特性 てん ねん。 腸捻転(ちょうねんてん)とは

好きな動物病院の名前忘れても~て、どうなってんねん

特性 てん ねん

ワイ、会社やめたってよ ワイ「上司くんが嫌い過ぎて会社やめてもうたわ」 ワイ「あんなプログラミングのことを何も分かってへんようなやつが指示をする立場におるから、プロジェクトが炎上すんねん。 」 ワイ「クライアントにまともに質問もできひん。 だから仕様がなんとなくしかエンジニアに伝わってけぇへんねん」 ワイ「何や 既存の仕様を踏襲って。 そればっかやん。 」 ワイ「その既存の仕様の 仕様書をよこせっちゅうねん」 ワイ「表面上は見えないような仕様はどないして踏襲しろっちゅうねん・・・いてまうど!」 就職活動をしないといけない ワイ「とにかく仕事探さんとな・・・」 ワイ「いうてもワイ、学歴もなくて職歴もクソやから、書類審査で落とされんねん・・・」 ワイ「ポテンシャルはめちゃくちゃあるんやけど、アホな企業どもがワイの力を見抜けへんねん」 ワイ「あー、なんか プログラミングのテストを受けて、その結果をもとに企業はんにアピールできる就活サイトとかないんかな・・・!」 ワイ「・・・ググってみよか」 ワイ「プログラミング、テスト、転職・・・と、これで検索や!」 あった ワイ「コーディング転職サイト quizaやと!?」 ワイ「なるほどな。 プログラミングのクイズを解いて、自分のランクを上げていって、そうすると企業はんからスカウトが来るわけやな。 」 ワイ「さっそく問題を解いてみるで!!!」 レベル1:サイコロ転がし サイコロを転がして、コマが何マス進んだかを答える問題です。 ワイ「おお、面白そうやないか」 あなたはサイコロとコマを使って友人と遊んでいます。 ワイ「なるほど、ヒマなんやな」 ワイ「ワイとおんなじや」 サイコロを机に置いた状態で、友人の指示に従ってサイコロを前後に転がし、転がした際に出た目のぶんだけコマを進めます。 指示通りサイコロを転がし終わった後、コマが元の位置から何マス進んだかを答えてください。 ワイ「なるほどなるほど」 友人からの指示は「前、後、前、前、後、後」といった形で渡されます。 「前に転がす」とはサイコロを前方に90度回転させる事を指します。 「後ろに転がす」とはサイコロを後方に90度回転させる事を指します。 転がすたびに、出ている目のぶんだけコマを進めてください。 ワイ「なるほどな、サイコロを前に90度転がして、6の目が上になってたらコマが6マス進むってことやな」 最後に、進んだマスの合計値を出力してください。 ワイ「指示通りにサイコロを回転させて、その都度コマを進めて、合計何マス進んだかを解答すんねやな」 ワイ「やったろうやないかい、試験開始!と」 コードを書いてみる ワイ「おお、ブラウザ上にテキストエディタが出てきたで。 log masu ; ワイ「どや!」 結果 結果:正解です ワイ「よっしゃ、次は レベル2に行ったるで!!!」 レベル2:サイコロ転がし(複数編) 「レベル1:サイコロ転がし」の複数編です。 サイコロが5個に増えます。 サイコロの目の初期状態は、5個それぞれ異なります。 指示も5個分あたえられます。 コマも5つになります。 指示通りにサイコロたちを回転させ、それぞれのコマが何マス進んだか、 5回出力してください。 komas. shiji. log koma. サイコロ• 指示書• 何マス目にいるかの情報 ワイ「こんな感じやな」 ワイ「あと メソッドも作らなあかん」 ワイ「メソッドいうんは、コマ君のもってる技や」 ワイ「今回必要な技は・・・」• サイコロを回転させる• 出た目の文だけマスを進む• this. this. saikoro. saikoro. log this. this. eyes [ " 右 " ]; this. eyes [ " 右 " ]; this. this. eyes [ " 右 " ]; this. eyes [ " 右 " ]; this. this. this. saikoro. saikoro. komas. shiji. log koma.

