出張セット 遊戯王。 新たな出張セット!~禁じられた一滴+失楽の魔女+ロプトル+種族ジェネレイド~

【TG】(テックジーナス)全盛期到来 出張セットとしての流行

出張セット 遊戯王

今回の選抜基準は? 一口に出張セットと言っても種類は数多く存在します。 そこで今回はあくまで 出張セットの便利さ、性能の高さに注目したいと思います。 基準としては大会で結果を残した環境デッキにも採用されたことがある出張セットになります。 デッキとの相性もありますが、環境デッキにも使われたというのは性能の高さの目安にもなりますので 今後デッキを構築しようと思っている人は参考にしてみても良いかと思います。 また出張セットはセットして注目されることがあるため、採用率や需要の増減などによって相場価格が変動することもあるので欲しいと思っている人も見てみてください。 スポンサーリンク 2019年8月現在までの汎用性の高い出張セットたちを紹介!! 「ドラコネット」+レベル 2以下の通常モンスターのチューナー 召喚成功時に手札・デッキからレベル 2以下の通常モンスターを特殊召喚できる 「ドラコネット」で少ない消費からアドバンテージを稼いでいけます。 手札の 「ドラコネット」 1枚で 「水晶機巧-ハリファイバー」等のリンク 2モンスターのリンク召喚やレベル 5または 4のシンクロ召喚に繋げられるため、その後の展開などに役立ちます。 「水晶機巧-ハリファイバー」の効果でリクルートするチューナーによってはそのターン中にリンク 4を出すことも可能であり、手札 1枚から狙える盤面としてはかなり優秀です。 環境で活躍中のドラゴンリンクデッキでは 「ドラコネット」+レベル 2以下のドラゴン族通常モンスターのチューナーから 「星杯の神子イヴ」や 「星遺物の守護竜」に繋げていく一連の流れの展開コンボがあります。 手札消費 1枚とは思えないほどの強力な盤面の構築が出来るため優秀で、出張セットとしての汎用性は微妙ですが知らない人は一度調べてみると良いでしょう。 手札誘発としては 「灰流うらら」や 「エフェクト・ヴェーラー」や 「幽鬼うさぎ」等とは違いモンスター効果の発動を無効にし破壊できる点が優秀であり、サーチカードや墓地肥やし用の魔法・罠カードを複数枚採用してそれをコンボの起点にしているデッキであれば相手の 「灰流うらら」に対してなど後攻でも使うことが出来るため優秀です。 コチラでは「 PSYフレーム」と相性の良いテーマを紹介しております! 2018-11-28 00:44 「トリックスター・ライトステージ」+「トリックスター・キャンディナ」+「トリックスター・キャロベイン」 アドバンテージを稼ぎやすい 「トリックスター」カードを使った出張セットです。 手札に 「トリックスター・ライトステージ」または 「トリックスター・キャンディナ」のどちらかが来ればサーチ効果によって手札とフィールドにカードを揃えられるためデッキ圧縮という意味でも優秀です。 サーチした 「トリックスター・キャロベイン」は自己特殊召喚効果を使って更なる展開に繋げるもよし、もう 1つの効果で 「トリックスター・キャンディナ」を強化して相手モンスターの戦闘破壊を狙うことも出来るため使い勝手が良く強力です。 「天威龍-ヴィシュダ」+「天威の拳僧」 自分フィールドに効果モンスターが存在しない場合に手札から自己特殊召喚ができる 「天威龍-ヴィシュダ」を使うことで展開更には除去を狙います。 「天威龍-ヴィシュダ」を特殊召喚して 「天威の拳僧」をリンク召喚することで 「天威龍-ヴィシュダ」のバウンス効果を使えるようになります。 召喚権を使わずにモンスターを出しつつ除去を狙うという点では 「ダイナレスラー・パンクラトプス」も可能ですが、先攻 1ターン目でも 「天威龍-ヴィシュダ」の特殊召喚は可能・除去効果を使うまでに行う特殊召喚の回数の差・除去方法がバウンスと破壊の違い・ 「ダイナレスラー・パンクラトプス」の除去効果がフリーチェーンで発動できるのに対して 「天威龍-ヴィシュダ」は 起動効果・ 「天威龍-ヴィシュダ」は除去効果を使ってもモンスターが自分フィールドにいるなどの違いが挙げられるのでそういった点を含めて出張採用するか考えると良いでしょう。 まとめ 新規カードや新規テーマが次々と登場している遊戯王では、他のデッキへの出張が可能かどうかもポイントの一つになります。 出張セットを採用したほうがデッキの周りが良くなるということもありますので、純構築に拘りが無いのであれば採用を検討してみても良いでしょう。 登録していただけると最新情報がいち早く手に入ったり、LINEでしか聞けない情報が手にはいつかも!! そしてLINEアット登録者様限定で「こんな記事があったら嬉しい」という声や「こんな記事を書いてくれ!」と言う声を送って頂ければ、内容次第では記事になるかも知れません!! 例「現在の「シーラカンス」を使ったデッキを紹介して!」 「昔のカードの考察をして欲しい!」 「遊戯王のこのネタについて記事にして!」 と言う声を気軽に送ってください!! こちらの企画はLINEアット登録者様限定で行なっていくつもりなので、その様な要望がある方は是非是非登録よろしくお願いします! 最近の投稿• 今週の人気記事一覧!!•

