東京 アラート。 「東京アラート」や休業要請 仕組み見直す意向 小池都知事

東京 新たに34人感染確認 「東京アラート」出す方向で調整

東京 アラート

KNNポール神田です。 大阪府が『通天閣』の色を変えるという信号形式の安全表示は、そのまま東京都にも伝わり、2020年6月2日(火曜日)23時に、『東京アラート』が発動され、赤くライトアップで照らされた…。 東京都は 2020年6月 2日、新型コロナウイルスの感染者34人を新たに確認したと発表した。 新規感染者が増加傾向にあることから、都は感染再拡大の兆候があるとして独自の警戒情報「東京アラート」を初めて発動した。 都は休業要請などを5月26日から段階的に緩和、6月1日には劇場や映画館、学習塾など幅広い業種への要請を解除したばかりだった。 …となっている。 そして、東京都で集計された『モニタリング指標』によってそれらが『発動』される。 そもそも、『東京アラート』とは、小池百合子都知事の『キャッチフレーズ好き』が生み出した無用の産物でしかないだろう。 単に『東京都モニタリング警戒情報』でもよかったはずだ…。 アラートとは、英語で「警報」という意味であり、パソコン用語としては、ユーザーが誤った操作をしようとしたときの警告や確認、注意を促すメッセージを指すものである。 なので、『東京アラート』発動と言われてしまうと…とてつもない事が起きているかのような錯覚を抱いてしまう…。 それそそれで、警戒情報だから良いのだが、…かといって、また『再自粛要請』されるものではないというから、ハナシがややこしくなっているのだ。 ただし、東京都の『新型コロナウィルス感染症対策サイト』では、『説明が雑』なので、わかりやすく解説してみたい。 『東京アラート』こと、『警戒情報』は、これらの『 約1週間のモニタリング指標』で発動された。 つまり、これらの約1週間のモニタリング指標にもとづいて、発せられる『 警戒情報』のことだ。 しかし、こちらの図を見ても非常にわかりにくい…。 モニタリング指標 出典:東京都 『目安となる数値』の『緩和ポイント(東京アラート)』と『再要請(再自粛要請)ポイント』があることを意識してみてほしい。 2020年6月2日火は…、 『(1)新規陽性者数』が、16. 3人で『緩和ポイント』の20人以下でセーフ。 15人で『緩和ポイント』の1以下を超えたのでアウト! 2つ以上の『緩和ポイント』を超える数値となったことで『緩和ポイント(東京アラート)』が出されたのだ。 大事なのは、緩和ポイントを超えたことである。 これらの『緩和ポイント』が東京アラートなのだ。 モニタリング指標筆者追記 出典:東京都 なので、『3密』を警戒してほしいという指標ととらえるべきだ。 なので、『東京アラート』で一喜一憂するのではなく、自粛要請緩和のポイントを上回った状態であるという認識の元で、普段の新しい生活スタイルを注意しながら守るべきなのである。 KNNポール神田です。 この度、2020年2月より、有料記事の定額サブスクリプションサービスを開始することとなりました。 シェアリングエコノミー時代、インターネットもソーシャルメディアを媒介として大きく変革してきました。 大手メディアとの接触時間よりもより尖った個人の時代へという流れは、もはやYouTuberにもこのYahoo! 個人ニュースの流れにもみえてきました。 現在のYouTubeのビジネスモデルは広告収益の7割をクリエイターに還元することにより、クリエイターへの報酬の『トリクルダウン型の分配』が上がり、プロとして自立し職業としてのYouTuberが育成されてきました。 現在は広告を掲載できるユーザーに制限を加えているほでです。 そう、Yahoo! 個人ニュースも同じ『トリクルダウン型の分配』モデルです。 そして、今度は『D2C(Direct to Consumer)』のような自社チャネル、いわば『個人チャネル』の時代へ向かう勢いがみえてきました。 note. muで販売する個人コンテンツで生計を立てられる人も、liveチャンネルで『LIVER』として生計を立てる人まで、また、『オンラインサロン』などのサブスクリプションも…。 今までであれば、ひきこもりや、オタク、低偏差値と差別や区別された人たちが、稼ぎはじめている。 この潮流はなかなか表層だけではつかみにくいものです。 かつてのエリートと言われた人たちが会社から、リストラを宣言されたり、副業を考えはじめた時に、まったく道の世界がすでに広がっていたりします。 しかし、その流れは確実に、インターネットの次なる潮流を照らしていると思います。 『ウェブ2. 0』の概念は、『SNS』のメディアを予見していました。 『IoT』やら、『AI』やら、『5G』やら、常にIT業界は売るためのバズワードで溢れています。 しかし、本質は常に、『ニッチ』から生まれていきます。 日々のニュースを深堀りしながら、新たな次世代の『ニッチ』な変化を一緒にさがしませんか? KNN総研リポートでは、日々のITニュースの潮流をリポートしながら、その裏で起きているビジネスのヒントやチャンスを具体的な事象のアイデアでのアプローチ手法を紹介していきます。

