仰向け で 寝る と 腰 が 痛い。 長時間立つと腰が痛い原因と対処法をプロが解説します。

睡眠時の腰に負担がかかりにくい寝方は? 仰向け?うつ伏せ?横向き?|Good Sleep Labo

仰向け で 寝る と 腰 が 痛い

実は、仰向けに寝て腰が痛いという人は、お尻が沈んで 「猫背」になっていたり、 「反り腰」になっていることが多いです。 反り腰とは、姿勢の悪化などの原因で、腰が背中側に反っている状態のことです。 反り腰になっているかどうかの確認は、床の上などの固い場所で仰向けになって寝れば分かります。 反り腰であった場合、床と腰との間に大きく「隙間」があきます。 その隙間は「手のひら一つ分と少し」くらい入るケースが多いです。 結果的に、腰がブリッジをしているような状態になりますので、「仰向け寝」をすると腰が痛いと訴え始めるのです。 腰がブリッジをしている状態になると、お尻、足、胸、頭が、床側に下がってしまいます。 すると、腰だけが浮き上がるような状態になり、テコの原理も働いて「反り腰」になりやすくなります。 人間の背骨はゆるやかなS字カーブを描いていますが、反り腰になると姿勢がくずれて「S字カーブ」が崩れます。 結果として、腰部に負担がかかり、腰痛となって現れるのです。 立っている時や座っている時に痛くないのに、仰向けだと腰が痛いという場合は、反り腰を疑ったほうが良いでしょう。 では、反り腰はどんなことが原因で起きてしまうのでしょうか? 仰向けに寝ると腰が痛い!反り腰の原因とは? 仰向けに寝て腰が痛い人は、反り腰になっている可能性が高いですが、これは基本的に 女性に多い症状です。 女性は、子供を産むため、男性に比べると骨盤が大きくなっています。 そのため、仰向け寝をした際に、臀部(でんぶ)が通常よりも下がりやすく、反り腰になりやすくなるのです。 また、筋力も男性よりも弱いですから、そのことも反り腰の原因となります。 基本的に弱くなるのは腹筋の方が多いですので、強い背筋によって姿勢が後に引っ張られ、反り腰となってしまうのです。 適度な腹筋運動は、女性の反り腰の改善には役立つと言えるでしょう。 また、 太っている人も反り腰になりやすいです。 ご存知のように肥満の方の姿勢は、のけぞっている場合が多いですよね? お腹がポッコリと出っ張っていることによって、後側に反り返る姿勢になってしまうわけです。 そうするとお腹に引っ張られるような形で「腰の骨」が前へ突き出しますので、反り腰の原因となってしまいます。 肥満の方で仰向けに寝ると腰が痛い場合は、ダイエットをして姿勢を正し、反り腰防止に努めましょう。

次の

寝起きに腰が痛い!?それは寝るときの◯◯が原因なんです。

仰向け で 寝る と 腰 が 痛い

寝るときくらい、リラックスしてゆっくり眠りたいですよね。 それなのに寝る姿勢になると余計に腰が痛いという方がいます。 それはなぜか? 体をまっすぐに伸ばせないくらい筋肉が硬くなっているから! 座りすぎて体が座っている形に固まってしまっている方が多いようです。 『仰向けで寝ると腰が痛い』理由、そのほとんどは 大腿直筋の短縮 です。 大腿直筋 つまり、ももの前の筋肉が硬く短くなってしまっているんです。 他にも縫工筋、大腿筋膜張筋、腸腰筋などの短縮、癒着なども関係しますが、これらのももの前側にある筋肉の動きの悪さが主な原因です。 ももの前の筋肉が短縮することで、仰向けに寝ると骨盤を前に引っ張ってしまい、骨盤の前傾を招きます。 そして、骨盤が前傾しすぎると、腰が反って腰痛を引き起こすわけです。 仰向けで寝ることがキツイ方も膝を立てると楽になりますよね? これは、股関節が曲がることで、これらのももの前の筋肉が緩むからです。 図の左がバランスのとれた状態 右は前側の筋肉に骨盤が引っ張られて腰が反っている状態 体がこういう状態のまま立つと当然のことながら、まっすぐに立てません。 腰が反りすぎる または、膝を曲げて座っている姿勢に近づく このどちらかの姿勢になります 笑っているあなたも人にみてもらうと、きっとどちらかの姿勢になっていますよ! でも大丈夫! 簡単なストレッチで多くの方はまっすぐに立てるようになります。 足首を持って、お尻につけるように曲げましょう。 そのまま膝を後ろに引きます。 ももの前の筋肉が伸びてくるのを感じながら、ゆっくり大きく5回深呼吸しましょう。 腰が反らないように体はまっすぐに保つことがポイントです。 もしも、ご自身でやり方がわからない、 あまり効果がわからない、という方はご相談ください。 癒着が強い場合には、 ストレッチでは効果が出ない場合もありますが、 という方法で、癒着を取り除くことができます。 筋膜リリースや治療について、お気軽にお問い合わせください。 スマートフォンはこのボタンを押すと電話できます。

次の

仰向けで寝ると腰痛が!原因はコレ!

仰向け で 寝る と 腰 が 痛い

寝るときくらい、リラックスしてゆっくり眠りたいですよね。 それなのに寝る姿勢になると余計に腰が痛いという方がいます。 それはなぜか? 体をまっすぐに伸ばせないくらい筋肉が硬くなっているから! 座りすぎて体が座っている形に固まってしまっている方が多いようです。 『仰向けで寝ると腰が痛い』理由、そのほとんどは 大腿直筋の短縮 です。 大腿直筋 つまり、ももの前の筋肉が硬く短くなってしまっているんです。 他にも縫工筋、大腿筋膜張筋、腸腰筋などの短縮、癒着なども関係しますが、これらのももの前側にある筋肉の動きの悪さが主な原因です。 ももの前の筋肉が短縮することで、仰向けに寝ると骨盤を前に引っ張ってしまい、骨盤の前傾を招きます。 そして、骨盤が前傾しすぎると、腰が反って腰痛を引き起こすわけです。 仰向けで寝ることがキツイ方も膝を立てると楽になりますよね? これは、股関節が曲がることで、これらのももの前の筋肉が緩むからです。 図の左がバランスのとれた状態 右は前側の筋肉に骨盤が引っ張られて腰が反っている状態 体がこういう状態のまま立つと当然のことながら、まっすぐに立てません。 腰が反りすぎる または、膝を曲げて座っている姿勢に近づく このどちらかの姿勢になります 笑っているあなたも人にみてもらうと、きっとどちらかの姿勢になっていますよ! でも大丈夫! 簡単なストレッチで多くの方はまっすぐに立てるようになります。 足首を持って、お尻につけるように曲げましょう。 そのまま膝を後ろに引きます。 ももの前の筋肉が伸びてくるのを感じながら、ゆっくり大きく5回深呼吸しましょう。 腰が反らないように体はまっすぐに保つことがポイントです。 もしも、ご自身でやり方がわからない、 あまり効果がわからない、という方はご相談ください。 癒着が強い場合には、 ストレッチでは効果が出ない場合もありますが、 という方法で、癒着を取り除くことができます。 筋膜リリースや治療について、お気軽にお問い合わせください。 スマートフォンはこのボタンを押すと電話できます。

次の