生理中は体重増える。 生理前に体重が増加して太る、本当の原因&対応策!

生理前に体重が増える…

生理中は体重増える

生理前や生理中に太る理由は? 生理前や生理中に太ってしまう1番の理由は、 女性ホルモンにあります。 生理前になると女性ホルモンの一種である「プロゲステロン」の分泌が増加します。 実は、このプロゲステロンが増加すると 体の代謝機能が下がってしまうんです。 何もしなくても消費されるエネルギー量のことを基礎代謝といいますが、生理中は最も基礎代謝量が低くなるといわれています。 さらに代謝機能が低下することにより、生理中の体は水分や塩分をため込みやすくなり、むくみなどの原因となってしまうんです。 また、生理前から生理中に、なぜかものすごくお腹が空くとことはありませんか? これも女性ホルモンのプロゲステロンが原因です。 プロゲステロンが過剰に分泌されると血糖値が下がってしまいます。 ですが、脳は下がった血糖値を上げようと働くため、食欲が増してしまうのです。 とくに体に水分や塩分を溜めやすい時期に食欲が増えてしまうので、いつもより太りやすくなる・・・という事になってしまいます。 さらには、プロゲステロンは子宮の収縮を抑える作用があるのですが、この作用が大腸にも影響して、腸の働きが弱くなってしまうことがあります。 その結果、便秘にもなりやすくなります。 便秘は体重増加の一因にもあるため、このことからも体重が増えるという結果につながってしまうんですね。 このように 生理前から生理中は、女性ホルモンなどの働きにより、とにかく色々なもの体に溜めやすくなってしまいます。 そのため、自然と体重も増えやすい時期になってしまうわけです。 生理で何キロくらい太るの?太らないようにするには? 生理中にどのくらい体重が増加するのかは、個人差があります。 一般的に生理中の体重増加の許容範囲は、元の体重プラス1~3キロです。 なので、1~3キロ程度の体重増加であれば、あまり気にする必要はありません。 とはいえ、できれば体重が増えないようにしたいですよね。 生理中の体重増加で1番気をつけたいのは食事です。 生理前はホルモンのバランスが崩れやすいこともあり、イライラしやすくなりますよね。 イライラしているときに欲しくなるのが甘い食べ物です。 甘いものを食べると幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが増加するため、イライラを抑えてくれる働きがあるからです。 そのため、 イライラしているときには甘いものを食べてしまう傾向があります。 少しくらい食べるのは問題ないのですが、過剰に摂取すれば体重の大幅な増加につながってしまいますよ。 また、甘い食べ物は体を冷やしてしまう性質があります。 体が冷えると代謝機能も落ちてしまうため、太りやすくなります。 そのため、どうしても甘いものを食べたいときは、体を冷やす心配のない三温糖や黒糖などの天然由来の甘味料が使われているお菓子などを選ぶようにしましょう。 ドライフルーツもおすすめです。 また、生理中はホルモンバランスが乱れによっても体が冷えやすくなります。 そのため、 なるべく温かいものを飲食するように心がけてください。 また、 生理前や生理中に積極的の摂りたいのが食物繊維です。 食物繊維は便秘解消にも効果的ですが、血糖値を緩やかに上昇させる効果があるため、生理中に積極的にとることで体重の増加を抑制することができます。 さらに 適度な運動をすることは、精神を安定させ、過食を抑えてくれる効果も期待できます。 イライラしたときには甘いものを食べるのではなく、気持ちをリフレッシュさせるためにも軽い運動やストレッチをするのがオススメです。 このように、少し気をつけるだけで生理中の体重の増加を抑えることができますので、出来る範囲からはじめてみてくださいね。 生理後に体重が戻らない理由は? 基本的に生理が終われば身体のむくみや便秘が解消され、体重は元に戻ります。 しかし、体重が落ちないという人もいますよね・・・。 その原因の一番の理由は、 生理中に食べ過ぎてしまい、体重が増えすぎてしまった・・・ということです。 食べ過ぎで体重が増えていたら、生理後に自然に体重が落ちたとしても、元の体重には戻らないですよね。 そうならないためには、生理中の体重管理や食生活が大切になってきます。 また食生活だけでなく、生理中は精神面でも落ち込みやすくなったり、憂鬱な気持ちにもなりやすく、 生活が乱れてしまうという傾向があります。 とくに生理になると体がダルくなり普段より動けないこともありますが、動かないせいでいつも以上のむくみや便秘になっていることも考えられるのです。 そのため、生理が終わっても体がその状態のままになってしまい、体重が減少しないということになってしまいます。 生理後に元の体重に戻るかどうかは生理前から生理中の生活にかかわってきます。 生理痛などもあって辛い時期ですが、 なるべく生活のリズムを崩さず、普段と同じ生活をするように心がけましょう。 関連記事 おわりに 基本的に女性の体というものは、生理前から生理が終わるまでは太りやすい状態にあります。 生理は毎月来るものなので、あまり深く考えすぎず、うまく付き合っていくようにしましょう。 生理中に体重を増やさないコツは、生活を乱れさせないということです。 生理になると精神的に不安定になりイライラしがちになりますが、体重を増やさないためにも食べ過ぎには十分注意してくださいね。

