キングストン 一族。 「一夫多妻カルト教団を脱出せよ」

『キングストン ダウンタウン チボリ・ガーデンズ/トレンチタウン地区 (Tivoli Gardens/Trench Town, Down Town, Kingston)』キングストン(ジャマイカ)の旅行記・ブログ by ちふゆさん【フォートラベル】

キングストン 一族

クチコミ 0件• Q&A回答 0件• 42,787アクセス• 18年4月3日、JICAのオリエンテーションの一環として、キングストン市内を車で回った続き。 パレード地区の後はキングストンの危険地域であるダウンタウンエリアを東西に抜ける幹線スパニッシュタウンロード Spanish Town Road を走るが、この道沿いにはもっと危険な地域がある。 バスターミナルに近いチボリ・ガーデンズ Tivoli Gardens 地区は、アメリカ司法省が世界で最も危険な麻薬組織のリーダーにリストアップしているクリストファー・コーク Christopher Coke:通称ドドス Dudus の率いるギャング団シャワーパシ Shower Posse の本拠地。 警察も入れないと云われる地域。 ドドスは現在アメリカ国内での麻薬取引容疑と武器取引容疑でアメリカに拘束されているが、今から8年前の10年5月から6月に掛けての逮捕の際に、76人の死者と500人以上の逮捕者が出た大騒動がここで繰り広げられた。 ジャマイカは未だに政治家とギャング団の結び付きが強く、二大政党であるJLPとPNPにもそれぞれギャング団が付き、選挙の度に殺し合いがある 80年選挙では889人が殺された。 シャワーパシは当時政権を握っていたJLP派 その後いったんPNP政権になったが、16年から今はJLP政権となっている。 その政権がアメリカの圧力に負けてドドスの引き渡しを認め、逮捕状を発行したことに激怒。 この地区に武装して立てこもる一方で、警察署を襲い、警官2名を射殺。 軍・警察は1000人以上の人員を投入し、さらにはヘリコプターによる焼夷弾攻撃も実施する大銃撃戦が繰り広げられた。 ドドスの先代 父親 も90年にここに1週間立てこもり、80人の警官と撃ち合い、10人以上の死者を出して逮捕されたそうだが、息子は桁が違うわ。 この地区は80年代にJLP党首として第5代首相を務めたエドワード・シアガ Edward Seaga の肝いりで63年から65年に掛けて再開発されたエリア。 50年代からカリブ海地域で最悪のスラム街と云われたバック・オー・ウォール Back-O-Wall 地区を取り壊して開発された。 JLPのバックボーンであるシャワーパシはこの地区で家賃援助、食料配給や教育、医療の普及事業を行っており、住民からロビン・フッドやキリストにも例えられるほど英雄視され、支持されており、こういう事態になるようだ。 結局ほぼ1か月経って、ドドスは逮捕され、アメリカへ送られた。 97年、01年、05年、08年にも銃撃戦は起きており、車とは云え近くを通るだけで恐ろしい。 チボリ・ガーデンズの少し西寄り、スパニッシュタウンロードの北側にはトレンチタウン Trench Town 地区がある。 ここは40年代に植民地政府によって開発された地域。 元々トレンチ・ペン Trench Pen の一部を買い上げて作ったことから町の名は付けられた。 さらに云えば、トレンチ・ペンとは19世紀初頭のアイルランド系移民のダニエル・トレンチ Daniel Power Trench 一家の土地の名前。 当時裕福な一族が持っている土地はペンと呼ばれた。 増え続ける地方からの移住者のために開発されたが、今はゲットー Ghetto と呼ばれるスラム街に化している。 昼間でも歩いて周るのは危険なエリア。 居住者の大部分は貧しく、幼児死亡率は非常に高い。 ただ、多くのレゲエ音楽家を輩出しており、その活動拠点となった地区でもある。 ボブ・マーレーも10歳からここで育った。 トレンチタウン・カルチャー・ヤード Trench Town Culture Yard と呼ばれる博物館があるが、ボブの古くからの友人であり、共同制作者であったヴィンセント'タタ'フォード Vincent 'Tata' Ford の自宅であった。 5歳年上の彼は、ボブにギターを教えたと云われており、いくつかの作品の作詞・作曲にクレジットされており、ボブもこの家に入り浸っていた。 現在、この博物館はジャマイカの国家遺産 国宝 に指定されているが、歩いて行けるようなとこではない。 タクシーで直行し、またタクシーで去るようにしないとどうなるか分からないそうだ。 ジャマイカには日本と違って流しのタクシーなどないし、ルートの決まったところしか走らないルートタクシーと呼ばれる乗合タクシーしかないのでかなり大変。 まあ、私は単独で行くことは絶対ないと云える。

