フォード エスコート rs コスワース。 また出た80年代の変態車、フォード・シエラ・コスワースRS500。価格は上昇し続け1500万円以上に

[フォード・エスコートRSコスワース]個人売買情報

フォード エスコート rs コスワース

【 エスコートRSコスワースとは 】 こちらはイギリスのフォード・モーター・スポーツ社、いわゆるブリティッシュフォードと呼ばれる会社で開発されたスポーツカーでフォードであっても、あくまで欧州車そのものです。 そのイギリスフォードが1992年にWRC参戦に必要なホモロゲーション獲得を目的に生産された車で車名の通りF1直系のエンジンビルダーとして名高いコスワースによってチューニングされたエンジンはシエラから継承された「コスワースYBT」と呼ばれるユニットで1993cc直列4気筒の鋳鉄製ブロック。 これにコスワースが開発したDOHC4バルブヘッドとギャレット製大径ターボとの組み合わせによって、最高出力227馬力、最大トルク30. 4kgmを発生。 頑丈な鋳鉄ブロックを持つコスワースのYBTの中でもカムカバーの色が青色の通称「ブルーヘッド」はWRC参戦の為に必要なホモロゲーション取得を目的とした初期型のみに搭載。 ちなみにホモロゲーション資格を満たした後に販売された後期型はカムカバーの色もデザインも異なり「シルバーヘッド」と呼ばれています。 足回りはシエラRSコスワースと同様にフロントはマクファーソン・ストラット、リアはセミ・トレーリングアームを採用しています。 外観においてもラリーカーらしい装いで、特徴的な巨大な2枚羽のリアスポイラーは伊達では無く当時のラリーカーの中では最高の空力性能を持っていました。 また幅の広いタイヤを納めるために張り出したブリスターフェンダーも迫力があります。 1992年から生産されて、数々のラリーで活躍しましたが1995年に生産終了となります。 フォード・エスコートRSコスワースは、ラリーを戦う上で命題となっていた要素を全てクリアした、まさに「WRCで勝つ為」に誕生した車です。 物事に「たら」「れば」は禁物ですが、もしこのエスコートRSコスワースが2年早くWRCに投入されていればラリーの名門、ランチア・トヨタの時代はなかったかもしれないとも言われています。 なお日本ではフォードによる正規輸入がなかったため、日本へは専門ショップ等を通じて並行輸入されたわずかな数しか存在しない極めて希少な車両と言えます。 【 当車について 】 ・大変希少な初期型の「ブルーヘッド」になります。 ・サンルーフなしの左ハンドル車は、日本に1台かもしれないとの事です。 ・平成27年5月に車検が切れるまでは普通に乗れていました。 ・現在は、機械式パーキングにて保管されています。 ・現在は、バッテリーもあがっていて不動車です。 ・ラジエターパイプからの水漏れがみられます。 ・現オーナーさんは、ラリー等のレース走行はしていません。 【 エクステリア 】 ・外装色は純正ホワイトです。 ・大型のリアスポイラーが大迫力です。 ・ブリスターフェンダーがスタイリッシュです。 ・塗装面の経年劣化等はありますが、大きなサビ等はありません。 ・右前バンパーにスリ傷があります。 ・右後ろフェンダー付近に傷・ヘコミがあります。 (タッチアップ補修) ・ホイールはラリー車の定番、OZのマグネシウムホイールです。 ・ホイールのセンターキャップが1個欠品しています。 ・フロントのリップスポイラーは外してあります。 ・ルーフのモール部分が劣化しています。 ・トランクにスペアタイヤがあります。 【 インテリア 】 ・スポーティーな雰囲気のコクピットが良い感じです。 ・シフトノブはスパルコ製に交換してあります。 ・吊り下げ式のABCペダルもスパルコ製に交換してあります。 ・ETCが装備されています。 ・ダッシュボードに大きなダメージはありません。 ・ホワイトのメーター類がカッコイイです。 ・シート類は年式相応ですが、掃除をすれば復活すると思われます。 ・ヒューズBOXのフタにダメージがあります。 ・オーディオ(CD)は可動しますが表示が不調。 ・クーラーは故障中との事です。 正規輸入がなかった大変希少でマニアックな車両ですが、いまだに専門店等もあるため整備や修理が可能な車です。 現オーナーさんは仕事等の都合上、手をかける事が出来なくなり手離す決意をされましたが、どなたか復活させていただける方にお譲りしたいとの事です。 車は東京都西東京市にあります。 個人ですので消費税はかかりませんが、リサイクル料のご負担をよろしくお願いします。 以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。 整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。 SOLD OUT 画像クリックで拡大出来ます.

