Zoom 画面 共有 音声。 「Zoom」のオンライン会議で画面を共有する方法とマスターしたい4つの便利機能|@DIME アットダイム

【簡単図解】Zoomで画面共有する方法(動画・音声)

Zoom 画面 共有 音声

誰でも簡単にWeb会議に参加できる「Zoom(ズーム)」。 オンラインミーティング向けのサービスは数多く存在するものの、Zoomは搭載している機能がビジネスに最適化されているのが特徴の一つだ。 中でも便利なのが、「画面共有機能」。 本記事では、Zoomで画像共有をするための操作方法や便利な機能、トラブル時の対処法を紹介する。 Zoomの機能を最大限に生かして、快適なWeb会議を実現しよう。 Zoomの画面共有とは 通話やチャットのやりとりの中で、「実際の資料や画像などを見せながら説明できればもっとスムーズなのに」と感じることも多いのではないだろうか。 そのような場面で活躍するのが画面共有機能だ。 画面共有を使えば、自分のPCやスマホ・タブレットに表示されている画面をそのまま相手の画面にも表示できる。 複数の参加者との会議でも画面共有が可能だ。 例えば、パワーポイントやPDFなどで作成した資料を使ってプレゼンをすることもできる。 パソコン上で何かの操作手順を説明する際にも役に立つはずだ。 さらに、資料にコメントを書き込んだり、ホワイトボード機能を使ったりすれば、実際の会議と変わらないミーティングが実現する。 画面共有の操作方法 画面共有の方法はとても簡単。 ミーティング中の画面下部の「画面共有」をクリックし、共有したい画面を選択するだけ。 デスクトップ画面を共有する 今自分が見ている画面と同じものを共有したい場合は、「Desktop 1」を選択。 ファイルや他のアプリを表示させる場合には、表示されている中から共有したいものを選択し、右下の「画面の共有」ボタンをクリックする。 なお、複数人でミーティングをしている場合、主催者に対してのみ画面共有を行いたい場合は、オプションで「全参加者」から「ホストのみ」に設定を変更することも可能だ。 サブディスプレイを共有する PCに別のモニターを接続している場合で、その画面を共有したい時は「Desktop 2」を選択し、「画面の共有」ボタンをクリックする。 別の画面に切り替える 画面共有中に別の画面に切り替えたいときは、「共有メニュー」から「新しい共有」へ進む。 切り替えたい項目を選択し「画面の共有」ボタンをクリックしよう。 画面共有に回数制限はないので、自由に画面を切り替えよう。 画面共有でビデオや音楽を流す 動画ファイルや音声ファイルを共有したい場合は、「画面共有」をクリックして「コンピュータの音声を共有」をチェック。 これにより、共有したい音声が相手のスピーカーから流れるようになる。 共有されている画面の表示範囲を変更する モニターの解像度の違いによって、「共有されている画面全体が表示されていない」「小さくて見づらい」といったケースがある。 そのような場合は、見え方の設定を変更しよう。 画像全体が表示されていない場合は、スクリーンの上部にカーソルを移動し、「オプションを表示」をクリック。 「ズーム比率」を選択し「ウインドウに合わせる」にチェックを入れると全体が表示される。 画像が小さくて見えづらい場合には、「ズーム比率」を変更して対応するのが良いだろう。 画面共有に関する便利な機能 ここでは、画面共有と併せて覚えておきたい便利な機能を紹介する。 特に、ホワイトボード機能は参加者全員でアイデアを出す際に重宝するはずだ。 リモート操作 相手が操作に困っているときや、口頭での説明が難しい場合に便利な機能。 相手の画面を共有してもらい、「共有メニュー」から「リモート制御」のリクエストを行う。 相手に承認をもらうとリモート操作が可能となる。 コメントの入力 共有中の資料に、マーカーを引いたりコメントを記入できる機能。 「共有メニュー」の「コメントを付ける」から、コメントツールバーを表示し操作する。 ここで注意したいのが、コメントの内容も共有される点だ。 複数人が一度にコメントを入力すると、資料がわかりにくくなってしまう可能性がある。 ホスト側の設定でクライアントのコメントを無効にできるので、参加人数に応じて使い分けよう。 ホワイトボード機能 テキスト入力や図形挿入などができる「ホワイトボード」の機能も便利だ。 共有画面の選択で「ホワイトボード」を選ぶと、テキスト入力や図の挿入ができるホワイトボードの共有ができる。 直接ペンで書き込むこともできるため、実際の会議に近い感覚で利用できるのが魅力だ。 AirPlayでiPadの画面を共有する Mac を使用している場合は、「AirPlay」を使いでMacとiPadを接続すれば、iPadで表示されている画面をZoomで共有することもできる。 iPadにZoomアプリをインストールしたり、立ち上げたりする必要はないので、手間もかからない。 画面共有できないときはここをチェック! スマホやタブレットと画面共有を行う際、上手く画面共有ができないケースもある。 その場合は、次の2点をチェックしよう。 異なるネットワークに繋がっていないかチェック 例えば、PCは自宅のWi-Fiに、スマホはモバイルWi-Fiに接続されているような場合、画面の共有はできない。 二つのデバイスを同じWi-Fiに接続し、再度試してみよう。 Zoomが最新版になっているか確認 同一ネットワークで接続しているのに画面共有ができない場合は、Zoomアプリが最新版にアップデートされていない可能性を疑おう。 最新版は、Zoomダウンロードセンターからダウンロードできる。 さらに、雑誌「DIME」最新号の特集は「最強!快速!テレワークギア」。 新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務を行なう人が急増していますが、それに伴って、様々なストレスや問題が生じているというのも事実。 そんなテレワーカーのために、快適なテレワークを実現するための、デバイスの選び方(Web会議対応パソコン、高精細Webカメラ、超速Wi-Fiルーター、サブモニター、デスクライト、スピーカー、姿勢矯正椅子など)、本当に使えるビジネスチャットツール、効率的な仕事の進め方、環境づくりのノウハウ、セキュリティー対策、ソリューションサービスなどを詳しく紹介。 さらに、最先端テレワークを実践している様々な企業のビジネスパーソンたちへの密着取材で、効率良く仕事をこなすノウハウも紹介します。 そのほか、超便利な万能キャンプギア図鑑、いま買うべき必勝株、再開発で進化する東京のトレンドスポット、注目度No. 1のスーパールーキー・佐々木朗希徹底解剖など、今、知りたい情報がてんこ盛りのDIME6月号、ぜひお買い求めください。 『DIME』6月号 2020年4月16日発売 特別価格:本体900円+税 小学館 <ご購入はコチラ> Amazon: 楽天: 7net: 文/oki.

