静岡 消火器。 消火器回収|株式会社三共|静岡県浜松市

【通販モノタロウ】

静岡 消火器

消火器のリサイクルは、 寿命を迎えた廃消火器を安全に回収して再資源化する 「セイフティー&エコロジー」な取り組みです。 古くなった消火器は、 静岡県西部地区で「唯一の廃消火器の指定引取場所」である株式会社三共へ。 三共は、静岡県西部地区で唯一の指定引取業者です 近年、耐用年数を超過した廃消火器の爆発事故などが相次ぎ (日本消火器工業会の調査および消防本部からの報告による)、 その集荷体制と適正に処理をするシステムの構築が望まれていました。 この度、消火器メーカー等による業界団体である(社)日本消火器工業会で、 廃消火器のリサイクル推進の為にその処理について広域認定制度を利用し、 全国各地で特定窓口(消火器販売所)の他に指定引取場所を設け、 エンドユーザーから廃消火器を受け入れ、リサイクル処理を行うようになりました。 株式会社三共では、(社)日本消火器工業会からの依頼を受け、 2009年12月に静岡県西部地区では唯一の指定引取り場所として認可をいただきました。 これにより、一般家庭や事業所の区別を問わず、どの地域でも収集することが可能であり、 またどの地域からも受け入れが可能となりました。 過去のリサイクル実績 2017年 2018年 2019年 2,466本 2,688本 3,616本 消火器のリサイクルには「リサイクルシール」が必要になります 廃消火器のリサイクル費用を支払った証明となる 「消火器リサイクルシール」についても販売をしております。 小型消火器用シール 税込550円 大型消火器用シール 税込3,600円 お持込みいただいた際にかかる費用は、このシール購入費のみです。 弊社へのお持込みができない場合は別途収集費用がかかりますが、ご自宅や事業所への回収も承っております。 その場合はシールの購入は不要です。 消火器リサイクル よくあるご質問 個人のお客様からのよくあるご質問 消火器に耐用年数はどれぐらいですか? 各消火器メーカーでは、交換推奨年数を8年(住宅用消火器は5年)としております。 エアゾールタイプの製品は回収してもらえますか? エアゾールタイプの簡易式消火具は、廃棄物処理法上の広域認定の対象品目に該当しないため、三共ではお取扱いできません。 詳しくはお住まいの自治体へお問い合わせください。 (自治体によって回収方法が異なります。 ) リサイクルシールがないと回収してもらえませんか? 特定窓口である弊社でリサイクルシールを購入していただき、貼り付けて頂ければ問題ありません。 お近くの窓口にお問い合わせください。 リサイクルシール代以外に費用はかかるのですか? リサイクルシールは指定引取場所へ持ち込まれたあとの運搬・処理費用を賄っています。 お客様事業所へ引き取りに伺う場合や特定窓口へ持ち込まれる場合には別途、収集運搬・保管費用が必要となります。 法人のお客様からのよくあるご質問 法人としての排出だと、産業廃棄物処理委託契約が必要ですか? お客様から消火器を引き取る際に署名頂く受取伝票の裏に約款がついており、それによって契約となりますので別途、産業廃棄物処理委託契約にご契約いただくことはございません。 マニフェストの発行は必要ですか? 消火器リサイクルシステムは広域認定制度の認定を受けており、特例としてマニフェストの利用は免除されています。

次の

富士市(静岡県)周辺の消火器製造に関する店舗情報

静岡 消火器

消火器のリサイクルは、 寿命を迎えた廃消火器を安全に回収して再資源化する 「セイフティー&エコロジー」な取り組みです。 古くなった消火器は、 静岡県西部地区で「唯一の廃消火器の指定引取場所」である株式会社三共へ。 三共は、静岡県西部地区で唯一の指定引取業者です 近年、耐用年数を超過した廃消火器の爆発事故などが相次ぎ (日本消火器工業会の調査および消防本部からの報告による)、 その集荷体制と適正に処理をするシステムの構築が望まれていました。 この度、消火器メーカー等による業界団体である(社)日本消火器工業会で、 廃消火器のリサイクル推進の為にその処理について広域認定制度を利用し、 全国各地で特定窓口(消火器販売所)の他に指定引取場所を設け、 エンドユーザーから廃消火器を受け入れ、リサイクル処理を行うようになりました。 株式会社三共では、(社)日本消火器工業会からの依頼を受け、 2009年12月に静岡県西部地区では唯一の指定引取り場所として認可をいただきました。 これにより、一般家庭や事業所の区別を問わず、どの地域でも収集することが可能であり、 またどの地域からも受け入れが可能となりました。 過去のリサイクル実績 2017年 2018年 2019年 2,466本 2,688本 3,616本 消火器のリサイクルには「リサイクルシール」が必要になります 廃消火器のリサイクル費用を支払った証明となる 「消火器リサイクルシール」についても販売をしております。 小型消火器用シール 税込550円 大型消火器用シール 税込3,600円 お持込みいただいた際にかかる費用は、このシール購入費のみです。 弊社へのお持込みができない場合は別途収集費用がかかりますが、ご自宅や事業所への回収も承っております。 その場合はシールの購入は不要です。 消火器リサイクル よくあるご質問 個人のお客様からのよくあるご質問 消火器に耐用年数はどれぐらいですか? 各消火器メーカーでは、交換推奨年数を8年(住宅用消火器は5年)としております。 エアゾールタイプの製品は回収してもらえますか? エアゾールタイプの簡易式消火具は、廃棄物処理法上の広域認定の対象品目に該当しないため、三共ではお取扱いできません。 詳しくはお住まいの自治体へお問い合わせください。 (自治体によって回収方法が異なります。 ) リサイクルシールがないと回収してもらえませんか? 特定窓口である弊社でリサイクルシールを購入していただき、貼り付けて頂ければ問題ありません。 お近くの窓口にお問い合わせください。 リサイクルシール代以外に費用はかかるのですか? リサイクルシールは指定引取場所へ持ち込まれたあとの運搬・処理費用を賄っています。 お客様事業所へ引き取りに伺う場合や特定窓口へ持ち込まれる場合には別途、収集運搬・保管費用が必要となります。 法人のお客様からのよくあるご質問 法人としての排出だと、産業廃棄物処理委託契約が必要ですか? お客様から消火器を引き取る際に署名頂く受取伝票の裏に約款がついており、それによって契約となりますので別途、産業廃棄物処理委託契約にご契約いただくことはございません。 マニフェストの発行は必要ですか? 消火器リサイクルシステムは広域認定制度の認定を受けており、特例としてマニフェストの利用は免除されています。