次の

4月から屋内喫煙は原則禁止に! 喫煙者が知っておくべきタバコのこれから

キングストン 一族

Russell Bufalino 生誕 Rosario Alberto Bufalino 1903-10-29 死没 1994-02-25 (90歳) 墓地 ペンシルベニア州スワイヤーズビル、デニソン墓地 別名 "McGee" "The Old Man" 職業 ボス 刑罰 懲役4年 懲役10年 配偶者 Carolina "Carrie" Sciandra 親戚 従兄弟 所属 有罪判決 恐喝 1977 共同謀議 1981 ラッセル・ブファリーノ(Russell Bufalino、出生時: ロザリオ・アルベルト・ブファリーノ(Rosario Alberto Bufalino、 イタリア語発音: )、1903年10月29日-1994年2月25日)は、出身のの()。 1959年から1989年にかけて北東部を拠点としたブファリーノ・ファミリーのボス。 また、 IBT の長の弁護士の従兄弟。 生涯 [ ] アメリカへの移民からマフィアとしての台頭 [ ] 1903年10月29日、で生まれ 、1906年に家族とともにに移住し、10代の頃には犯罪の道に入る。 のち、シチリア・マフィア出身のカロライナ・シアンドラと結婚する。 ブファリーノは多くのバッファローのギャングらと共に犯行を行ったが、その中には後にマフィアや東海岸沿いの(狭義のマフィア)の幹部となる者もいた。 これらの人脈はブファリーノの生涯の犯罪歴に非常に有益となったことが知られている。 ファミリーと一族の絆はシチリア系の犯罪者にとって重要なことであり、彼らは部外者や法執行機関が介入できない強力で極秘の協力体制を築き上げた。 こうした人脈の中でも特に重要であったのは最初のボスであるジョン C. モンタナとモンテドーロからの移民仲間であった。 1920年代初頭、ブファリーノは、ニューヨーク州で酒の密輸も行っていると手を組み初めた。 その後、1940年にペンシルベニア州に活動拠点を移した。 ファミリーは同州のピッツトンや、、及びニューヨーク州北部における犯罪行為に関与していた。 1950年代初頭に、移民帰化局は何度かブファリーノを強制送還しようとしたが、いずれもイタリア政府が再入国を拒んだため、15年以上成功しなかった。 1955年、ブファリーノはトラック運転手のと出会う。 やがてシーランは、ブファリーノの下で仕事を行い始める。 また、ブファリーノはシーランを IBT の長に紹介していた。 ホッファはシーランをボディガードとして採用し、親友としても扱った。 そのシーランの仕事内容には、反抗的なIBT組合員やIBTの縄張りを脅かすライバル組合の者の暗殺も含まれていた。 シーランによれば、彼がホッファと最初に話したのは電話であり、ホッファは「(君は)家にペンキを塗ると聞いた」と最初に述べたという(これは銃撃によって標的の血痕が壁に広がることを暗喩している)。 アパラチン会議 [ ] 詳細は「」を参照 1957年、ルチアーノ・ファミリーの系譜を引くからファミリーの実権を簒奪したは、自らの地位を確実なものとさせるため、全国のコーサ・ノストラを集めた会議()を招集しようとした。 ジェノベーゼはニューヨーク州バッファローのボスで、コミッション・メンバーでもあるを選出し、マサディノは会議の監督・指揮をペンシルベニア州北東部の有力者であるジョセフ・バーバラとブファリーノに依頼した。 1957年11月14日、アメリカとイタリアからの有力マフィアがニューヨーク州アパラチンにあるバーバラの私有地に集まった。 キューバは主要な議題の1つであり、特に同地における賭博や麻薬から得られたコーサ・ノストラの利益の密輸についてであった。 国際的な麻薬取引も重要なトピックであった。 他にはニューヨークにおける衣料産業の権益や犯罪利益(事業主への高利貸しや衣料品センターのトラック輸送の制御など)などが話し合われる予定であった。 地元の州警察官であるエドガー・D・クロスウェルは、前年にがバーバラの私有地から帰る際に州警察官に呼び止められたことを知っていた。 州警察はガランテが無免許運転していたこと以外にも、彼がニューヨーク市において広範な犯罪歴があることを発見していた。 1957年11月の会議に先立ってクロスウェルはバーバラ邸を時折監視しており、バーバラの息子が地元の肉屋から大量の肉を調達したり、地元のホテルに予約を入れていることも察知していた。 このため、クロスウェルはバーバラを怪しみ、その邸宅を監視することを決めていた。 州警察はバーバラ邸に多くの高級車が駐車されていることを発見するとナンバープレートの照会を初めた。 これら車の多くが犯罪者登録された者たちのものと判明したため、州警察の応援も現場に到着し、バリケードの設置を行い始めた。 こうした外の動きに気づかず会議が開始されたが、出身でバーバラの従業員であったバルトロ・グッチアが、バーバラの私有地から出る際に警察のバリケードに気がついた。 後にグッチアは魚の注文を確認するためにバーバラ邸に戻ったと述べている。 一部の出席者は車で強引に脱出を試みたが、バリケードで止められてしまった。 他の者たちは高級なスーツを台無しにしながら野原や森を駆けた。 多くのマフィアはバーバラの邸宅を囲む森を突破して脱出した。 ブファリーノは運転していたところを警察の停止命令を受けた。 乗客は他にジェノベーゼと他3人の男がいた。 