河井 あんり 公職 選挙 法 違反。 公職選挙法違反の疑い~業界事情を知らな過ぎた河井案里議員

河井案里氏秘書、起訴内容認める 公選法違反事件:朝日新聞デジタル

河井 あんり 公職 選挙 法 違反

昨年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公選法違反の罪で起訴された前法相で衆院議員、河井克行被告(57)の弁護人は7日、東京地裁に再び保釈を請求した。 地裁は11日以降に可否を判断する。 夫妻は6月18日に逮捕され、東京・小菅の東京拘置所に勾留されている。 7月8日の起訴後にそれぞれの弁護人が保釈を請求したが、いずれも退けられていた。 公選法に基づき、夫妻の裁判は起訴から100日以内に判決を言い渡すよう努める「百日裁判」で審理される。 同法の規定では、初公判は起訴から30日以内に実施するよう求めているが、事前協議が進んでおらず、期日は決まっていない。 克行前法相は昨年3~8月、地元議員ら100人に計2900万円余りを配ったとして起訴された。 案里議員は、うち5人に対する170万円の配布について共謀したとされる。 関係者によると、夫妻は無罪を主張している。 〔共同〕.

次の

河井案里氏秘書、起訴内容認める 公選法違反事件:朝日新聞デジタル

河井 あんり 公職 選挙 法 違反

安倍晋三首相へ辞表を提出し、記者団の質問に答える河井克行法務相=2019年10月31日午前、首相官邸 写真提供:産経新聞社 1日1万5千円は時給にすると最低賃金に近い金額 佐々木)巨悪な話というイメージで報じられていますね。 違法で過去に立件されたケースがたくさんありますが、今回はウグイス嬢です。 1万5000円はいい給料のように思えますが、選挙運動の時間は朝8時~夜8時までで12時間です。 飯田)そうですよね。 これも公職選挙法で決まっていて、拡声器を使って声出しできるのが朝8時~夜8時までです。 佐々木)もしウグイス嬢が12時間フルに働くとすると、時給1250円です。 東京の最低賃金は1000円ちょっとで、事件があったのは広島です。 広島は800円ちょっとと考えると、1250円はそんなにいい給料なのかどうか。 飯田)最近は最低賃金でアルバイト、パートを雇えませんよね。 ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up! 」 現実にはいろいろな方法で多く払っているケースが多い 佐々木)東京のファーストフード店の求人を見ると、時給1200円~1300円になっていますからね。 そんなに高い給料ではありません。 しかもウグイス嬢は司会業やフリーアナウンサーなど、本職の人が多いです。 個人に直接頼むことはあまりなく、イベント屋さんなどを経由して頼んでいます。 1万5000円で発注したら、手取りはもっと少なくなります。 そんな金額では誰もやってくれないので、おそらくはみなさん3万円くらい払っているのだと思います。 でもこれは公職選挙法で立件されるので、例えば別の仕事を選挙期間以外に発注して、そこでお金を払っておいて上乗せ分をそちらに吸収するような、たぶんそういうやり方をしているケースが多いです。 今回は業界事情を知らな過ぎたのではないでしょうか。 もし立件されて有罪判決になれば、連座制によりご夫婦で議員の資格を失うことになるのですが、そのような背景事情も知っておいた方がいいと思います。 飯田)アナウンサーをかかえる事務所に聞くと、これは厳しいし、そもそも1万5000円で請け負って事務所が抜いて手取り1万円となると、時給1000円を割ってしまう。 「事務所も付き合いがあるから泣くしかないのだ」と言います。 厳密に調べると、他の議員はどうしていたのか。

