松戸 介護施設 コロナ。 35人判明1人死亡 松戸の介護施設 計7人に 千葉県内 【新型コロナ】

35人判明1人死亡 松戸の介護施設 計7人に 千葉県内 【新型コロナ】

松戸 介護施設 コロナ

2020年1月時点では新型コロナウイルス肺炎の広がりが中国・武漢市を始めとして各種報道されています。 松戸市では3月19日、新型コロナウイルス感染症相談専用ダイヤルも開設されております。 2020年4月に入り、例年であれば新学期が始まる4月6日からも臨時休校対応を予定、入学式や分散登校日の一部実施も予定されておりましたがその後、延期・中止となっています。 なお、千葉県立の学校も休校発表が出ております。 中国での発生状況が注目されていたのは2020年1月。 中国では2020年1月25日の春節を挟んだ連休となり海外渡航も増える時期となります。 近年記憶に新しいSARS流行時の状況も思い返される状況と1月当時によく報じられておりました。 1月31日には千葉県でも中国の方を対象としたツアーガイドをされていた20代女性が国内で15人目の感染として報告されています。 千葉県公式サイトでは東京、大阪間を主に行動されていた当事例の行動歴と共に電話相談窓口についてもわかりやすく掲載されていました。 新型コロナウイルスに関連した患者の発生について 令和2年1月31日 () 2月4日には中国・武漢市から帰国した30代女性の感染、千葉県内の病院に入院が伝えられています。 その後、夫の40代男性も症状がみられております。 2月13日には2週間以内に海外渡航歴のない千葉県の20代男性の感染、NTTデータで勤務されている旨の発表もありました。 当社拠点における新型コロナウイルス感染者の発生について() 2月20日にはバスツアーに参加した70代女性の感染が報告されています。 22日には千葉市で中学校の先生、23日には千葉県北西部に住む40代男性にも症状がみられるとされています。 2月25日には千葉県市川市にあるスポーツクラブ、エース アクシスコア市川を利用されていた3名から感染が確認と報道されています。 3名がスポーツクラブ利用時に感染かどうかは不明ですが万が一の拡大を防ぐ為、3月3日まで自主的に営業を見合わせ、消毒対応が取られている様子です。 感染者3人同じスポーツクラブか( なお、2月28日からは千葉県で居住地域の公表もあり松戸市でも確認されております。 万が一の入院時における指定医療機関も松戸には松戸市立総合医療センターが指定されています。 新型コロナウイルス肺炎についての千葉県から情報提供 千葉県として新型コロナウイルス肺炎について、千葉県公式サイトにてしっかり報じられています。 日本国内での感染状況 1月15日に神奈川県で30代男性が中国・武漢市より帰国された後に新型コロナウイルスの診断を受けております。 1月19日に東京都内で40代男性の診断報告が伝えられております。 1月25日時点では3例目の感染が中国の武漢市在住で東京を旅行されていた方から報告されています。 また、1月26日には愛知県で4例目の感染報告が出ております。 28日では武漢渡航歴なしの方(奈良県在住のバス運転手の方)も感染が確認され、このほか、武漢から愛知県を訪れていた40代男性と合わせて日本でも6人症状が出ているとされています。 さらに北海道で観光していた中国・武漢に住む40代の女性も7人目として感染が報告されています。 29日にはバスに同乗されていたバスガイドの方も感染が伝えれられています。 また、チャーター便での帰国された方からもウイルス陽性反応が出ていると報じられています。 