あずさ スーパーあずさ 違い。 「スーパーあずさ」「あずさ」「かいじ」料金表|JR線ご利用案内

「スーパーあずさ」と普通のあずさの違い

あずさ スーパーあずさ 違い

2019年3月16日のダイヤ改正で「特急スーパーあずさ」の名称は廃止、「特急あずさ」に名称が統一されました。 特急あずさと特急スーパーあずさの違い 特急あずさと特急スーパーあずさに料金や利用出来る割引切符の違いはありません。 スーパーあずさの方が途中停車駅が少ないため所要時間が少し短くなります。 特急かいじは途中の甲府止りです。 ダイヤの乱れなどの際に、とりあえず甲府まで辿り着けばなんとかなるだろうなどという甘い考えは捨ててください。 あずさ、スーパーあずさが運休の場合は旅行計画を変更しましょう。 台風や雪による中央本線不通の時の裏技として北陸新幹線(長野駅)経由のルートがありますが上級テクニックです。 ちなみに現在のJRダイヤでは奇数号が下り、偶数号が上りのルールになっています。 したがって「あずさ2号」は松本駅6:08発、新宿経由、東京駅ゆきの上り始発列車となります。 手前の上諏訪駅で各駅停車に乗り換えるか松本駅から各駅停車で引き返すことになります。 松本駅から塩尻駅まで引き返すと、折り返した分の普通運賃を請求されて、塩尻駅で降りられなかった残念感にさらに追い討ちを受けます。 新宿駅乗り換え 中央本線(特急あずさとスーパーあずさ、かいじ)の発着ホームは新宿駅の代々木寄りにあり離れています。 時間ギリギリで山手線から特急あずさへ5分間で乗り換えることができたら、列車の中で一人ドヤ顔です。 中央本線ホームを案内板で確実に探して乗り換えしてください。 JR線からの乗り換えの場合でも一旦改札のそばに行って電光表示板をチェックすると「中央線遅延」のような重要な情報が得られます。 東京はなんともなくても大月あたりで倒木による列車運休なんてことがしばしばあります。 座席指定 あずさ回数券はみどりの窓口で座席指定を受けることができます。 専用の指定席自動券売機で座席指定を受けることもできます。 新宿駅はいつもみどりの窓口が混雑しているので自動券売機での座席指定は便利ですが操作法がちょっと難しいかもしれません。 「指定券」から「おトクな切符に座席指定」、「あずさ回数券を券売機に挿入」と慣れないと戸惑う手順を踏みます。 新宿駅は特急の入線時間が短いので自由席に並ぶと寒い中をホームで十数分立ちん坊になります。 自由席の座席数は少ないので発車30分前でも、ささっと座席指定を受けることをお勧めします。 ただし金曜日の夕方と日曜日の夕方、月曜日の早朝はビジネス客で混み合うので座席指定は1〜2時間前までに。 お盆や春休みなどの繁忙期でなければ何日も前に指定席が売り切れることはありません。 駅弁 中央本線のホームに駅弁店があります。 時間がないときはここで駅弁と飲み物を買いましょう。 南口コンコース(跨線橋)にある全国各地の名物駅弁を売るお店もお勧めです。 あずさとスーパーあずさはワゴン販売が車両を回ってきますが種類も少ないですし、すぐ売り切れるので、欲しいと思ったらすぐに買うことをお勧めします。 甲府あたりまですすんでからお弁当やサンドイッチを求めても、ほぼ売り切れです。 時間があれば新宿新南口の高島屋タイムズスクエアの地下食料品店街がお勧めです。 中央本線ホームへのアクセスも新南口からが便利です。 2016年4月には新宿駅新南口のエキナカ&エキソトにNEWoManという商業施設が営業を開始しました。 上は高速バスターミナル(バスタ新宿)です。 ただNEWoManは行列ができる小洒落たお店が多いので急いでいるときは避けたほうが良いかもしれません。

次の

あずさ (列車)

