いちご 野菜 か 果物 か。 いちごは野菜と果物、どっちなのか

「野菜」と「果物」

いちご 野菜 か 果物 か

そうだぜ。 農林水産省が『はっきりとした定義はないけど野菜』っていう分類わけをしてるんだよ。 【雑学解説】いちご・スイカ・メロンは「果実的野菜」 いちご・スイカ・メロンは野菜に分類わけされていて、その中でも果実的な利用をするため、 果実的野菜としては扱っている。 ちなみに、 野菜として分類されるものの定義はこうだ。 田畑に栽培されるもの• 副食物となること• 加工を前提としないもの• 草本性であること 明文化されてはいるが、 それぞれの定義ははっきりしていないらしい。 簡単にいうとこうなる。 「畑で栽培できておかずになって、こんにゃくのように加工前提ではなくて草になるもの。 」 いちご・スイカ・メロンがおかず…? 日本ではデザートとして食べるのが一般的ではないだろうか。 どんな感覚だよソレ… おかずにはならないが果実としては食べられるし、他3点は定義通り。 そのようなことから、いちご・スイカ・メロンは果実的野菜と分類されている。 ちなみにこの定義で考えると、 アボカドは果物だ。 どう考えても野菜だろ…。 もう定義も分類わけもいらないのではと思うが、 生産や出荷の統計を取るために必要になるそうだ。 バナナは前述した 農林水産省の分類わけと、植物学上の見解で大きな差がある。 農林水産省の分類わけによると、バナナは野菜ではなく果樹となり、 果物といえる。 木になっているから当然の結果だろう。 だが 植物学上の見解では、バナナは果樹ではなく 野菜にあたる。 「バナナは木になるもの」と当然のように思っていたが、植物学上あれは木ではなく草なのである。 どう考えても木だろ。 そのため草になるバナナは、植物学上では野菜なのだ! 教師のみなさま、「先生〜バナナは おやつに入りますか?」と聞かれたらこう答えましょう! 「 植物学上バナナは野菜で副食物となるので おやつに入りませんが、 農林水産省の分類によると果物になるため おやつに入りますよ。 」小学生もタジタジである。 ちなみに私はバナナは果物という、農林水産省の分類わけを支持する。 バナナが野菜として出てきたら、絶対に嫌だからだ。

次の

いちごは果物?野菜?野菜と果物の境界線。幼稚園児からの質問にどう答える?

いちご 野菜 か 果物 か

一般に野菜と果物の定義は え?って感じです。 木になるものが果物で茎になるものは野菜です。 でも、いちごは果物でいいと思います。 前者を言ってるのはあくまでも国ですから。 こんなのを見つけました。 独立行政法人農林水産消費技術センター 食のQ&A 食のQ&A (以下、引用) いちごについて(種類・旬) Q いちごは果物だと思っていましたが,農林水産省の統計では野菜として扱っているとききました。 いちごは、野菜か果物かどちらに分類するのが正しいのですか。 A 野菜と果物の分け方に統一した基準はありません。 農林水産省では、「野菜」は一年生作物などの草本類、「果実」は永年生作物などの木本類をいい、このいずれに属するかで区分しています。 この区分ではいちごを野菜として扱っています(いちごはバラ科の多年生草本ですが,実際は一年生作物と同様に栽培されています。 また、農林水産省では一般に使用されている「果物」と概ね同じ意味で「果実」という用語を用いていますが、この中には栗やナッツ類も含めています。 いちごは野菜として生産され、果物として消費されている実態があります。 農林水産省は、農産物の生産に関することも所管しているので、いちごを野菜として区分していますが、いちごを生産者より消費者側の視点でとらえている農林水産省以外の統計や資料(例えば、家計調査、食品標準成分表、貿易統計など)では、野菜ではなく果物に区分されています。 「イチゴ」には、色々説があるようです。 総務庁の商品分類では、種をまいた後、1年で花をつけて枯れる1年生草本類を「野菜」、 木やツルのまま何年も成長する、多年生の木本類の果実を「果物」としているそうです。 農林水産省でも、この総務庁の分類に従って、 イチゴは、草になる実なので「野菜」と分類しています。 ただし、卸売市場では、イチゴが「野菜」と「果物」の両方で取引されているところもあるそうです。 一般には、イチゴやメロンやスイカなど、 「甘くて、デザートやおやつに食べるのは果物」と考えるのが普通ではないでしょうか。 果物屋やフルーツパーラーなども、イチゴを「果物」として扱っています。 官では「野菜」でも、民間では「果物」扱いが一般的だと思います。