次の

消火器の寿命について

静岡 消火器

Contents• 消火器の処分はどこに頼む?• 消火器は不燃物で捨ててよいのだろうか?• 処分を依頼するならどこなのかご存知でしょうか? 依頼先についてご案内します。 まず、不用意にやってしまいそうですが、 消火器は不燃ごみで処分できない! 消火器リサイクル推進センターが指定する場所で処分が必要です。 は消火器処分に必要なシールの発行や販売などを行っています。 または、コールセンター「03-5829-6773」へお問い合わせください。 お近くの処分窓口が検索できます。 ということを覚えておきましょう。 間違っても悪徳業者に依頼しないように注意が必要です。 悪徳業者については後でご紹介します。 消火器引き取り窓口は全国に5,000件近くあります。 消火器メーカーや廃棄物処理業者などです。 どの業者であっても処分にはリサイクルシールが必要です。 消火器リサイクル推進センターゆうパック窓口:0120-822-306 消火器の処分費用が無料になる方法は? 消火器の処分費用は思った以上に費用が必要でした。 一方で 消化器の処分費用を無料にする方法もあります。 次の通りです。 消火器を販売しているホームセンターなどでの無料引き取りサービスを利用! あくまでサービスの一環なので行っていない販売店もあります。 その店で1本消火器を購入すると古い消火器1本を無料で引き取ってくれるサービスです。 新品用リサイクルシールが貼られていれば無料 2010年以降に製造された消火器は、新品用リサイクルシールが貼付されているはずです。 その場合には処分費用はいらない仕組みです。 ただし、処分費用について無料ということで発送など運送料を要する場合にはその分の費用は必要です。 簡易エアゾール(スプレー式)消火器は扱いが異なる 簡易エアゾール(スプレー式)消火器は、一般的なスプレーの廃棄方法と同じです。 ただし、消火器を使用していないと中身が残っていることがほとんどですので中身は新聞紙などに吸い込ませて、缶を空にして燃えないゴミ(または自治体の指示通り)として処分で来ます。 消火器の処分で悪徳業者にだまされる? 消火器の処分は滅多にないことなので、悪徳業者がつけこんで異常な金額を要求する詐欺事件が発生しています。 次のようなセリフに気をつけましょう。 点検です。 」と言います。 見せると「耐用期限が過ぎているので取り替えます。 費用は15,000円」と言われます。 消火器の点検なんて契約していない限りやっていません。 15,000円で交換だなんて購入した方がマシです。 サインをしてください。 」や「担当者にご連絡していました件…」などと言います。 受付の人が本社に連絡していることだと思い込みサインしてしまいます。 その書面には「交換料の請求が20万円」と書かれており、支払うことになりました。 実際に消火器の中身は交換しており使用できない訳ではありませんが、高額であり詐欺事件です。 このように家庭でも会社でも消化器に関する詐欺事件は絶えません。 今後も消火器が1家に1台が普及するとこのような詐欺も増えていくことでしょう。 だまされない為には、消火器についての訪問者は話を聞かずに帰ってもらいましょう。 まとめ 消火器を処分する費用は高くても「3,000円」程度でしたが、処分場所が全国に多数ある為、便利で安い場所を探すと良いですね。 うまくいけば無料で処分することもできることがわかりました。 消火器にまつわる詐欺事件は受付を業務とする方には覚えていてほしいし、家庭でもご主人や奥様の不在時に家族がだまされてしまわないように情報を共有しておきましょう。

次の