次の

フォード エスコートRS コスワース【イオタガレージ】

フォード エスコート rs コスワース

2020年• 07月• 08月• 09月• 10月• 11月• 12月 2019年• 2018年• 2017年• 2016年• 2015年• 2014年• 2013年• 2012年• 2011年• 2010年• 01月• 02月• 03月• 04月•

次の

フォード・シエラ

フォード エスコート rs コスワース

概要 [ ] 当初はエンジンチューナーとして発足したが、間もなく独自のレース用エンジンの開発を手がけるようになった。 エンジンの多くはによる資金援助を受け、フォードのバッジを付けられてレースに使用されている。 ただしコスワースはフォード専属というわけではなく、過去には、、、、などとも共同でエンジンを開発したことがある。 F1用エンジンのコスワースと、その1960年代 - 1980年代にわたっての通算154勝という成績はF1史上に残るものである。 またフォード車用のエンジンチューンパーツも豊富にリリースしている。 2011年にはのコンセプトカーにもコスワースエンジン搭載モデルが登場したが、市販化には至っていない。 日本車では U12型)のラリー向けグレードSSS-Rに搭載されたに、コスワース製の専用ピストンが採用されていた。 またのエンジンもコスワースとの共同開発であり、ブロック、ヘッドの製造を担当している。 他にも競技用ではあるがののコンプリートエンジンを製作及び販売をしている。 歴史 [ ] F1 [ ] 詳細は「」を参照 1967年に名車に搭載された用の はきわめて高い競争力を有し、1967年オランダGPをのドライブでデビュー・ウィン。 その後すぐに多くのプライベーターチームのマシンに搭載されるようになると、1970年代のF1を席巻。 1983年モナコGPの(ウィリアムズ・フォード)の勝利でF1勝利数は通算154勝を数え、2006年シーズン終了現在単一型式名のF1エンジンでの最多勝となっている。 特にイギリス系のシャシーコンストラクターによるDFVでの活躍が目立ち、をはじめ、や、、などのチームがDFVエンジンと共にF1で勝利していた。 また、1980年代以降はDFVをベースに、ショートストローク仕様のDFY(F1通算1勝)、3. 5L 仕様のDFZ、DFZのヘッド周りなどを改良したDFRなどの発展形エンジンが数多く作られ、F1において1990年代初めまでの長きにわたって現役であった。 なお、DFVがV8エンジンのレイアウトを採用した理由は、チーム・ロータス設立者のの軽量なF1エンジンを望む声、米国フォードが1960年代後半の多くの生産車に搭載していたV8エンジンのイメージアップ、コスワース設立者のひとりであり中心人物でもあるキース・ダックワースの、フォーミュラジュニアやF2向けレーシングエンジンで培ったノウハウを生かせる土壌の存在など、様々な思惑の結晶であったといえる。 最後期にはスイスのやイギリスのなどのエンジンチューナーにより、独自の改良を施された数種類のエンジンチューナー製DFRがF1の数チームに供給され、特に1991年型のハートDFR(当時が所属していたに供給されていた)は、エンジンブロックのみオリジナルといわれるほど徹底的に改良が施されていたが、極限を通り越したかのようなチューニングにより、結果としては信頼性を著しく損なう結末となってしまった。 TEC ターボ [ ] 1986年から1987年に掛けて、コスワースはフォード名義で1. 5L エンジンを供給した。 120度 のこのエンジンは、1986年第3戦でに搭載してデビューした。 が撤退した1987年にはがこのエンジンを使用した。 GBAエンジンとも呼称される。 HB以降 [ ] 1989年に、それまでのDFVベースから脱却した全く新しいF1用新設計V8エンジンである を開発、にワークス供給された。 1991年にはに供給されたのをきっかけに、翌年にはDFRに代わるカスタマーエンジンとして供給された。 1991年から1992年にかけては、他のメーカに負けないようを多用した軽量なエンジンの開発を行っていたものの断念。 しかし、その開発内容をフィードバックさせたエンジンとして1994年に ゼテックR V8エンジンを開発、ベネトンのによる初のドライバーズチャンピオン獲得をサポートした。 