次の

「マジで聞いてんねん」松本人志が呆れた「38億円リプ」とは?

特性 てん ねん

ミルクボーイ風漫才台本『フリクション』 ツッコミ「どうもーどうも ノウトですー」 ボケ&ツッコミ「よろしくお願いしますー 」 ツッコミ「あーありがとうございますー ねっ 今、伊東屋のメルシー券をいただきましたけどもね」 ボケ&ツッコミ「ありがとうございますー」 ツッコミ「こんなん なんぼあっても良いですからねー。 有り難いですよ ほんまにね」 ボケ「いきなりですけどね」 ツッコミ「はいはい」 ボケ「うちのオカンがね、好きなボールペンがあるらしいんやけど、その名前をちょっと忘れたらしいんや」 ツッコミ「ほー、ボールペンの名前忘れてもうて どうなってんねそれ」 ボケ「でまあ色々聞くんやけどな、全然分からへんねんなー」 ツッコミ「分からへんの?」 ボケ「おー」 ツッコミ「ほな俺がね おかんの好きなボールペン、ちょっと一緒に考えてあげるから、どんな特徴ゆうてたか教えてみてよ」 ボケ「それがな、一見普通のボールペンなんやけど、ノックのところで擦ると字が消えるやつやって言うねんな」 ツッコミ「フリクションやないかい その特徴はもう完全にフリクションやがな」 ボケ「フリクションなぁ」 ツッコミ「すぐ分かったやん こんなんもー」 ボケ「でもこれちょっと分からへんのやな」 ツッコミ「何が分からへんのよー」 ボケ「いや俺もフリクションと思うてんけどな、オカンが言うには、大切な人にしたためる手紙もそれでええっちゅうねんな」 ツッコミ「あー、ほなフリクションと違うかぁ、大事な人に書く手紙がフリクションでええ訳ないもんね」 ボケ「そやねん」 ツッコミ「フリクションはね、自分用に油断してるノートだから書いてられんのよあれ。 かしこまった真面目な用事にはちょっと無理やねん。 フリクションもな、大事な手紙に任命されたら荷が重いのよあれ。 フリクションってそういうもんやから。 ほなフリクションちゃうがなこれ。 」 ボケ「そやねん」 ツッコミ「ほなもうちょっと詳しく教えてくれる?」 ボケ「いやボールペンだけかと思ったら、マーカータイプや鉛筆タイプ、ハンコタイプもあるらしいねんな」 ツッコミ「ほなフリクションやないかい。 フリクションは熱で消えるインクがキモなんやから、ボールペンに限らず何でもいけんのよ。 」 ボケ「ほー」 ツッコミ「でも俺はね、あのインクは、作ったはいいけどかなり右往左往しながら筆記具になったと睨んでんのよー。 」 ボケ「ほー」 ツッコミ「俺の目は騙されへんよ。 俺騙したら大したもんや。 」 ボケ「せやなー」 ツッコミ「あのインクは絶対にもともとお風呂で色が変わるおもちゃ作ってるはずや。 俺は何でもお見通しやねんからー、フリクションやねんそんなもんは。 」 ボケ「でも分からへんねんな」 ツッコミ「何が分からへんのこれで」 ボケ「いや俺もフリクションと思うてんけどな、オカンが言うには、それで書いた手帳を、炎天下の車の中に放置しといても全然オッケーって言うねんな」 ツッコミ「ほなフリクションちゃうやないかい」 ボケ「ほー」 ツッコミ「真夏で高温になる車内にフリクションで書いたノート置いとったら、一発で消えてしまうんやから。 