バチェラー3。 【バチェラーシーズン3】参加女性いろいろランキングベスト5│ショウリブログ

田尻夏樹【バチェラー3】離婚理由と元旦那がヤバイ?子供は何歳?|ひとやすみ

バチェラー3

バチェラー3が波紋を呼んでいる。 その原因は、バチェラーの 友永真也と 岩間恵が起こした恋愛サスペンスである。 恋愛リアリティ番組としてバチェラーは1と2がすでに放映されていたが、前作と比べても最も衝撃の大きかったのがバチェラー3だった。 岩間恵は最終的には友永と結ばれたわけだが、日本女性を敵に回すほど、嫌われ者となった。 逆に不運な結果となった 水田あゆみの株は上昇する一方だ。 その原因は後で詳しく述べるが、岩間恵が悪とされて水田あゆみが正とされる日本の恋愛観に、日本女性が恋愛下手な原因が読み取れると思っている。 つまり、 こと恋愛においては、水田あゆみではなく、岩間恵を参考にすべきである。 その理由を詳しく深堀りしていこう。 ちなみに、僕は水田あゆみ推しである。 バチェラーを知らない人向けに、Wikipedia先生から引用する。 『バチェラー・ジャパン』 The Bachelor Japan は、Amazonプライム・ビデオにて配信されている恋愛リアリティの婚活サバイバル番組。 2017年2月17日よりシーズン1の配信がスタートし、2018年5月25日よりシーズン2の配信がスタート。 2019年9月13日よりシーズン3の配信がスタートした。 バチェラーのルール ハンサムで社会的地位を確立している才色兼備の独身男性(バチェラー)の元に集まった25名の独身女性たち(シーズン2では、20名)が、バチェラーの心を勝ち取るためにゴージャスでロマンチックなデートをしながら過酷なバトルを繰り広げていく。 運命の相手となる最後の一人の女性が残るまで、1つのエピソードで用意されたバラの数だけ女性たちが勝ち残っていく。 バチェラー友永真也とは バチェラーに出演している女性の一人。 山梨県出身の25歳の女性。 通称ぶどう。 (実家がぶどう農園を営んでいるから) 端正な顔立ちと清楚な雰囲気。 それでいて気が強く、 どこか艶やかな印象が男にモテるんだろーなと想像させる。 実は、 岩間恵は、 バチェラー友永が番組を通して、もっとも好意を寄せている女性だった。 本来女性は25人もいるので、最後まで好意を寄せる女性を分散させないといけないのだが、友永が岩間恵に最も好意を寄せているのは誰が見ても明らかなのである。 ただ、彼女は、他の出演している女性達がローズを受け取るとあからさまに不機嫌な態度を示したり、自分が一番でありたいことを隠しもせずに言ったりすることから女性ウケは悪い。 水田あゆみとは - 2020年 2月月28日午前6時07分PST バチェラー3を見ていて、岩間恵は気が強いなぁって思ってたが、最終話でついに本性を見せて、 国民から嫌われることになる。 バチェラーに選ばれる側であり、バチェラーを他の女性と争わねばいけないはずの岩間が最終話にて、「恋愛感情がわからない」発言をしたことで、その発言を聞いた友永は最後のローズを水田あゆみに渡す決断をする。 誰の目から見ても、岩間ではなく水田を選んだことは、 友永にとっては苦渋の決断に見えた。 ここだけで終わっていれば別によかったのだが、そのあと結局バチェラー友永と交際することになったことで、この行為が問題視されるようになった。 そして一番問題とされているのが、 この岩間がとった行動がわざとしたものであり、友永の心を揺さぶるためのテクニックの可能性があることだ。 でもよく考えてみてほしい。 バチェラーに出てる女性の目的は自分がバチェラーに選ばれることだよね? だとしたら、あざとい振る舞いをしてでも友永を勝ち取りいくのは、至極普通の戦略であり、超合理的なはずである。 でも日本の女性陣は、それを許さない。 きっと女性のコミュニティの中では、男を勝ち取るためにするであろうテクニック(例えば、ぶりっ子やボディタッチ)は、タブーであり、他の女性に見せてはいけない姿なのである。 そのタブーを知られるとたちまち女性からは嫌われ、下手すれば仲間外れにされる。 だからタブーを恐れて恋愛に対して、奥手になってしまう女性が多いのだと思う。 よく聞くのが、 「〇〇ちゃんが好きなら、私は諦める」である。 女性は村社会である。 手をつなぎ合って生きねばならない。 男は競争社会だから、他の男と好きな子がかぶろうと一向に構わない。 むしろライバル心が刺激されるだけである。 そういった女社会のタブーがテレビというプラットフォームを通して、披露されることで「おい、岩間調子のんなよ」となるのは当たり前なのかもしれない。 - 2020年 3月月8日午前3時03分PDT はっきり言って岩間恵は、バチェラーの女性陣のなかで最も男にモテる女性である。 これは今までの僕の経験からして、断言できる。 ではなぜ岩間恵がモテるのか? 可能な限り言語化していこう。 清楚に見えるのにエロさを感じる(ビッ〇だから?) 岩間恵は、 ぱっと見は清楚だし、初対面では爽やかな印象しかない。 しかし、回を追うごとに この子エロいなと鋭い男ならわかってしまうほどの妖艶さを秘めているのだ。 それはおそらく、 あざとさであったり、自分をしっかりアピールできるところがそう感じさせているのだろう。 本音が言える(ビッ〇だから?) 岩間恵の一番いいところは、 本音が言えるところだ。 選ぶ女性には神戸に来てほしいと言っていた友永に対して、 彼女は「せめて山梨に近い関東に来てほしい」とストレートに伝えたり、 「恋愛感情かわからないの」発言なんかも自分をごまかさない姿勢から出てきた素直な感情だ。 これが友永を振り回すためにした言動だと思っている女性こそ歪んでいる。 真相はわからないが、彼女はきっと誰よりも素直なんだと思う。 同性に嫌われることをどうでもいいと思ってる(ビッ〇だから?) 岩間恵は、同性の女性陣がバラをもらうと皮肉めいたことを言ったりする。 でもこれのどこが悪いんだろう。 バラをもらってる女性に気を遣って「おめでとう」と言うより、 ほんとの悔しい感情をぶつけて「むかつく」と言えたほうがよっぽど人間らしいではないか。 とにかく、バチェラー目的は、イケメンの争奪戦であり、同性に気を遣ってる場合ではないのだ。 ましてや視聴者の存在など気にしている場合ではない。 いつだって 恋愛の現場は 戦場なのである。 岩間恵こそ、日本人女性が参考にすべき鏡だと思う。 つまり、 恋愛で幸せになりたかったら、人の目なんか気にしてないで、男を落とすことに命をかけるのだ。 そこに遠慮はいらない。 ここまで岩間恵のいいところを散々書いてきたが、岩間恵になってはいけない。 なぜなら、 彼女は嫌われるビッ〇だからだ。 同性なんか構わずに、本音でアプローチしていく岩間恵の姿勢は、モテるためには見習うべきではあるが、日本の女性社会では生きづらくなってしまうだろう。 女性のコミュニティは、村社会であり、建前社会なのだ。 女性を敵にしては、コミュニティから迫害されてしまう。 それでも大丈夫という気高い女性は、岩間恵と同じ道を辿ることになっても悠々と生きていけるだろう。 しかし、やはり敵は少ないに越したことはない。