EC Zetec-R V8 3. 5 1995年は、前年ミハエル・シューマッハをドライバーズチャンピオンにしたベネトンが使用エンジンを へ変更したため、へZETEC-R V8エンジンを供給。 但し、同年からF1エンジンは排気量の規定が3. 5Lから3. 0Lへと変更されたため、ZETEC-R V8の名称ではあるが仕様は前年型とは異なる。 ECA Zetec-R V8 3. 0 1996年にはF1マシン製作上のトレンドとなってしまったV10エンジンを開発、ZETEC-R V10エンジンとしてザウバーにワークス供給。 JD Zetec-R V10 3. 0 1997年からは、フォードとの強力なコネクションを持つと、その息子であるが率いるへSC V10エンジンをワークス供給。 VJ Zetec-R V10 3. 0 1999年では、同年にワークス供給した新開発V10の が、のドライブで優勝を果たしている(スチュワートとしてはF1初優勝)。 また、カスタマー向けエンジンとして の供給を1995年より開始。 供給開始当初より、に明らかなパワー不足で、カスタマー供給チームを馬鹿にした欠陥エンジンと酷評されるなどし 、1997年のティレル(とシーズン途中まで参戦していた)への供給で役目を終えた。 翌1998年からはF1へ参戦するチームのエンジンが全てV10となってしまったため、 から連綿と続いたコスワースのF1用V8エンジンは、1997年で一度幕を下ろすこととなった。 2000年からはフォードがスチュワートを買収しとして参戦、コスワースブランドでワークス供給していたが、活動は2004年で終了した(フォードブランドとしては2003年にジョーダン・グランプリに供給しているが、カスタマー待遇)。 尚、2003年ののドライブによる優勝が、現在F1におけるフォード・コスワースエンジンの最後の勝利となっている(フォード・コスワースエンジンとしてF1通算176勝。 また、コスワースのエンジンはDFV時代からプライベーターチームが愛用してきたブランド故か、参戦以来下位グループで奮闘していたミナルディチームへは、2005年 コスワースTJ2005シリーズ10 までエンジンを供給し続けた。 F1からの撤退、そして再参戦 [ ] 2006年、F1エンジンの規定が2. 4L V8エンジンとなり、コスワースはF1の名門チーム・ウィリアムズと、レッドブルグループで、新規参戦であるへ、1997年以来(ワークス供給では1995年以来)久々にF1用V8エンジンであるの供給を開始。 何度かのレース入賞も果たしてエンジンメーカーとして面目を保った他、このエンジン自体も他のメーカー系ワークスエンジンを凌ぐ20,000rpmオーバーの超高回転型エンジンとして注目された。 ただ、トロ・ロッソに供給したエンジンは、V10 3. 0Lであった。 しかし、2007年からはウィリアムズはトヨタエンジン、トロ・ロッソはから譲り受けたフェラーリエンジンとなるため、F1からコスワースの名前が消滅してしまった。 2008年10月17日、は2010年から導入するスタンダードエンジンの入札を開始しコスワースは、、、等と共に入札に加わった。 12月5日、FIAはコスワースとのエンジン供給契約を発表した。 2009年6月12日にFIAがのエントリーリストを発表。 新規参入となるとがコスワースからエンジン供給を受ける。 また、トヨタとの契約を打ち切ったウィリアムズはより、再びコスワースからエンジン供給を受けることを発表している。 またの撤退 によってが参戦することとなり、こちらもコスワースから供給を受けることとなった。 しかしメーカーワークスに対する劣勢は否めず、コスワースエンジンを使用するチームは徐々に減少していった。 よりF1のエンジンレギュレーションが大きく変更され、1. 6リッター・V6ターボエンジンが採用されたが、前記の通りユーザーが減少し競争力を失っていたことから資金を提供するチームは現れず、新たなエンジン開発は見送られている。 変遷表 [ ] 年 エンジン 形式 勝利数 備考 直4 1. 6 4• がデビュー• ロータスが2位獲得。 FVAは用。 参加台数を増やすため混走。 V8 3. 0 ロータス DFV V8 3. 