ブロックされてるか確認する方法。 確認|ラインでブロックされてるか知る方法|iPhone(2020最新)

【2020年版】LINE(ライン)のブロックを確認する方法、解除や友達削除の方法も解説

ブロックされてるか確認する方法

LINEの返信が無い。 もしかしたら ブロックされてるかもしれない・・・ メッセージを送った相手がいつまで経っても 既読スルーの状態だと、どうしても不安に襲われますよね。 そんなショックな事実知りたくないけど、この際ハッキリさせておきましょう。 LINEで友だちにブロックされているか確認する方法を紹介します。 さあ覚悟はいいですか!? ブロックされるとどうなるの? ブロックされると、 メッセージが相手に届かないので既読が付くことは絶対にありません。 何度もメッセージを送っているのに既読にならない場合、 ブロックされている可能性があります。 でも本当に見てないだけかも知れないので、この段階ではまだブロックされているかは判断できません。 関連記事 ブロックされているか確認する方法 LINEスタンプをプレゼントする! 相手にブロックされているかの確認は LINEスタンプをプレゼントすれば確認することができます。 プレゼント機能といっても LINEスタンプを購入してプレゼントするわけではないので安心してください。 購入する前の画面で判別ができます。 また、選択するのは有料スタンプでOKですが、 相手が持っていなそうなスタンプを選ぶのがポイントです。 スタンプショップからプレゼントするLINEスタンプを選びます。 【プレゼントする】をタップ。 ブロックされているか確認したい相手を選んだら 【OK】をタップ。 さあ、ここで表示された結果によって ブロックされているか・ブロックされていないかがわかります!! 表示された方を選択してタップしてみましょう。 」と表示された場合、 ブロックされています。 でも、まだ希望はあります。 相手が本当に同じスタンプを持っている場合もあるので別のスタンプで試して見ましょう。 女性には「北斗の拳」、男性に「白雪姫」など持ってなさそうなスタンプで試してみるといいかもしれません。 相手が持ってなさそうな有料スタンプで何個か試してダメならあきらめてください。 相手のブロックは解除できないのでどうしようもありません。 ブロックされていません プレゼント確認の画面が表示された場合、 ブロックはされていません。 もし相手にブロックされている場合「すでにこのスタンプをもっているためプレゼントできません。 」と表示されて確認画面は表示されません。 一緒に読みたい記事• LINEアプリの使い方 完全マニュアル•

次の

LINEで相手をブロックする方法(iPhone&Android)

ブロックされてるか確認する方法

LINEでのブロック確認方法• LINEタイムラインで確認する方法• LINEグループトークで確認する方法• LINEスタンプのプレゼントで確認する方法 例えば、こんな経験はありませんか? 「友達にLINEを送っても全然リプライがこない…。 もしかしてブロックされてる?」 そして、逆にこんな経験もないでしょうか? 「あの子、苦手だからLINEでブロックしたい。 でも、LINEでブロックしているのが本人バレたらかなり気まずいし…」 本来楽しいはずのLINEが、全然リプが来なくて不安な存在になったり頻繁に来るメッセージ通知や着信によってだんだんと面倒な存在になったり…。 しかしこれ、実質的に常時コミュニケーションを図れるため、人によっては毎日大量のメッセージがきたり真夜中に着信がきたりしてLINEを使いたくなくなる要因の1つにもなってしまいます…。 そんな場合に便利なLINEの機能が、LINEの ブロックなんです。 LINEのブロック機能を使うと、ブロックした相手は「友達」リストから排除され、再度こちらがLINEでブロックを解除しない限り、相手とLINEでのコミュニケーションを断てます。 LINEブロック「トーク」の場合 LINEトーク画面で確認できる大きな変化は、どれだけメッセージやLINEスタンプ、または、LINE絵文字をブロックされた相手へ送ったとしても、相手の既読が全くつかなくなる点です。 つまりLINEでこちらをブロックした側は、LINEでブロック後、こちらとのLINEトークが未読状態になっているのです。 それもそのはず。 通常のLINEトークであれば、メッセージを送ると相手のスマホへ「新着メッセージ」があると通知されます。 しかし、LINEでブロックした相手からは、相手がどれだけLINEトーク画面にメッセージを残しても一切通知がなされないのです。 そう、そもそもブロックした相手の新着メッセージに気づきようがありません。 また、LINEトーク画面にも新着メッセージは表示されないため、基本的にはLINEでブロックを解除しない限り、こちらのLINEメッセージに気がつくことはないのです。 おさらいLINEで相手からブロックされると、LINEトーク画面でメッセージやLINEスタンプ、さらにはLINE絵文字を送っても、相手に新着メッセージが通知されないため、相手はこちらのメッセージに気づきません。 LINEタイムラインは、相手にブロックされてしまうと、ブロックした側のタイムライン投稿は見れなくなります。 またタイムラインの投稿は、ブロックされて以降だけでなく全ての相手の投稿が見れなくなるようです。 おさらい相手からLINEブロックされると、LINEのタイムラインに投稿されている相手の全ての投稿が見られなくなります。 LINEブロック「グループトーク」の場合 相手とマンツーマンでのLINEトーク画面では、こちらがどれだけメッセージを送っても、相手のLINEトーク画面へは非表示、相手のスマホへは非通知でした。 今度は、部活やサークルなど複数人でトークを行うLINE「グループトーク」の場合は、LINEブロックによってどのような変化が確認できるでしょうか? 確かめると、LINEグループトーク内でメッセージを送った場合、自分のメッセージはブロックされた相手にも「新着メッセージ」として通知されることが分かりました。 さらに、LINEブロックした側のLINEアカウントでLINEグループトーク画面を見ると、LINEブロックした相手からのメッセージも表示されており、そのメッセージを読むと従来通り既読がつくことも確認できました。 仮にLINEブロックされた相手とコミュニケーションをとる方法がLINEのみの場合、ブロックされる以前に両者が入っていたLINEグループを利用すれば、何とかメッセージのやりとりを行うことは可能なようです。