10例目は武漢市に滞在歴ある50代の男性が三重県で報告されています。 1月31日には15例目として千葉県でも20代女性のツアーガイド(中国の方を対象としたツアーを担当)の方が感染と報じられています。 先に感染が報じられていた奈良県のバス運転手の方と同じバスツアーに参加されていた模様です。 新型肺炎 ツアーガイドの千葉県の女性 感染確認 国内15人目( 各国での感染状況 1月24日の12時発表状況では次の形で各国の感染状況が報告されています。 ・中国、感染者830名、死亡者25名 ・タイ、感染者4名、死亡者0名 ・韓国、感染者2名、死亡者0名 ・台湾、感染者1名、死亡者0名 ・米国、感染者1名、死亡者0名 ・ベトナム、感染者2名、死亡者0名 ・シンガポール、感染者1名、死亡者0名 1月25日にはネパールでも新型コロナウイルスの感染が確認されています。 さらに1月26日に入り香港、オーストラリア、マレーシア、マカオ、欧州でもフランスと13カ国と地域に広がりを見せています。 1月26日には中国での状況も拡大が報じられ、27日から中国から海外への団体旅行やパック旅行商品の販売中止も伝えられています。 1月28日には中国首都・北京で新型コロナウイルスにより亡くなられた方がいる状況、カナダでも感染の状況も報じられています。 亡くなられた人数も100人超、ドイツでも感染事例が伝えられています。 WHO(世界保健機関)でも1月30日に国際的な緊急事態宣言が出ています。 米国ではWHOの緊急事態宣言を受けて渡航警戒レベルを最高のレベル4、中国への渡航禁止を勧告しています。 2020年1月時点では23カ国にわたる感染状況も伝えられています。 日本でもGMOインターネットは在宅勤務に切り替える方針など対応も出てきております。 GMO、新型肺炎で国内4000人を在宅勤務に 27日から() 日本政府からも「指定感染症」に指定する方針も出ており、1月28日に閣議決定されています。 無症状感染者の広がり懸念、重症にさせない対応へと2月に入り伝えられています。 「帰国者・接触者外来」の設置も2月に入り出てきております。 今後の広がりがあった際を想定した一般病棟での備えも想定が報道されています。 新型肺炎、一般病床で入院可能に 流行備え厚労省通知() 2月も中旬となり東京マラソンを始め各種行事、イベントにも変更など出てきております。 厚生労働省でも電話相談窓口(フリーダイヤル)や発生状況や予防法の発信をされるLINEアカウントも開設されています。 () 松戸市内での対応状況 松戸市内でも医療機関・松戸市立総合医療センターや千葉西総合病院でも渡航歴など各種呼びかけられています。 新型コロナウィルス感染症について() 新型コロナウイルス対策について() またでも季節性インフルエンザなどと同様に、咳エチケットや手洗いなどの充実、武漢市への入出国の自己申告などがきっちりまとめられています。 その後、2月6日に対策本部が松戸市でも設置。 2月17日付けの相談目安など順次更新がされています。 21日には松戸市主催イベントの3月末までの方針なども順次公表されています。 他にも松戸市内では商業施設などで入口に手の消毒液などを完備されている箇所などできる事をしっかり対策していく様子も見受けられます。 マスクなどの販売状況も1月26日の現地確認時点で見てみましたが通常通りの販売体制となっており冷静な行動となっている状況です。 1月30日になると手先の消毒液コーナーに売り切れが目立ち、1月31日にはマスクも欠品が目立つなど連日の状況推移が見受けられる形です。 今後も状況を把握の上、冷静な対応と共に収束を向かえる事を願っております。