次の

『バチェラー3』ファイナリスト3人のその後。YouTuber、書籍発売も…

バチェラー3

バチェラーシリーズは、バチェラーが20名の女性から運命の相手1人を選ぶリアル婚活サバイバル番組である。 しかしバチェラー3の友永さんは破格のバチェラーだった。 番組中に密かに告白、フラれたという岩間さんとの交際を発表したのである。 (同時に、番組最終話で運命の相手として選んだ水田さんとの交際解消も発表した。 ) バチェラー3は賛否が分かれる問題作ではあるものの、友永さんの 枠に捉われない発想、 世間の目を気にしないタフさ、何よりも 岩間さんを諦めない意思の強さに、僕は心を打たれました。 あらためて考えてみると、村社会的な日本企業に勤める僕にとって、 友永さんにはある種の自由さを感じるのかもしれません(笑) それでは、以下に 投稿された動画を見ての雑感を書いていきます。 スポンサーリンク この二人、本当に素でバチェラーやってたんじゃないか 「しんめぐの日常」を見て驚いたのは、 友永さんと岩間さんのキャラの変わらなさです。 まあ、友永さんはバチェラー3本編でも、事あるごとに 「本音で話す女性が好き」と明言してましたし、 「包み隠さず全て話します」みたいなテンションでしたので、予想通りではあります。 しかし、岩間さんも 「素でバチェラーに参加してたんじゃないか?」というくらいキャラが変わりません。 岩間さんの強さは、ここから来ていたのかもしれません(笑) バチェラー本編より仲良くなってる二人 「しんめぐの日常」では、 二人の距離感の近さにも注目です。 どちらかと言うと、バチェラー3本編では、距離感があった二人なのですが、「しんめぐの日常」では距離感が近い姿が見れます。 まあ、でも友永さんの 「めぐみー!めぐみー!(岩間さんのこと好きだという気持ち)」って感じは変わらずですね(笑) まとめ 「しんめぐの日常」の動画を見てたら、 バチェラー3を見直したくなるのは僕だけじゃないはず(笑) ところで、チャンネルの運営は二人でやってるのでしょうか? 普通に考えたら、Amazonではなくとも、スポンサーは付きそうな。 (まだ広告とかは貼ってないですもんね。 ) でも、 もし二人でYouTubeチャンネルを運営する展開なら、熱くないですか? 下手に芸能活動をするよりも、一転して、 清々しい感じがします。 それこそ、 破格のバチェラー・友永&岩間コンビにふさわしく自由なチャンネル運営を期待しています(笑) いずれにせよ、今後が楽しみです! 最後まで読んで頂いた方、ありがとうございます。 ゆっくり急げ(アウグストゥス:初代ローマ皇帝) 『しんめぐの日常』で確認された友永構文をまとめております。