」 ボケ「せやなー。 」 ツッコミ「車の中にキーを閉じ込めても何とかなるけど、フリクションで書いたノートと赤ちゃんとワンちゃんだけは置いとったらあかんのよ」 ボケ「そやなー」 ツッコミ「そんで慌てて冷凍庫に入れて、元に戻そうとするんやけど、家の冷凍室ではちょっと微妙な戻り具合になってまうのよ」 ボケ「そやねんな」 ツッコミ「あれはマイナス20度で完全に戻るという公式アナウンスやから。 業務用のごっつい冷凍庫でないと難しいんやから」 ボケ「そやな」 ツッコミ「ほなフリクションちゃうがな。 もうちょっとなんか言ってなかった?」 ボケ「ドライヤーの温風を当てると、一気に消えるらしいねん。 」 ツッコミ「ほなフリクションやないかい。 フリクションは60度前後で消えるんやから。 ドライヤー当てたら一瞬よそれは。 」 ボケ「おー」 ツッコミ「子どもの頃、みかんの汁であぶり出しようやったけども、フリクションでは逆にあぶり消えなんよ。 フリクションよそんなもん。 」 ボケ「分からへねんだから」 ツッコミ「なんで分からへんのこれで」 ボケ「俺もフリクションと思うてんけどな」 ツッコミ「そうやろ」 ボケ「オカンが言うには、なんか墨汁のように真っ黒に書けるらしいねん。 」 ツッコミ「ほなフリクションちゃうやないかい」 ボケ「おー」 ツッコミ「フリクションはその消えるという特性上、真っ黒にするのは難しいんやから。 」 ボケ「せやな」 ツッコミ「フリクションはね、ボールペンだけど気楽に間違えたいという煩悩の塊やねん」 ボケ「せやねん」 ツッコミ「その煩悩のためなら、ちょっとくらい薄いのは我慢せなあかんのよ。 ただ、パイロットインキの技術者のみなさんが日夜研究を重ねているおかげで、最初と比べたらものすごい濃くなってんやから。 」 ボケ「せやねんな」 ツッコミ「ほなフリクションちゃうがな。 もうちょっとなんかゆうてなかったか?」 ボケ「3色ペンとか、すぐにインクがなくなってしまうらしいんや」 ツッコミ「それフリクションやないかい。 あれすぐにインク切れになんのよ。 」 ボケ「ほー」 ツッコミ「フリクションのインクは水性のさらっさらのやつやねんから、どんどん出てくるのよ。 だからみんなめっちゃ替え芯持ち歩いてるがなー。 もうぶーぶー言うてるよ」 ボケ「ほー」 ツッコミ「フリクションや絶対それー」 ボケ「でも分かれへんねん」 ツッコミ「分からへんことないて。 おかんの好きなボールペンはフリクションで決まり。 」 ボケ「でもオカンが言うには、フリクションではないらしいねん」 ツッコミ「ほなフリクションちゃうやないかい」 ボケ「おー」 ツッコミ「オカンがフリクションではないと言うんやから、フリクションちゃうがな」 ボケ「そやねん」 ツッコミ「ホンマに分からへんがなこれ、どうなってんねんもう」 ボケ「んでオトンが言うにはな」 ツッコミ「オトン?」 ボケ「ジェットストリームちゃうか?って言うねん」 ツッコミ「絶対ちゃうやろ、もうええわー」 ボケ&ツッコミ「どうもーありがとうございましたー」.