次の

松戸市の老人ホームのランキング

松戸 介護施設 コロナ

感染者の公表について 感染者の公表は、保健所を所管する地方自治体 注釈1 でなされることになっており、保健所を所管していない一般市である松戸市で感染者が確認された場合は、千葉県が公表することとなっています。 また、感染者からのヒアリング、感染者の公表は保健所を所管する自治体は独自で行えますが、保健所を所管していないその他の市町村は、千葉県が感染者からのヒアリング、感染者の公表をすることになっています。 このため、市のホームページは県の公表を基に作成しています。 しかしながら、市といたしましても、市民の皆様の不安を軽減し、さらなる感染拡大防止のため、少しでも詳細な情報を公表できるよう、千葉県へ申し入れを行っております。 ご理解のほどよろしくお願いいたします。 注釈1 保健所は、都道府県、特別区の他、政令市と中核市で設置でき、千葉県の場合、県と政令市である千葉市、中核市である船橋市、柏市が、保健所を設置しています。 発表日 事例 年代 性別 患者の概要 7月15日 137例目 10代 女性 無症状病原体保有者 職業:学生 (県外患者接触)• 7月13日 検体採取日• 7月14日 検査の結果、陽性と判明 検体採取2日前からの行動歴 自宅、医療機関 136例目 30代 男性 職業:会社員 経過• 7月13日 発症• 7月14日 検査の結果、陽性と判明 発症2日前からの行動歴 自宅、職場、医療機関 135例目 20代 男性 職業:会社員 県外患者接触 経過• 7月12日 発症• 7月14日 検査の結果、陽性と判明 発症2日前からの行動歴 自宅、職場、医療機関 134例目 70代 男性 職業:アルバイト経過• 7月10日 発症• 7月14日 検査の結果、陽性と判明 発症2日前からの行動歴 自宅、医療機関 133例目 20代 男性 職業:会社員経過• 7月8日 発症• 7月14日 検査の結果、陽性と判明 発症2日前からの行動歴 自宅、職場、医療機関 132例目 20代 女性 職業:無職 経過• 7月7日 発症• 7月12日 検査の結果、陽性と判明 発症2日前からの行動歴 自宅、医療機関 7月13日から7月14日まで(2日間) 新たに新型コロナウイルスに感染した患者は確認されませんでした。 7月12日 131例目 20代 男性 職業:会社員 経過• 7月9日 発症• 7月10日 検査の結果、陽性と判明 発症2日前からの行動歴 自宅、職場、医療機関 130例目 40代 男性 職業:会社員 県外患者接触 経過• 7月2日 発症• 7月11日 検査の結果、陽性と判明 発症2日前からの行動歴 自宅、職場、医療機関 7月9日から7月11日まで(3日間) 新たに新型コロナウイルスに感染した患者は確認されませんでした。 7月8日 129例目 20代 男性 職業:アルバイト 経過• 7月5日 発症• 7月7日 検査の結果、陽性と判明 発症2日前からの行動歴 自宅、医療機関 7月7日 128例目 80代 女性 職業:無職 (特別養護老人ホーム 松戸陽だまり館 入所者) 経過• 7月5日 発症• 7月6日 検査の結果、陽性と判明 発症2日前からの行動歴 自宅(施設)、医療機関 7月5日から7月6日まで(2日間) 新たに新型コロナウイルスに感染した患者は確認されませんでした。 7月4日 127例目 20代 女性 職業:北原学院歯科衛生専門学校 学生 経過• 7月1日 発症• 7月3日 検査の結果、陽性と判明 発症2日前からの行動歴 自宅、医療機関 7月3日 126例目 20代 男性 職業:会社員 経過• 6月18日 発症• 7月2日 検査の結果、陽性と判明 発症2日前からの行動歴 自宅、職場、医療機関 7月2日 125例目 20代 男性 無症状病原体保有者 職業:会社員 (県外患者接触)• 6月30日 検体採取日• 7月1日 検査の結果、陽性と判明 検体採取2日前からの行動歴 自宅、医療機関 124例目 90代以上 女性 無症状病原体保有者 職業:無職 (特別養護老人ホーム 松戸陽だまり館 入所者) 経過• 7月1日 検体採取• 7月1日 検査の結果、陽性と判明 検体採取2日前からの行動歴 自宅(施設) 123例目 20代 女性 職業:北原学院歯科衛生専門学校 学生 (市外患者接触) 経過• 6月29日 発症• 7月1日 検査の結果、陽性と判明 発症2日前からの行動歴 自宅、職場、医療機関 7月1日 122例目 40代 男性 職業:公務員(松戸市役所職員ではありません) (県外患者接触者) 経過• 6月25日 発症• 6月30日 検査の結果、陽性と判明 発症2日前からの行動歴 自宅、職場、医療機関 121例目 60代 女性 職業:無職 (市内120例目の接触者) 経過• 6月26日 発症• 6月30日 検査の結果、陽性と判明 発症2日前からの行動歴 自宅、医療機関 6月30日 120例目 30代 男性 職業:特別養護老人ホーム 松戸陽だまり館 職員 経過• 6月24日 発症• 6月29日 検査の結果、陽性と判明 発症2日前からの行動歴 自宅、職場、医療機関 119例目 30代 男性 職業:会社員 経過• 6月23日 発症• 6月29日 検査の結果、陽性と判明 発症2日前からの行動歴 自宅、職場、医療機関 6月29日 118例目 40代 男性 職業:会社員 (県外患者接触者) 経過• 6月27日 発症• 6月28日 検査の結果、陽性と判明 発症2日前からの行動歴 自宅、職場、医療機関 6月19日から6月28日まで(10日間) 新たに新型コロナウイルスに感染した患者は確認されませんでした。 