リクシル ショールーム。 リクシルショールームでお風呂の説明を受けたが意味が分からな過ぎて頭がパニックになった話

大阪エリア LIXIL(リクシル)ショールーム5ヵ所の住所や特徴まとめ│暮らし リフォームの新聞

リクシル ショールーム

リクシルのキッチンの目玉、リシェルSI リクシルのキッチンの中で一番高いグレードに位置するキッチンになります。 そもそもユメオ夫婦が入れたいという食洗機からして、入れられるとしたらこのグレードしかないということであり、これ以外の選択肢がありませんでした。 逆に迷う必要がなくて良い? ショールームでも一番の目玉商品であり、おそらくどこのリクシルショールームでも、入ってすぐのところに展示されています。 まず見た目がカッコいい!! 機能的には、天板にはセラミックを使用しており、高熱のフライパンや鍋など置いても、変形や変色が起こりにくい丈夫な素材となっています。 硬いものが当たっても傷がつきにくく、まな板を敷かずに野菜を切ることなんかも出来ちゃうとのこと?! そして汚れも染み込みにくくて、拭き取るだけで簡単にお手入れができるようです。 シンクはハイブリッドクォークシンクといって、クォーツとアクリル樹脂を配合して生まれた素材で、作られています。 汚れが染み込みにくく、変色や変質がほとんど起こらないそうです。 また、衝撃にも強く、重たいものを落としてもほとんど傷がつかないんですって! 見た目も3色あり、セラミックトップのキッチンにかなり合います! 引き出しはまず、斜めに開きます。 それから引き出すような形です。 これがすごく便利で、軽い力で引き出すことができて、包丁やまな板などよく使うものを簡単に取り出すことが出来ます。 さすが国内メーカーの最高級グレードだけあり、使いやすさをかなり考えられていると感じました。 リクシルのセラミックトップには、ガゲナウ のIHクッキングヒーターは入れられない! ショールームの方から気になる一言が、、 セラミックトップを選ぶと、ガゲナウ のIHクッキングヒーターは入れられないとの事です。 人工大理石か、ステンレスなら大丈夫かも?とのことでした。 むむむ、、、確かに加工が難しいのだろうか。 一番目を引き気に入った見た目のキッチンだったため、それが選べないことは結構テンションが下がりましたね、、、。 さらに営業から気になる一言が、、、 リクシルのカップボードには、ガゲナウ のオーブンがビルトインできないかもしれない!? ガゲナウ のオーブンをビルトインするための加工が、リクシルで対応できるかわからないとのことを言われました、、。 理論的にらガゲナウ のオーブン似合うサイズの穴が空いていれば良いのですが、それができない可能性が高いそうです。。。 既成の穴を開けることはできるが、ぴったりサイズに穴を開けることはできないかも、、、と。 ビルトインしてナンボだ思ったので、ちょっと穴ガバガバはまずいでしょう、、! はい、、、テンションがさらに下がりました。 ショールームの方よりさらにさらに気になる一言が、、、 ガゲナウ の食洗機に合うようにキッチン側に穴が開けられないかもしれない 一番上のリシェルの写真で見てとれるように、リクシルのキッチンの足元側が少し内側に削れています。 キッチンの前に立ちやすいようになっているようですが、これがガゲナウ の食洗機を入れるかなりのハードルとなるらしい、、。 削れている部分より上にいれられるのか、それともその部分だけ足元の部分がボコっと飛び出るのか、、、いずれにしてもちょっと問い合わせてみないと営業の方にもわからないと言われました。 うーーーーん、、、。 ここまで聞いて、正直リクシルは選べないかなと思いました。 色々と確認しないとできるかどうかわらかない部分があることと、そもそも目玉のセラミックトップが選べない点で、リクシルの選択肢はユメオ夫婦の中では消えました。 キッチンだけではなく、お風呂や洗面台なども色々と見られて勉強になったので、もちろん行ってよかったと思いました。 さてさて、キッチン選びはどうなることやら。。。

