破魔矢 正月。 破魔矢

【楽天市場】正月飾り > 破魔弓:人形会館 京玉 楽天市場店

破魔矢 正月

弓矢は古来から、邪気を払って身を守るものとされていました。 そのため奈良時代の正月には、射礼(じゃらい)や大射(たいしゃ)という弓矢で的を射抜く神事が行われてきたのです。 ここで使う的をハマと呼び、そのハマを射抜く弓矢のことをハマ矢、ハマ弓としていました。 そしてハマは魔を払う破魔という漢字を当てはめるようになり、弓矢も破魔矢、破魔弓と表記されるようになります。 江戸時代に入ると男の子の初正月に魔除けとしてや「元気にたくましく育ってほしい」という意味を込めて、破魔矢や破魔弓を贈って飾る風習ができました。 その後、縁起物として神社や寺院でもお札のように授与されるようになったのです。 (1歳の誕生日のお祝いについては以下の記事も参考にしてみてください) 破魔矢や五月人形などの子供のお祝いは、一般的に母方の実家が用意するとされています。 なお、婿養子の場合は父方の実家です。 これには理由があり、昔は嫁ぎ先に遠慮して嫁や婿の両親は気軽に子供や孫に会いに行く機会が少なかったのです。 子供や孫の様子を見るための口実としてもお祝いを持参して会いに行っていたのですね。 ただ、赤ちゃんが男の子の場合は、嫁ぎ先の跡取りとなるため父方の実家が用意するという考えの場合もあります。 また最近では両家が折半する場合や、パパママが購入することも増えてきていますよ。 地域によっては、そもそも破魔矢や破魔弓を準備する風習がない地域もあるのです。 破魔矢、破魔弓は絶対に購入しなければならないとされているわけではありません。 しかし男の子が元気に成長できるよう願いを込めた縁起物ですので、家族で相談して準備するとよいでしょう。

次の

破魔矢の祀り方とは? 由来や飾り方、処分方法を全解説

破魔矢 正月

破魔矢を飾る意味:「厄除け」や「幸運を射止める」などの意味がある• 破魔矢の由来:宮中での正月行事「射礼(じゃらい)」• 破魔矢を飾る日にち:12月13日~大晦日(特に28日が縁起がよく、29日・31日は縁起が悪い)• 破魔矢を飾る場所:床の間や神棚が一般的だが、特に厳格な決まりはない• 破魔矢の方角:方角に決まりはない• 破魔矢を外す日にち:松の内の最終日(通常1月7日、関西など一部地域は1月15日)• 破魔矢を処分する方法:「どんど焼き」に持っていく、都合の良い日に神社やお寺に持っていく、一般ごみとして出す それではそれぞれ詳細に説明していきます。 破魔矢の意味・由来 まず、破魔矢は一体どういうものなのか、 なぜ飾るのか、どういう由来があるのかなどを説明していきます。 破魔矢を飾る意味 破魔矢は他の正月飾りとは異なる意味合いで飾られます。 門松やしめ縄、鏡餅などは歳神様の依り代として飾られますが、 それに対して破魔矢は歳神様とは関係なく 「厄除け」や 「縁起物」として飾られるのです。 そして、矢になぞらえて 「幸運を射止める」という縁起物の意味として飾られることもあります。 破魔矢の由来 破魔矢の由来については、 かつての宮中の正月行事 「射礼(じゃらい)」が起源と言われています。 この行事は『ハマ』という円形の的を「ハマ弓」「ハマ矢」で射抜くという競技です。 この風習がさらに変化していき、 いつの間にか正月の一般的な厄除け、縁起物として他の正月飾りと同様に飾られるようになっていったのです。 破魔矢の飾り方 続いて、破魔矢を飾る日にちや飾る場所・方角について解説していきます。 破魔矢を飾る日にち 破魔矢に限らず、正月飾りは松の内の期間に入ってから飾ります。 一般的な松の内の期間:12月13日~1月7日• ただしこの期間の内、 特に縁起が良い日、悪い日などあります。 28日(縁起が良い):日本において幸運を意味する末広がりの「8」を含む• 29日(縁起が悪い):『苦』を連想させる「9」が含む• 31日(縁起が悪い):正月前日は慌ただしく、神様に無礼だと考えられているおり、「一夜飾り」や「飾り方が葬儀を連想させる」と言われる 特に理由がない限り『28日』に飾ると良いでしょう。 これは破魔矢だけでなく他のしめ縄や門松、鏡餅などの正月飾りも同様です。 床の間とは、畳の敷いてある座敷部屋です。 ただし、これに関しては厳密な決まりがあるわけではありませんし、 神棚や床の間がない家も多いと思います。 なので、玄関や台所、リビングなど、 自分が重要に思っている場所であればどこでも構いません。 ただし、見下してしまうのは不謹慎とされているので、 大人の目線よりも高いところに飾るようにしましょう。 破魔矢を飾る方角 破魔矢は飾る方角を気にする人も多いですが、 これも 全く気にする必要はありません。 「凶の方角を向けて飾ると良い」とも言われますが、 凶方位というと五黄殺、暗剣殺、歳破、本命殺、本命的殺など色々ありますからね。 破魔矢は飾ること自体に意味があり、 凶方位の厄を祓うなどというものはないので、 方角を気にする意味は無いのです。 破魔矢の処分方法 続いて、破魔矢を取り外したり処分する時期や方法について説明します。 破魔矢を取り外す時期 正月飾りは松の内の期間に飾るものなので、 破魔矢は松の内の最終日に取り外します。 通常は1月7日、関西では1月15日です。 これ以外にも地域によって違うこともあります。 破魔矢を処分する方法 破魔矢などの正月飾りは次の年も使いまわしにする人もいますが、 毎年きちんと処分して1年毎に新しい正月飾りを飾るのが基本です。 正月飾りを処分する方法は3つあります。 どんど焼きに持っていく• 都合の良い日に神社やお寺に持っていく• 一般ごみとして出す 取り外した正月飾りは丁寧に保管した後、 「どんど焼き」に持っていき焚き上げてもらうというのが正式な処分方法です。 どんど焼きとは、1月中旬頃に神社やお寺もしくは自治体で行われている火祭りのことで、 正月飾りや書き初めを焼くのが趣旨の行事を指します。 名称は地域によって様々です。 (例:左義長、とんど(歳徳)、とんど焼き、どんど、どんどん焼き、どんと焼き、さいと焼き) どんど焼きの詳細や日にちに関してはこちらをご覧ください。 どんど焼きの日以外に神社やお寺に行っても、 正月飾りをきちんと焚き上げてくれるところは多いです。 また、それ以外の方法としては一般ごみとして出すというのでも構いません。 縁起物の破魔矢をゴミとして出すのは不謹慎に思うかもしれませんが、 適切に処分すれば問題ありませんし一般的に行われています。 ゴミとして出す手順は以下の通り。 細かくする• 塩で清める• 丁寧に新聞紙で包む• ゴミに出す いずれにしても破魔矢を取り外してから処分するまでは丁寧に扱うのが大事です。 あとがき 以上、破魔矢の意味や由来、飾り方、処分方法についてでした。 破魔矢を飾る人にとっては興味深い内容や、 参考にしてもらえる内容だったのではないでしょうか。 ちなみに他にも正月飾りについて詳しく解説しているのでぜひご覧ください。