6月18日 117例目 20代 女性 職業:アルバイト 経過• 6月5日 発症• 6月16日 検査の結果、陽性と判明 発症2日前からの行動歴 自宅、医療機関 5月28日から6月17日まで(21日間) 新たに新型コロナウイルスに感染した患者は確認されませんでした。 5月27日 116例目 70代 女性 職業:無職 (市内112例目の濃厚接触者) 経過• 5月10日 発症• 5月26日 検査の結果、陽性と判明 発症2日前からの行動歴 自宅、医療機関 5月14日から5月26日まで (13日間) 新たに新型コロナウイルスに感染した患者は確認されませんでした。 5月13日 115例目 80代 女性 職業:無職 (市内112例目、113例目、114例目の濃厚接触者) 経過• 5月上旬 発症• 5月12日 検査の結果、陽性と判明 発症2日前からの行動歴 自宅、医療機関 5月12日 114例目 70代 男性 無症状病原体保有者 職業:無職 (市内112例目の濃厚接触者) 経過• 5月11日 検査の結果、陽性と判明 113例目 70代 男性 無症状病原体保有者 職業:無職 (市内112例目の濃厚接触者) 経過• 5月上旬 発症日• 5月11日 検査の結果、陽性と判明 5月11日 新たに新型コロナウイルスに感染した患者は確認されませんでした。 5月10日 新たに新型コロナウイルスに感染した患者は確認されませんでした。 5月9日 112例目 70代 男性 職業:無職 (県外患者の濃厚接触者) 経過• 4月28日 発症• 5月8日 検査の結果、陽性と判明 発症2日前からの行動歴 自宅、医療機関 5月8日 新たに新型コロナウイルスに感染した患者は確認されませんでした。 5月7日 新たに新型コロナウイルスに感染した患者は確認されませんでした。 5月6日 111例目 50代 女性 職業:非常勤公務員 経過• 4月29日 発症• 5月1日 発症• 5月4日 検査の結果、陽性と判明 発症2日前からの行動歴 自宅 5月4日 新たに新型コロナウイルスに感染した患者は確認されませんでした。 5月3日 109例目 60代 女性 職業:無職 (市内105例目の濃厚接触者) 経過• 4月14日 発症• 5月2日 検査の結果、陽性と判明 発症2日前からの行動歴 自宅、医療機関 5月2日 108例目 10代 男性 職業:無職 (市内89例目の濃厚接触者) 経過• 4月14日 発症• 5月1日 検査の結果、陽性と判明 発症2日前からの行動歴 自宅、医療機関 5月1日 新たに新型コロナウイルスに感染した患者は確認されませんでした。 4月30日 107例目 60代 男性 職業:無職 経過• 4月10日 発症• 4月25日 発症• 4月28日 検査の結果、陽性と判明 4月29日 新たに新型コロナウイルスに感染した患者は確認されませんでした。 4月28日 105例目 80代 女性 職業:無職 経過• 4月16日 発症• 4月26日 104例目 40代 男性 職業:会社員 経過• 4月17日 発症• 4月24日 103例目 50代 男性 職業:公務員(松戸市役所職員ではありません) 経過• 4月12日 発症• 4月23日 検査の結果、陽性と判明 100例目 80代 男性 千葉西総合病院 入院患者 経過• 3月28日 発症• 4月23日 検査の結果、陽性と判明 99例目 90代 以上 女性 千葉西総合病院 入院患者 経過• 発症日 不明• 4月23日 検査の結果、陽性と判明 4月23日 新たに新型コロナウイルスに感染した患者は確認されませんでした。 4月22日 98例目 40代 男性 職業:会社員 経過• 4月12日発症• 4月13日発症• 4月21日検査の結果、陽性と判明 発症2日前からの行動歴 自宅、医療機関 96例目 30代 男性 職業:会社員 (市内95例目、97例目の濃厚接触者) 経過• 4月20日発症• 4月21日検査の結果、陽性と判明 発症2日前からの行動歴 自宅、医療機関 95例目 60代 男性 職業:無職 (市内96例目、97例目の濃厚接触者) 経過• 4月19日発症• 4月21日検査の結果、陽性と判明 発症2日前からの行動歴 自宅、医療機関 94例目 20代 男性 職業:医師 (市内34例目、42例目および市外の 無症状病原体保有者の濃厚接触者) 経過• 4月20日 発症• 4月21日 検査の結果、陽性と判明 発症2日前からの行動歴 自宅、職場、医療機関 4月21日 93例目 20代 男性 職業:会社員 経過• 4月14日 発症• 発症日 調査中• 4月20日 検査の結果、陽性と判明 91例目 90代 以上 女性 介護老人保健施設 あきやまの郷 入所者 経過• 発症日 調査中• 4月20日 検査の結果、陽性と判明 90例目 80代 女性 介護老人保健施設 あきやまの郷 入所者 経過• 発症日 調査中• 4月20日 検査の結果、陽性と判明.

