足首 捻挫 湿布。 驚き!最新ねんざ治療 「3日安静」の大誤解

捻挫に湿布は効果があるの?正しい捻挫の応急処置を教えます!

足首 捻挫 湿布

足首を捻挫した際、湿布を貼って手当てするのはポピュラーな対処法であり、非常に効果的な処置方法です。 スポーツで激しく動き回っている方にとってはもちろんのこと、そうでない方にとっても日常の中で足を捻ってしまうというアクシデントは珍しくありません。 そのため軽く考えてしまいがちですが、 いい加減な対処をしてしまうとなかなか治らないだけでなく、 悪化や再発のリスクが高くなるので注意が必要です。 そもそも関節は動かすことができる範囲が決まっていて、普通ならそれ以上動かすことはできません。 しかし激しい運動や衝撃などによって 本来動かない方向に捻ってしまうことで靭帯などが損傷し、痛みや腫れといった炎症を起こします。 湿布には鎮痛消炎作用がある成分が含まれており、貼ることによって痛めた部分に働きかけ炎症や痛みを抑えるため、足首の捻挫に対して効果があります。 とても身近な存在であり、どこでも手に入れることができるので常備している方も多いでしょう。 効果がある貼り方や位置は?気を付けることは? 貼るだけでいいという手軽さから、注意書きに十分目を通さず自己流の使い方をしている方も多いですが、これでは効果が期待できません。 正しい貼り方ができるよう気をつけましょう。 まず 捻挫をしてしまったら湿布を貼る前に アイシング、つまり冷やす必要があります。 湿布は貼ると冷たく感じるため冷却作用があると勘違いする方もいますが、これはあくまでもメントール成分で冷えた感覚があるだけです。 湿布は患部をきちんと冷やすためには不十分です。 湿布には冷感タイプと温感タイプがありますが、炎症が起こっている間は冷感湿布を使用します。 温感湿布は血行を促進する効果があるため、腫れや痛みが治まってから使うようにしましょう。 湿布は貼ることで成分が体内に浸透していきますが、 飲み薬と異なって全身ではなく局所的に作用します。 そのため 効果を得られる位置は炎症を起こしている部位になります。 ただし痛みが出ている場所と原因となっている場所が違うこともあるため、注意が必要です。 また、 湿布は薬であり体内に作用するものなので、 飲み薬を服用している方や妊娠中の方などは気をつけなければなりません。 足首だと貼りにくい場合には切り込みを入れるといいでしょう。 寝るときの対処はどうしたらいい? 足首の捻挫を早く治すためには寝ている間の対処が重要になります。 湿布はできるだけ長時間使用した方が効果的だと勘違いして寝るときも湿布を貼っている人もいますが、これは 大きな間違いです。 湿布には効き目がある時間が決まっていて、それ以上長く使用しても効果がないばかりか皮膚のトラブルを起こしてしまう可能性があります。 その時間は大体3時間程度であり、大抵の方は睡眠時間がこれを大幅に上回ってしまうため、貼ったまま寝てしまうのは効果的ではありません。 寝ている間は特に変化が起こっても気づきにくいので注意が必要です。 もちろん睡眠中以外であっても、 貼った湿布を交換せずに一日中過ごしてしまうと赤みやかぶれなどが現れる場合があります。 使用時間に注意していてもかぶれてしまう場合は、貼る前に汗を拭いて清潔にする、連続して使用しないといったことに気をつけると軽減できるでしょう。 少しかゆくなる位なら構わないと考え、 面倒だからと使用方法を守らないと、光アレルギーになってしまう可能性もあります。 捻挫を治すはずだったのにかえって健康に害が出たなんてことにならないよう、正しく使うことが大切です。

次の

足首捻挫を3日で歩けるようにした実体験レポート。早く治すには「アイシング」「包帯」「サポーター」

足首 捻挫 湿布

スポンサーリンク 足首の捻挫で内出血する理由は何? その前に簡単に ねん挫とは何かと言う説明をさせて下さい。 足首の関節を くじいてしまった状態を捻挫といいます。 挫いた時に関節に無理な力が掛かってしまい 靭帯や筋肉が損傷、つまり傷が入った状態の事をいいます。 怪我の程度にもよりますが 捻挫の場合には必ず出血しています 内出血。 その為に患部が腫れるんですが 酷い時にはかなり腫れていたりもして、 内心自分の足首の腫れを見て やばいなあとか思ったりするんですが 実はこの内出血が ねん挫のケガを早く治すための手助けを してくれて要るんだそうです。 浸出液といって接着剤のような働きをする物質が 内出血の血液の中には含まれていて その浸出液が内出血で患部に行き渡り 自己治療を始めるからなんです。 足首の捻挫の治し方を間違うとどうなる? 間違えると言うよりは 何もしていないと言う方が良いかもしれませんね。 スポンサーリンク つまりねん挫をした時のままで固定されたり、 何も処置しないでそのまま放置状態で おかれたりした時の場合です。 先ず、中々痛みが引かないそうです。 酷い時には数ヶ月も痛みが続く事もあると言われていました。 そして俗にいう後遺症も出やすく 癖にもなりやすいので 整復処置が出来ない整形外科での治療は 余りおすすめは出来ないとの事でした。 足首の捻挫に湿布は必要ですか? 無事に内出血していれば 患部は腫れていますので 浸出液も必要ですが 腫れを引かせてからの足首の固定が 1番大事ですから湿布を使って腫れを取ります。 腫れが引いて来たならば 冷やすのは止めて温湿布に切り替えます。 湿布でなくても良いから 冷やさずに患部は温めて下さいと先生は仰っていました。 また、冷やすのは止めて 温めるタイミングはやはり素人判断ではなくて プロの判断に任せて欲しいとの事でした。 まとめ 血液の中には傷を治す物質が含まれていて 内出血する事でケガを治す手助けをしてくれるそうですが、 余りにも酷い腫れの時には 只々早く腫れを引かせたい思いに駆られますね。 整形外科の先生では 先ず出来ないだろうと言われている 整復と言う処置を 接骨院の先生にしてもらいますと 挫いた時にズレてしまった 足首の骨を元の位置に戻せますし 軟部組織などが患部に残る事も 防ぐことが出来ますと言う事でしたが この施術をする事によって 治りも早く癖づくことも少なく 後遺症なども出にくくなるそうですので 足首の捻挫の時には整復処置を出来る 腕の良い接骨院を見つけておいて下さいね。 何故ならば腕のイマイチの先生の整復処置では 下手をすると悪化しかねないとのお話でしたので。

次の

足首捻挫の内出血やむくみ広がる?湿布で治療は効果があるのか?

足首 捻挫 湿布

腫れているということは、その部分が炎症を起こしています。 病院へ受診されないのであれば、市販の湿布薬を貼って、炎症を抑えるようにしましょう。 1日中湿布を貼っているとかぶれの原因となります。 説明書きに書いてある通りに貼ってみてください。 湿布をはがしても、患部に薬剤が浸透していますので、、はがしていても効果があると思います。 また、痛みがひどいようであれば、鎮痛剤(ロキソニンS)を服用してもよいかと思います。 今は炎症を起こしているので、温めることは逆効果になります。 温める温湿布はNGです。 患部を固定して、できるだけ動かさないようにしてみてください。 2~3日は入浴で湯船につかるのは止めて、シャワーにしてみてください。 悪化させてしまうことになります。 様子をみても、腫れが引かなかったり、痛みがあるようであれば、整形外科を受診されることをお勧めします。 どうぞお大事に。

次の