次の

カカオトークでブロックする方法と確認する方法!されたらどうなるかも

ブロックされてるか確認する方法

トークルームにおけるメッセージの送受信や無料通話の発着信を双方向でできなくなるなど、連絡を取りたくない相手との接触をほとんど断つことができます。 左:iOS版LINEのブロック中の画面 右:Android版LINEのブロック中の画面 しかしここで問題となるのが、人間関係への影響。 ブロックする対象となる相手がリアルの友だちや知り合いであることが多々あるため、ブロックした事実が相手にバレると、いろいろと面倒事が起こりかねません。 そこで以下では、ブロックをする側、される側それぞれどにような現象が起こるのかを解説します。 LINEのブロック機能は人間関係に大きく影響するだけに、その効果をしっかり把握しておくと、いざというとき不安にならずに済むでしょう。 ブロックした側のLINEに起こる現象 appllio. com トークルームでブロックを解除する トークルームを削除してしまった場合は、この方法は利用できません。 ブロックリストからブロック解除しましょう。 左:iOS版LINE 右:Android版LINE トークルームでブロックを解除する場合は、ブロックしたときと同様の手順でメニュー画面に進み、一番下にある[ブロック解除]ボタンを押せば完了です。 Android版LINEでは、ブロック相手のトークルーム上部に[ブロック解除]が設置されているので、これを押しましょう。 相手にブロックされているか確認する方法 メッセージにずっと既読がつかなかったり、無料通話に応答がなかったりとブロックが疑わしい状態が続いたなら、実際に確認するのが手っ取り早いでしょう。 ここで紹介する「スタンププレゼント」によるブロック確認は、誰でも試しやすく、かつ確実性も高い方法です。 実際に購入する必要はないので、お金もかかりません。 また、メッセージや通知が相手に届くといった痕跡が残らないので、水面下でこっそり調べたい場合にも有効です。 ぜひ試してみてください。 1 「スタンプ情報」画面で[プレゼントする]をタップする LINEの「ホーム」タブからスタンプショップに移動します。 適当にスタンプを選択し、「スタンプ情報」画面で[プレゼントする]ボタンを押してください。 ここで、 相手がおそらく「持っていないであろう」スタンプを選択するのがポイントです。 万が一プレゼントしたものと同じスタンプを相手がすでに持っている場合、ブロックと同様にプレゼントできなくなる現象が起きるため、プレゼントしたときの挙動だけでは断定できなくなります。 2 ブロックされているか確認したい相手を選ぶ 次に、ブロックされているか確認したい相手を選んでタップし、[OK](Androidでは[次へ])を押してください。 3 表示画面の内容を確認する 続く画面で、左上の画像のように[プレゼント購入する]のボタンが表示されていれば、 ブロックされていないといえます。 」と表示されていれば、ブロックされている可能性が高い状況です。 もっとも、贈ったスタンプを相手が偶然所持している場合も同じ文言が表示されます。 何度か挑戦してみて、すべて「プレゼントできません。 」と出てしまったら、ほぼ確実にブロックされていると判断できるでしょう。 ほかにも、協力者を募って複数人トークを作成する方法など、ブロックの確認方法はいくつか存在します。 気になる人は以下の特集を参照ください。 appllio. Q1:ブロック中に相手から届いたメッセージは解除後に既読が付く? A:ブロック解除後、自分が先にメッセージを送信するか、相手が先にメッセージを送信するかで、ブロック中に相手から届いたメッセージの既読表示のされ方が異なります。 ブロック解除後、 相手が先にメッセージを送ってきた場合、そのメッセージを確認した瞬間に、ブロック中に受信したメッセージが一斉に既読になります。 