ルドルフ と いっぱい あっ て な。 ルドルフとイッパイアッテナとは (ルドルフトイッパイアッテナとは) [単語記事]

ルドルフとイッパイアッテナ 映画ノベライズ

ルドルフ と いっぱい あっ て な

ルドルフとイッパイアッテナとは、洋の児童作品。 に の で一度された他、のにとして開される。 概要 でとして暮らしていたは、なことから長に乗ってにやってきてしまう。 そこで出会ったのが教養の有る虎「イッアッテナ」。 この名前は様々な人から色々な名前で呼ばれているために、「の名前はいっぱいあってな・・・」と言ったのをが「イッアッテナ」と勘違いしたためである。 イッアッテナは元々であり、飼いからを教えられたのでそれを理解できる頼れる分。 は彼と共にとして生活しながら、へと帰る方法を探す事になる。 またその生活の中で、はイッアッテナから様々な事を学び、男として成長していくのだった。 関連商品 関連項目• 関連リンク• 31 ななしのよっしん.

次の

ルドルフとイッパイアッテナ|絵本ナビ : 斉藤 洋,杉浦 範茂 みんなの声・通販

ルドルフ と いっぱい あっ て な

この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2017年7月)() うっかりに乗ってしまい、からのへ運ばれてしまった飼い猫のルドルフ。 途方に暮れているところで現地のの親分に出会う。 ルドルフが親分に名前を訊ねると、「自分は顔が広いからあちこちで違う名前がつけられている。 おれの名前はいっぱいあってな……。 」との答えが返ってきた。 しかしルドルフは親分の名前が「イッパイアッテナ」であると勘違いしてしまう。 そこから、ルドルフと「イッパイアッテナ」の生活が始まった。 イッパイアッテナはルドルフを岐阜に帰らせる方法を模索しつつ、ルドルフに字の読み書きを教える。 ルドルフは飼い猫ブッチーに出会い岐阜に帰る方法を発見するが、出発する前日にのデビルと喧嘩してイッパイアッテナが重傷を負う。 キャラクター [ ] ルドルフ 主人公の。 小学生のリエちゃんに飼われていたが、魚屋から逃げる途中でトラックに誤って乗り、魚屋の攻撃で気絶して、東京のまで来た。 イッパイアッテナと出会い世話になりながら、リエちゃんの元に帰る方法を模索する。 自分の町の名前を知らず、帰る方法も分からずにいたが、に出場した「」の地元紹介で岐阜市の映像がテレビに流れ、自分がいた場所が岐阜市であると知った。 イッパイアッテナに習い、小学校に忍び込み文字の読み書きを学ぶ。 名前の由来はの。 イッパイアッテナ ルドルフが東京で出会った虎猫。 以前は飼い猫だったが、飼い主の日野さんがアメリカへ引っ越して野良猫になる。 現在はに住みながら様々な人間から餌をもらって生きている。 元の飼い主が面白がって教えたため、の読み書きができる。 飼い猫だった時の呼び名は「タイガー」だが、野良猫になってからは、猫達は「ステトラ」、警察官は「ドロ」、魚屋は「デカ」、学校の室のおばさん・クマ先生は「ボス」、おばあちゃんは「トラ」と様々な名前で呼ばれており、初対面のルドルフに「俺の名前はいっぱいあってな……」と語り「イッパイアッテナ」という名前と勘違いされ、以後ルドルフから呼ばれる。 ブッチー ルドルフやイッパイアッテナと親しく、商店街にある屋の飼い猫で、ルドルフより少し年上である。 デビル 近所の猫たちの間で凶暴な犬として知られている。 イッパイアッテナのことを憎んでおり、イッパイアッテナの肩に咬みついて重傷を負わせる。 クマ先生 本名は 内田先生。 小学校の教師で絵も描いている。 給食のおばさんと話しているところにイッパイアッテナが来たため、イッパイアッテナと親しくなった。 デビルに襲われたイッパイアッテナを獣医に連れて行く。 給食のおばさん 給食の調理員で、二人のうち一人はルドルフのことを「が悪い」という。 おばあさん ルドルフがと間違えたおばあさんで、ルドルフとイッパイアッテナにたびたび餌を与える。 その他 [ ]• あとがきによると、本作は「ルドルフがゴミ捨て場のインクを使い自分で書いたものを、斉藤が肩代わりして出版した」という設定である。 作者の斉藤洋が後に執筆した自伝『童話作家はいかが』によると、本作の舞台は斉藤が育ったの北側区域である。 内で放映されたアニメでは、ルドルフ達がよく行く商店街の名前が『ちよだ通り商店街』とされているが、北小岩と隣接するに『千代田通商店会』が存在する。 続編ので電車で浅草へ行く描写で、「」に乗車していることからもルドルフたちの舞台の最寄駅が京成線の駅であるとうかがえる。 ルドルフが岐阜の話をしたときに出てくる「赤い市電」は、に廃止されたである。 発表当時は名鉄の路面電車は赤色の塗色が主流だった。 ルドルフが自分の故郷を岐阜市と知るきっかけの岐阜商業高校は、作品が出版されたとに、実際に甲子園へ出場している。 演劇脚本としても人気があり、全国の地方劇団で長年演じ続けられている。 書籍 [ ]• ルドルフとイッパイアッテナ(1987年、講談社)• ルドルフとイッパイアッテナ(2016年、講談社文庫)• ルドルフとイッパイアッテナ 映画ノベライズ(2016年、講談社、原作:斉藤洋、脚本:加藤陽一、文:桜木日向) ビデオ作品 [ ]• 劇場アニメ [ ] 同名タイトルの映画が、2016年8月6日に公開され 、観客動員数は120万人 、興行収入は14億6000万円 である。 