足になってかえって良くないよな。 あとはとにかく体を冷やさないこととだな。 そして娘が生まれてから7日目に 御七夜 ( おしちや )を行う。 親娘が産屋を出て生まれた子供のお披露目と命名をおこなうのだ。 妙はちょっと疲れ気味だが赤ん坊は元気そうだ。 「妙も子供も無事でよかったよ。 そう言えばちゃんと初乳はあげたかい?」 俺がそう聞くと妙はにこやかに頷いた。 「はい、大丈夫です。 ちゃんとお乳はでましたので」 「そりゃよかった。 それとこの子の名前は清花でどうかな?」 「はい、とても良い名だと思います」 「じゃあ、お前は清花で決まりだ」 俺が赤ん坊に向けてそう声をかけたら唐突に泣き出した。 「びえーん!」 「え、なんで泣き出した?」 「たぶん知らない声にびっくりしたんだと思いますよ」 「そ、そうか、びっくりさせたか。 すまんな清花」 盛大にないてる娘をよしよしとあやしてる妙。 元気に泣く娘はきっと将来美人になるに違いない。 育ったときに太夫を目指すか内儀として経営者になるかなどは自由になってると良いな。 さすがに吉原の外に出るのは難しいかもしれないけど。

次の

篠田麻里子が第1子女児出産を報告「新しい命の誕生に感謝」 |最新ニュース|eltha(エルザ)

母子ともに無事

こんばんは。 この文は比較的に分かりやすい単語と構造でできています。 (1)と(2)の共通点は both A and B という表現で「AもBもどちらも」という意味です。 (1)については 「mother も baby も well」 であるという意味です。 この文の場合は well が形容詞の役割で「健康で」という意味です。 How are you? に対しての返事として少しフォーマルですが I'm well. 「元気です」という言い方もします。 (2)については do を修飾する副詞として well が使われています。 do well で「順調にでいる」「元気でいる」のような意味で、会話でもよく使われます。 上記の解説にある例のように How are you? や How are you doing? に対して I'm doing well. 「元気にしてるよ」という返事はよく使います。 また(2)については、Both mother and baby are healthy and doing well. のように「健康で順調です」のような表現もよく使います。 以上、ご参考にしていただければ幸いです。 The two sentences you see provided above are great ways to express that a newly born baby and the mother are doing well. In the second sentence you will see the term pull through. If we pull through something that means we successfully managed a hard situation. This term would make a great addition to your vocabulary!

次の