次の

Zoomで「パワーポイント」を画面共有してWEB会議・セミナー開催する方法

Zoom 画面 共有 音声

zoomを使ってお客様とコンサルティングやセッション、セミナーをする際に、 「相手の音や映像が届かない!」というケースは、意外と頻繁に発生します。 特に、相手がzoomの操作に慣れていない場合はこうしたケースが多発しがち。 相手の画面が見えないため対処しづらいかと思いますが、この記事で 「音声や映像が届かない相手の画面はどうなっているのか?」をキャプチャーして対処方法を整理しましたので、この記事に書いてある通りに先方に伝えてトラブル解決にご活用ください。 *この記事は、• 自分がzoomのホスト(主宰側)を行っており、 参加者(スマホから)の接続がうまくいかない。 というケースを想定しています。 この他「自分がホスト・ゲストは関係なく、 スマホから接続しているがうまくいかない」という場合もこの記事の対処方法で解決できますので、併せて参考にしてください。 音声も映像もどちらもOKの場合 まず 大前提として、自分のスピーカーがオフになっていないかを確認してください。 また、スカイプやfacebook電話、LINE電話など音声やビデオを使うものにリソースが割り当てられている時もありますので、いったんこれらのアプリケーションをすべて終了させてもらってください。 やり方がわからない方は、を参考に! その上で、相手のマイクやカメラのアイコンがどうなっているかを確認します。 相手の画面のアイコンはこんな風に「白いマイク・白いカメラのアイコン」になっているはずです。 相手のアイコンがこの状態になるように、一つ一つ確認してあげましょう。 音声が届かない場合の対処方法 次に書いてある通りに相手にお伝えして一緒に解決してあげてください。 画面にマイクかイヤホンのマークは見えていますか? 画面に何もアイコンが出ていない場合は、、、画面の空いているスペースをどこでもいいのでタップしてください。 スマホの扱いに慣れていない方だと特にここで「???」となるのですが、慌てず落ち着いて操作していただければOKです。 アイコンのマークはどんな風になっていますか? 表示されたアイコンが「ヘッドホンマークと緑の矢印」の場合・・・ 「インターネットを使用した通話」をタップするように伝えてください。 多くの場合はこれで音声が届くはずです。 表示されたアイコンが「赤いマイクに斜線」の場合・・・ マイクがミュートになっているので、アイコンをタップします。 これで相手の音声が届くようになるはずです。 それでもダメな場合は、次のケースが考えられます。 「このアプリがマイクにアクセスできない」とのメッセージが表示される場合・・・ zoomにマイクの使用を許可してあげる必要があります。 一旦ホーム画面に戻り、設定へと進みます。 設定画面をスクロールして、zoomアプリをタップ。 マイクとカメラがオン(図の状態)になっているようにしてください。 これで再度、zoomの画面で、マイクのアイコンがどのような表示になっているか確認してください。 音声が聞こえない場合のパターンは3つ 相手の画面が見えないのでホスト側もあたふたしてしまいがちですが、改めて整理すると音声が聞こえないパターンは大きく3つです。 1.オーディオに参加していない 2.マイクがミュートになっている 3.zoomアプリにマイクの使用が許可されていない いずれかの対処方法を落ち着いて試してみて下さい。 3つともやったけど聞こえない!!