ライン ブロック リスト。 LINEで友達を削除する2つの方法、完全な解除には「ブロック削除」が有効

LINEでブロックした後に削除したら相手にはどう見える?

ライン ブロック リスト

LINE友達の削除方法をお調べでしょうか!? の友達リストがLINE友達で溢れかえっていませんか? よく連絡を取り合うLINE友達もいれば、1回会っただけで追加したもいる事でしょう。 そんな時は、LINEには、 LINE友達の削除機能があるので、思い切って削除をしましょう! LINE友達を削除するメリット• 友達リストを整理できます。 友達を選択しやすくできます。 煩わしいメッセージをしてくる友達を減らせます。 ブロック・非表示にする事もできますが、削除すれば完全に自分のLINEから 抹消できますw LINEを楽しく使っていく為にも LINE友達の削除方法をしっかり覚えておきましょう。 当記事では、LINE友達の削除のやり方を紹介します。 スポンサーリンク LINE友達の自動追加はオフ設定で! LINEを利用する上で、できるだけ設定しておきたい事として、知らない人やあまり仲良くもない人の 友だち追加を初期の段階で防ぐ事。 LINEは、スマホの電話帳に登録してあるメールアドレスやfacebook連携などの情報を元に、 勝手に友だち自動追加をします。 facebookは特に1度きりご縁で友達になった人が多く、連絡を取り合う事もないので、できれば友達リスト入りは防ぎたいところ! 防ぐ方法として必ずしておくべきことは下記。 友だち自動追加… オフ• 友だちへの追加を許可… オフ この2つ、 必ずチェックを外しましょう! 電話帳ならともかく、facebook友達ともLINEで繋がると、友達リストがごちゃごちゃになりますw LINE友達の削除方法 1度連絡したきりの友達、連絡を取らない友達、嫌な友達は、友達リストから削除して、よく連絡する友達を見つけやすくしましょう。 公式アカウントも同じ方法で削除して友達リストから抹消する事ができます。 3 編集をタップすると、 削除があるのでタップします。 4 削除をタップすれば 削除完了です。 削除対象じゃない友達を間違って削除してしまった場合は、「 ID検索」「 QRコード」「 ふるふる」や「一緒に入っているグループから友だちを選択」すれば、再び友だち追加ができるのでご安心を。 毎日のように連絡を取るLINE友達やがあったら、スマホのホーム画面にショートカットを作る事ができます。 ショートカット機能も便利なので一度試してみてください。 参照 以上、 LINE友達の削除のやり方でした。