次の

生理中に体重が増える!太るのは仕方がない?対策はある?

生理中は体重増える

この記事の目次です• 生理前の体重増加はいつから? ダイエット中は、「体重を減らすんだ」、「痩せるんだ」という思いから食べ物にも注意して過ごしています。 でも、 生理前から生理中となると、ホルモンのバランスから精神的な影響を受けてしまいます。 ダイエットの成果が出てきているという時には、生理中の過ごし方がとても大切な要因になります。 せっかく落ちた体重も元に戻ってしまったり、増えてしまったり。 引用元- 【生理前の体重増加はいつから?】 生理前の体重増加は、ほとんどの方が 生理5日前頃 から始まります。 ダイエットしていても、体重の減少が停滞したり、増加 したりし始めます。 そして、 生理が始まって3日目頃からまた体重が落ち ていきます。 ただし、この時の体重減少は、生理前に戻ると言うこ とだけですので一概に安心してはいけません。 体重が増える割合は、個人差がありますがだいたい 500gから3kg程です。 あなたの生理痛が重かったり、生理が不順な場合は もう少し増加量も大きいかもしれません。 引用元- 生理前の食欲はいつから? 生理前に食欲が出てしまうようなことはよくありますが、いつからというその期間には人それぞれ違いがあります。 だいたい生理が来る1週間前くらいに変化が起こることが多いですが、1週間前くらいになると急に甘いものが食べたくなったり、満腹になるまで食欲がおさまらないようなことがあります。 これはホルモンバランスの乱れが原因になっていることが多く、精神的なイライラが食欲に影響しているようなこともあります。 ですからこの期間にたくさん甘いものを食べてしまうことによって太ってしまったり、吹き出物が多く出てしまうようなこともあります。 生理前の食欲が出てきたと感じるようなことがあったら、自分で意識して甘いものを控えるようにもしましょう。 こういった食欲は生理が終わってしまうと自然になくなることがほとんどですが、いつからいつまででなくなる、といった決まった期間はないので、生理が近くなってきたら食欲には注意することが必要です。 引用元- 生理前に体重が増える原因 生理前に体重が増えるのは、ホルモンが原因 生理前の体重増加は、ホルモンバランスの変化によるものです。 黄体ホルモン(プロゲステロン)が増えて、 水や脂肪を身体に溜めやすくなるからだったのです。 だからこの時期にたまり、 太ったと感じさせるのは主に「水分」。 生理が始まれば元の体重に戻ります。 だから、あせらず、いつもと変わらない生活を心がけましょう。 体重増加を含め、生理前の時期に体や心が不調になる状態は、 月経前症候群(PMS=premenstrual syndrome)と呼ばれています。 たとえば、生理が近づくと便秘ぎみになるのも月経前症候群の症状のひとつです。 月経前症候群とは・・ 頭痛、腰痛、胸がはる、ニキビや肌あれ、むくみ、等 身体的な症状と イライラ、怒りっぽくなる、集中力がなくなる、疲労感、等 精神的症状の両方があります。 どんな症状が、どの程度重く出るかは個人差があります。 そして、生理が始まると回復します。 引用元- 生理による体重増加への対策方法 1:むくみ予防には減塩生活を 普段の生活から塩分を控えめにしておくことを心がけましょう。 むくみを予防、改善するために、からだが溜め込もうとする水分の量を減らさないといけません。 摂取塩分を減らすことで、体が欲する水分も少なくなります。 スナック菓子や塩味の強い食べ物は、特に生理中は特に気をつけ、普段からも控えめにしておくようにしましょう。 引用元- 3:生理前や生理中は甘いものは控える 生理前や生理中はストレスやいらいらを感じやすいため、甘いものを食べたくなりがちです。 しかし、 糖分は血糖値を急上昇させ、その後すぐ急降下してしまうので、結果として低血糖状態に陥ります。 そして繰り返し甘いものを食べて、太ってしまう…。 この状態を避けるためには、血糖値をゆっくり上げ、ゆっくりと下げる必要があるので、糖分の摂取よりも雑穀類の摂取がおすすめです。 野菜、きのこ、いも、などを食べるようにしましょう。 引用元- 生理後はダイエットのチャンス 豆知識1:生理後2週間がダイエットのチャンス 生理後2週間は体重が一番落ちやすい期間ですので、生理後の半身浴は長めをオススメします。 時間のある人は1時間位入るようにしてください。 効果抜群です。 生理不順の人は、食生活の乱れや冷えが関係している場合があります。 なので、バランスの良い食事を心がけ、半身浴や適度な運動で身体を温めることが大切です。 また、生理前はイライラすることもあると思います。 そんな時は、クラリセージやゼラニウム、サイプレスなどのアロマをアロマポットで芳香浴やティッシュに1、2滴たらして香りを嗅ぐと、気分を落ちつかせてくれます。 アロマを半身浴の時にプラスするのも良いです。 あら塩をひと掴みくらいにアロマをクラリセージ(3滴)とサイプレス(3滴) を入れると、身体も温まり、ホルモンバランスが整い、リラックスした気分になります。 ホルモンバランスの崩れを和らげる方法としておすすめなのは、まずは、半身浴でリラックスタイムを楽しむことです。 引用元- twitterの反応 ルナルナで半年後の生理日まで予想 有料 って言ってるけど、そんなの2ヶ月間の生理日をメモってれば生理予定日は半年先以上まで分かる。 1ヶ月毎日体重計れば生理前のいつから体重が増加するのかも分かる。 2 生理こない もう52日 なんか生理前の太りやすい時期がずっと続いてる感。。。 そろそろおしまいなのか。 最後に糸が出てきて引っ張ると万国旗が出たりしたら楽しいのに。 なんなの、生理前だから??はぁ? — どれみ CherryStars74.