次の

リクシル(Lixil)ショールームをレポート|定額リフォームのリノコ

リクシル ショールーム

リクシルのキッチンの目玉、リシェルSI リクシルのキッチンの中で一番高いグレードに位置するキッチンになります。 そもそもユメオ夫婦が入れたいという食洗機からして、入れられるとしたらこのグレードしかないということであり、これ以外の選択肢がありませんでした。 逆に迷う必要がなくて良い? ショールームでも一番の目玉商品であり、おそらくどこのリクシルショールームでも、入ってすぐのところに展示されています。 まず見た目がカッコいい!! 機能的には、天板にはセラミックを使用しており、高熱のフライパンや鍋など置いても、変形や変色が起こりにくい丈夫な素材となっています。 硬いものが当たっても傷がつきにくく、まな板を敷かずに野菜を切ることなんかも出来ちゃうとのこと?! そして汚れも染み込みにくくて、拭き取るだけで簡単にお手入れができるようです。 シンクはハイブリッドクォークシンクといって、クォーツとアクリル樹脂を配合して生まれた素材で、作られています。 汚れが染み込みにくく、変色や変質がほとんど起こらないそうです。 また、衝撃にも強く、重たいものを落としてもほとんど傷がつかないんですって! 見た目も3色あり、セラミックトップのキッチンにかなり合います! 引き出しはまず、斜めに開きます。 それから引き出すような形です。 これがすごく便利で、軽い力で引き出すことができて、包丁やまな板などよく使うものを簡単に取り出すことが出来ます。 さすが国内メーカーの最高級グレードだけあり、使いやすさをかなり考えられていると感じました。 リクシルのセラミックトップには、ガゲナウ のIHクッキングヒーターは入れられない! ショールームの方から気になる一言が、、 セラミックトップを選ぶと、ガゲナウ のIHクッキングヒーターは入れられないとの事です。 人工大理石か、ステンレスなら大丈夫かも?とのことでした。 むむむ、、、確かに加工が難しいのだろうか。 一番目を引き気に入った見た目のキッチンだったため、それが選べないことは結構テンションが下がりましたね、、、。 さらに営業から気になる一言が、、、 リクシルのカップボードには、ガゲナウ のオーブンがビルトインできないかもしれない!? ガゲナウ のオーブンをビルトインするための加工が、リクシルで対応できるかわからないとのことを言われました、、。 理論的にらガゲナウ のオーブン似合うサイズの穴が空いていれば良いのですが、それができない可能性が高いそうです。。。 既成の穴を開けることはできるが、ぴったりサイズに穴を開けることはできないかも、、、と。 ビルトインしてナンボだ思ったので、ちょっと穴ガバガバはまずいでしょう、、! はい、、、テンションがさらに下がりました。 ショールームの方よりさらにさらに気になる一言が、、、 ガゲナウ の食洗機に合うようにキッチン側に穴が開けられないかもしれない 一番上のリシェルの写真で見てとれるように、リクシルのキッチンの足元側が少し内側に削れています。 キッチンの前に立ちやすいようになっているようですが、これがガゲナウ の食洗機を入れるかなりのハードルとなるらしい、、。 削れている部分より上にいれられるのか、それともその部分だけ足元の部分がボコっと飛び出るのか、、、いずれにしてもちょっと問い合わせてみないと営業の方にもわからないと言われました。 うーーーーん、、、。 ここまで聞いて、正直リクシルは選べないかなと思いました。 色々と確認しないとできるかどうかわらかない部分があることと、そもそも目玉のセラミックトップが選べない点で、リクシルの選択肢はユメオ夫婦の中では消えました。 キッチンだけではなく、お風呂や洗面台なども色々と見られて勉強になったので、もちろん行ってよかったと思いました。 さてさて、キッチン選びはどうなることやら。。。

次の

リクシル(Lixil)ショールームをレポート|定額リフォームのリノコ

リクシル ショールーム

我が家はキッチンお風呂トイレとほとんどの住宅設備はリクシルです。 理由は割引率が良いから 笑 住宅設備メーカー選びはリクシルって事でサッと決まったのですが 肝心の物選びは時間がかかりました。 ショールームで説明を受けたら、おおむね決まるかなと思ったのですが 説明を受けても訳が分からなくて、全然決められませんでした。 選ぶポイントが分からないままいくらショールームで説明を受けても ただ、頭がチンプンカンプンになるだけ。 スタッフの方の中でも 説明の分かりやすい方と、分かりにくい方がいました。 で、初めて行った時担当してくれたスタッフさんは残念ながら分かりづらかった。 これからショールーム巡りをされる方は、是非参考に読んでみて下さい。 お風呂で何を優先するか?• どういう風に過ごしたいか?• 選ぶ優先順位やポイントは? 少しでも要望や質問を考えて行けばよかったと思いました。 そして、何度かリクシルショールームを訪れたのですが 一人だけビックリするほど説明が上手なスタッフの方がいました。 その方は、まず座ってヒアリングをしっかりしてくれました。 そして私のニーズを引き出してくれました。 その上でフロアに出て説明をして下さったので、凄く分かりやすくて納得できました。 さいごに ただ、ショールームに行けばキッチンやお風呂が決められるってもんではないです。 リクシル以外でもいくつかショールームを巡りましたが しっかり腰を据えてヒアリングしてくれるところは少なかったので。

次の