次の

いちごは野菜と果物、どっちなのか

いちご 野菜 か 果物 か

野菜と果物の違いはズバリ…! What(何が) 野菜と果物は How(どのような) 生産や流通、消費それぞれの観点で Why(なぜ) 分類の解釈が異なるため 違いを分ける明確な定義はありません。 野菜と果物に明確な定義はない!視点や立場が変わると分類方法も変化する 野菜と果物の分類に、 明確な定義はありません。 生産、流通、消費それぞれの観点から、分類の仕方が異なるためです。 日本では野菜だと思っている植物が、海外では果物と認知されている場合も。 立場や地域によって、野菜と果物の定義は変化するものなのです。 野菜とは?野菜の一般的な分類方法 健康に良い食べ物の代名詞でもある「野菜」。 根菜、葉茎菜類など、様々な形状の野菜が存在します。 ・ 田畑で育つ草本性の植物 草本性の植物とは、通常1年以内に枯れるものを指します。 1年に1度収穫し、次の年はまた新しい苗や種から育てるものが野菜である、という考え方です。 大根や白菜、キャベツなど、野菜として親しまれている多くが当てはまります。 ・加工を前提とせず、副食物になる植物 こんにゃくはこんにゃく芋という植物から作られますが、大きな加工が必要なのでこんにゃく自体を野菜とは呼びません。 このように、 加工を前提としない植物であることも、野菜か否かを分けるポイント。 副食物とは、主食に添えるおかずを指します。 サラダや和え物、炒め物などに使われる植物は、野菜に当てはまるでしょう。 ・葉や茎、根、皮など様々な箇所が食べられる植物 実の部分以外も食せるものが野菜である、という見方もできます。 例えば大根や人参は主に根の部分、セロリやアスパラガスは茎の部分です。 トマトやきゅうりは実がメインですが、皮ごと食べることもできますね。 果物とは?果物の一般的な分類方法 新鮮で美味しい「果物」は、子供も大人も大好きです。 甘みや酸味は果実によって異なり、それを生かしたスイーツも豊富。 ・木になる多年草の植物 栽培方法に主眼を置くと、 栽培期間が2年以上で、木に実がなる多年草が果物と呼ばれます。 何年にも渡って繰り返し木になる植物で、農林水産省では「果樹」として取り扱われるもの。 りんごやぶどう、梨といった代表的な果物が該当しますね。 ・主に実の部分を常食する植物 野菜と反して、多くの果物は 「実」が食用のメインになります。 茎や葉、根を食べる果物と言われても、ピンとこない人が多いのでは。 みかん、バナナ、キウイ……どれを取っても食べる部分は実ですよね。 ・デザートとしてそのまま食べられる植物 食後に「 デザート」として食べる植物が果物である、という考え方も。 カットすればそのまま食べられる、という点もポイントです。 野菜も生のまま食せるものは多いですが、大抵の場合マヨネーズやドレッシングがセットになります。 果実本来の味で十分満足できる植物、それが果物に当てはまるでしょう。 いちごやメロン、スイカはどっち? 甘くて水々しいメロンやいちご、スイカといった植物。 反面、おかずになるかやデザートとしての役目を考えると、果物と捉えても間違いではありません。 スーパーでは、メロンやいちごは野菜コーナーではなく、果物コーナーで売られていますよね。 生産の観点でいえば野菜、消費の観点でいえば果物。 野菜や果物は、 立場が変わることで定義も変化するのです。 ・分類が曖昧な植物の呼び方 メロンやいちご、スイカに代表される、分類が曖昧になりやすい植物。 生産的には野菜、消費的には果物と認識される植物を「果実的野菜」と区別するケースもあります。 トマトやアボガドも、生産の観点では果物ですが、消費する立場では野菜と見られることが多数。 この場合は「野菜的果実」と呼ぶのです。 分類の仕方は立場によって違う 視点が変われば分類も変わる、野菜や果物。 生産と消費、料理や栄養など、様々な観点から考えることができます。 明確な定義がない以上、これは「絶対野菜」も「絶対果物」もありません。 生活する上では、 一般的に広く認知されているかどうかで判断すれば、誤解を招かず伝えられるでしょう。 PDF (参照2020. 11) (参照2020. 11) (参照2020. 11) これって野菜?果物?気になる食用植物のトリビア 野菜と果物のどちらか、それ以外なのか迷う食用植物もあります。 先述した分類方法を元に、曖昧な食用植物の属性を考えてみましょう。 きのこや山菜は野菜? スーパーでは、野菜と同じコーナーに並んでいる「きのこ」や「山菜」。 菌類であるきのこは、生産の観点から見ると野菜とは言い難い植物。 しかし、加工を前提としない副食物という点では、野菜の仲間とも受け取れます。 山菜については栽培物も増加していますが、本来は山や野で採れる食用植物を指した言葉。 こちらもきのこ同様、消費する立場では野菜と呼べるでしょう。 米やジャガイモは野菜? 田んぼで育つ点では、野菜と言える米。 副食向きでないことを考えると、消費の面で米を野菜と呼ぶのは疑問ですね。 分類上でも野菜とは別に、「穀物類」と扱われることが多くなるでしょう。 ジャガイモは畑で育ち、肉じゃがやポテトサラダなどの副食になる点では野菜です。 一方、農林水産省の食事バランスガイドでは 「いも類」として野菜とは区別され、穀物類と同じ栄養群に分類されています。 実だけじゃない!皮ごと食べる果物も 主に実を常食するのが果物である、と上述しましたが、 皮が美味しい果物も存在します。 代表的なのが「きんかん」。 りんごの皮も食べられますし、ぶどうも皮ごと!という人もいるでしょう。 細かい点を突き詰めていくと、改めて野菜と果物の境界線は曖昧なことがわかります。 (参照2020. 11) (参照2020. 11) (参照2020. 11) (参照2020. 11) (参照2020. 11) (参照2020. 11) 野菜と果物の分類は結構曖昧!視点や地域によって分類が異なる 野菜と果物を分類する明確な定義はなく、視点によって変化します。 生産の段階では野菜であっても、流通・消費の場になると果物と認知される、その逆もあるのです。 国ごとに考え方が異なるケースも。 同じ植物でも 様々な考え方や捉え方できる、それが野菜や果物なのですね。 出典 PDF (参照2020. 11).

次の