次の

生理中ダイエットを成功させる方法!痩せる食事&エクササイズ [女性の健康] All About

生理中は体重増える

はじめまして。 むくみも気になっています。 顔と、下半身。 あと、手の指も。。 これは体内に水分を溜め込み易い為、この時期は2キロ前後の水分貯蓄は普通におこります。 よってその分、体重も増加される訳ですが、これは「脂肪が増えた」という事ではありません。 生理が終わると元の体重に戻りますので、焦る必要はないのです。 ただ厄介なのが食欲が増進すること。 これもホルモンの関係なのですが、食べ過ぎた結果、体重が増えてしまう事にも…。 この間も脂肪は燃焼されていますので、気をぬかずにダイエットを続けましょう。 逆に生理が終わって、約2週間は、水分や老廃物の排出を促す卵胞ホルモンが多く分泌されるので、痩せやすい時期なんですよ。 生理の予定はある程度分かるとおもいますので、ホルモンの関係と上手に付き合あえば、ダイエットもスムーズになります。 異常なくらいお腹すくし食べてもあんまり増えなかったのでラッキーと思っていましたが3か月たっても生理がきませんでした。 さすがにやばいのでジムにいくのを減らし食事もちゃんととるようにしたら5月になっていきなり2キロくらい増えて もしかして生理かなと思ったのですがきませんでした。 2週間前に婦人科いって注射したらようやく昨日きました。 体はずっと準備していたんだなと思ったらいじめて申し訳なくなりました。 今2日目で3キロくらい増えてやばいのですがこれからは無理ないダイエットしようと思います。

次の