ブファリーノは警官の質問に対し、病気の友人であるバーバラを訪ねてきたと答えた。 逮捕された者たちは全員に最高10,000ドルの罰金を科され、3年から5年の懲役刑が科されたが、1960年の控訴によりすべての有罪判決が覆された。 ブファリーノ・ファミリー [ ] 1959年6月のバーバラの死後、 コミッションはブファリーノを後継のボスとして公認した。 1972年、映画『』において、ジョニー・フォンテーン役を歌手のが演じることになっていたが、途中でに変更された。 ダモーンは彼の名付け親(ゴッドファーザー)であるブファリーノに依頼し、メディアを通して監督のが、プロデューサーのがマルティーノを抜擢しようとしていたことは知らなかったとする情報操作を行わせた。 結局はダモーンは報酬が少なすぎることに加えて、関連する人間を刺激したくないために役を降板した。 最終的にフォンテーン役はマルティーノが演じることになった。 1973年4月20日、ブファリーノはFBIの奇襲作戦によってナイトクラブで逮捕され、州間通商妨害や司法妨害、賭博、故売品輸送などの容疑で起訴されたが、5万ドルの保釈金を払い釈放された。 1977年、目撃者保護プログラムに守られたジャック・ナポリがニューヨークの宝石商に25,000ドルの負債を返済しなかったためにブファリーノから殺すと脅迫されたと証言し、ブファリーノは恐喝罪で起訴された。 ブファリーノは起訴されるとすぐに、さらなる刑事告発の可能性を減らすため、カポレジームのエドワード・シャンドラを名目上のボスとし、ファミリーの日常業務から身を引いた。 1978年8月8日、恐喝に関与したと認定され、ブファリーノは4年の有罪判決を受け 、3年近く服役した。 ブファリーノは1981年5月に釈放されたが、今度はナポリを殺害しようと企てた疑いで再び起訴されてしまった。 主な検察証人であるジミー・フラティアーノは、彼とマイケル・リツィテッロが1976年にナポリを殺すようブファリーノに要求されたと証言した。 1981年11月、ブファリーノはレブンワース合衆国刑務所に10年の刑を宣告された。 衰退と死 [ ] ブファリーノは再収監され、ファミリーは連邦政府の監視下に置かれると組織は衰え始めた。 1989年、ブファリーノは釈放され、ファミリーの実権はビリー・デリアに引き継がれた。 1994年2月25日、ブファリーノは90歳でペンシルベニア州キングストンのネスビット記念病院にて自然死した。 その遺体はペンシルベニア州スワイヤーズビルのデニソン墓地に埋葬された。 大衆文化 [ ] 2019年のの映画『』にて登場し、がブファリーノを演じている。 脚注 [ ] []• Fowler, Glenn 1990年5月15日. 2020年1月9日閲覧。 Investigations, United States Congress Senate Committee on Government Operations Permanent Subcommittee on 1963年11月30日. Government Printing Office. 2020年1月9日閲覧。 The Hollywood Reporter. 2020年1月9日閲覧。 heavy. com 2019年11月27日. 2020年1月9日閲覧。 Government Printing Office. 2020年1月9日閲覧。 nytimes. com 1973年4月22日. 2020年1月9日閲覧。 Biography. 2020年1月9日閲覧。 8 HD I-Team. 2006年11月13日• Brandt, Charles. Slate 2019年8月7日. 2020年1月9日閲覧。 Glynn, Don 2007年11月11日. Niagara Gazette. 2012年5月28日閲覧。 Fitchette, Woodie; Hambalek, Steve 1957年11月15日. Binghamton Press Binghamton, NY : pp. Fitchette, Woodie; Hambalek, Steve 1957年11月15日. Binghamton Press Binghamton, NY : pp. Toledo Blade Associated Press : pp. 1960年2月28日. 2012年5月27日閲覧。 Toledo Blade: pp. 1958年7月1日. 2012年5月27日閲覧。 The New York Times. 2012年6月2日閲覧。 1990年11月21日. The New York Times. 2012年5月28日閲覧。 Ocala Star-Banner. Associated Press: pp. 1959年6月18日. 2012年5月27日閲覧。 The Telegraph. 1959年12月19日. 2012年5月28日閲覧。 February 12, 2010, at the. Mafia News• Justia Law. 2020年1月9日閲覧。 Tully, Andrew 1958年9月2日. The Pittsburgh Press. 2012年5月28日閲覧。 Toledo Blade. 1960年11月29日. 2012年5月28日閲覧。 2014年7月14日時点のよりアーカイブ。 2020年1月9日閲覧。 , p. 1981年10月24日. 2020年1月9日閲覧。