次の

新型コロナ:東京アラート解除 休業緩和「ステップ3」へ :日本経済新聞

東京 アラート

東京都は2日、都内で新たに20代から90代の男女34人が、新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。 都内で1日の感染の確認が30人以上となるのは先月14日以来、19日ぶりです。 感染が確認された34人のうち、22人はこれまでに感染が確認された人の濃厚接触者で、残りの12人は今のところ感染経路がわかっていません。 都によりますと、34人のうちおよそ2割の8人は、夜の繁華街で働いていたり、客として訪れていたりしていたということです。 また、4割近くにあたる13人は、集団感染が発生した小金井市の武蔵野中央病院の患者と職員だということです。 これで都内で感染が確認された人は、合わせて5283人になりました。 一方、都は、感染が確認されていた80代の男性1人が死亡したことを明らかにしました。 これで都内で死亡した感染者は合わせて306人になりました。 東京都内で2日、新たに34人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたことをうけて、都は、感染状況の悪化の兆候が見られるなどとして都民に警戒を呼びかける「東京アラート」を出す方向で調整を進めています。 「東京アラート」を出すことになれば初めてです。 これに関連し小池知事は2日の都議会で、「きょうの陽性者数は34人にのぼり、ほかのモニタリング指標もこの数日、厳しくなっている。 この数値をうけて、『東京アラート』を発することも含めて、専門家の意見も踏まえて早急に検討していく」と述べました。 そのうえで、「現在のステップを直ちに変更するものではないが、より一層、外出、特に夜の街へのお出かけを控えていただくことなどをお願いしていくものだ」と述べました。 都は、専門家の意見を踏まえたうえで、2日夜、対策本部会議を開き、こうした方針を確認する予定です。 「東京アラート」は、具体的な数値を設けた3つの指標のうち、1つでも目安の数値を超えた場合に、ほかの指標も勘案して、必要と判断されれば、都民に警戒を呼びかけるために出されます。 「東京アラート」が出たことを知らせるために、都では臨海部にかかる「レインボーブリッジ」を赤く点灯させるとともに、ホームページなどでも周知して警戒を呼びかけることにしています。 一方、「東京アラート」が出されても、現在の緩和のステップが直ちに変わることはありません。

次の

「東京アラート」で警戒呼びかけ 東京都 休業要請緩和の目安を公表

東京 アラート

今週から登校が再開したばかりなのに、「東京アラート」が発動。 またしても休校となってしまうのか。 揺れる教育現場を取材した。 2日、東京都は再び感染拡大の兆しが見られるとして、東京アラートを出し、都民に警戒を呼びかけた。 午後11時すぎには、東京湾のレインボーブリッジや都庁を真っ赤に染め、アラートが出されたことを知らせる。 2日、19日ぶりに、30人以上の新型コロナウイルス感染を確認した東京都。 3日に確認された感染者は、12人。 2日の半分以下だが、宣言の解除後、感染者は増加傾向にある。 その1つ、東京・港区にある港区立白金小学校。 学校が再開されて、教室で授業を行うのは、3日が初めて。 4年生の教室は、分散登校のため、教室には、半分の15人しかいない。 席を1つずつ空け、密集・密接を避けて、まずはホームルーム。 1時間目の授業が終わり、一斉に席を立った児童。 教室の後方へ移動した。 休み時間中、ソーシャルディスタンスは守れるのか。 都内にある港区立白金小学校。 再開された授業の中で、先生は休み時間の過ごし方についても指導。 本田恵実子先生「休み時間、友達と一緒になることがありますよね。 心の距離は変わらないから、リアクションで友達と心をつないでください」 授業の間は、児童は1つずつ、席を空けて座る。 これなら、ソーシャルディスタンスも大丈夫。 しかし、休み時間になると、一斉にロッカーのある教室の後方へ移動。 少し「密」が気になるが、すかさず先生が、子どもたちのもとへ。 お互いに距離をとるよう指導。 すると皆、静かに席に戻る。 次の授業まで、読書などをして過ごしていた。 本田恵実子先生「必然的に、子どもたちが集まってしまう環境があるので、そこでいかに離れるかということを、見つけたらすぐ声をかけることを、きょうは意識しました」 この小学校では5月から、体調不良とけがをした児童で保健室の出入り口を分けるなど、さまざまな対策を行ってきた。 子どもたちの大きな笑い声が響く日まで、学びの場の奮闘は続く。 本田恵実子先生「一緒にやっていこう。 わたしも頑張ります。 大変な状況だけど、支え合えるクラスになると思います」 しかし、都には「東京アラート」が出された。 直ちに休校の要請はないとされているが、学校は、もしもの場合にも備えていた。 小1と中2の母親「 もしまた一斉休校になったら? 不安もありますけど、困ります」 小4と小5の母親「学校に行って集団感染とか心配もあるので、今まで通り家で、子どもはかわいそうかもしれないけど、親的には安心かな」.

次の