次の

広島政界裏話 河井克行氏・河井あんり(案里)氏編

河井 あんり 公職 選挙 法 違反

河井克行のプロフィール• 名前:河井克行(かわいかつゆき)• 生年月日:1963年3月11日• 出身:広島県• 出身校:慶應義塾大学 法学部政治学科 1991年に広島県議会議員に当選し、1996年からは衆議院議員として活躍。 2019年9月には101代法務大臣に任命されました。 河井克行法相は31日午前、首相官邸で記者団に 「(安倍晋三首相に)辞表を提出し了解してもらった。 国民の法務行政への信頼が停止してしまうと考え、妻と相談の上、今朝決断した」と述べた。 河井氏をめぐっては、 妻の案里参院議員=参院広島選挙区=が7月の参院選で運動員に法定の上限額を超える報酬を渡していたとされる公職選挙法疑惑が週刊誌で報じられていた。 疑惑について河井氏は 「今後調査して説明責任を果たしていく」と語った。 引用元:産経新聞 あくまでも、公職選挙法違反を認めたわけではなく、 法務行政や安倍政権への影響を考えて辞任に至ったとされます。 2016年にもパワハラ疑惑で世間を騒がせただけに、 河井氏本人だけでなく安倍総理大臣の任命責任を問う声も高まっていくと思われますね。 河井克行に対する世間の評判は 色々な疑惑が掘り返されている河井克行氏ですが、世間の評判はどのようになっているのでしょうか。 2019年9月に法務大臣就任して「もう辞任!?」と驚きの声がある一方で、 前から問題ありって疑われてたよね、と残念がる声も聞こえます。 ネットではバッシングの嵐 奇しくも 首里城の火災と辞任発表が重なってしまっただけに、 話題をそらすために辞任のタイミングをあわせたのではないか、とまで言われています。 しかも今回も又、今朝決断したと説明。 何で安倍内閣は大臣辞任を早朝に決断する? 疑われた時点で決断しろよw 今回も早速後任発表。 どう見ても事前に打ち合わせしてるじゃんw 説明がお座なり過ぎる。 先のツイートは河井が河合になっていたので削除し再掲。 弁明の「べ」の字も発言がない中での辞任ってことは、全部事実なんだろうね。 なんで河合あんりは辞めないの? — 温泉親父 fedoronsen 河合法相が辞任の意向とのこと… 内閣改造してこれで2人目の辞任。 だから内閣改造とか余計なことしない方がいいのに!って言ってるのに。。 最近は大臣辞任が続いているため、任命責任を問う声がさらに増えていくでしょうね。 地元・広島での評価もいまいち… 河井克行氏の地元・広島では散々な悪評が立っているようです。 地元の第一タクシー社長が以下のように語っていた記事を見つけました。 「うちは河井事務所から配車の要請があっても、一切お断りしています。 河井先生が乗務員の運転席を蹴るわ、人を人とも思わないような暴言を吐くからです。 『もっと速く走れ!』と法定速度以上を出すよう要求され、危うくスピード違反に加担させられそうになった乗務員もいました。 もうコリゴリですわ」 引用元:日刊ゲンダイ この記事が本当だとすれば、 かなり表と裏の二面性があるように思えますね。 日々のストレスを見えないところで発散していたのかもしれないですが、他人に当たるのは良くないですよね。 過去にはパワハラ疑惑も 2016年には元秘書に対するパワハラや暴行が取り沙汰されていました。 <「あの人は私が車の運転をしとると、運転の仕方や言葉づかいが気にいらんと言っては、 『このやろう』と罵声を浴びせかけ、ハンドルを握る私の左腕めがけて後部座席から革靴のまま蹴ってきよるのです。 こちらは運転中じゃけん、よけることもできん」(中村氏)> 毎日のように殴られていた中村氏は、たまりかねて病院に駆け込み、そのとき撮ってもらったのが掲載されている写真だという。 それ以外にも、中村氏がいうには、 選挙中に強力な対立候補のポスターを見つけると、剥ぎ取れと河井氏に指示され剥ぎ取ったというのである。 引用元:文春オンライン 実際には、秘書だった中村氏が河井氏のポスターを破っていたことで逮捕されてしまったらしいです…。 相当な恨みが募っていたことは事実ですね汗 報道によると、広島では自民党が強く、 対立候補がいないことで河井氏の独壇場になっているようです。 さすがに、世間的にもこれだけバッシングが続くと次の選挙に影響が出そうですね。 スピード違反で県警が見逃した? 週刊文春が河井あんり氏の公選法違反疑惑を報じた後、さらに河井克行の新たな疑惑を報じました。 事件が起きたのは10月5日。 河井氏は、正午から北広島町で始まるイベントのため、急いで広島県内を移動していた。 その際、河井大臣(当時)が急ぐように求め、80キロ制限の高速道路を、60キロオーバーの140キロで走行したという。 50キロ以上の超過は本来、一発免停で、6カ月以下の懲役又は10万円以下の罰金となる。 ところが、警護についていた広島県警の後続車両は、140キロで走る河井氏の車を追いかけつつ、事務所に注意を促す電話を入れたのみで、違反を検挙しなかったというのだ。 引用元:週刊文春 警察は警護対象者が一時的にスピード違反をしていた際は、秘書を通じて注意をうながすことがあるようです。 ただ、 世間としては一般人は厳しく取り締まって、法務大臣(当時)は見逃すのか?と思ってしまいますよね。 特別扱いは、実は「前例があるので」だそう。 総理以下大臣車両は実質上、交通取り締まり対象外とのこと。 だから、やり放題。 しっかりしろ、警察! 犯人隠避は立派な犯罪。 に、しては、やや報道が少ない気がします。 文春を通じて、ウグイス嬢や秘書から新たな疑惑が出てこないといいのですが…。

次の