ちらし 寿司 人気 レシピ。 ひな祭りに 五目ちらし 作り方・レシピ

すし太郎 彩りちらし|アレンジレシピ|永谷園

ちらし 寿司 人気 レシピ

作り置きできるちらし寿司の具材を詳しく 『干し椎茸の煮物』…これはちらし寿司の味付けのベースとなる、一番重要な具材かもしれません。 のせる具材としても使うし、好みですし飯に細かく刻んで混ぜ合わせもします。 その場合盛り付け用の具には椎茸のみ、酢飯に混ぜ合わせるのに椎茸&にんじんを使います。 『酢れんこん』…これはちらし寿司の具材の中でも定番です。 形や食感、味わいに色合い、すべて他には代えがたいのでぜひ用意したい具材です。 これは 冷蔵庫で1週間日持ちするので、数日前に作っておくとよいです。 『錦糸卵』…これは当日の時間がないときに前日に作っておくとよい具材です。 もちろん 当日に焼いて冷まして使うのがいちばんふんわりと美味しいですが、時間のないときは 前日に作って冷蔵しておくか、一度まとめて作り冷凍しておくこともできます。 細く切る前の状態で冷凍しておき、半解凍でせん切りにするととても切りやすく、切った後の解凍も早いです。 2人分で卵3個を使う錦糸卵の分量がちょうどよいと思います。 ちらし寿司のその他の具材 3つの具材が準備できたら、あとは他の具材です。 食感のよい絹さやが緑色をそえるのにぴったりです(絹さやはゆでたものを斜めにひし形になるように切ったり、細切りにしたりするときれいです。 詳しいゆで方はから)。 また、 ゆでたえび、いくらの醤油漬けなどが食べ応えや豪華さを作ってくれます。 他にも煮あなごや、旬の時期ならをのせるのも美味しくておすすめ。 どんなものをのせるか考えておき、事前に購入しておきしょう。 他には 香りのよいや、うや三つ葉をゆでて合わせても美味しいです。 当日の準備 まずは寿司飯を作ります (もしくは)を用意し(冷凍しておいた場合は前日冷蔵庫に移して解凍しておき)、 『フードプロセッサーや包丁で細かくして、寿司飯に混ぜ込んで』使うと、家庭で作るちらし寿司がぐっと美味しくなるので、そのやり方で紹介したいと思います。 寿司飯はを参考に作り、細かくした椎茸(もしくは椎茸&にんじん)を最後に混ぜ込みます(寿司飯2合に対して中サイズの干し椎茸4枚分くらい混ぜ込むのが目安)。 できたら乾かぬよう、ぬれ布巾をかぶせたり、ラップをするなどしておきましょう。 器に盛り付けるときは、 寿司飯+きざみ海苔+錦糸卵+具材の順に盛り付けます。 まず用意した寿司飯をふんわりと盛り、海苔と錦糸卵を順に一面に広げます。 次に用意した具材を、彩りよく盛り付けるのですが、 まず先にさほど色味を気にしなくてよい大きな酢れんこんや椎茸を盛り付けます。 続けて絹さやをちらすように盛り付けます。 最後に盛り付けるのが、彩りや形のよいイクラの醤油漬け、ゆでたえび、木の芽です。 いくらはスプーンで適量をすくい取り、崩れ落ちないところを探して数か所に盛り付けます。 木の芽は他の具材と重なってもよいので、ふんわりと数枚を盛り付けます。 上から見ても全体的にまんべんなく具材が散らばっている盛り付けが、食べ進めても美味しく感じられる盛り付けだと思います。 それぞれに盛り付けるためのコツやポイントがあるのでも参考にしてください。 えびを具材に使う場合は、塩ゆでしたえびでもいいですし、手間をかけるなら味を含ませても美味しくなります。 『だし汁:薄口醤油:酒:みりん:砂糖=9:1:1:1:1』の割合で鍋に合わせて軽く沸かし、煮汁が冷めてからゆでたえびを漬けておきます(これは当日の朝くらいの作業でOKです)。 具材は上記の他に、たけのこ、ふき(これらは下味をつける必要あり)、煮アナゴ、うどの甘酢漬け、菜の花や三つ葉など、卵と相性のよい食材であればいろいろ合わせることができるので、お好みで準備してみてください。 すし飯に混ぜ込むのは、でもOKです。 その場合は、かんぴょうが煮汁を含んでいるので、手でしぼったりキッチンペーパーなどで汁気を吸い取ったりして、すし飯がべちゃっとしないよう、気をつけてください。

次の

サーモン寿司のおすすめレシピ!人気の押し寿司・ちらしの作り方も!