次の

松戸の施設で3人死亡 千葉県のコロナ死者は計16人に [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

松戸 介護施設 コロナ

千葉県北西部に位置する松戸市は東京都と隣接していることから、通勤通学者も多く駅前は賑わいを見せています。 千葉県内ではトップクラスの人口を誇り、東京のベッドタウン化が着々と進んでいる状況です。 その一方で、市街地から少々離れると閑静な住宅街が。 昔からの住民も多く、伝統や文化がしっかりと受け継がれている珍しい地域です。 大きな都市であるものの、日常的な買いものがしやすいのも魅力。 いわゆる百貨店系ではなく、お手頃価格のスーパーが駅前にあり、高齢者にとってはうれしい環境です。 スポーツも盛んで、特に柏レイソルと親交のある地域。 柏市は隣の市ですが、松戸市も活動エリアに入っており、市民招待デーを開催。 サッカー好きのお孫さんをお持ちの高齢者にとっては一緒に応援できるとあって毎回好評です。 そんな松戸市ですが、高齢者対策として、高齢者向け福祉事業も多数展開。 なかでも特徴的なのが、市民が中心となっている「松戸市あんしん一声運動」です。 これは日常生活の中で高齢者を見かけたときに「何かお手伝いしましょうか?」と声をかける運動で、高齢者に元気に生活を送ってもらうのと同時に、住民との交流も増えています。 他にも、「軽度生活援助」では 洗濯や掃除、草取りなど日常生活の「ちょっと手を貸して欲しい」といったことに利用できる援助券を配布。 高齢者にとって大変頼もしい制度として人気を博しています。 松戸市の有料老人ホーム数は比較的充実した状況。 近隣にある柏市と比べても遜色なく、それぞれの希望に合わせて選ぶことができ、都内より負担の少ない月額料金で利用できるのも大きな魅力的です。 また、全体的に中規模の施設が多く、手厚い看護ケアが期待できるので、高齢者にとって住みやすい環境となっています。 特に、「落ち着いた雰囲気のホームを希望しているけど、買いものに不便な立地や家族が気軽に来づらい場所はちょっと…」といった方におすすめの地域です。 松戸市の高齢化率は26. 8%と高い傾向にある 松戸市は千葉県の北西部の都市。 かつて、水戸街道の宿場町として栄えてきた都市で、現在は東京都の葛飾区と江戸川区に接しています。 アクセスの良さから東京のベッドタウンとして発達してきた街でもあり、 2010年の調査によると東京都23区への通勤率は37. 3人に1人以上は東京都へ出勤しているのです。 そのため居住者も多く、千葉県では千葉市、船橋市、市川市に次いで3番目に人口の多い街。 将来推計では、松戸市の総人口は2017年から2020年にかけて、48万8,187人から49万725人まで増加しています。 65歳以上の高齢者人口も13万922人から14万97人まで増え、高齢化率も26. 8%から28. 5%まで上昇すると予測されています。 特に75歳以上である後期高齢者の増加が著しく、2017年から2020年にかけて、6万1,958人から7万3,443人に増加し、さらには2025年には8万8,993人になると言われています。 認知症予防教室などを開催し、認知症対策に尽力 2017年時点で1万9,868人だった松戸市の介護保険の要支援・要介護認定者は、今後も増えていくと予想され、 2020年には2万3,330人、2025年には2万8,054人となる推計です。 65歳以上の高齢者人口に対する要支援・要介護認定率は16. 0%(2017年時点)でしたが、75歳以上の後期高齢者が増えるとともに上昇し、2020年には17. 7%、2025年には20. 8%まで上昇するという試算がなされています。 また、認知症高齢者も増えており、認知症認定者数は2015年の時点で1. 9万人~2. 0万人程度でしたが、 2020年には2. 4万人~2. 5万人、2025年時点では2. 7万人~2. 9万人程度まで増えるようです。 