次の

オルフェゴール出張セット考察。案外どこでもいけるかも

出張セット 遊戯王

このカードはリンク素材にできない。 1 :自分メインフェイズに発動できる。 デッキから「幻影騎士団」モンスター1体を墓地へ送る。 その後、デッキから「ファントム」魔法・罠カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。 2 :このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、 このカードのリンク先に闇属性Xモンスターが特殊召喚された場合、 フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。 それではまずは、出張パーツからご覧ください。 1 :フィールドのこのカードを素材としてX召喚した闇属性モンスターは以下の効果を得る。 このカードの攻撃力は1000アップする。 2 :墓地のこのカードを除外して発動できる。 デッキから「幻影騎士団」カードまたは「ファントム」魔法・罠カード1枚を墓地へ送る。 1 :このカードがフィールドに攻撃表示で存在する場合、 フィールドの闇属性モンスター1体を対象として発動できる。 このカードを守備表示にし、対象のモンスターの攻撃力・守備力は 相手 まで800アップする。 2 :墓地のこのカードを除外して発動できる。 デッキから「 」以外の「幻影騎士団」カード1枚を手札に加える。 ファントムソード) 永続罠 フィールドの表側表示モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。 「 」の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :対象のモンスターの攻撃力は800アップし、戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊できる。 そのモンスターがフィールドから離れた時にこのカードは破壊される。 2 :墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「幻影騎士団」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に除外される。 (ファントムウィング) 通常罠 「 」の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :フィールドの表側表示モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。 そのモンスターの攻撃力は500アップし、このターンに1度だけ戦闘・効果では破壊されない。 2 :墓地のこのカードを除外し、 自分の墓地の「幻影騎士団」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に除外される。 また は名称ターン1がついているので、このカードと共に採用する事で、幻影トラップによる墓地蘇生効果を1ターンに2回使用することができる。 永続罠 フィールドの効果モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。 このカード名の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、対象のモンスターは攻撃できず、攻撃対象にならず、効果は無効化される。 そのモンスターがフィールドから離れた時にこのカードは破壊される。 2 :墓地のこのカードを除外し、 自分の墓地の「幻影騎士団」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に除外される。 嘘です。 剣や翼はあくまで自分のモンスターの強化なのですがこのカードは妨害ができます。 さらに自分のモンスターに使う事で相手の攻撃を免れるという意表を突く動きも出来ちゃったり。 メタビでもない限り出張で一番使われるのは間違いなくこのカードでしょう。 速攻魔法 1 :自分・相手のメインフェイズに、 自分フィールドのX素材の無い闇属性Xモンスター1体を対象として発動できる。 その自分のモンスターよりランクが1つ高い闇属性Xモンスター1体を、対象のモンスターの上に重ねてX召喚扱いとして から特殊召喚し、 このカードを下に重ねてX素材とする。 2 :自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの闇属性Xモンスター1体を対象として発動できる。 手札の「幻影騎士団」モンスター1体を、そのモンスターの下に重ねてX素材とする。 尖った構築にはなりますが、決まれば強い。 上記の出張パーツと合わせて出張することにより、展開系デッキの動きを補助することが可能です。 また、上記で紹介した幻影騎士団下級モンスターは「レベル3」・「闇属性」・「戦士族」と展開系への出張に優れたステータスを持っているので展開系デッキに比較的自然に組み込むことが可能です。 2. の効果で自身を特殊召喚。 4. の効果で自身を。 レベル3,4をフィールドに揃えられることから へのアクセスもしやすくなるので、先攻制圧を行うことも可能です。 の素材指定は闇属性モンスター2体以上なので と 等の汎用モンスターから 出来る点も優秀で、 はレベル3モンスターをコストで墓地へ送ることができるので を墓地へ送ることができれば、トークン+ をフィールドに揃えることが可能です。 そのカードを破壊する。 2 :X召喚されたこのカードが破壊された場合、自分の墓地の同じレベルの「幻影騎士団」モンスター2体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターのレベルは1つ上がる。 この効果の発動後、 まで自分は闇属性モンスターしか特殊召喚できない。 状況によっては、この最終盤面を目指しても悪くないです。 まとめ ファントムナイツのリンク体 の登場で力を増した「ファントムナイツ出張」の展開についてでした。 はTCGにて先行発売されており、ファントムナイツ出張を使った展開(特に 展開)がTCGでは流行っているようですが、日本でも流行るのかなぁ…? 今後の動向に注目です!.