ちらし 寿司 人気 レシピ

サーモン寿司は、大人から子供まで人気のネタのひとつです。 脂が多い印象があり高カロリーと思いがちですが、意外と高カロリートップ10には入りません。 また、ヨウ素やビタミンD・ビタミンB12などの栄養素が豊富に含まれています。 このサーモン寿司を、自宅で食べられる作り方を本記事では様々用意しました。 サーモンは料理の見た目も華やかにできますので、お祝い事やホームパーティなどで使うことをおすすめします。 また、サーモンはどんな具材でも相性が良いので、作り方が幅広いのが特徴です。 サーモンを購入することがあれば、ぜひ本記事の作り方を参考にしてください! 【材料】2人分• あたたかいご飯... どんぶり2杯分• すし酢... 大さじ2• 白いりごま... 大さじ1• サーモン... 一冊(140g)• アボカド... レモン汁... 小さじ1• いくら... 30g• レモン... サラダ油... 大さじ1 (卵液)• みりん... 大さじ1• 小さじ1• 少々 【手順】• サーモンは1cm幅に切る。 アボカドは薄切りにし、レモン汁をふる。 ボウルに卵を入れて混ぜ、みりん・砂糖を加えて混ぜ卵液を作る。 別のボウルにあたたかいご飯・すし酢・白いりごまを加えて混ぜ、酢飯を作る。 卵焼き器にサラダ油を入れて熱し、卵液を入れて弱火で混ぜながらそぼろ状になるまで加熱し取り出す。 卵焼き器を一度きれいに拭き、サラダ油(分量外)を薄くぬり、サーモンを中心に並べて強火で50秒加熱し、素早く濡れ布巾の上にのせて冷ます。 (サーモンはよく水気をふき取って並べましょう。 いくら・レモンを飾って完成。 【材料】4人分• 2合分• 白ゴマ... 大さじ1• スモークサーモン(切り落とし)... 80g• アボカド... ポッカレモン... マヨネーズ... ピンクペッパー... 適宜 (合わせ酢)• ポッカレモン100... 30cc• 大さじ1• 小さじ1 【手順】• 合わせ酢を作る。 温かいご飯に1を入れて酢飯を作る。 ごまを混ぜる。 アボカドはスライスしてポッカレモン100をふる。 型にラップを敷き、スモークサーモンを敷きつめて半分量の2を入れる。 アボカドをのせて残りの2を入れる。 4をかえして食べやすい大きさに切る。 マヨネーズとピンクペッパーを飾って完成。 約2~3杯分• すし酢... きゅうり... たまご... お好み• サーモン... でんぶ... いくら... お好み 【手順】• ご飯をすし酢で混ぜ冷ます。 2の上に炒りたまごを入れ、その上にご飯を入れ押す。 3の上に具材を均等に並べて押す。 お好みでいくらをのせれば完成です。 (押し寿司器のふたを定規代わりに使うと斜めに並べやすいです。 【材料】(10. 6cmセルクル1個分)• サーモン... 100g• イクラ... 絹さや... ごはん... 200g• サラダ油... わさび... 適量 【手順】• 絹さやの筋、へたを取り、熱湯に通し水気を取り塩を振る。 卵を溶き、塩を加えサラダ油で薄焼き卵を作る。 千切りし、錦糸卵を作る。 サーモンでバラを作る。 余ったサーモンを角切にし、わさび醤油に漬ける。 皿の上でセルクルにご飯を半量入れる。 角切りサーモンを敷き詰め、残りのご飯を入れる。 錦糸卵を敷き詰め、サーモンのバラを盛り付ける。 絹さやを盛り付け、セルクルを外す。 いくらを散りばめれば完成。 【材料】• パックご飯... 刺身用サーモン• 茹でたエビ• キュウリ... 桜でんぶ• 白ゴマ• 大さじ1• 油 【手順】• 酢・砂糖・塩を混ぜてすし酢を作ります。 砂糖や塩が溶けにくい時は、少しレンジで温めてください。 すし酢を少し取って別のボウルに入れ、その中にエビを入れて味をつけておきます。 ご飯にすし酢を回し入れ、切るようによく混ぜ合わせます。 混ぜたら人肌くらいまで冷ましましょう。 卵は薄焼きにし、冷めたら半分に切って細く切って錦糸卵にします。 残りの半分は型抜きに使います。 キュウリとサーモンもそれぞれ切ります。 すし飯に白ゴマを入れ、再度混ぜ合わせます。 材料の準備はできましたので、透明な器に自由に盛り付けたら完成です。 【材料】1人分• 120g• すし酢... 大さじ1• サーモン(刺身)... きゅうり... アボカド... レモン汁... 小さじ1• とびっこ... 大さじ2• クリームチーズ... 20g• 焼きのり... ラディッシュ... すし酢... 大さじ1• マヨネーズ... お好みで 【手順】• ラディッシュは薄くスライスする。 すし酢に漬けて3時間以上冷蔵庫で冷やす。 熱々のご飯にすし酢を入れて混ぜ合わせて粗熱を取る。 サーモン(刺身)は半分に切って塩(少々)をまぶす。 アボカドは薄くスライスしてレモン汁をかける。 クリームチーズは縦長に切る。 まな板にラップをのせて焼きのりをのせる。 すし飯を焼きのりの上にのせて均一に広げる。 すし飯の上の半分にとびっこ、残りの半分にアボカドのスライスをのせる。 6の上にラップをのせて、裏返して上のラップを外す。 ラップを巻いたまま、食べやすい大きさに切ってラップを外す。 お皿に盛りつけてマヨネーズをかけ、ラディッシュを添えたら完成。 【材料】1~2人分• 300g• スモークサーモン... 6切れ• アボカド... イクラ... 30g 【手順】• スモークサーモンをひと口大にカットします。 アボカドは、縦に1周切れ目を入れます。 半分に割ったら包丁のあごでタネを取り除き、5mm程の幅でカットします。 ラップをまな板に敷き、具材を並べていきます。 綺麗なマーブル模様になるように、サーモンとアボカドを交互にずらしながら置いていきます。 約50gの酢飯を丸め、具材の上にのせていきます。 ラップの四隅を持ち上げ、丸く成形していきます。 器に盛り付け、イクラをトッピングしたら完成です。