次の

バチェラー3 田尻夏樹の離婚理由や子供は?シングルマザーで広告代理店勤務!

バチェラー3

(左)水田あゆみさん(右)岩間恵さん 10話のラストで明らかになったバチェラーと水田さんの不穏な空気。 どう考えても何らかの波乱が巻き起こるとしか考えられない予告でした。 それを見た後、一体全体どういう結末を迎えるのかの予想をしつつ翌週を楽しみに眠りに着いたのですが……。 まさかの、SNSで本人たちの自爆ネタバレが発覚という惨事。 そう、バチェラーと真の勝利者である女性が海外旅行をしている写真が一般人に撮影され、ファイナル配信前に拡散されてしまったのです! もうスマホを手に茫然としてしまいましたね。 これはハッキリ言ってバチェラーが迂闊(うかつ)。 迂闊がすぎる。 リアリティーショーにおける最大の禁忌を侵してしまったと言っても過言ではない行動だと思いました。 【以下、ネタバレを含みます】 一連の騒動をサクッとおさらい そもそも、今回のバチェラーである友永真也さんは本編の時点でだいぶ番組的には型破りな人ではあったんです。 デートはゴージャスではあるけれど、いちいち相手の人間性や覚悟を試すような仕掛けが絡んでるし、7話で中川友里さんをローズセレモニーに参加させず強制送還にもビックリだったし、9話では家族の前で「岩間さんがいいと思ってる」とハッキリ宣言しちゃってたし。 何より、水田あゆみさんを選んでハッピーエンド……のはずが翌週にファイナル持ち越しってこれまでのバチェラーでは有り得ないでしょ?! そこに来て、SNSでの大いなるのネタバレですよ。 ええ、何となくの予感はしていましたよ。 ファイナルの予告でのバチェラーの言動から、水田さんとはダメになったのではないかと。 でもしかし、旅行に一緒に行ってるのがあの岩間恵さんという衝撃の事実。 結局、最後の最後でフった相手とラブラブになってんじゃねーか!と、何か力がどっと抜けていくのを感じました。 そして26日の深夜0時。 翌週に配信予定だった『ファイナル』が急きょ繰り上げで公開されました。 結末が見えてしまった以上は完全なる鼻ホジで観るしかねーやと思う反面、どうして何故そんな結末に至ってしまったのかの経緯は確認しておきたい。 ワイドショー的根性丸出しで、私は視聴に臨みました。 水田あゆみさん「報告しなければならないことがたくさんある」…バチェラーのそんな言葉が印象的だった『ファイナル』は、まずはバチェラーが中学高校時代を過ごしたフランスのトゥールに水田さんを連れて行くシーンから始まりました。 ホストファミリーから大歓迎され、バチェラーの思い出の場所を巡る水田さんはとても幸せそう。 「後悔してない」と真剣に告げるバチェラーの瞳に嘘はないように思えました。 その1か月後、カメラは神戸へ。 バチェラーの自宅で取材班は「 水田あゆみさんとお別れしてきました」という報告とともに「 どうしても(岩間)恵のことが忘れられない」と……。 観てるこっちだけでなく、恐らくMC陣も、そして戦いに破れてきた女性たちも「はぁ?! なんじゃそりゃ!」ですよ。 指原莉乃さんの「私なら即訴えます」という言葉にも大賛同です。 でも、水田さん本人が全てを受け入れて「 どこかで恵のことを好きなんやろとわかっていた」と呟く姿に、みんな何も言えなくなっていました。 恋は所詮、当人同士の問題。 本人が納得しているなら、これ以上言えることはないのです。

次の