次の

睾丸捻転症(精巣捻転症/睾丸回転症)(こうがんねんてんしょうせいそうねんてんしょうこうがんかいてんしょう)とは

特性 てん ねん

まず個人的なお話から。 僕はバルセロナのソシオです。 子どもの頃にロマーリオがいた頃から、 好きだったんですよ。 クライフが監督で。 僕の小学生のコーチがバルセロナが好きで。 ビデオを借りて観ていたんです。 で、ずっと好きで、 大学を卒業して、ちょっと住んでまして。 バルセロナに住むのが夢だったので。 当時は指導者になんて、 どうやったら成れるのかも分からずで。 で、まあ色々とあって、 とある関西の街クラブで、指導者を始める事になりまして。 ハローワークで見つけたんですよ。 で、これがまた世に言う「ライプツィヒ・サッカー」で。 「4-2-2-2のオールコートのハイプレス」 「バックパス禁止の超ダイレクトスタイル」 「球際・競合をとにかく戦って行く」 「ボールを持ったらとにかくゴールへ仕掛ける」と。 「ドリブル主体で高速で仕掛ける」という方針。 こちら仕掛けるドリブル。 間違いなく2010年には、 このサッカーが確立されていました。 日本の当時は小さな街クラブがですよ。 街クラブ界では、 それはそれは有名な指導者が、 色々と試した結果、これが一番良いと、 そのサッカーを編み出していたそうで。 で、おまけに2010年の春には、 まだ代表にも呼ばれていない、当時のライジングスター、 「セレッソ大阪の26番が、そうやって育った」と聞かされて。 その後、雑誌ナンバーの記事だったかな、 もしかしたら何かのスポーツ記事だったかも、 「ドイツ2部で同じサッカーをやっているチームがある」と聞いて、 そりゃ、驚きましたよ。 同僚と「おお、プロでも、海外でも、 このスタイルの効果を分かってるチームがあるんだな。 結構、強くなって、良い選手を輩出するんじゃない?(笑)」 なんて、当時は、上から目線でしたよ。 そりゃだって、こっちが先にやってんですから。 その後、ブンデスリーガ1部に上がったと聞いて、 「あぁ、やっぱりな」と言ってたんですから、本当に。 調べたら出て来るかも。 多分、日本初の「ストーミング」についての記述でしょうね。 で、色々とあって、 そのクラブを辞める事になりまして。 そうなると、次ですよ。 …思い出して下さい。 僕はバルセロナのソシオなんですよ。 「スローペースで試合を支配するサッカー」が、僕は大好きで。 だから「スローペース」のクラブに入ったんです。 こちらも、その世界では、なかなか有名で、 世間では「ドリブルサッカー」と呼ばれるチームでして。 そこで、勿論、ドリブルも学んだんですが、 そんな事より興味があったのは「スローペース・サッカー」です。 どちらかと言うとキープするドリブルで。 だから「スローペース」を学びたかった。 異次元のボール支配力を持つ、 あんなサッカーがどうやったら出来るのかと、 とても興味があったんですよ。 配置と判断と身体の向きでボールを回すのは、 勿論、学ぶまでも無かったんですよ。 だって、バルセロナのソシオですよ? そこでスローペースのサッカーを習得、 厳密には育成年代の指導者として子ども達に、 「スローペースサッカー」を教えられる様になったんです。 で、残念ながら、そのクラブを去らなければならなくなり、 今は関西にいるのですが。 長くなってますが大丈夫ですか? ここまで読むなんて、あなた、暇ですね? コロナ自粛で暇ですか? 僕もドラクエのレベル上げやってますよ、マジで。 で、ここまでは、全て、前置き。 私、ドリブルを教えたかった訳でもなく、 スローペースでサッカーをやりたかったのです。 だけですよ、この国では、何故か、 それを「ドリブルサッカー」と呼ぶのです。 スローペースで試合を支配するサッカーをやりたかっただけなんですよ。 ドリブルだろうが、パスだろうが、 そんな事はどうでも良かったんです。 でも、世間は、何故か「ドリブルサッカー」と呼び、 ボールを支配して、ポンポンポンポンと、 パスをボールを回して、相手をおちょくる野洲高校が、 「ドリブルサッカー」と呼ばれていて。 