ライン通話 切り方。 【LINE】ビデオ通話の途中で音声のみ通話に切り替える方法

【LINE】ビデオ通話(テレビ電話)のやり方|顔を見合って会話しよう!

ライン通話 切り方

LINEで音声通話ができるだけではなく、お互いの映像が見える「ビデオ通話」機能もあります。 さらに、最近はグループビデオ通話も実装されています。 ここで、LINEのビデオ通話機能の使い方について説明しましょう。 LINEのビデオ通話とは、インターネット回線を利用し、映像や音声を転送することで通話をじつげんする通話機能です。 音声通話機能と同じく、インターネット利用料以外は一切通話料なし、無料で通話できる機能です。 しかしモバイルデータ通信でビデオ通話を利用する場合、データ通信料はかなりかかるため、使いすぎると携帯キャリアなどに通信制限される可能性があります。 なので、ビデオ通話や音声通話を使うとき、通信量に気を付けましょう。 ビデオ通話をする方法 一、事前の設定 通常であれば事前で設定する必要はないですが、ビデオ通話で映像が映らない、音声が聞こえない場合アクセス権限を確認する必要があります。 iPhoneの場合は「設定」から「LINE」に入って、アクセス許可を確認しましょう。 Androidの場合は「アプリ」>「LINE」>「許可」の順に進んで、アクセス権限を確認しましょう。 全部の権限を許可すれば大丈夫のはずです。 二、ビデオ通話をかける方法 LINEを起動してから、友だちリスト画面に入って、通話したい相手をタップします。 そして、ポップアップ画面で「ビデオ通話」を選択することができます。 ビデオ通話をタップすると、通信画面が表示されます。 ここで、自分の画面が表示されます。 相手が応答すると、自分の画面がサブ画面として表示され、メイン画面は相手の画面が表示されます。 サブ画面は右上で表示されますが、四隅にドラッグできます。 相手が応答しない場合、「応答がありません」と表示され、「もう一度無料通話を発信」で再度発信できます。 「ボイスメッセージ」で相手にボイスメッセージを発送することができます。 「終了」でなにもせずに終了できます。 三、ビデオ通話を応答する方法 ビデオ通話の着信がある場合、LINEを起動すれば、着信画面が表示されます。 緑のビデオボタンをタップする場合、通話を応答します。 赤い電話ボタンをタップする場合、通話を拒否します。 下の「カメラをオフして通話」をタップする場合、通話を応答し、相手のビデオが見えますが、相手はこちらのビデオが見えません。 最新バージョンのiOS版LINEを使う場合、通話画面と着信通知はiPhone標準アプリと同じくようになります。 LINEを起動していない場合、着信通知をタップすればLINEが起動されます。 四、ビデオ通話でできる操作 1. 通話しながらトーク画面を使えます 右上のボタンをタップすれば、ビデオ通話画面が収まれ、LINEのトーク画面を使えるようになります。 この場合、自分の映像も相手に届けなくなりますのでご注意ください。 通話中で位置情報や写真などを送ることができるなど、この機能は便利です。 ビデオ通話に戻りたい場合、トーク画面で、画面上の赤の「通話画面に戻る」をタップすれば、ビデオ通話画面に戻れられます。 内外カメラを切り替えます 右下のビデオカメラボタンをタップすれば、自分のカメラをオフにすることができます。 左下のマイクボタンをタップすれば、自分の音声をオフにすることができます。 画面右上のカメラボタンをタップすれば、内外カメラを切り替えられます。 会話中で感情エフェクトを使います 通話中で画面をタップすれば、画面の下では顔マークが表示されます。 顔マークをタップすると、6種類の感情を表す表情アイコンが表示されます。 会話の中でこれらの表情アイコンをタップすると画面でエフェクトが表示され、自分の感情を表現できます。 通話画面を縮小してトーク画面などを操作する 通話画面を収まってもいいですが、それじゃビデオ通話画面が見えません。 しかし縮小すれば、通話画面を見ながらトーク画面を操作することができます。 画面左上のアイコンをタップすればいいです。 しかしこの機能はiOS版LINEのみに対応されています、ご注意ください。 五、グルーブでビデオ通話する方法 グルーブで通話する機能はLINEアプリ6. 1バージョン以降で追加される新しい機能です。 この機能で、複数のメンバーと同時にビデオ通話することができます。 グループビデオ通話は最大200人の参加をサポートしています。 画面には、最大四人のビデオ映像を表示することができます。 通話中、同じく感情エフェクトや画面フィルター機能を利用することができます。 グループビデオ通話をかけるには、まずグループトークで、トーク画面上部の電話ボタンをタップします。 そして、ポップアップしたメニューで「ビデオ通話」を選択します。 グループ内の相手が応答する場合、その相手の画面がiPhoneで表示されます。 応答した人が4人に超えた場合、アイコンが右で表示されます。 ドラッグで表示されている相手とアイコンの相手を交換できます。 便利な機能ですが、通信量も多くなりますので、Wi-Fi環境で利用することがおすすめします。