次の

ひな祭りに 五目ちらし 作り方・レシピ

ちらし 寿司 人気 レシピ

すし飯(酢飯)の作り方 炊きたてのごはんを寿司桶(もしくはボウル)に移します。 次に、分量の寿司酢をしゃもじに伝わせるようにして、全体にまわしかけます。 例えばパック売りのごはん2個(400g)を使うなら、寿司酢を40ml使用します。 ここですぐにしゃもじで米を混ぜるのではなく、米に浸透する時間、ほんの5秒くらいでいいのですが、待ってから混ぜ合わせます。 混ぜるときは しゃもじを大きく動かして、はじめは底から混ぜるように、次に米を切るように混ぜ合わせます。 ある程度寿司酢が混ざれば、あとはダマをなくすように しゃもじを横に切るように細かく細かく動かします(実際の動きは動画を参照ください)。 ごはんがつぶれないように、全体が寿司酢をまとってつややかに輝くまで手早く合わせます。 全体に混ざったら、すし飯を広げてうちわで冷まします。 表面の熱が取れたらしゃもじで上下を返しながら、 全体が人肌ほどの温度になるまで冷まします。 あとは一つにまとめて、ぬれさらしをかぶせてすし飯の出番を待ちます。 冷蔵庫に入れてしまっては、せっかくの寿司飯がかたくなってしまうので、常温においておきましょう!•

次の