あずさ スーパーあずさ 違い

特急あずさ 主に新宿~松本を結ぶ特急 「あずさ」は松本を流れる河川「梓川(あずさがわ)」からきている 新宿~甲府の所要時間は約95分 特急かいじ 主に新宿~甲府を結ぶ特急 「かいじ」は甲府地方の旧国名「甲斐国(かいのくに)」の「道」からきている(甲斐路) 新宿~甲府の所要時間は約100分 特急スーパーあずさ 主に新宿~松本を結ぶ特急 主要都市間の速達性を重視しているため停車駅が少ない 新宿~甲府の所要時間は約90分 と、こんな感じです。 いいかえると 「かいじ」は新宿~甲府をこまめに停まっていき、 「あずさ」は新宿~甲府は主な駅だけ停まって甲府~松本はこまめに、 「スーパーあずさ」は新宿~松本の特に主な駅だけ停まる特急 となっています。 乗車には乗車券の他に特急券または自由席特急券が必要ですが、値段はどれに乗っても変わりません。 (快速電車は乗車券だけで乗車できますが、特急には特急券が必要です。 ) また、自由席はどれも3~4両です。 自由席特急券は列車が指定されませんので、「あずさ」「かいじ」「スーパーあずさ」のどれに乗ってもかまいません。 車窓としては、甲府に向かう場合の左側がおすすめです。 指定席を購入される場合、希望の座席位置(左側とか中程とか何番何席など)をリクエストしてかまいません。 あずさとかいじは同じ車両です。 スーパーあずさは振り子式を採用した車両ですが、これはカーブでの横にかかる重力を減らして乗り心地を悪くしないでカーブをより高速で走るのが目的で、無駄に左右に振れているわけではありませんから、乗り心地は悪くありません。 ただし、車体構造上、上の絞りがきついようで、背が高いと窓側への着席時には頭に気をつけた方がいいようです。 外観についてはJR東日本の公式サイト内にある以下のページが参考になるでしょう。 車内については私設のサイトですが、「座席探訪」というサイトが参考になるのではないでしょうか。 あずさは基本的に諏訪、松本方面への利用客用の列車であり、 かいじは甲府までの利用客向け列車というように、列車名で利用客の 地域わけをはかっています。 なのでかいじの方が甲府までの停車駅が 若干多くなってますが、あずさも時間帯により同じような駅に停まる ことが多いですね。 基本的にあずさは八王子の次は甲府まで通過 一部 大月のみ停車 するのが原則なのですが。 だからといって、甲府までの利用にあずさを使ってはいけない規則は なにもなく、実際、時間帯によればあずさの方が甲府までの停車駅が 少なく利用価値が高い列車です(逆にその分混雑しやすい列車である との考えもありますが)。 あずさ、かいじは同じ車両です。 スーパーあずさは車両が異なりますので そちらに乗りたいのであれば、スーパーあずさにご乗車ください。 車両の違いはJR東日本のページからどうぞ。 かいじ、あずさはE257系、スーパーあずさはE351系という車両で 運行されています。 E257系の方が新しい車両ですが、E351系の方が 飛ばします。 速度は速いです。

次の

特急「スーパーあずさ」は酔う? 「あずさ」「かいじ」と比べ、酔いやすいか乗り心地の比較

あずさ スーパーあずさ 違い

特急あずさ 主に新宿~松本を結ぶ特急 「あずさ」は松本を流れる河川「梓川(あずさがわ)」からきている 新宿~甲府の所要時間は約95分 特急かいじ 主に新宿~甲府を結ぶ特急 「かいじ」は甲府地方の旧国名「甲斐国(かいのくに)」の「道」からきている(甲斐路) 新宿~甲府の所要時間は約100分 特急スーパーあずさ 主に新宿~松本を結ぶ特急 主要都市間の速達性を重視しているため停車駅が少ない 新宿~甲府の所要時間は約90分 と、こんな感じです。 いいかえると 「かいじ」は新宿~甲府をこまめに停まっていき、 「あずさ」は新宿~甲府は主な駅だけ停まって甲府~松本はこまめに、 「スーパーあずさ」は新宿~松本の特に主な駅だけ停まる特急 となっています。 乗車には乗車券の他に特急券または自由席特急券が必要ですが、値段はどれに乗っても変わりません。 (快速電車は乗車券だけで乗車できますが、特急には特急券が必要です。 ) また、自由席はどれも3~4両です。 自由席特急券は列車が指定されませんので、「あずさ」「かいじ」「スーパーあずさ」のどれに乗ってもかまいません。 車窓としては、甲府に向かう場合の左側がおすすめです。 指定席を購入される場合、希望の座席位置(左側とか中程とか何番何席など)をリクエストしてかまいません。 あずさとかいじは同じ車両です。 スーパーあずさは振り子式を採用した車両ですが、これはカーブでの横にかかる重力を減らして乗り心地を悪くしないでカーブをより高速で走るのが目的で、無駄に左右に振れているわけではありませんから、乗り心地は悪くありません。 ただし、車体構造上、上の絞りがきついようで、背が高いと窓側への着席時には頭に気をつけた方がいいようです。 外観についてはJR東日本の公式サイト内にある以下のページが参考になるでしょう。 車内については私設のサイトですが、「座席探訪」というサイトが参考になるのではないでしょうか。 あずさは基本的に諏訪、松本方面への利用客用の列車であり、 かいじは甲府までの利用客向け列車というように、列車名で利用客の 地域わけをはかっています。 なのでかいじの方が甲府までの停車駅が 若干多くなってますが、あずさも時間帯により同じような駅に停まる ことが多いですね。 基本的にあずさは八王子の次は甲府まで通過 一部 大月のみ停車 するのが原則なのですが。 だからといって、甲府までの利用にあずさを使ってはいけない規則は なにもなく、実際、時間帯によればあずさの方が甲府までの停車駅が 少なく利用価値が高い列車です(逆にその分混雑しやすい列車である との考えもありますが)。 あずさ、かいじは同じ車両です。 スーパーあずさは車両が異なりますので そちらに乗りたいのであれば、スーパーあずさにご乗車ください。 車両の違いはJR東日本のページからどうぞ。 かいじ、あずさはE257系、スーパーあずさはE351系という車両で 運行されています。 E257系の方が新しい車両ですが、E351系の方が 飛ばします。 速度は速いです。

次の