次の

新・シャドール出張セット一覧

出張セット 遊戯王

TG ストライカーがパワーカードだった時代 2011年2月11日、レギュラーパック「EXTREME VICTORY」が販売されました。 新たに80種類のカードが誕生し、遊戯王OCG全体のカードプールは4756種類に増加しています。 第7期出身パックの例に漏れず、カテゴリ単位のサポートカードの収録が豊富だったタイトルです。 【荒行六武衆】を成立させた「 六武衆のご隠居」や「 紫炎の道場」といった環境クラスのカードはもちろん、【カラクリ】を実戦レベルの強さに引き上げた「 カラクリ小町 弐弐四」や、一時期【メンタルマスター1キル】の土台を務めた「 寡黙なるサイコプリースト」を筆頭とする各種【次元サイキック】の面々、変わったところでは【ワーム】の強さを3倍に引き上げたとも言われる「 W星雲隕石」など、遊戯王でもよく知られる著名なカードを多数輩出していました。 しかし、そんな中でも最大の注目を集めていたのは、やはり【TG】シリーズのカード群をおいて他になかったのではないでしょうか。 相手フィールド上にモンスターが存在し、自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚する事ができる。 フィールド上に存在するこのカードが破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズ時、自分のデッキから「 TG ストライカー」以外の「TG」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。 上記は【TG】の中核をなすキーカードである「 TG ストライカー」の当時のテキストです。 「 サイバー・ドラゴン」などと同様の特殊召喚効果を持ったチューナーであり、単体でもシンクロ召喚のサポートをこなせる優秀なモンスターと言えます。 さらに、一部の【TG】に共通する 「破壊されたターンのエンドフェイズに後続をサーチする効果」も内蔵しているため、他のチューナーと比べて妨害にも比較的強かったという特徴があります。 状況次第では一度限りの壁にしつつ「 TG ラッシュ・ライノ」などのアタッカーに変換することもでき、基本的に単独では機能しにくいチューナーとしては破格の利便性を誇っていました。 実際、「 グローアップ・バルブ」や「 ダンディライオン」、「 ローンファイア・ブロッサム」といったパワーカード揃いのギミックと比べてしまえば流石に見劣りする部分があったことは否めません。 そのため、これらが現役を務めていた~環境ではその陰に隠れがちな状況にあり、トーナメントシーンでの活躍も散発的なものにとどまっていました。 とはいえ、 第7期当時の基準において「 TG ストライカー」がパワーカードだったこと自体は間違いなく、時間経過とともに【TG】ギミックそのものの評価も次第に見直されていくことになります。 また、これにより【TG】だけでなく 【TG】と相性の良いデッキも再評価が進んでおり、中でも【ガジェット】と組み合わせた【TGガジェット】は非常に有名なアーキタイプです。 単純に各種ガジェットを6シンクロに変えられるというだけでも既に強力ですが、何より 「魔法・罠カードでモンスターをバックアップする」というデッキコンセプトそのものが【TG】の性質とも噛み合っていたことがこうした実績に繋がったと言えるでしょう。 