実際にはブロック中に相手から届いたメッセージを確認していませんが、相手側の視点ではいつも通り既読が表示されるため、特段怪しまれる心配はないでしょう。 一方、ブロック解除後、 自分が先にメッセージを送信してしまった場合、ブロック中に受信したメッセージには既読がつきません。 相手側の視点でみてみると、右上の画像のようにブロック中に送信していたメッセージに既読がつかないままなのに、あなたから新規メッセージを受信しているという矛盾した状態になります。 したがって、ブロックを解除した場合は、 相手からメッセージを受信したあとで自分のメッセージを送信するようにしたほうが無難でしょう。 appllio. com Q2:ブロック相手はホーム画面のアイコンや投稿を見られなくなる? A:ブロックした後も、ホーム画面のプロフィール情報はブロック相手に公開されたままになります。 左:ブロックされている相手のホーム画面 右:ブロックされている相手のホーム画面のタイムライン投稿 アイコン(プロフィール画像)・BGM・ひとこと(ステータスメッセージ)・カバー画像(ホーム写真/トプ画)などは見られてしまいます。 ブロック相手には見られたくないかもしれませんが、回避する方法はありません。 そしてホーム画面から閲覧できるタイムライン投稿のうち、「全体公開」に設定した投稿だけはブロック相手も変わらず見られる状態が維持されます。 さらに、LINEのアイコン画像、ステータスメッセージ、プロフィールBGMのいずれかを変更した場合には、ブロック相手の友だちリスト上に緑の点が表示されます。 これらの変更時にストーリーに投稿するオプションが有効になっていると、緑色のリングでストーリー投稿がブロック相手にも通知されます。 Q3:LINE電話の「応答なし」表示とブロックとの関係は? A:「応答なし」が表示されたからといって必ずしもブロックされているとは限りません。 以前は、ブロックされていると疑わしき人物に無料通話をかけて、強制終了メッセージが「応答なし」かどうかをチェックすることで、ブロックを確認する方法がありました。 しかし2020年3月現在、ブロックされている場合の強制終了メッセージは、ブロックされていない場合と同じものが表示されるようになっています。 そのため現在は、 LINE電話を介してブロックされているかどうかを判別することはできません(iOS/Android版問わず)。 左:iOS版LINE 右:Android版LINE 相手にブロックされている/されていないにかかわらず、発信し続けると一定時間で発信が切れ、iOS版、Android版それぞれ上のような画面が表示されます。 もし相手にブロックされていなかった場合、相手に着信します。 相手側の着信履歴に残るほか、相手が通話に出てしまう可能性があるので注意してください。 appllio. com Q4:相手とのLINE上の関係を完全に断ち切りたい場合はどうする? A:ブロックリストから友だちを削除した上でトークルームも削除すれば、相手とのLINE上での連絡手段は完全に絶たれます。 LINEのブロック機能は、あくまでもLINE上の友だち関係を「一時的」に停止するもの。 前述したようにブロックを解除することで再び連絡を取れるようになります。 そこで、有効なのがブロックリストから相手を「削除」する方法。 ブロック効果が持続した状態で、かつ相手を友だちリストに戻すこともできなくなるため、LINE上の友だち関係を完全に解消できるというわけです。 気になる場合は、トークルームも削除すればさらに完璧に相手の存在を無かったことにできます。 左:iOS版LINE 右:Android版LINE 方法はかんたん。 Android版LINEは、[編集]をボタンをタップして[削除]を選択するだけです。 友だち削除の効果については、以下の記事に詳しくまとめています。

次の