声の出演 [ ]• ルドルフ -• イッパイアッテナ -• クマ先生 -• ミーシャ -• ルドルフの弟 -• リエちゃん -• ブッチー -• デビル -• ダンプトラックの運転手 -• 日野さん -• 隣のうちの猫 -• ギブ、テイク便の運転手 -• 布団干しのおばさん -• トラックの運転手 -• おばあさん -• 自転車のおじさん- 斉藤洋 スタッフ [ ]• 原作 - 「ルドルフとイッパイアッテナ」「」(斉藤洋作、杉浦範茂絵、講談社刊)• 監督 - 、榊原幹典• 脚本 -• 音楽 -• 主題歌 - 「」()• 製作 - 、、鈴木伸育、、垰義孝、沢桂一、藪下維也、永井聖士、中村美香、、熊谷宜和、吉川英作、坂本健• ゼネラルプロデューサー -• エグゼクティブプロデューサー - 門屋大輔• 企画・プロデュース - 岩佐直樹• プロデューサー - 坂美佐子、伊藤卓哉、星野恵• アニメーションプロデューサー - 小林雅士• プロダクションマネージャー - 富永賢太郎、新山健• CGスーパーバイザー - 森泉仁智• アートディレクター - 丸山竜郎• キャラクターデザイン - 阿波パトリック徹• シーケンススーパーバイザー - 友岡卓司• アニメーションディレクター - 池田礼奈• エフェクトスーパーバイザー - 河村公治• セット&プロップ スーパーバイザー - 那須基仁• キャラクタースーパーバイザー - 石井哲也• レイアウト スーパーバイザー - 須藤秀希• ライティングスーパーバイザー - 堀井龍哉• 音響監督 -• 配給 -• 制作プロダクション - 、、• 企画・製作幹事 -• 製作 - (日本テレビ放送網、東宝、、OLM、、、、、PPM、、、、、、、、、、) キャッチコピー [ ]• 「 人間は、知らない。 ボクらのヒミツ。 「 ぼくらはそれでも前を向く。 」 ミュージカル [ ] 7月7日〜11日ににて(上演時はいずみたく記念ミュージカル劇団フォーリーズ)が親と子どものミュージカル「ルドルフとイッパイアッテナ〜ともだちがいるさ〜」として初演。 作曲家の最期の企画作品としてミュージカル化。 現在までに500ステージを超える上演を続ける。 スタッフ [ ]• 脚本 - 高村美智子(初演時)• 演出 - 山本隆則(初演時)• 作詞 -• 音楽 - 近藤浩章 人形劇 [ ] 3月20日に亀戸文化センター3Fホールでが、同名タイトルを出使い形式の人形劇として初演する。 青、赤、黄、黄緑、深緑に塗られた箱が様々な形に変化する舞台セットで、フリューガボーン、トロンボーン、フルート、メロディオン、パイプフォン、リコーダーなどのさまざまな楽器を演奏して効果音として使用する。 出演者 [ ]• ルドルフ - 水野沙織• イッパイアッテナ - 山根禄里• ブッチー - 川野芽久美• デビル - 田村竜生• クマ先生 - 山根起己 スタッフ [ ]• 原作 - 「ルドルフとイッパイアッテナ」(作、絵、刊)• 演出 - - (2013年4月27日アーカイブ分)(人形芝居燕屋)• 脚本 - くすのき燕/(表現教育研究所)• 人形美術 - 松本真知子• 音楽 - TATSUKI• 照明 - 渡辺賢二 シリーズ作品 [ ]• 脚注 [ ]• 斉藤洋『童話作家はいかが』(講談社)p. 2015年7月31日. 2015年7月31日閲覧。 2015年8月2日閲覧。 映画ナタリー 2016年3月7日. 2016年3月7日閲覧。 、T-SITEニュース、2016年11月11日 00:00配信。 、VAP。 - 2017年4月13日閲覧。 『 2017年3月下旬号』p. Yahoo! 2018年5月7日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年5月24日. 2016年5月24日閲覧。 映画ナタリー. 2016年6月15日. 2016年6月15日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)• - プレイリスト この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

ルドルフとイッパイアッテナ

ルドルフ と いっぱい あっ て な

猫と人間、それぞれの愛と友情の物語。 ひょんなことから、長距離トラックで東京にきてしまった黒猫ルドルフ。 土地のボス猫と出会い、このイッパイアッテナとの愉快なノラ猫生活がはじまった……。 この本はみなさんの評価が高かったので、読んでみたものです。 本を手にとって、びっくり!大人の本並みのページ数に文字数… 長い本も読み始めていましたが、さすがにこれはどうかな?と 思いながらもとりあえず読んでみることに… そしたら、これがおもしろいのなんのって! 8歳の息子どころか私もそして、まだ年長さんの娘までが はまってしまいました。 この本には、友情や親が子供に教えなければならないのに、 うまく伝えられていないことがたくさん書いてあります。 中でも教養という言葉が何度もでてきます。 教養なんてことばは始めて聞く言葉で、きっと意味もわかってないと 思いますが、この本を読んでいくうちになんとなくわかって くるんだとうなと思います。 小学生に読んでもらいたいです。 (ラズベリーテッドさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子6歳、男の子4歳).

次の