イータイピング ランク。 イータイピング練習600万打鍵でランクとスコアWPM値は?

自分のタッチタイピングのレベルを客観的に判断できるサイト「e

イータイピング ランク

今の自分のレベルを意識して、ひとつ上のレベルを常に目指して練習してください。 レベルの設定は以下のようになっています。 「Good! 」より上もあるのですが、そこからは練習をつんでご自身でご確認ください。 レベル スコア ???? ???? 一般的なオフィスワークでは困ることのないレベルです。 プロレベルにはまだ届きません。 より高いレベルを目指すには、正確さを高めましょう Good! 正確さを意識して更にスコアアップを目指しましょう。 できるだけ毎日練習を続けましょう。 誰もが努力してできるようになっていきます。 ここからスタートです。 E 22~38 E- 0~21.

次の

腕試しレベルチェック

イータイピング ランク

事務処理能力が、2倍に!?タイピング練習で事務スキルアップ! 事務職のスキルを構成するスキルの中で一番基本的でかつ、上昇すると飛躍的にスキルアップするスキルがあります。 それは 「タイピングスキル」です。 タイピングスキルとは何か タイピングスキルとは簡単に言うと 「パソコンのキーボード入力の速さ」のことです。 一般的には 「速度」と 「正確性」で評価されます。 また、WPM という一分間に何文字打てるかという測定値もあります。 タイピングスキルが上がるとどんなスキルアップになるか すでにキーボードを見ずに打てる 「ブラインドタッチ タッチタイピング 」ができるような速度で入力できる人が少しタイピング速度を上げたからといって大きなスキルアップにはなりません。 しかしながら、キーボードを見ながらでないと入力できないレベルの人が 「ブラインドタッチ」を習得できたら大きなスキルアップになります。 タイピングが遅い人と速い人ではメールの返信数に倍以上の差がつくことがあります。 極端な話、 タイピングが遅い人がブラインドタッチを身に付けるだけで2倍の事務処理能力を得ることができる可能性があります。 これをスキルアップと言わずなんと言いましょうか。 まずは測定しよう タイピングに自信かない人こそ、まずはタイピング速度を測ってみましょう。 先述した通りタイピング速度が上がれば、いきなり事務処理能力が2倍ですよ! 遅ければ遅いほど伸びしろがあるという事です。 私が新卒の頃から愛用している という 無料の測定サイトがあります。 デザインも綺麗で使いやすいのでおすすめです。 タイピングが速くなるためのコツ 私も元々はタイピングが遅い方でしたが、私生活パソコンをなるべく使うようにしたら、結構速くなりました。 イータイピングでいう所の私が出した最高ランクは 「Thunder」です。 事務処理をする上では十分な速度です。 タイピングが速くなる為に私がやった事は下記の3つです。 基本(ホームポジション)にこだわる。 タイピング には基本があります。 基本というのは 「ホームポジション」の事です。 ホームポジションとは簡単に言うと、 「キーボードに置く指の位置」の事です。 タイピングが遅い人はこの基本ができていない事が多いです。 野球やサッカーに「フォーム」があるように「タイピング」にもフォームがあります。 まずはホームポジションを見につけましょう。 ホームポジションはそこを起点として、それぞれの指がそれぞれのキーを担当するイメージです。 友人とチャットで話す。 幸い自分はチャット仲間がいました。 今時はスマホがあるのでパソコンを使ったチャットというのはあまり流行らないかも知れませんが、 タイピングの練習仲間を見つけて「敢えてPC」でチャットをするのもいいかも知れません。 毎日、何時間もチャットすればかなりタイピングはこなれてきます。 毎日、イータイピングをやる。 やっぱりコレが一番効果的だったと思います。 非常に古典的ではありますが、 「反復練習」こそ上達の近道かと思います。 何時間もやるより1日20分とか決めてやると良いと思います。

次の

イータイピング練習600万打鍵でランクとスコアWPM値は?

イータイピング ランク

イータイピングのレベル 「Good! 」より上はシークレットレベルとなっており、 レベル スコア Godhand 750~ Jedi 700~749 Tatujin 650~699 Rocket 600~649 Meijin 550~599 EddieVH 500~549 LaserBeam 450~499 Professor 400~449 Comet 375~399 Ninja 350~374 Thunder 325~349 Fast 300~324 私のレベル「 Thunder」は、シークレットレベルの下から2つ目ですね。 エンジニア現役でバリバリ働いていたころは「 LaserBeam」まで行けたんですが、だいぶ衰えたな….. というか、文字を打つ量なら当時とそれほど変わっていないと思うので、やはり寄る年波には勝てないってことですね。 (笑) タイピングの練習方法は、当時勤めていた会社の先輩から、この本をプレゼントしてもらいました。 かなり変わった内容で、特殊な短文4つをひたすら打ち続けるという練習方法w 今考えると 「他にも練習方法あったよねー」と思いますが、当時は先輩の教えを忠実に守り、この本の内容の沿ってひたすらキーボードを打ち続けているうちに、いつの間にかブラインドタッチができるようになっていました。 電脳せどりをやる程度であればここまで早くなる必要も無いですね。 ただ、せどり以外に 「ブログ」「メルマガ」など、情報発信にチャレンジしようと思っている方は、文章入力は必須の作業。 タイピングスピードは速いに越したことはないです。 「パソコン操作の高速化=最高の時間効率化」につながります。 最初は1日5分程度でもOKなので、ぜひでタイピング練習を始めてみてください。 継続は力なり!!.

次の