元々【代行天使】はシンクロ召喚とエクシーズ召喚を同時に使いこなせる【白黒】系デッキの開祖として有名ですが、それでも2011年当時のカードプールでは展開パターンの噛み合わせが若干悪かったことは否定できません。 基本的に一度の召喚権からしか盤面を広げていくことができないため、「 創造の代行者 ヴィーナス」を召喚した場合はシンクロに繋げず、「 神秘の代行者 アース」に至ってはそれだけでは何の展開にも繋がらずに棒立ちになってしまいます。 しかし、ここに「 TG ストライカー」を絡めた場合、 「 創造の代行者 ヴィーナス」には5~9までのシンクロが、「 神秘の代行者 アース」にはランク2エクシーズという選択肢が浮上します。 低レベルのチューナーという特徴が二重の意味で噛み合っており、これがあったからこそ以降の環境で【代行天使】がトップメタに立てたと言っても過言ではないでしょう。 もちろん、「 TG ストライカー」ほどではないにしろ「 TG ワーウルフ」とも好相性であり、「 創造の代行者 ヴィーナス」であれば「 神聖なる球体」の特殊召喚に反応してランク3エクシーズに変換可能です。 後半の全体強化効果によって「 TG ストライカー」の打点がリクルーターラインに、「 TG ワーウルフ」の打点が準アタッカーラインに到達するため、 後続サーチ効果と合わせて疑似的な【ガジェット】のように機能していたことがその理由です。 「【TG】はそのまま殴っても強い」と言われていた所以がこれであり、【代行天使】における【TG】は他のデッキのそれよりも一段上の強さを発揮します。 結果として生み出されたアーキタイプこそが世に言う【TG代行天使】であり、この成立以降は【代行天使】における主流型として名を馳せていくことになりました。 ここでは「 カオス・ソルジャー -開闢の使者-」の強さについては解説を省きますが、結論としてこれが 2011年当時の基準においても壊れカードと言って差し支えない存在だったことは間違いありません。 流石にかつてのようなアーキタイプの柱を務めるほどの絶対的な権威は失っていましたが、それでも「開闢を採用できること」がデッキの大きな強みとして考えられる程度には強大な影響力を持っていたことは確かです。 翻って当時の【代行天使】は派生構築にあたる【カオス代行天使】の例にもある通り、明らかに「 カオス・ソルジャー -開闢の使者-」を採用可能なデッキに該当します。 光属性は言うに及ばず、 闇属性についても「 TG ワーウルフ」とそれをサーチできる「 TG ストライカー」によって賄うことができ、これを安定してフィニッシャーとして機能させるのは難しいことではありません。 なおかつ、【代行天使】は先述のように「 ガチガチガンテツ」を軸にしたビートダウン戦法を取ることもできるため、 サーチ効果を目当てに素材のまま【TG】を立たせておくことにも無駄が生じにくいという利点がありました。 「 TG ストライカー」で1000前後のライフを取った後に「 TG ワーウルフ」を確保し、しかる後に「 カオス・ソルジャー -開闢の使者-」で殴り込むというのは【TG代行天使】における黄金パターンの一つと言っても過言ではないでしょう。 いずれにしても、この時期の【TG代行天使】がの土台としても優れた適性を持っていたことは明らかであり、このことが間接的に【TG】出張ギミック流行の後押しとなっていたことは間違いありません。 事実上、【代行天使】の隆盛とともに評価を高めていった遅咲きの出張ギミックであり、 時代の流れに上手く乗ることに成功していた先進的なカード群だったのではないでしょうか。

次の