0 ロータス、マクラーレン、マトラ 11• フォード・コスワースエンジン DFV 搭載車がひとつのレースを除いて優勝。 ロータス がを獲得し、2位、3位もコスワースエンジン搭載車。 DFVエンジンを搭載した、3コンストラクターがコンストラクターズ・ランキングの上位3つを独占。 DFV V8 3. 0 マトラ、ブラバム、ロータス、マクラーレン 11• DFVエンジン搭載車が全勝。 マトラ がドライバーズ・チャンピオン獲得。 マトラがコンストラクターズ・チャンピオン獲得。 DFV V8 3. 0 ロータス、、マクラーレン、ブラバム、、、、 8• ロータス が死後にドライバーズ・チャンピオン獲得。 DFV V8 3. 0 ティレル、マーチ、ロータス、マクラーレン、サーティース、ブラバム、ベラシ 7• ティレル がドライバーズ・チャンピオン獲得。 ティレルがコンストラクターズ・チャンピオン獲得。 DFV V8 3. 0 マクラーレン、ロータス、ティレル、サーティース、マーチ、ブラバム、、 10• ロータス がドライバーズ・チャンピオン獲得。 ロータスがコンストラクターズ・チャンピオン獲得。 DFV V8 3. 0 ロータス、ティレル、マクラーレン、ブラバム、マーチ、、サーティース、、 15• DFVエンジン搭載車が全勝。 ジャッキー・スチュワート ティレル がドライバーズ・チャンピオン獲得。 ロータスがコンストラクターズ・チャンピオン獲得。 DFV V8 3. 0 マクラーレン、ティレル、ロータス、ブラバム、、シャドウ、マーチ、イソ・マールボロ、サーティース、、、トロージャン、、、リンカー、エンサイン、、 12• エマーソン・フィッティパルディ マクラーレン がドライバーズ・チャンピオン獲得。 DFV V8 3. 0 マクラーレン、ブラバム、ヘスケス、ティレル、シャドウ、マーチ、ロータス、、パーネリ、、ペンスキー、エンサイン、、リンカー、ローラ、マキ、サーティース 8• DFV V8 3. 0 ティレル、マクラーレン、ロータス、ペンスキー、マーチ、シャドウ、サーティース、フィッティパルディ、エンサイン、ウィリアムズ、、ヘスケス、マキ、ブラバム、 10• マクラーレン が、ドライバーズ・チャンピオン獲得。 DFV V8 3. 0 ロータス、マクラーレン、、ティレル、シャドウ、フィッティパルディ、エンサイン、サーティース、ペンスキー、ウィリアムズ、ボロ、、、コジマ、ヘスケス、マーチ 12 DFV V8 3. 0 ロータス、ティレル、ウルフ、フィッティパルディ、マクラーレン、、、シャドウ、サーティース、エンサイン、、ヘスケス、、、 9• ロータス がドライバーズ・チャンピオン獲得。 ロータスがコンストラクターズ・チャンピオン獲得。 DFV V8 3. 0 ウィリアムズ、、ロータス、ティレル、マクラーレン、アロウズ、シャドウ、ATS、フィッティパルディ、、ウルフ、ブラバム、エンサイン、、メルツァリオ 8• DFV V8 3. 0 ウィリアムズ、ロータス、リジェ、ブラバム、ロータス、ティレル、マクラーレン、アロウズ、フィッティパルディ、シャドウ、ATS、、エンサイン 11• ウィリアムズ がドライバーズ・チャンピオン獲得。 ウィリアムズがコンストラクターズ・チャンピオン獲得。 DFV V8 3. 0 ウィリアムズ、ブラバム、マクラーレン、ロータス、ティレル、アロウズ、エンサイン、セオドール、ATS、フィッティパルディ、オゼッラ、マーチ 8• ブラバム がドライバーズ・チャンピオン獲得。 ウィリアムズがコンストラクターズ・チャンピオン獲得。 DFV V8 3. 0 マクラーレン、ウィリアムズ、ロータス、ティレル、ブラバム、アロウズ、ATS、オゼッラ、フィッティパルディ、マーチ、セオドール、エンサイン 8• ウィリアムズ がドライバーズ・チャンピオン獲得。 DFY V8 3. 0 ウィリアムズ、マクラーレン、ティレル 3• ティレル がDFVシリーズの最後の勝利を挙げた。 DFV V8 3. 0 ウィリアムズ、マクラーレン、ティレル、アロウズ、ロータス、セオドール、、リジェ DFY V8 3. 0 ティレル 0 DFV V8 3. 0 アロウズ、 DFY V8 3. 0 ティレル 0 DFV V8 3. 0 GBA V6 1. 5 0• コスワースがF1に供給した初のターボエンジンであり、V8型でないエンジンである。 