次の

破魔矢

破魔矢 正月

Contents• 破魔矢お正月に神社で購入! 破魔矢の意味って? 破魔矢は「はまや」と読みます。 正月の縁起物や神具として寺院・神社で授与される矢です。 正月に行われていた弓の技を試す「射礼」という行事に 使われた弓矢に由来するそうです。 的を射る矢を「はま矢(浜矢)」、 弓を「はま弓(浜弓)」 この 「はま」が「破魔」に通じるんですって。 なので、男児か生まれた家の正月に 「弓矢の玩具」贈る風習とりなりまり・・・ それが後年 、幸運を射止める縁起物として 初詣で購入できるようになったんですね!! 私は神社で見たことがありませんが、 破魔弓(はまゆみ)と呼ばれる 弓とセットにすることもあるそうです。 という事で、 破魔矢は、 ・魔除け、邪気払い ・一年の好機を射止める そんな意味で授与されるんですね。 破魔矢の飾り方は? 縁起物の破魔矢、 家にもってかえってから、 取り扱うの悩む事がりあました・・。 大切なものだけど、どこに飾ったらいいのかしら? どうやら、 飾り方には、特に決まりはないようです。 神棚があれば、神棚に飾るといいようです。 神棚がない場合は、 神棚に準じるように飾ると良いみたいですね。 最近では、床の間や玄関に飾る方も多いようで、 この際に気を付けることは、 清潔な場所に着ざるという事。 神様からの縁起物ですで、 常に清潔にする事を心がけたいですね。 そして、神棚は通常、東や南に向いているはず。 ということは、破魔矢でも飾る向きがあるのかしら? 破魔矢の飾る向きは? では、破魔矢の飾るの向きは関係するの? この事を考えていて思い出すのが、 穴八幡宮から授かった一陽来福の御守り・お札は その年の定められた恵方に向けて飾りますよねぇ~。 あと、金刀比羅宮虎の門の福銭開運のお守りも恵方に向ける。 なので、もしかし、破魔矢も恵方に向けたほうがいいのか? など考えてしまいましたが、それは関係ないみたいです。 よって、 飾る方位には、特に決まりがないようです。 お家の中の、 家族みんなの目にとどく、 目線より高い位地に飾るようにしましょう。 破魔矢の処分の仕方は? お守りやお札などと一緒で、 購入して1年後には、いただいた神社にお返しします。 1年に一度新しい破魔矢にするって事ですね。 初詣に購入したたら、 翌年の初詣にもっていて、 古いお守りやお札など納める場所にお返ししましょう。 お正月明けに、お焚き上げが行わります。 それまでに、前年の破魔矢をお返しするとよいですね。 目安としては、 小正月の1月15日です。 もし、初詣の時期にお返しするのを忘れたとして お守りやお札をお返しする場所に 破魔矢も納めればよいと思います。 時期を過ぎたらお近くの神社にきいてみましょう。 まとめ 縁起物の破魔矢、 大きな神社では、お正月だけでなく、一年中購入することができますね。 いつも気になっていたんですよねぇ~。 今年は、破魔矢を購入してみようと思います。

次の