という場合は、相手のマイクの断線か、こちらのイヤホンの断線の可能性も疑う必要があるのですが、機材がNGの場合はどうしようもないので、messengerの通話やLINE電話など、「いつも電話をするような形」に切り替えるしかありません。 映像が届かない場合の対処方法 この場合も、相手のカメラアイコンがどうなっているかを診断しながら進めましょう カメラのアイコンはどんな風になっていますか? 「赤いカメラに斜線のアイコン」の場合 この場合はカメラがオフになっているので、カメラアイコンをタップしてあげればOKです。 「このアプリがカメラにアクセスできない」とのメッセージが表示される場合・・・ zoomにマイクの使用を許可してあげる必要があります。 一旦ホーム画面に戻り、設定へと進みます。 設定画面をスクロールして、zoomアプリをタップ。 マイクとカメラがオン(図の状態)になっているようにしてください。 相手の映像が見えない場合のパターンは2つ 相手の画面が見えないのでホスト側もあたふたしてしまいがちですが、改めて整理すると相手の映像が見えないパターンは大きく2つです。 1.カメラがオフになっている 2.zoomアプリにカメラの使用が許可されていない いずれかの対処方法を落ち着いて試してみて下さい。 これで再度、zoomの画面で、カメラのアイコンがどのような表示になっているか確認してください。 ごく稀に、「カメラの不具合でそもそも映像が撮れない」というケースもありますが、この場合は音声だけで会を進めるしかありません。 相手が初めてzoomを使う場合は、事前に練習会をしておくことを強くおすすめします。 こちらの記事もおすすめです。 青山華子よりお知らせ 青山華子の学びのコミュニティ「先生相談室」では、zoomを使った勉強会やイベントを定期的に開催しています。 集客や運営の負担なしで先生相談室メンバー向けにZOOMセミナー講師として登壇できる機会もあります。 ZOOMセミナーに登壇する際には、青山華子からセミナー内容のアドバイスや操作練習なども無料で受けられ、オンライン講師としてデビューするチャンスです。 アマゾン2連続1位を獲得できたコンサルタント。 私のこれまでのがけっぷちな人生で起きた様々なビジネルトラブルや体験談も、限定公開しています。 【保護中の限定記事のパスワードは、メルマガ1通目のプレゼントで全て公開中!】.

次の

画面共有でビデオや音楽を流す時、音声を参加者に直接届ける方法

Zoom 画面 共有 音声

セミナー・講座、プレゼンテーションなどを行う場合、パワーポイントで作成したスライド資料を共有しながら進めることがあります。 会議室などで対面で行う場合は、プロジェクターにパワーポイントのスライドを投影しながら進めますが、では、オンラインで実行する場合は、どのように操作すれば良いのでしょうか。 WEBセミナーツールの「Zoom」では、パワーポイント作成したスライド資料を「 画面共有」機能を使うことで参加者に共有できます。 今回は、パソコン版Zoomの画面共有を使ったパワーポイントの見せ方についてご紹介致します。 参加者を招待する方法はこちらの記事で解説しています。 (あらかじめ画面共有したいファイルを開いておく必要があります。 中央下にある、緑のボタンです。 今回は パワーポイントで作成した資料なのでその画面を選択し共有をクリックします。 これで、スライド資料が参加者と共有できます。 他ページを見せたい時などは「共有の一時停止」ボタンをクリックします。 これらの、画面共有をオン、オフする機能を使いこなして会議・セミナーを進行していきます。

次の