次の

LINEの友達の削除とブロックと非表示の違い

ライン ブロック リスト

先ほどの手順で「ブロックリスト」を表示したら、ブロックを解除したいアカウントの右側にある「編集」をタップ。 そして「ブロック解除」をタッチすると、友だちのブロックが解除されます。 【iPhoneの画面】 【Androidの画面】 LINEで友だちをブロックするとどうなるの? あなたが友だちをブロックすると、トーク(1対1)・通話・グループトークの仕様が次のようになります。 トーク 送れない (ブロック中と表示される) 通話 発信・着信できない (着信履歴も残らない) グループ 通常通りやり取りできる 1対1のトークや通話はできなくなる。 けど、グループ・複数人のトークはブロックの影響を受けず、今まで通り使えます。 LINEの友だちからブロックされるとどうなるの? 反対に、あなたが友だちからブロックされるとどうなるのか?見てみましょう。 トーク 送れるけど読まれない、既読もつかない 通話 発信できるけど呼び出し音が鳴り続ける (着信履歴も残らない グループ 通常通りやり取りできる こちらからトーク・通話をしても、一切応答がありません。 なので、連絡を取り合うことができません。 ただ、グループ・複数人トークは通常通り使えます。 友だちをブロックすると・されると通知は届くの? あなたが友だちをブロックしても、相手に通知は届きません。 反対に、あなたが友だちからブロックされても通知は届きません。 なので、ブロックしても/されても、すぐにはバレません。 ブロックされているか?調べる方法 メッセージを送っても既読がつかない。 発信しても全然でてくれない。 こんな時って「 ブロックされているんじゃ?」と不安になりますよね。 じゃあ、ブロックされているか?されていないか?どうやって調べればいいのか? 主な方法は3つあります。 トークが何日経っても既読にならない 2〜3日経っても既読がつかない場合は、ブロックされている可能性があります。 だからといって1日に何十通も送るのはやめておきましょう。 「この前連絡したんだけど、届いてるかな?」という感じの内容を送って様子を見る。 で、数日経っても既読がつかなかったら…割り切りましょう。 発信しても一切応答がない 電話するのは気が引けるかもしれません。 でも、「どうせ出ないんだろうな…」というスタンスで電話をすれば、気も楽です。 また、 発信をキャンセルすると、その表示がトークルームに現れます。 この表示にも既読がつかなかったら… ブロックされている可能性が、さらに高まります。 突然、相手のタイムラインが見れなくなった 今までは相手のタイムラインの投稿を見れていた。 でも、ある日から突然見れなくなった。 「 まだ投稿がありません」と表示されている。 公開範囲を変更しただけかもしれませんが、突然見れなくなった〜というのがポイント。 その相手があなたのことをブロックしたかもしれません。 もしブロックされていたらどうすればいい? LINEで連絡を取ることはできませんから、他の方法で連絡する必要があります。 TwitterやFacebook、Instagramのダイレクトメッセージを送る。 いきなり電話をするのはやめておきましょう。 「しつこい」「うざい」と思われる可能性がありますからね。 なぜブロックされたのか?もしっかり考えること 何も理由がないのにブロックされるなんてあり得ません。 相手があなたをブロックした=何かしらの原因がある、と捉えましょう。 でも、だからといって「何でブロックしたの?」「何か悪いことした?」と直接問いただしてはいけません。 しつこい、自分で考え、てと思われますからね。 相手とのやり取りや接し方を振り返って、もしかしたら…?という部分を見つけましょう。 確実な 浮気の証拠が欲しい方へ ブロック中のトーク履歴はどうなるの? あなたが相手をブロックしている場合、トークを送ることはできません。 でも、あなたが相手からブロックされている場合は、トークを送ることができます。 ただ、既読がつくことはありません。 トークルームの画面上には表示されているけど、相手には届いていない〜という状態です。 ブロックを解除するとトーク履歴は「既読」になるの? 相手があなたのブロックを解除すると、これまで通りトークのやり取りができます。 そして、相手がメッセージを読んだタイミングで、過去のトークにもすべて既読がつきます。 ブロック・非表示・削除の違いを確認 ブロックだけでなく、非表示や削除といった機能もあります。 それぞれの違いを簡単にまとめると、次のようなります。 ブロック 非表示 削除 友だちリストへの表示 非表示 非表示 非表示 トーク・通話 できない できる できない 解除 対応前に戻す できる できる できない 友だち 相手 への通知 通知なし 通知なし 通知なし 大きく違うのは「トーク/通話」ですね。 ブロックは完全に遮断する、非表示はただ隠すだけという感じ。 でも、削除するとLINE上から相手の存在が消えます。 なので、やり取りが一切できなくなります。 あまり使う機会はないかもしれませんが… 削除する時はくれぐれも慎重に。 ブロックリストを見るためには「パスワードの解除」が必要 パートナーのLINEを覗いて、ブロックリストをみたい… という時は、スマホやLINEのパスワードを解除する必要があります。 ただし、無断で勝手にパスワードを解除する行為は「 プライバシーの侵害」に該当するおそれがあります。 また、バレてしまったら関係に亀裂が入ります。 そのことを踏まえたうえでご確認ください。