次の

nvcdn.answerstv.com: 一夫多妻カルト教団を脱出せよ: アンドレア・クリステンセン, ジェシカ・クリステンセン, シャネル・クリステンセン, ジェローム・ジャーニガン: generic

キングストン 一族

イギリスのドキュメンタリー。 一年間米国ロックランドの洞窟の家に住む一夫多妻 コミュニティに密着。 フォスターという家族にはお父さんとお母さんが二人。 大家族に歓迎されて 17番目の赤ちゃんが自宅で生まれるシーン。 16人の兄姉達はみんなで新しい弟を歓迎している。 ある時、フォスター氏の兄が亡くなる。 埋葬のシーンは丁重で厳かだった。 墓石は2人の未亡人がまで買いに行く。 では一夫多妻に偏見があるので、妻の名前を二人分刻むのが難しいためだ。 カでは重婚は違法なので、信者達はなんども刑務所に入れられた歴史がある。 ドキュメンタリーではの議事堂まで法案の否決を訴えに行くシーンもある。 このドキュメンタリーを見てつくづく思う。 米国大統領でも離婚を何度も繰り返したり、浮気したりしてるでないか。 でも、ここのコミュニティみたいに、一人の夫が好きになった女性全部を他の家族の合意のもとににしたら、丸く収まるので良いのではないか。 その一方、このドキュメンタリーでは同士の嫉妬と確執、その間で気苦労する夫が映されている。 夫はなぜか、みんな細くてだ。 やはり、一夫多妻はの時代から、トラブルだらけになるに決まっているのである。 家父長制は成熟した先進国にはそぐわない。

次の