次の

LINEでビデオ通話をする方法

ライン通話 切り方

スマートフォンのデータ通信費を低く抑えられる格安SIMが人気です。 すでに使っている方、検討中の方も多いと思いますが、注意していただきたいのが、電話の切り忘れが原因の長時間通話による高額請求トラブルです。 「身に覚えがない通話時間が記録された請求書が送られてきた…」 「電話をしたのは間違いないが長時間の通話をした覚えがない…」 といった相談が増えており、なかには数十時間の連続通話となってしまい10万円以上を請求されたケースも! そこで今回は、高額請求で慌てる前に知っておきたい、スマートフォンの通話切り忘れの原因と予防策についてお伝えします。 「通話終了ボタン」をタップしないと通話が終了しない スマートフォンで電話をかける際に使用する「通話アプリ」は、機種や設定、OSによって異なりますが、基本的に「通話終了ボタン」をタップしないと通話が終了しません。 「ホームボタン」や「戻るボタン」を押すと画面からアプリが消えるため、通話が終了したと考えてしまいがちですが、アプリ画面が隠れただけで実際はずっと通話状態を維持しているのです。 また、「電源ボタン」を押せば通話が切れるフィーチャーフォンに慣れている方は、スマートフォンも「電源ボタン」を押すことで通話が終了すると勘違いしてしまいますが、通話を切ることはできません(初期設定の場合)。 通話を切り忘れたとき、運悪く相手も操作ミスで通話を切らないとずっと電話がつながったままになってしまい、高額請求の原因になってしまうのです。 そして、切り忘れと同じように注意したいのが、ポケットやカバンのなかで画面になにかが触れて勝手に電話をかけてしまう誤発信です。 スマートフォンを取り出したら勝手に発信していて焦ったり、友人からガサゴソとしか聞こえない無言電話がかかってきたりした経験のある方は少なくないでしょう。 「格安SIMで通信量を節約するハズが手痛い出費になってしまった…」といったことにならないよう、スマートフォンの操作をしっかりマスターし、これから紹介する防止策も取り入れてください。 電源ボタンで通話を切れるよう設定 スマートフォンの操作と通話アプリの使い方をマスターすれば、誤操作の確率はかなり減りますが、人間誰しもミスはあるもの。 「うっかり通話終了ボタンをタップし忘れてしまった…」「通話を切ったつもりだったのに繋がっていた…」ということを防止するため「電源ボタン」で通話を切れるよう設定して、切り忘れを防止しましょう。 必ずアプリ内の切断ボタンをタップして通話を終了させてください。 誤発信を防止するには? 誤発信によるムダな通話、長時間通話を防止するには、指紋認証や顔認証、PINコードなどによる画面ロックを設定するのが一番手軽な対策となります。 スマートフォンのセキュリティも向上しますので、必ず設定しておきましょう。 誤発信防止アプリは、発信時に再確認画面が表示されたり、設定した通話時間になると通知したり自動で切断することができるアプリです。 ただし、すべての端末で正常に動作する保証はありませんので、具体的なアプリは紹介しません。 興味のある方は、「Google Play(Android)」や「App Store(iPhone)」で検索してください。 身に覚えがないのに高額請求されてしまったら? もし、身に覚えがない高額請求が届いたら、まずは明細とお使いのスマートフォンの通話履歴を確認します。 もし、明細と通話履歴が合致した場合は、操作ミスなどによる切り忘れの可能性が高く、請求額通りに支払わなければなりません。 「明細を見ても心当たりがない」「通話履歴が確認できない」「明細と通話記録は合致するが納得できない」といった場合は、通信会社のカスタマーセンターやサポートセンターに連絡して相談してみましょう。 ただし、通信会社側のデータに発信と通話時間の記録が残されている限り、免除や減額になる可能性はかなり低いようです。 その理由ですが、通信会社側では通話の内容を知ることはできず、誤魔化して支払いを逃れようとしているのか、本当に切り忘れだったのかを判断することができません。 それが10時間を超えるような常識外の長時間通話であっても、勤務時間中の長時間通話であっても例外ではありません。 また、たとえば子供が勝手に電話したといったように、契約者以外が無断で使用していた可能性も考えられるからです。 例外として、システム障害、ネットワーク障害などが発生していた場合や明らかな誤請求の場合は、免除や減額の対応となります。 また、分割払いなどの相談は受けてもらえる可能性があります。 どうしても納得できない場合は、消費生活センターに相談する、弁護士に相談するといった方法もありますが、過去の事例から判断すると料金の支払いが免除される可能性はかなり低いようです。 いかがでしたか? 格安SIMでスマートフォンを利用することが怖くなってしまうような内容だったかもしれませんが、通話の正しい切り方さえ覚えてしまえば長時間通話による高額請求の可能性はほとんどありません。 もし、初心者や高齢者に格安SIMのスマートフォンを渡す場合は、しっかりと操作を説明し、必ず電源ボタンで通話が切れる設定にしておきましょう。

次の

LINEを使ったオンライン飲み会の楽しみ方|LINEみんなの使い方ガイド

ライン通話 切り方

かかってきた通話に出る 1.グループメンバーの誰かが通話を開始すると、参加者全員に通知が飛びます。 トークタブの通知• スマートフォンの通知 2.通知からトークルームを開き、[参加]をタップすると通話に参加できます。 画面の表示方法を変更する 音声通話の画面を変更する 左上のマークをタップして画面の表示方法を切り替えます。 上下にスクロールして参加者のアイコンを一覧で見ることができます。 グリッド表示:一画面に9人分のアイコンを表示することができます。 リスト表示:アイコンを小さく表示し、縦型に一覧表示します。 ビデオ通話の画面を変更する 左上の四角マークをタップして画面の表示方法を切り替えます。 グリッド表示:一画面に6人まで画面を分割して表示します。 フォーカス表示:特定の参加者を大きく表示することができます。 画面下部から参加者をタップしてフォーカスを切り替えます。 通話しながらLINEでトークをしたり、LINEアプリ内を移動してタイムラインやニュースなどを閲覧したりできます。 縮小された画面は自由に動かすことができます。 縮小画面をもう一度タップすると通話画面に戻ります。 音声通話• 関連記事• UPDATE 2020.

次の