カワウソ 引き取り。 「カワウソ」をペットには絶対できない(石田雅彦)

「カワウソを飼いたい!」その前に。知ってもらいたい「カワウソのホント」を、大人気カワウソの飼い主さん...|テレ東プラス

カワウソ 引き取り

そもそもカワウソって? カワウソが可愛いのは分かりますが、そもそもどんな動物かは分かりませんよね! カワウソとは、ネコ目(食肉目)イタチ科カワウソ亜科に属する哺乳動物になります。 南極、オーストラリア、ニュージーランドを除く、世界全域の水辺や海上で生息しているそうです。 主に東南アジアに生息しているようですが、現在絶滅危惧種に指定されているのでペットとしれ流通しているのは国内で繁殖されたものだけのようです。 体長41〜64cm。 尾長25〜35cm。 体重2.7〜5.4kg。 え、結構大きいですね(笑) 最小って猫くらいかと思ったのですが、猫の重さで胴長ってイメージですかね(笑) また性格は、• 人懐っこい• 頭がいい• トイレや芸も覚える• 夜行性ではないので夜が騒がしくない と言われ、犬に匹敵するペットと言えるそうです。 体臭がする• 毎日水浴びが必要• 温度管理が大変?• また触れることで臭いがうつったりするそうなので、まず臭いを確かめる必要があると言えるでしょう。 そして2の、 毎日の水浴びも必要になります。 水浴びをさせないとストレスになるそうなので、臭いを和らげるためにも水浴びし、軽く洗ってあげると良いかもしれませんね! 3ですが、もともと暖かい地域の動物になるので 冬の寒さは厳禁になります。 温度管理のために光熱費が上がるのを念頭に入れておきましょう! 4は カワウソの専門として診てもらえる病院が少ない可能性があるということです。 飼うことを検討している方は、最寄りの病院にかかれるのかのチェックは必要になります。 一時期CMにチワワが出演した時もチワワが大人気になり、CMに出ていた同じ真っ白のチワワはかなりの高額で売られていました。 安く手に入れる方法はショップから購入よりもブリーダーから購入が少し安く手に入ると思います。 コツメカワウソは、絶滅の恐れがある種とされ、 ワシントン条約で輸出許可が必要な動物に指定されています。 また国内の繁殖は動物園でないと難しく、もし『国内ブリード』であれば、 動物園からの販売許可証があるはずです。 正規ルートを通過するコツメカワウソの首元には、マイクロチップを埋め込んで管理され、寄生虫予防の投薬などを済ませてから輸出されています。 人気で話題になっていますが、購入の際には• しっかり飼う準備ができている事• 最後まで飼う覚悟がある事• 購入の際には正規ルートで販売しているカワウソかどうかの確認をする事 が大事です。 カワウソはタイでは激安で売っている? 日本では100万以上になっているカワウソの値段ですが、今年女子大学生がカワウソの密輸を行なったとして逮捕されました。 女子大学生は売られているのが可哀想だったからと話していましたが、転売目的では?と言われています >人<; 密輸されていたカワウソは 10匹でなんと33,000円なんだそうです。 1匹3,300円。 人気急上昇のカワウソは輸入販売がなく、国内繁殖のみなので稀少で値段が高騰している。 犬に匹敵する飼いやすさだが、臭いがきつく飼うには覚悟が必要。 日本での値段は60万円以上だったが、現在は100万円以上になってきている。 タイでは1匹3,300円で市場に売られている。