GBA V6T 1. 5 0• ベネトンは予選仕様で1,000馬力超のエンジンを使用。 DFZ V8 3. 5 ティレル、ローラ()、、マーチ、 DFR V8 3. 5 ベネトン 0• ダラーラ(スクーデリア・イタリア)は開幕戦のみDFVを使用。 DFZ V8 3. 5 ティレル、、ミナルディ、コローニ、ラルース、AGS、、() DFV V8 3. 0 ダラーラ(スクーデリア・イタリア) V8 3. 5 ベネトン 1• ベネトン がDFV以外でコスワースにとっての初勝利をであげた。 DFR V8 3. 5 ベネトン、ティレル、アロウズ、ダラーラ(スクーデリア・イタリア)、ミナルディ、、リジェ、リアル、AGS、オゼッラ、コローニ HB V8 3. 5 ベネトン 2 DFR V8 3. 5 ティレル、アロウズ、オニクス、リジェ、オゼッラ、ダラーラ(スクーデリア・イタリア)、コローニ、AGS、ミナルディ HB V8 3. 5 ベネトン、 1• DFV系統のエンジン DFR の最後のF1シーズン。 DFR V8 3. 5 ローラ(ラルース)、、コローニ、AGS、アロウズ HB V8 3. 5 ベネトン、ロータス、フォンドメタル 1• の初勝利はフォード・コスワースエンジンでなしえた。 HB V8 3. 5 マクラーレン、ベネトン、ロータス、ミナルディ 6 V8 3. 5 ベネトン 8• ミハエル・シューマッハー ベネトン がドライバーズチャンピオン獲得。 HB V8 3. 5 , ミナルディ, ラルース, ECA Zetec-R V8 3. 0 0 V8 3. 0 ミナルディ、、シムテック JD Zetec-R V10 3. 0 ザウバー 0• 最初のコスワースのV10エンジン。 ECエンジンはZETEC-R V8を改良したもの。 ECのCはチャンピオンのC。 ECA Zetec-R V8 3. 0 フォルティ ED V8 3. 0 ミナルディ VJ Zetec-R V10 3. 0 0 ECA Zetec-R V8 3. 0 ローラ ED V8 3. 0 ティレル VJ Zetec-R V10 3. 0 スチュワート 0 JD Zetec-R V10 3. 0 ティレル、ミナルディ V10 3. 0 スチュワート 1 VJ Zetec-R V10 3. 0 ミナルディ CR-2 V10 3. 0 0• フォードはこの年からコスワース名義も使用。 ミナルディはフォンドメタル名義のエンジンを使用。 VJ Zetec-R V10 3. 0 ミナルディ CR-3 V10 3. 0 ジャガー 0• ミナルディはヨーロピアン名義のエンジンを使用 VJ Zetec-R V10 3. 0 ミナルディ CR-4 V10 3. 0 ジャガー 0 CR-3 V10 3. 0 アロウズ CR-5 V10 3. 0 ジャガー 1• ジョーダンはフォード名義のエンジンを使用。 ジョーダン がコスワースにとって最後の優勝をブラジルグランプリで飾った。 RS1 V10 3. 0 ジョーダン CR-3 V10 3. 0 ミナルディ CR-6 V10 3. 0 ジャガー 0• ジョーダンはフォード名義のエンジンを使用。 RS2 V10 3. 0 ジョーダン CR-3L V10 3. 0 ミナルディ TJ2005 V10 3. 0 , ミナルディ 0 CK2004 V10 3. 0 ミナルディ V8 2. 4 ウィリアムズ 0• TJ2005エンジンには最高回転数制限とが装着された。 TJ2005 V10 3. 0 V8 2. 4 ウィリアムズ、、、 0 CA2011 V8 2. 4 ウィリアムズ、HRT、ヴァージン 0 CA2012 V8 2. 4 HRT、 0 CA2013 V8 2. 4 マルシャ 0 幻のコンストラクター参戦計画 [ ] コスワースのF1マシン。 四輪駆動となっている に ()が設計したのマシンで自らF1参戦を目論んだこともあった。 搭載するDFVエンジンは軽量マグネシウムブロックの特別仕様となっていた。 マイク・コスティンとがテストドライブしたが、重量過多やタイヤ技術の進歩もあり四輪駆動のメリットが見いだせず、実戦投入は見送られた。 F1以外 [ ] DFVはなどでも活躍。 