ミケル オ ヤル サバル。 【ミケル・オヤルサバル】育成の名門ソシエダから出てきたアタッカーがスゴイ。

「倒れないファンタジスタ」オヤルサバルが新生スペイン代表を牽引|海外サッカー|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

ミケル オ ヤル サバル

マンチェスター・Cはレアル・ソシエダに所属するスペイン代表MFミケル・オヤルサバルの獲得に関心を示している。 17日にイギリス紙『エクスプレス』が報じた。 オヤルサバルはレアル・ソシエダの下部組織が生んだ、現在22歳の左サイドハーフである。 今シーズンはリーガ・エスパニョーラにて全試合に先発出場しており、チームの主力として活躍している。 マンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は同胞のオヤルサバルを高く評価しており、来夏の移籍市場でバイエルンへの移籍が噂されているドイツ代表MFレロイ・サネの後釜に適任と考えているようだ。 同選手自身もステップアップを希望しているとのことで、キャリア初のプレミア上陸に前向きな姿勢を見せているという。 しかし、レアル・ソシエダはオヤルサバルの売却を望んでいないと伝えられている。 同クラブは、同選手に対して6700万ポンド(約96億円)要求しており、クラブの重要選手として見ているため、そう簡単には退団を許さないという。 果たしてオヤルサバルのマンチェスター・Cへのステップアップは叶うのであろうか。 外部サイト.

次の

ミケル オヤルサバルの能力

ミケル オ ヤル サバル

ウイイレアプリ攻略サイト「ボランチ」 です。 今日はウイイレアプリ2020の通常選手の紹介をしていきます。 紹介する選手はスペインのミケル オヤルサバル選手です。 ミケル オヤルサバル選手のレベルマックス時の能力値や、選手スキル、選手長所、選手評価などを紹介します。 通常選手はスカウト・トレード・ガチャで獲得可能ですので、是非獲得してください。 この記事は2020年4月9日に配信された「データパック6. 0」のアップデート以降の最も新しい情報です。 記事内に「20B」とある表記は、最新版のことを指しています。 99〜9. 00 S 即ガチスカ級の神引き当たり選手 評価点:8. 99〜8. 50 AA 使用感によってはガチスカ候補の良引き選手 評価点:8. 49〜8. 00 A 使用感とライブアプデによってはガチスカ候補に入る選手 評価点:7. 99〜7. 50 B 基本的には使わないがプレースタイルやスキルによっては使える可能性あり 評価点:7. 49〜7. 00 C 基本的には使わない選手 評価点:6. 99以下 【通常】ミケル オヤルサバル選手のみんなの評価アンケート 【通常】ミケル オヤルサバル選手の「みんなの評価」の投票結果です。 Twitterのアンケート機能を利用して集計しています。 総合値や能力値だけでは判断できない「使用感の良さ」や「希少性」などもを含めて、多くのユーザーの意見が反映された結果ですので、是非参考にしてみてください。 【PICK UP】今週の最新記事一覧• 【ウイイレアプリ2020】おすすめ記事• 【ポジション別】ランキング• CATEGORY• 1,129• 最新記事•

次の

FIFAがミケル・オヤルサバルを東京オリンピックの顔に選出

ミケル オ ヤル サバル

今年10月、スペイン代表がユーロ2020本大会出場を決めた。 かつて、スペインはシャビ・エルナンデス、アンドレス・イニエスタという2人の「ボールの魔術師」を擁し、世界を席巻した。 ほかにも、GKにイケル・カシージャス、DFにカルレス・プジョル、ジェラール・ピケ、カルロス・マルチェナ、ジョルディ・アルバ、MFにマルコス・セナ、シャビ・アロンソ、ダビド・シルバ、セスク・ファブレガス、そしてFWにダビド・ビジャ、フェルナンド・トーレス……。 ユーロを連覇(2008年、2012年)したメンバーには、相応の豪華さがあった。 しかし、いずれもすでにスパイクを脱ぐか、代表引退を表明している。 はたして、時代を継ぐ新鋭選手は育っているのか? ユーロ2020出場を決めたスペイン代表の主力、ミケル・オヤルサバル 10月のサンセバスチャン。 レアル・ソシエダのエースとして、背番号10をつけたミケル・オヤルサバル(22歳)が躍動していた。 オヤルサバルは2016年5月、19歳で代表デビューを飾っている。 ロシアワールドカップ後に発足したスペイン代表では、すでに主力のひとりだ。 ユーロ出場を決めたスウェーデン戦でも2トップの一角として先発してフル出場。 チームを牽引している。 「LUCHADOR」 現地では、そう評される。 「闘士、努力家」。 それは戦いを挑む者を意味するが、勤勉なことだけがキャラクターではない。 オヤルサバルは左利きで、ひらめきを感じさせるプレーヤーと言える。 スモールスペースでのコンビネーションに優れ、ダイレクトで局面を変えるパスも繰り出せるし、自らドリブルで切り込むスキルも持っている。 あり余る才能を持ちながらも、勤勉に走ってスペースを作り、勇敢に体をぶつける。 その落差が、人々の尊敬を集めるのだ。 そして戦術的に、際立って優れている。 この日、ベティスに3-1で勝利した試合でも、1点目は相手を誘い込むボールキープから敵ゴール近くでFKを取り、それが得点につながった。 そして3点目は、マルティン・ウーデゴールと呼吸を合わせ、エリア内深くに走って深みを作り、ゴールに背を向けてボールを落とし、ポルトゥのだめ押し点を演出した。

次の