次の

やっぱり男の子!!ママが大好きなカワウソ【しゃもじ】

カワウソ 引き取り

そもそもカワウソって? カワウソが可愛いのは分かりますが、そもそもどんな動物かは分かりませんよね! カワウソとは、ネコ目(食肉目)イタチ科カワウソ亜科に属する哺乳動物になります。 南極、オーストラリア、ニュージーランドを除く、世界全域の水辺や海上で生息しているそうです。 主に東南アジアに生息しているようですが、現在絶滅危惧種に指定されているのでペットとしれ流通しているのは国内で繁殖されたものだけのようです。 体長41〜64cm。 尾長25〜35cm。 体重2.7〜5.4kg。 え、結構大きいですね(笑) 最小って猫くらいかと思ったのですが、猫の重さで胴長ってイメージですかね(笑) また性格は、• 人懐っこい• 頭がいい• トイレや芸も覚える• 夜行性ではないので夜が騒がしくない と言われ、犬に匹敵するペットと言えるそうです。 体臭がする• 毎日水浴びが必要• 温度管理が大変?• また触れることで臭いがうつったりするそうなので、まず臭いを確かめる必要があると言えるでしょう。 そして2の、 毎日の水浴びも必要になります。 水浴びをさせないとストレスになるそうなので、臭いを和らげるためにも水浴びし、軽く洗ってあげると良いかもしれませんね! 3ですが、もともと暖かい地域の動物になるので 冬の寒さは厳禁になります。 温度管理のために光熱費が上がるのを念頭に入れておきましょう! 4は カワウソの専門として診てもらえる病院が少ない可能性があるということです。 飼うことを検討している方は、最寄りの病院にかかれるのかのチェックは必要になります。 一時期CMにチワワが出演した時もチワワが大人気になり、CMに出ていた同じ真っ白のチワワはかなりの高額で売られていました。 安く手に入れる方法はショップから購入よりもブリーダーから購入が少し安く手に入ると思います。 コツメカワウソは、絶滅の恐れがある種とされ、 ワシントン条約で輸出許可が必要な動物に指定されています。 また国内の繁殖は動物園でないと難しく、もし『国内ブリード』であれば、 動物園からの販売許可証があるはずです。 正規ルートを通過するコツメカワウソの首元には、マイクロチップを埋め込んで管理され、寄生虫予防の投薬などを済ませてから輸出されています。 人気で話題になっていますが、購入の際には• しっかり飼う準備ができている事• 最後まで飼う覚悟がある事• 購入の際には正規ルートで販売しているカワウソかどうかの確認をする事 が大事です。 カワウソはタイでは激安で売っている? 日本では100万以上になっているカワウソの値段ですが、今年女子大学生がカワウソの密輸を行なったとして逮捕されました。 女子大学生は売られているのが可哀想だったからと話していましたが、転売目的では?と言われています >人<; 密輸されていたカワウソは 10匹でなんと33,000円なんだそうです。 1匹3,300円。 人気急上昇のカワウソは輸入販売がなく、国内繁殖のみなので稀少で値段が高騰している。 犬に匹敵する飼いやすさだが、臭いがきつく飼うには覚悟が必要。 日本での値段は60万円以上だったが、現在は100万円以上になってきている。 タイでは1匹3,300円で市場に売られている。

次の

カワウソはペットとして飼える?臭いや鳴き声には注意が必要?

カワウソ 引き取り

まずは基本情報から カワウソの特徴をザッと並べてみると、以下のような点が挙げられます。 イタチ科でフェレットの仲間 体長は、60~85cm 体重は、約4~10km 体毛は黒褐色 お腹の近くは薄い褐色 胴は長く、足は短い エサは、フェレット用フードやドジョウ、 あと生魚など 月2,500円程度 泳ぐのが得意 ちなみに 寿命は7~12年です。 犬の寿命は10~13年、フェレットは6~10年と言われていますから、その中間ぐらいという感じでしょうか。 ペットとして適している点 カワウソをペットとして飼う上で良い点は、2つあります。 爪がほとんどない 爪が鋭いと、何かあったら、人がケガをしてしまいますが、幸い、カワウソは、 爪がほとんどありません。 同じイタチ科で、フェレットは、爪が長くなったり、鋭くなったりすることがありますから、そういった意味で、カワウソは安全と言えますね。 社会性があり器用 カワウソは、 コミュニケーション能力があり、頭も良い動物です。 トイレのしつけも出来ますし、エサを手にもって口に運べる器用さも持っています。 ある意味、 犬みたいに人間の良きパートナーになり得るのがカワウソの大きな魅力の一つと言えるでしょう。 ペットとして適していない点 その一方で、カワウソは、ペットとしては飼育するには適していない点もいろいろあります。 結構、体力使うかも・・・ カワウソは、玉拾いや鬼ごっこなどの遊びも出来るのは、良いのですが、逆に言うと、それだけ 体力が必要とされます。 また、お風呂も1日1回はお風呂に入れされるなど、小まめに水遊びをさせる必要があります。 なんでかなーと思っていたら、その理由は・・・ 値段でした。 カワウソって、実は、 60~80万円 場合によっては100万円 もするんですね。 その理由は、 カワウソは繁殖が困難であるため、ペット用として流通しているカワウソもごくわずかしかいないからだそうです。 カワウソはペットとして適しているか? 値段の話を出した段階で、カワウソをペットとして飼うのは厳しいな~とドン引きしちゃった方は多いと思いますが・・・ ちなみに、 同じイタチ科のフェレットの場合、2~3万円ぐらいで買えます。 体長も30~50cmと、カワウソより一回り小さいので、ペットとしては、フェレットの方がよりオススメではあります。 カワウソ君は、ニコニコ動画などで、見て楽しむのがいいかもしれませんね。 あと、もありますので、こういった企画も、機会があれば、是非、お楽しみください。

次の