出典:松戸市 2018年08月02日更新 このため、松戸市は認知症予防教室などを開催し、認知症対策に尽力。 グループホームや認知症対応デイサービス、認知症でも入居できる介護施設などを増やし、認知症高齢者とその家族をケアするサポート体制を整備中です。 また、松戸市の介護保険運営協議会による推計によると、2013年から2025年にかけて、在宅医療などを必要とする人は1日あたり3,875人から6,785人まで増加。 2025年までに在宅医療などの需要が75. 1%も増加すると予測しています。 そのため、松戸市は訪問看護や夜間訪問介護看護、定期巡回・随時対応型訪問介護看護などの在宅医療サポートを充実させ、高齢者のニーズに答えようとしています。 その他にも、福祉用具貸与や住宅改修など、松戸市で利用できる介護保険サービスは豊富。 地域包括支援センターが基本的な窓口になっており、ケアマネジャーが一人ひとりにふさわしいケアプランを作成してくれます。 健康教室や栄養指導などを通し、高齢者自身が自分の健康を守れる状態を作ろうとしています。 また、 「健康増進普及運動」を通して健康コンテスト「松戸市ご長寿ハッピーコンテスト」を開催。 これは、みんなで長寿を祝い、健康寿命を伸ばす取り組みで、60歳以上の人であれば誰でも参加可能です。 さらに、保健福祉センターで実施されている「家庭栄養改善教室」では、健康寿命をのばす食生活を学ぶことができ、こちらも60歳以上の市民であれば誰でも参加できます。 その他にも、 はり・灸・あん摩などの施術費の助成や、リハビリ教室の実施、健康教室を運営するヘルスボランティアの育成、市民健康相談室の開催、生活習慣病予防の実践指導など、いろいろな介護予防活動を行っています。 医療ケアと介護を同時に必要としている高齢者も多いという状況を鑑み、在宅医療・介護連携支援センターを設置。 24時間体制でのサポートや介護と看護を同時提供できる環境を構築中です。 また、都市型介護予防モデル「松戸プロジェクト」を実施し、専門的な知識を持つボランティアを増やすことで住民主体の介護予防活動を広げています。 さらに、地域のつながりをもっと強固なものにするため、社会福祉協議会では、「いきいきサロン」や「ふれあい会食会」といった交流の場を提供。 高齢者も含めた地域住民とボランティアスタッフが協力し合い、交流を図る機会を増やしています。 そして、 地域で声かけをおこなう「オレンジ声かけ隊」の活動を推進し、地域ぐるみで認知症高齢者と家族のケアを実施。 健康教室などを開催し、介護予防の輪を広げています。 松戸市の高齢者相談窓口は? 松戸市ではいろいろな相談窓口を設置し、高齢者の悩みに対応しています。 地域包括支援センターである「高齢者いきいき安心センター」では、保健師や社会福祉士などの専門スタッフが高齢者やその家族、近隣住民の皆さまの相談に対応。 介護だけでなく、福祉や医療、健康や生活に関することなど、何でも相談できるのが魅力です。 センターでは高齢者の権利擁護活動も行っていますので、虐待に関する通報や、振り込め詐欺などの消費者被害に関する相談なども受け付けています。 「手続きや支払いがわからなくなってきた」「ハンコがなくなったら怖いので預かってくれないか?」といった相談も可能で、金銭も含めた貴重品管理や、サービスの手続きや支払いを代行します。 また、「高齢者いきいき安心センター」の基幹部門である「基幹型地域包括支援センター」では、「福祉まるごと相談窓口」を開催。 ここでは「介護のことなど、どこに相談したら良いかわからない」といった悩みを聞き、必要なサービスや解決に必要な情報などを紹介します。 松戸市社会福祉協議会の福祉相談室では「福祉なんでも相談室」を開設し、民生委員などが各種相談に対応。 市民センターなど、市内5ヵ所で実施されるので利用しやすいでしょう。 その他にも、「ゆうまつどこころの相談」では、家族や近所の人などとの人間関係、夫婦などの異性関係について専門のカウンセラーが対応。 相談は無料で、電話相談もできるのがポイントです。

次の