1985年に欧州地区で始まった国際F3000シリーズの初年度は、参戦する全車がDFVを搭載していた。 日本ではなどの手によりチューン・メンテナンスされ全日本F3000選手権や参戦チームに供給されていたほか、は1987年にDFVをベースに5バルブ化した「コスワース・ヤマハOX77」エンジンを開発し、やはり全日本F3000選手権への供給を行った(1988年まで)。 1994年にはまったく新しく、軽量・コンパクト化した「コスワースAC」を国際F3000のみの投入となった。 フォードとはF1以外でも縁があり、WRCのやのエンジンも開発した。 なお、DFVの派生モデルとしてシリーズ用にターボチャージャーを装着したDFXおよびDFS、などの耐久レース用に排気量を拡大したDFL、オセアニア地域で行われた用に排気量を縮小したDFW(シリーズ終了後エンジンは全機DFVと同一仕様に戻されている)などが存在する。 2003年のシーズン途中からはのシボレーエンジンの開発も手がけた。 オートバイメーカーのも、(MotoGP)に投入するデスモセディッチ用エンジンの開発を依頼している。 またオートバイメーカーのはMotoGP用のエンジンの開発を依頼し、2003年から2005年にかけて自社製バイクに搭載し参戦した。 2006年にはIRLからシボレーが撤退したことに加え、(WRC)に参戦するのエンジンチューンの仕事も失ったが、一方で同年よりのエンジンの供給を担当している(なおこのエンジンにはのが付けられる)。 2012年のでは、Teamのにコスワース製改を積んで出場している。 の際には、イギリスから専門家を呼んで施工した。 最高出力は400PSくらいを狙えるエンジンである。 エンジン供給カテゴリ [ ] 2005年 [ ]• F1:、(コスワース名義)• WRC:フォード・フォーカス(フォード名義)• チャンプカー:全車コスワースXFエンジンの(フォード名義)• IRL:パンサー・レーシング(シボレー名義) 2006年 [ ]• F1:(V8エンジンを供給)、(V10エンジンを供給)- いずれもコスワース名義。 詳細は。 チャンプカー(前年と同様) 2010年~2013年 [ ]• 詳細は。 経営 [ ] コスワースはその歴史において頻繁にオーナーが変わっている。 1980年にはUnited Engineering Industries(UEI)がコスワースを買収するが、そのUEIも1988年にはCarlton Communicationsに買収される。 1990年には英ヴィッカースがコスワースを買収するが、1998年にはそのヴィッカースがグループに買収され、一時コスワースは傘下に収められた。 これに慌てたのがコスワースとの関係が深いフォード。 急遽フォルクスワーゲンとの間で交渉が持たれ、コスワースのレーシング部門を「 コスワース・レーシング」として独立させた上でフォードが買収することとなった。 しかし2004年にはフォードがF1チームと共にコスワース・レーシングを売却する方針を発表、結局同年11月にコスワース・レーシングはCARTシリーズのオーナーでもあるとに売却された。 一方レーシングエンジン部門以外は「 コスワース・テクノロジー」(CT)としてフォルクスワーゲングループに残り、アウディやへのエンジン供給を行ったりしていたが、2004年12月に自動車のピストン製造で世界最大手の独グループに売却され、「 マーレ・パワートレイン()」に社名を変更している。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• WebCG 2016年12月1日. 2018年10月15日閲覧。 性能、出力はHBエンジンの末期スペックより劣っており、ほぼDFR並みの馬力しかなかった。 余りにも低性能なため、ミナルディはと共同で改造を加えたエンジンを使用していた。 FIA. 2009年6月12日. の2012年11月17日時点におけるアーカイブ。 2009年6月12日閲覧。 TopNews. 2014年2月28日. 2014年9月10日閲覧。 「F1全史 1966-1970」()P. 「F1全史 1966-1970」() P. 87,93より 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる。

次の