だから今でも「ドリブルサッカー好きなんですよね?」と、 「ドリブルばっかりでヘッドダウンして首も振らないんでしょ」 みたいな感じで話して来るんですよ。 で、薄ら馬鹿にして話して来る指導者もいて。 (「パス、出来ないんでしょ?笑」)みたいな感じで。 スローペースでやりたかってん。 その為にはバックパスは多用するわな。 で、ドリブルチームじゃないと、そのバックパスに対して、 「お前、なんで下げんねん、シュート打てよ!」とか、 「なんで仕掛けないねん、男らしくない!」とか、 そうやって怒鳴るやん。 保護者も、指導者も! そうさせない為には、 スローペースでやる為には、 当時は「ドリブルチーム」と呼ばれる所に、 行くしか無かったんだよ。 これは難しい。 サッカーはゴールを奪うことが目的だけど、 ポゼッションだけは「試合を支配することが目的」だから。 だから理解されない。 あ、リージョもだ。 おそらく僕も含めた、彼等は、 『とりあえず90分間、目一杯、ボールを支配して、 試合を支配出来たら、その内、点入るやろw』と思ってる。 これは、かなりの少数派。 「ポゼッション原理主義」と呼ばれるイカれた人達。 リージョは凄いよ。 全く勝てなくても気にもしないから。 とにかく支配することだけをプロでやってるんだもの。 とにかくそんなことをやると、 「バックパスが多い」だの、 「誰も仕掛けない」だの、 「誰もゴールへ向かわない」だの、 「守備がスコスコ」だの、 そりゃ批判されやすいよ。 で、それを比較的、防ぐ為には、 「ドリブルチーム」と呼ばれる所に、 行くしかないのが現状だろう。 今でもそうだと思うよ。 ちなみに、そんなチームや世界にも、 やっぱりサッカーなんて分かっていない指導者もいて、 「おかのりの世代はバックパスばっかりだな」とか言われる。 サッカーをよく知らず、学ばない指導者ほど、 嫉妬心を抱いて、他の指導者のサッカーにケチを付ける。 それは、また、別の話だ。 で、話を戻そう。 「ドリブルサッカー」と言われる件に付いて。 「パスサッカー」ってなんやねん。 サッカーの構成要素の一つがさ、 その本質そのものを表す訳か?ダボ。 考えてみて下さいよ。 車で言ったらパスはタイヤで、 ドリブルはバンパーみたいなモノですやん。 全体の構成要素の一つの部品ですやん。 「タイヤ・カー」ってなんやねん。 「バンパー・カー」ってなにそれ?美味しいの? そこにこだわる人が多くて、 ずっと違和感と驚きですよ。 サッカーの指導者でも、 あんまり、皆、分かってない。 世間や学生や保護者は、まあ殆ど分かっていない。 車で言えば「セダン」とか「ワゴン」とか「クーペ」とか。 それが形態でしょ?それがスタイルでしょ? なんやねん、「エンジン・カー」て。 それを言うなら、 「あの車、良いエンジンを積んだクーペだよね」とかでしょ。 「あのチーム、ドリブルが上手なポゼッションサッカーだよね」って。 サッカーの特性を決めるのは、 「守備ラインの高さ」と「攻撃の速度」じゃないですか。 今なら通じますよ。 こんな話も。 10年前には、中々、通じない。 「はいはい、黙っとけ、」って扱いでしたよ。 我がバルセロナは、殆どが、 高い守備ラインと遅い攻撃。 ねぇ、これで説明出来るんですよ。 でも、すぐ学生の小僧とかが、 僕の高校に「ドリブルサッカー出身の子がいて」 とかって言っちゃうんだよな。 それで、フンフン、って、 皆、聞いちゃう。 サッカーのスタイルを定義するのは、 ドリブルでもパスでもない。 ホント嫌になっちゃう。 「ドリブルサッカー」「パスサッカー」と、 その言葉を使う人は、マジでサッカーを理解していない。 パスサッカーってなんやねん。 例えばパスバスケットボールってどんなスタイルやねん。 パスをトライアングルで回すんか? それトライアングルオフェンスやん。 もうね、「ドリブルサッカー」とか、 「パスサッカー」と言う人にね、 分からせて上げたいマジで!!.

次の