次の

【LINE】友だちのブロックリストを確認する方法

ライン ブロック リスト

トーク画面上部の固定メニューで解除する 相手をブロックリストから削除した後にのみ、トーク画面上部に固定メニューが表示されるようになっています。 そこで[ブロック解除]か[追加]をタップすればブロックを解除できます。 手とのトーク上部に表示された[ブロック解除]・[追加]のどちらかをタップで解除完了 アカウントのホーム画面から解除する 相手のアイコンをタップするとホームが面が表示されます。 [ブロック解除]をタップすれば、ブロックを解除できます。 この方法は、1対1トークだけでなく、グループトークや複数人トークでも利用できます。 左:アイコンをタップ 右:ホーム画面へ遷移。 [ブロック解除]をタップ Android版LINEで「ブロック解除」する方法 Android版LINEでブロックを解除する方法は、iPhone版LINEのそれとほぼ同じです。 ブロックリストで解除する ブロックリストから解除するのが王道のやり方です。 ブロック解除完了 相手とのトーク画面で解除する 相手との1対1トークを表示できる状態ならば、そこでブロックを解除することができます。 トーク画面上部の固定メニューで解除する Android版ではiPhone版と異なり、相手をブロックするだけでトーク画面上部に固定メニューが表示されるようになっています。 そこで[ブロック解除]をタップすればブロックを解除できます。 ブロック解除完了 アカウントのポップアップで解除する 相手のアイコンをタップすると表示されるポップアップで[ブロック解除]をタップすれば、ブロックを解除できます。 この方法は、1対1トークだけでなく、グループトークや複数人トークでも利用できます。 左:トークルームで相手のアイコンをタップ 右:[ブロック解除]完了 ブロックリストから削除したアカウントを再び友だちに追加する(復活させる)方法 ブロックを解除しようとして、ブロックリストから友だちを「削除」してしまうことがあります。 ブロックリストから友だちを削除すると、相手をブロックしたままの状態で友だちリストから削除したことになります。 ブロックリストから相手を削除してしまった状態だと、ブロックリストの編集メニューによって相手を友だちリストに復活させる(=ブロックを解除する)という最も簡単な方法を利用できません。 もっとも、ブロックリストの編集メニュー以外で相手を友だちリストに復活させる方法は、前述したようなトーク画面やホーム画面などで「ブロックを解除」する方法だけではありません。 というのも、何らかの手段で「友だちに追加」する方法によってもブロックが解除されて友だちとして再追加できるのです。 つまり、友だち追加はブロック解除と同じ効果を有するわけです。 以下、友だちに追加する方法をいくつか紹介しておきます。 相手にバレずに友だち追加をする場合 うっかり削除をしてしまった際、相手にバレずに友だちリストを復活させる方法を紹介します。 同時にブロックも解除されます。 別の友だちから相手を紹介してもらう 、友だちとして再追加、ブロック解除が可能です。 ただし、相手がLINEの年齢確認を完了している場合に有効です。 ちなみに、友だちに再追加したこと(ブロックを解除したこと)は相手に通知されません。 相手側にブロックの有無が通知されない以上、再追加が通知されないのは当然の仕様です。 削除したことが相手に知られている場合 相手に削除してしまったことが知られている場合、相手に協力してもらって友だちリストへの再追加を行う方法です。 ただし、一度ブロックしないと削除はできないため、「ブロックしていた」事実がバレてしまうでしょう。 相手に協力してもらって友だちリストへ再追加する方法• 相手から招待メールが届いたら、URLまたはQRコードから流れに従って進むと、アカウント追加が可能です。 自分が相手のQRコードを読み取る 相手に「マイQRコード」を表示してもらい、それを読み取って再追加ができます。 ふるふる機能を使う LINEのふるふる機能を使って、友だち追加をおこないます。 友だちが近くにいる状態で、端末を近づけて振ると、お互いのアカウントの追加画面が表示されます。 ただし、近くに他の端末があり、かつ位置情報が有効になっている場合は、複数人が候補として表示されてしまいます。 相手のLINE IDを検索する 相手のLINE IDを教えてもらって追加する方法です。 ただし、LINEの年齢確認が認証済みであること、ID検索を相手が許可していることが条件です。

次の